2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 女子向け地図 | トップページ | AstropadでUSB3.0は使えるか? »

2017/04/05

次の肘折温泉旅行の目的をもう少し詳しく…

肘折温泉の魅力として、山菜も挙げられると思う。

個人的には都会育ちのせいでとんと素人だが、お袋が長野の田舎(toMo談)に時々帰郷すると、そこの郷土料理を食べさせられたくらいの記憶はある。

ただ、漬物は結構食った記憶があるが、他は…あまり記憶ないな。

東京でもあまり食ってはいない。たまに飲食店で食う、季節ものの天ぷらに入っているふきのとうくらいはあるか。あれは好きだけれど、一般的な山菜(?)となると、経験が無いため「苦手」なイメージが勝手についたといったところか。


そんな中(?)、肘折温泉で山菜を食う機会に恵まれたわけだが、これが結構イケる。

「自慢の女将の手料理」とホームページに書かれていた松井旅館のそれだったのだけれど、実際美味かった。まぁ、どれが何かわからないまま食っちゃったけれど、山菜には違いなかったと思う(^^;)。

「山菜は嫌い」と食わず嫌いイメージがあるのであれば、いい経験になるから食いに行けと堂々と言える。

ただ、頭ごなしに「行け」とだけ言っても仕方ない。どう伝えるか?


前述した通り、それが何かを知らずに食っていることもあるし、山菜について全く知らないのに「行け行け」というのもどうか。

まずはおいら自身が山菜について知っておく必要がある。

どう知るか?

…水曜どうでしょうで「試験に出る山菜」とかしてくれないだろうしな(^^;)ぉぃ。

まぁでも、それに倣ってフィールドワークというのも悪くはない。いや悪い。何も知らないのに自身を野に放っても意味が無い。勉強できる機会があれば…。

…と思っていたら、山菜を売りにする時期の肘折温泉自身が山菜学校を開くという。受講しない手は無いな。

ただ、それに行くなら行くで、多少予習もしないと。フィールドワークでなくていいなら…何があるかな?本を読むくらいか?

…といったところで自宅近くに図書館ができた。なぜか雑誌ばかりなのだが、多少辞典などもあり、食材百科事典みたいなのもあって、その中に山菜の部類もある。1万円以上する書籍だし、それを参考にしても良さそう…と、暇がある時に読みに行ったりメモしたり。

ただ、やみくもに読んだって、九州地方固有の山菜の知識を仕入れても仕方ない。どうしたもんか…と思っていたら、肘折温泉に詳しい赤レンジャーさんがそこで採れる山菜のリストとか参考写真とかくれて、出題範囲がわかって助かりました。

加えて肘折温泉の以前のパンフにそれらの時期まで記載した資料まであったり。どんどん試験対策が固まっていく…(^^;)ぉぃ。


まぁともあれ、肘折温泉に特化して山菜を調べていくと、なんとはなしに勝手なイメージが払しょくされていくというかなんというか…具体性をもって頭の中にイメージが構築されていきますな。写真もあるし。

例えば山菜というとあく抜きが大変そう、灰汁か重曹を用意して…とか考えていたけれど、そうした難しい・手間がかかるのはそれほど多くない。洗って、湯にさらすだけでいいのもいくつかあったり…と気軽そうなイメージ。

「採る時に違うのと間違わない」「採る時に怪我する(トゲがある)ものもあるので注意」「下ごしらえが大変なのとそうでないのがある」「素材を生かした調理」といったあたりを学べばいいのかなーという気も。

もちろん「山など整備されていないところにはいる装備」とか「自然を荒らさないマナー」とかいう話もあるけれど、とりあえず山菜だけの予習範囲で見るなら…ね。

あと採ってからどんどん風味がなくなったり、アクが強くなったりするので、採れたてが一番、やはりその地で食べるのがいいのかな…という気にも。


将来的には漫画のネタにすることもあるので、現在の視点を覚えておく必要もあるか、個人的には。

ワラビ・ゼンマイ・コゴミの見分け方とか。採る際…というより朝市とかで手に入れる時とか、お店で料理として出てきた時とか。

後者は聞けばいいんだけれど、見てわかる方が通っぽい(^^;)。

あと意外だったのがフキノトウか。美味しいからってあまり多く食ってはだめのよう。毒物扱いではないけれど、少量にとどめておいた方がいいらしい。


あとは肘折温泉独自の湯治場故の炊事場の活用か。宿や飲食店の食事もいいけれど、自分で下ごしらえしたり調理したり。直に春の息吹を感じられるのも良いかも。

…まぁだったら自分で採りに行く…というのもアリか。でもどこで何ってわからんよなぁ(^^;)。素人が採る際の危険性を考えると、ちらっと前述したけれど、肘折温泉の朝市の活用とかの方がいいわな。地元の人の話も聞けるし。

そんな色々考えて、春に取材して、来年までにまとめられればいいな。ネタになるかわからんけど(^^;)。

« 女子向け地図 | トップページ | AstropadでUSB3.0は使えるか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/65110905

この記事へのトラックバック一覧です: 次の肘折温泉旅行の目的をもう少し詳しく…:

« 女子向け地図 | トップページ | AstropadでUSB3.0は使えるか? »