« 2007年1月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/02/15

セラバニ・サイクリスト…を、目指してみる

07021401 コトの発端は輪行本を出したときのコミケで、売り子とか店番とか、やはり自転車に通じた人がいいだろう…ということでそちら方面の友人にお願いしたわけです。実際それで正解だったのですが。

 ただ、男性陣ばかりで華がなかったんですよね(^^;)ぉぃ。…なんで、その後、知り合いのコスプレーヤーさんにそういう話をしたところ、売り子で呼んでくれたら行くよ、と言ってくれたんす。まぁ自転車関係の話とかは出来ないけれど、そこら辺はどーにかなっかな…と思っていたわけですが、そんなことを考えていたら、ふと「で、せらばにで?」と言われて、「いやいや、自転車ジャンルなんだし」と制したのですが、「じゃぁ自転車に乗るせらばに?」と、妙なコラボレーションに発展してしまった訳なんです(^^;)。

 まぁ、着る・着ないはともかくとしても、デザインできるのなら考えないのもつまらないな…ということで、ともかくもまずは練ろう!…と。上手くいったらやっぱ着てもらおうかな…と(^^;)。

 しかしやっぱ難しいもんは難しいというか…。実際に乗れるコスにしなければいかんか、いやいや、コミケ会場なんだから、華やかさを優先して、しかし自転車コスっぽさを残して…とか、そういうコンセプトをまず決めないといけませんね。

 ただ、実際のサイクルウェア…って、よく知らないんです、私。基本、「普段着」がポリシーなんで、インナーでちょちょいと着ているのはあるんですけれど、ちゃんとしたサイクルウェアってのは機能どころかデザインもようわからん。

 まずはそこらへんの材料を確認するところから始めないといけないのでは?…と思うわけです。

 そう思いながら描いたのがこのラフです(^^;)ふまえてないやん。

 まぁ、基本ベースというか、これからコンセプトをどうするか、そのための判断材料にサイクルウェアを少し勉強(?)しておかないと…ってなところです。

 しかし…つくづくヘルメットは鬼門っぽいなー(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/02

この自転車の構造は?






 コスプレイラストを休んだ理由は明白で、輪行本2に取りかかりたいから。そのためにまず自転車を描けるようにならんと話にならんので、訓練に練習時間を欲しいわけで…。

 で、色々描いているわけですが、せっかくなので今までに描いたことのないものを描いてみたり。ちと気になったのは、Nebulaさんがレポートされていた第20回ハンドメイドバイシクルフェアにあったという26インチタイヤの折り畳み自転車。

 構造が結構面白いので、描いてみた次第。ただ、小径車ばかりえがいていたせいか、タイヤの大きさの比較が行えず、なんか20~24インチくらいの大きさっぽくなってしまって、ちと失敗(^^;)。

 キャラ設定をしっかり行い、身長を定義。キャラ表を作って、各大きさのタイヤを並べ、比較しやすいように設定書を用意しておかないといかんな…と実感(^^;)。まぁ今回はひいき目でみてやってください。

 ただ、この自転車、26インチで折り畳みとはスゴいな~…と思うわけですが、結局前輪は外していません?いや、悪いとは言いませんが。

 あとサドルも外すっぽい。まぁイラストでは折り畳みのシートポストごと描き忘れましたが(^^;)。

 ちとパーツ分割が伴うとなるとどーよ…という気もしますが、それらがきちんと収納される輪行袋が用意されるのであれば文句はありません。ドロップハンドルも…スポークが平気か…って気になるところになりますが、毎度輪行時の「幅」に悩まされる身としては、こういう構造もありだと思いますし。

 市場投入があるのか、気になるところです。特許が会社ではなく、開発者についてきているんですか?そういうところがあると、日の目を見ない構造も目に出来て面白いですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年8月 »