2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 新規NASを導入中 | トップページ | M10が出た »

2017/01/20

高山に行く方法

昔はインターネットサービスというのが存在せず、旅行する際に公共交通機関を利用しようとすると、そのルート作成が大変だった。乗り換え案内サービスというのも無かったしね。

長距離旅行だと時刻表と地図か路線図を照らし合わせて四苦八苦していたけれど、今やネットで一発だもんね。便利すぎてむしろ準備段階の楽しさが無くなっているのではないかとも考えたり。

ただ、ちょっと変わったことをしようとすると、そう簡単にルートは作れない。そんな時、ネットサービスはむしろ心強い味方になってくれる。

ある日、ある人と飛騨高山の高山へのルートの話になった

その人は以前にも高山に行ったことがあるそうで、東京から自動車で中央道等で松本まで行き、西進して158号線を峠越えにはなるが、走行すると、ほどなく高山市に着くらしい。地図で見ると、なるほど、そう行くのが無駄も無さそうな感じがする。

Photo

ただ、公共交通機関ではどうなるか?


一番お手軽に最短で東京から行こうとすると、高速バスという手がある。家の近くも通るが、まだ行ったことのない新宿のバスターミナルでも良さそうだ。5時間半くらいで片道7千円程度で行けるらしい。たぶん上と同じルートだろう。


ただおいらの場合、輪行も考えないといけない。旅先に自転車を持っていく。手軽に移動も出来ていいのだが、いかんせん高速バスは大概自転車を運んでくれない。折りたたみで密封していれば多少はお目こぼしで運んでくれることもあるかもしれないが、アテにしてはいけない。

このルートは輪行を考えない(あるいは旅先でのレンタサイクル)時としよう。


■通常の公共交通機関ルート
乗り換え案内を利用して、電車ルートを検索すると…

最短
・北陸新幹線 富山経由
・1万6千円程度
・5時間ちょい 
 ※新幹線、特急 指定席
 ※富山から先を特急以外を使用した場合は、6時間半・1万4千円程度

Photo_2

・東海道新幹線 名古屋経由
・1万5千程度
・6時間ちょい
 ※新幹線、特急 指定席

Photo_3

…と出た(…千円で30分…(ぼそり))。

自動車ルートと比較すると山脈で路線が引けてない分で遠回りとなるが、新幹線で可能な限り速度を稼いで時間を短縮する…というルートになるらしい。ただ、自由席でもそれなりの値段になってしまう。

せっかくなら移動も楽しみたい。高速バスよりも楽しめるルートにはなるはずだが、乗り換えと駅弁くらいしか無いかな?

これだと片道、高速バス往復分の料金だし、それで自転車運ぶ…ならレンタサイクルで妥協するか、旅先でバス・タクシー利用と割り切れなくもないような…。うーむ。


■検索に引っかからないルートを模索してみる
そこで発想をちょっと変えて、鉄道でもっと安く移動するルートが無いか考えてみる。なんなら輪行も駆使してみる。どうせ自転車持ち歩いてるんだし。

勿論、前述の自動車と同じルートはダメだ。自転車走行区間、松本〜高山間は距離70km以上、高低差1000m以上と、BROMPTON自走にはキツ過ぎる。


地図をじーっと見ていると、高山の東にある…北アルプスかな?山脈が邪魔だな。これで鉄道も綺麗にひけてないんだな…。どこか薄いところとか無いかな…とGoogleマップの地形モードを見ていると…おや?一部薄いところがある。

中央本線の中津川駅から、高山を通る高山本線の下呂駅まで、比較的平坦な地域がある。前述した自動車ルートのマップの中に、うっすら他候補ルートもあるが、その一番下のルートが近い(あっちは飯田線経由になっちゃうが)。

Photo_4

検索すると距離的には50km以上になってしまうが、高低差は400m程度で済んでいる。高低差だけ見ると、2016年に行った大分県で走った豊後竹田→長湯温泉に近い。ただ、あのときは距離は15kmだった。

こちらの50kmというと自宅〜江ノ島間になる。片道なら今も十分走れる(多少往復もする)。かつ、傾斜は長湯温泉輪行時よりはある程度ゆるやかになるわけか。…悪く無いな。

もっとも、豊後竹田→長湯温泉間は雨の中をポンチョ被って1時間半。雨には濡れなかったが大汗かいてびしょ濡れだったという経験を記憶から抹消したくて、よく覚えていない(^^;)あまり経験を活かせないかも。

とりあえず雨天時の走行速度は忘れて、一応平地巡航速度20km/hを遅めに見積もって15km/h程度に考えて…多めに見積もって4時間?立ち寄りも考えると6時間は見込んでおいた方がいいかな?地図見ると結構立ち寄ると面白そうな所もありそうだし。

中津川までの交通手段と費用、時間を確認すると、普通に中央本線を利用すると、以下のようになる。

・特急あずさとしなの利用(指定席)
・9千円ちょい
・5時間(朝6時発、11時着)

あと長野新幹線?を利用する手もある。

・新幹線かがやき等を利用
・1万円ちょい
・朝6時発で10時頃着

む、中津川10時発で下呂到着予定時刻16時かぁ…。ただ検索すると、5時発なら東海道新幹線経由で8時49分着という手もあるな。ただ、料金が13,240円とちょっと高額…。むぅ。


他に薄い(?)ところはないだろうか?走行距離を短くしたい。

…となると、中央本線・恵那〜高山本線・白川口間という手もある。走行距離は30kmちょいになりそうだ。3〜4時間というところか?

Photo_5

ただ、高低差が大きくなるな…。加えて走行距離が短い分、傾斜は逆にキツいか?意外にもっと時間かかるかも。

そもそも恵那まで行くなら、むしろ多治見まで行って、太田線→美濃太田→高山本線に乗り換えて高山に向かった方が効率は良さそう。

それでも自転車走り甲斐があるならいいが、ルート上のグルメ、見どころが少なそう。だったら時間かけても長距離で楽しい旅にした方が面白そうだ。


ちなみに高山本線の下呂から高山は千円くらい、1時間で行けるらしい。1時間に1本程度のダイヤで特急も混ざることもあるらしく、時間と値段に幅あるけれど、夕方着けばどうにかなるのかな…と。

あと、そもそも帰りもどうすっか?同じルートというのも芸が無い。

富山ルートの新幹線という手も面白いかもしれない。北陸新幹線まだ乗ってないし。富山も魚津、宇奈月は行ったけれど、中心地はまだだしなぁ。

往路の50kmに加え、高山観光もたぶん(?)やるだろうし、疲れもあるから富山市内ののんびりポタの後の帰宅というのも悪く無い。

まぁ費用はかかるわけだけど(^^;)なんかコンセプトがぶれてきた気がする。


■旅する理由、動機は?
そもそも高山に行く理由付けはなんなのだろうか?やはり安く旅をするためとはいえ、それなりに苦労するのに見合う「目的」がないとモチベーションが上がらない。

きっかけとしては、冒頭のある人の「高山のとある宿の雰囲気がよく、料理もうまい!」という話だった。

行ったことのない土地だし、以前から興味はあったし、行ってみたいという興味は俄然沸いたが、いかんせん交通の便が悪い。加えてもう少し目的地に材料も欲しい。

まぁ、山口県にコーヒー飲むためだけに行った身としては結構十分な材料揃っている気がしなくも無いが、あちらは新幹線と美祢線に揺られるだけ。自走区間も1時間程度で移動そのものは楽しているしなぁ…。

いやぁ、やはり移動そのものも楽しむのが旅の本質…と捉えれば、原点回帰の自分の旅見つめ直し…が動機か?

目的地ですることも、最近の旅はのんびり…喫茶店めぐりとかして贅沢に時間を過ごすのがマイブーム。とはいえ初めての土地で風光明媚な古風な街並みとくれば、さすがに写欲が沸いてライカ動員ということになりそう。

ゴールを下呂温泉に変更しても、そこまで写欲増すかな?それに今度は富山まで寄って帰るのが面倒そうだし。名古屋(東海道)経由は経験多くて、新鮮みに欠けるし。

やはりあえて刺激的にコースプランニングすることこそが醍醐味か?


■漫画の題材として考えると…?
孤独の輪行ネタとして考えると、高山の某宿に向かうのに高速バスや電車での普通の旅では面白くない。輪行を併用して変化を付けつつ、移動費を抑えよう。高速バスよりはかかるけれど、その分、旅行体験を高められるんだ…と思っていたら、その移動が思いの外大変or目的地より走行区間での発見が多かった…的な流れに…。

…いいかもしれないな(^^;)。今までの孤独の輪行ってば、大体目的地での話ばかりだったし。


■その他…
一番大きな懸念は自走区間で雨天時など…か。代替コースが無い(直行に変更するしか無い)ので、天候に左右されやすいな。日程変更も利かないし。途中でヤラレるのが一番怖い。路線バスとか無いのかしらん?

NAVITIMEで検索すると、一応路線バスも1時間に1本程度あるらしい。乗り継げば下呂にも行けそう。一応待避ルートもある…という考え方でいいのかもしれないな。


時期はいつがいいのだろう?

寒い季節はどうだろう?結構雪がありそうな気がしないでも無い。いや、そうでもないか。よく吹く風の向きとか確認しておいた方がいいかもしれないなぁ。

夏は当然だめ。暑そうだ。日陰も無さそうだ。

桜…新緑の春か、紅葉の秋といったところか。

ただなぁ…今年はなぁ…。6月に山口県に行く予定があるし、秋には秋の山形県の肘折温泉に行ってみたい。まだ決まってないが、取材的なものもしておきたいし。

そう遠出の旅行が立て込んでいると、ちょっと費用的にどうだろう?2018年企画かなぁ。


…とりあえずそんな一人検討をした…という報告です(^^;)。

« 新規NASを導入中 | トップページ | M10が出た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/64786436

この記事へのトラックバック一覧です: 高山に行く方法:

« 新規NASを導入中 | トップページ | M10が出た »