2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

2017/03/22

冬場の肘折温泉旅行(2度目)

P1180850

肘折温泉に冬場の2月に行っております。

ほぼリアルタイムでツイートしていたのでレポート済な気分でしたが、Blogでも一応追記しておきますね。

聞かれもしたのですが、ニュースで日本1〜2位を争う豪雪地帯に、そんなさらりと行けるものなの?…という点ですが、難なく行けます。それを漫画で解説するため(とはいえ来年予定)の取材旅行でもあるのですが、とりあえずまずはその辺をこのBlogでも解説を。


続きを読む "冬場の肘折温泉旅行(2度目)" »

2017/03/17

まだまだある割引切符

先日、こんな記事を書いてみた。

乗り放題切符を使いまくれるか?

しかし世の中、公式で(?)もっとお得な割引券があって、これなんかもー欲しいなー…と思っているところ。

北海道新幹線開業1周年大人の休日パス

東日本、北海道限定とはいえ、新幹線含めて乗り放題ときたもんだ。それも5日間。やりたい放題でないの。

ポイントは「大人の休日倶楽部」限定ということ。50歳以上でないと入会できん。親に入会してもらって…とも思ったが、会員証携帯して旅行しなければいけないようで、年齢査証になっちまうわなぁ。うーむ、とりあえずあきらめるしかないね。

それにしてもこの優遇っぷり。50歳超えたら、そんな続けて電車乗りっぱなしではないだろう…とたかをくくった企画者の意図が垣間見える(^^;)ぉぃ。

俺に今できることは、そんな年齢になってもあまりある体力でどんな電車移動だろうと耐えられる体を今から作っておくことか(^^;)なんだろうこの無駄な対抗心。

あ、でもそういう体力あるなら、先の30周年記念パスとか青春18きっぷでもいいわけか(^^;)。

2017/03/09

乗り放題切符を使いまくれるか?

JR東日本全線が3日間乗り放題で1万3000円、「JR東日本30周年記念パス」

んー…お得なのか?

要するに3日以内に在来線で5千円×3回か6千5百円×2回分移動できれば、お得ということでしょ?

例えば自宅から郡山まで在来線で移動すると4千円だけど、移動時間4時間25分となってしまう。朝出て昼着く。観光してまた別のところ移動してそこで宿泊。これをあと2日繰り返す。

費用的にはアリだけれど…体もつかな?(^^;)乗換多そうで、電車座っている時も安らぐのかしらん?在来線の椅子だとなぁ…。

元気な人用切符という気がしないでもない。

松本行きでも、同じくらいの時間で400円ほど安いだけだし。

まぁこまめに途中下車しまくるという手もありそうだが、地方ほど電車間隔が長くなっちゃって、時間を有効活用できない予感…。


続きを読む "乗り放題切符を使いまくれるか?" »

2017/03/08

肘折温泉行く前の観光?

肘折温泉に費用を抑えていく場合、仙台経由の昼行便が考えられる。

実際にスケジュールを組んでみると…

1.バスタ新宿8:30〜仙台駅東口14:20 ※JRバス
2.仙台駅前23番(西口)15:05〜新庄駅17:23

新庄発の村営バス最終便が18時台なので、これで間に合う計算。

1.は他社バスに8:20〜14:00という便があるが、それを利用しても2.の時間が繰り上がることはない(2.の1本前が14:05発だもの)。まぁこちらを利用しておいた方が安心する気はするが。

ともあれ、安く行けることは間違いないが、1日移動になってしまう。車窓は楽しいとは思うが、いまいち時間を有効活用しているといい難い。そもそもバスに遅れはつきものだし…。

2泊ならまぁトラブルあっても旅の醍醐味かな…とか思うかも知れないが、これで1泊旅行なんか組みたくない。


では夜行バスはどうか?仙台経由の夜行バスもあるので、それはそれでいい選択肢だと思う。

何より個人的に新庄駅直結は相性悪くて寝にくい。土日祝日着の場合は、早朝着いてもそこから先のバスがない。

なので仙台でワンクッションおいて新庄に移動して11時台の新庄→肘折温泉の村営バスを狙うのは自然なルートだと思う。


ただ、夜行バスはもう一つの選択肢がある。鶴岡・酒田ルート。

朝の6〜7時台に到着なので、ここから新庄へ直行しても土日祝日の場合はやはり3時間程度動けない。

だったら時間つぶし…というか、鶴岡か酒田で観光を…となると、むしろ旅の幅が広がる面白さ。

とはいえ早朝の観光。お店や観光施設の開店時間には期待できないので、街並み写真撮影くらいでもできれば御の字だが…そういう古い街並みとか残っているのだろうか?

ある方の街に下車…って感じかな。今度調べてみるか。まぁネット検索の範囲内になると思うけれど。あ、山形県のアンテナショップの観光案内所で調べるのもいいな。

2017/03/04

肘折温泉行交通手段検討続報

なぜか肘折温泉にとりつかれた身。まだ何度か通いたいが、交通費は抑えなければならない。そういったところを考えたのが以下の記事。

東京から肘折温泉に行く交通手段を考えてみる

ただ、2017年の3月いっぱいで新庄~肘折温泉間の山交バスの路線が廃線となり、4月から村営バスの運行が始まる。肘折温泉に唯一リーチする公共交通機関。そちらの時刻表がわからなければ、計画の立てようがない。

その時刻表が最近発表された。

続きを読む "肘折温泉行交通手段検討続報" »

2017/02/22

東京から肘折温泉に行く交通手段を考えてみる

肘折温泉にはまた行きたい。ただ、遠い。東京→新庄間が新幹線自由席でも12,000円程度と考えると、そう何度も行けない。

まぁ毎月行くわけでもないが、肘折温泉に都内から安く行く方法を考えておきたい。


続きを読む "東京から肘折温泉に行く交通手段を考えてみる" »

2017/02/09

体験取材追加計画と帰りの算段

肘折温泉の冬の取材にすっかり行く気になり、宿泊等も手配済。

金土日の予定で交通費を安くするため、先日書いた通り高速バス主体の移動を予定。

…なのだが。

続きを読む "体験取材追加計画と帰りの算段" »

2017/02/02

自宅〜新庄の格安移動プランを考えてみる

冬の肘折温泉には過去に1度行ったことがある。

肘学というワークショップで、朝から開始だったので夜行バスで行った。

別路線だが過去に何度か夜行バスは利用している。ただ、なぜかその時は眠れず、体調不良のまま肘折温泉に着いてしまった。いでゆ館の温泉に浸かって多少復調したものの、ワークショップ自体ほぼ1日かかるものなので、余力のなかった身としては一般的な冬の肘折温泉を堪能していないことになっている。資料写真も少ない。

そこで今後、大雪割という宿泊費割引が効きそうなら友人と行くという計画を立ててはいた。

ただ、積雪深3m超えではじめて適用になる大雪割。2015年は残念ながら適用がなかったとのことだったが、2016年も期待していたもののにならなさそうな予感。友人との旅行は翌年に延期予定。


しかし昨今、冬の肘折温泉はその豪雪故、敬遠されがち。ニュースで大雪が報じられるとキャンセルが出るのだそうだ。行けなさそうとかとらえるのかな?

まぁ途中の交通機関の心配はあるが、1度行ったことのある身。よほどのドカ雪(一度に降る雪の量がべらぼうに多い)でなければ、積雪深がいかようでも除雪で通行可能と考えて、あまり心配してない。

その辺をレポートして、もっと冬の肘折温泉をアピールすべきかなぁ…とも考えたり。「孤独の輪行の肘折温泉編」で夏の肘折を描いた身としては、まったく違う冬の肘折も紹介したい…と。

輪行関係なくなっちゃうけれど(^^;)。


とはいえ前述通り、取材は不足している。写真もない。

もう一度、一人でも取材旅行に行っておくべきか。ちょっと山交バス路線廃線前の記念とかも(2度ほど使ったっけか)。

続きを読む "自宅〜新庄の格安移動プランを考えてみる" »

2017/01/25

肘折温泉と今後…

なぜか肘折温泉が気になって仕方ない昨今。…これが恋なのか?(^^;)ぉぃ

過去1年程度で東京から4回も行ってしまったのはどうかしていると思う。勿論、先に描いた「孤独の輪行 肘折温泉編」に関連していなくも無いが、それとは関係ない旅行も入っているし。

最近は自重しているが、豪雪でニュースで映像が流れるたび、つい行きたくなってしまう。

ともあれ、なんか掘り下げれば掘り下げるほど魅力が沸いてくる。まさに源泉(座布団下さい)。

この魅力はなんなのだろうか?やはり旅人としては「知名度が低い」「あまり人が行っていない」「でも秀でた何かを持っている」というと放っておけない…という心理になってしまう…のか?(^^;)

あまり類を見ないコンパクトなカルデラ内という立地も関係しているのだろうか?(君の名は的なぉぃ)

その他の要素で考えてみれば、豪雪地帯の集落、昔の雰囲気を残す独特の街並み、山菜やキノコといった食材が豊富、そして源泉がいくつもある温泉。まぁ個々は他にありそうな要素だけれど、これらを併せ持つ…というのがあまりないのかもしれない。

豪雪地帯は他にもあるし、アメダス非設置の温泉場にはもっと積もるところもあるらしい。ただ、「集落」となると肘折がかなり上位…なんなら1位になるかもしれない(酸ヶ湯だって一件宿だった気が…)。

豪雪という困難に団結して立ち向かう…それも過疎化で高齢化しそうな所だけれど、意外に若い力も多く、色々な諸問題を解決していくパワーが感じられる。そうした元気をもらえるのも魅力なのかもしれない。なんか見ているだけで元気をもらえる的な(^^;)。

だからというわけでもないが、以前の「孤独の輪行 肘折温泉編」だけでは描画欲を満たしていない。まだ他に以下の当たりのテーマを描きたいところ。

・食材、自炊、食(飲食店、旅館のメニュー)
・冬の攻略
・秋の装い

輪行は関係なくなる予定(^^;)。まぁでもそれくらい掘り下げたくなるわけですな。

機会があれば(というか、作るというか…)また取材なり、調査なりに行かなければ…。やはり今後は移動費の安い高速バスが主体になるかな…(^^;)。


#そういえば肘折BARもまだ体験してないんだよな…(謎)。

2017/01/20

高山に行く方法

昔はインターネットサービスというのが存在せず、旅行する際に公共交通機関を利用しようとすると、そのルート作成が大変だった。乗り換え案内サービスというのも無かったしね。

長距離旅行だと時刻表と地図か路線図を照らし合わせて四苦八苦していたけれど、今やネットで一発だもんね。便利すぎてむしろ準備段階の楽しさが無くなっているのではないかとも考えたり。

ただ、ちょっと変わったことをしようとすると、そう簡単にルートは作れない。そんな時、ネットサービスはむしろ心強い味方になってくれる。

続きを読む "高山に行く方法" »

より以前の記事一覧