2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 麺の違いを考える | トップページ | iPadでネーム作業するためのアプリ検討 »

2017/04/26

Brompton world championship Japan2017を観戦してきた(余談)

L1001469

4月23日(土)にBrompton world championship(BWC) Japan2017というのが千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイというところであった。例の「スーツ着てレースする」バカ企画(^^;)主催者自ら言ってます(意訳)。…言ってなかったっけ?

そのレースでは過去、転倒して鎖骨を折った(完全に自分の落ち度)ことがあってトラウマがあるのと、最近会場が自動車サーキットになり、経験値稼ぎとしては面白そうなものの、殺風景な風景の周回というのはあまり心地よくなさそうだし、そもそも応募期間を忘却していたので選手としてエントリーはしてなかった。

とはいえ、レース会場が袖ヶ浦になって(今回2度目)一度も行ったことないのもなんなので、観客として行ってきた。

実のところは近々の旅行のためにBROMPTONのP6Rに乗り換えたんだけれど、整備後の調整、輪行の勘を取り戻すリハビリのようなものでもあって…(^^;)。

ちなみに6速は、3〜4速でもペダリング重い印象を持っている。内装ギアがパワーロスしてるんじゃないかと思っているくらいで、過去乗った時もあまり速度でないなー…と思っていた。

ただ、今回の再乗車にあたり、テンショナーのプーリーをなんとはなしに根気よく清掃して泥が詰まって歯車にチェーンがしっかりはまっていなかったかもしれない状態から改善してみたら、かなり走りがよくなった気がする。

構造上、そういうことにはならないと思うのだが…よね?

まぁでも今回、走りの面であまりロスを感じなかったし、それでいいか。

2速モデル←→6速モデル乗り換えは結構していたけれど、今回の改善は顕著のような気が…。気のせいか?まぁ2速の方のプーリーもあまりよろしくないので、次は清掃してから乗ろう。


輪行のテーマはもう一つあって、地形を読むということ。

アップダウンが激しいと、ギアがあっても体力の消耗する。そのこと自体を楽しむケースもあるけれど、目的地があってそこでの時間を確保することを考えれば、抑える必要もある。

そこで新しいところに行くにあたっては、ITを駆使してぉぃ地形を確認、高低差の少ないルートを検証する。

あまりリサーチしすぎると実際の旅行が楽しくなくなる弊害もあるけれど、そういうのは観光名所とかグルメスポットとかの話。あくまで地形だけをリサーチしておく。

Googleさんには大変お世話になりました。

その上で旅行中、周りを見ながら多少妥協して寄り道したりも考えてみたり。

今回はそんな下調べが役に立った。袖ヶ浦フォレストレースウェイが騒音対策のせいか、人里離れた山奥の高台にあって、結局急勾配の登坂が伴うにせよ、一番最後のそれ以外は平野を選んでのんびり走ることができた。


ただ、体力の温存という点においては、結果的には日差しの方が大きく影響したかもしれない。

実は日曜のBWC…の前に、土曜にP6Rの整備後に慣らしを兼ねて近所を走行したんだけれど、結果的に日曜と大体同じ距離を走行してしまった。

しかも起伏はそちらの方が上。

ただし曇天で気温も低かった。BWCは日差しが強い上に気温も上。2日目だからということをおいても体力の消耗が激しかったように思える。

日に焼けると皮膚の活動が活発化するというかなんというか、体力奪われるので、日焼け止め等の対策が必要やね。まぁ暑ければ結局消耗するんだけれど(^^;)。

寒くても消耗するし、なかなか大変よね。


…何の話だっけか?

ああ、千葉・袖ヶ浦への輪行旅か。まず、千葉の五井というところまで電車で向かった。武蔵野線で朝晩しかない海浜幕張駅直行に乗り、乗り換えて蘇我まで行き、内房線で五井に向かう…というルート。

このルートのいい点は、乗り換えが楽。

時間的には東京経由の方がいいが、例の「京葉線ホーム」とかに移る必要があるし、総武線経由でも結局乗り換えが多い。輪行だとツラい。

海浜幕張経由だと乗り換えも同じホームということもあり、かなり楽。時間差はあまり多くないし、利用するでしょう。帰りも同様。

そして五井からは小湊線沿線経由で走行。持論として、鉄道沿線は起伏が少ないという論がある。絶対ではないが、電車は実は登坂能力が低いので、必然的に起伏の少ない地形を選んで線路が設置される。

山地でトンネルや橋などを作られてはそれに沿う道路は大変なことになってしまうが、架線維持費があまり捻出できなさそうな(失礼)小湊線あたりはそうではないんじゃないかな…と地図を見てふんでみたが、とりあえず上総牛久あたりまではそれで正解だったみたい。

ただ、こういったルートを走る際に問題になるのが、食事。もっといえばグルメ。それこそ検索であらかじめ下調べしておくのが良さそうだけれど、そこはネット検索がまだ不便な頃から旅にいそしんでた身。できれば現地での出会いを大切にしたい。

大切にするあまり、良さそうな店を見つけても「もっと先にもっといい店があるかもしれない」という衝動にかられ、良さそうな店を見失うのがマズかった。

まぁ最終的に入ったお店の料理がマズかったということは無いんだけれど(超空腹補正もあったけれど)、メニューをきちんと見ずに…というか定食メニューが確認できずに大量の料理が出てきたのには参った(^^;)。

どう見ても2〜3人分だよ、これ。さすがにチャーハンだけは残した。それでもこの後、走るのがツラかった(^^;)。しかし費用的には一人分の定食費くらいに収まってるのもすごい…。

そんなトラブルの他、田舎道のくせに車が多い…いや、だからこそか、幹線道路が自転車で走りにくかったりもあったものの、適度に広がる田園風景に並走する単線。のんびりした風景の中を小径車で走るのはかなり気持ちよかったです。天気もよかったわけだし。


そんなわけで2時間くらい走ってBWC JAPANに着いたのが昼過ぎ。2時間エンデューロは見ずに、その後の開会式から観戦。まぁ面白かったかな。途中参加だと空気がわからん(^^;)。

結構写真撮りまくって、スカートで乗った時の作画資料にことかかなくなったのは収穫だったかも(^^;)ぉぃ。

あと、BROMPTON Starting BOOK 2017 LiteをBROMPTON社の人とミズタニ自転車の人に渡せたのも良かった(^^;)なんかBRO社の人、その後イギリス大使館の人にも見せていたような…。


その後は帰宅。東進して上総牛久から小湊線に乗ることも考えたものの、BWC終わりころに東風が吹き始めたので、こりゃ追い風コースに載らないと損だなぁ…と西進して内房線に乗る袖ケ浦に向かうことに。どこかで魚料理も食えたらめっけもんかな…と。

とりあえず起伏は問題なかったものの、レース場降りてからの走行がひたすら水田の中の一本道をひたすら直進というコースに。うわ、やば、つまらない!

…と思ったものの、追い風が思いのほか強く、普段は重くてまずセットしない「6速」でひたすら漕ぎまくり。スピード出る出る。これが面白かったり、やはり晴天下の水田風景が絵になって写真撮ったりと、楽しんではいたり。

まぁ次があれば木更津コースにしたいですが(^^;)。

そんな走行をしたからか、昼食でしっかりエネルギーはとっていたものの、疲労もピークを迎え、袖ケ浦周辺の飲食店捜索をせずにそのまま電車内で爆睡しながら帰宅。日焼けに苦しむことに(^^;)。

これからの季節、もう日焼け止め、塗ろう。

まぁそんな輪行一人旅でした。

« 麺の違いを考える | トップページ | iPadでネーム作業するためのアプリ検討 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/65199525

この記事へのトラックバック一覧です: Brompton world championship Japan2017を観戦してきた(余談):

« 麺の違いを考える | トップページ | iPadでネーム作業するためのアプリ検討 »