2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« シナリオ作りのフロー | トップページ | まだまだある割引切符 »

2017/03/17

法人でも高負担な維持費用が…

なんかトレンドにAutodeskという見覚えのある社名を見かけたから追ってみた。

このツイートから続く一連の流れを読んだ。

保守プランではなく、サブスクリプションプランへの移行を促す戦略的な値付けなのだろうが、メーカー側管理費用とかなんとかの都合であって、その中でユーザーの選択の余地がないのがなんとも…。

もちろん、開発、維持、サポートに費用が掛かるのはわかるし、買いきりだとその辺どうしてもおろそかになりそうなので、特に一般向けではない(ユーザー数が限られる)ソフトは保守費用、あるいはサブスクリプションの法人向けビジネスモデルになるのかもしれない。


しかしいよいよ選択の中で安そうなサブスクでも、法人でも中小にはもう手が出せない価格帯に向かう模様。あるいはよほど儲けているところのみ…か。

ソフトを使う法人が、それによって作るコンテンツを値上げしなければならなくなるわけだけれど…今の世でそれって許容される?いや、基本的にはそうして当然の流れになるとは思うけれど、結構な額になると思うな…。

ある映像、データ一つを作ってもらうのに、そのソフトの使用本数によって価格が大きく違ってくるわけで…。その依頼のクライアントもだったら時間かかってもいいから安くしろという選択肢があるならいいけれど、価格差がありすぎて高価格が選択できない→素早いコンテンツ作りに影響が出るor早く作れば作るほど価格が上がって特定のクライアントしか選択できない…って、なんか健全な市場じゃない気がする。

いやまぁそもそも人件費でその差は以前からあるとは思うけれど、その差が乗算されるわけで…。ねぇ…(^^;)説得力が無い。


…となると、気になってくるのはこういった法人に付随するソフトでも、使いこなせるスキルは個人に付随するわけで、この辺、将来的にマッチングのズレを起こしそうな予感が…。

教育機関向けや学生向けにはこの手のソフトは安く卸していると聞く。で、社会に出てもこれらのソフトのシェアは広かったからそこで得た知識やノウハウが通用するにせよ、今後この辺がズレてくるとどういうことになるのかな…?という話。

なんかこの辺で人材難が到来しそうな気がしないでもない。


ちなみにこう見えておいら、昔は個人で3DCGアニメを作ってコンテストに入賞してた。まぁ、CPUの周波数がやっと100MHzに届いてた頃だけれど(^^;)それに入賞も1回だし。

で、前述のことをその時読んでいたわけじゃないけれど、個人の活動でそれも就職を目的としていない場合(すでに社会人だった)、この辺のズレ(個人で使うツールと、法人で使うツール)は吸収できんし、個人で3DCGアニメ作る意義は発表メディアもないし(そのころはまだニコ動どころかYoutubeもなかった)。

で、一部ソフトの保守費用というか、定期的なバージョンアップ費用がなかなかの高負担だったので、見切りをつけた…ということもあった。意外と先を読んでたかもなー>をれ(^^;)ぉぃ。


ちなみに、今は逆にBlenderというオープンソース(だっけ?)の3DCGソフトもある。ノンサポートながら無料なので、使用者はその辺覚悟して使わないといけない。何かあっても基本誰も助けてくれない。

それでも最近、ごく一部だけどTVアニメでの使用実績がある。

制作現場での費用軽減とか参入の敷居を下げることを目的としてそんなモデルを考えた某監督がいるんだけれど、先を見据えていたんだねぇ…。

2DアニメだとOpenToonzというのもあるのか。これもオープンソース…だったと思うけれど、一応ジブリで使用していたソフトをベースにしていたりするそうで、ドワンゴが配布しているらしい。

どちらかというと作り手の育成といった側面も見える。色々模索もされている印象。

まぁ、「ただで当たり前」と思われても困るけれども。

それと「一社提供で無料になっているメディバンは、別の意味で逆に怖い(依存した後に高額になったり、廃止になったりすると困る)」と言っている身としては、OpenToonzもあまりお勧めできんわけやね(^^;)いや、オープンソースだったら代替がある可能性が…。


ちなみに

どちらかというと「払えない詐欺」に近い(^^;)まぁそれでも単価は上がっているけれど、全然許容範囲内だしなぁ。

なんかこういう会社を「接待」とか「優遇」とか「寄付」するクラウドファンディングとかねーかな?(意味不明)

« シナリオ作りのフロー | トップページ | まだまだある割引切符 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/65026242

この記事へのトラックバック一覧です: 法人でも高負担な維持費用が…:

« シナリオ作りのフロー | トップページ | まだまだある割引切符 »