2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017/01/31

PULSENSE PS-500Bが…

PULSENSE PS-500Bという型番の活動量計がある。心拍数も図れる優れもの。発売日から2年2か月、ほぼ毎日装着してライフログのように扱い、サイクリング時にはハートレートモニターとして運動強度を計るのに使用していた。

そうして結構ハードに使ったせいか、いつからか脈拍の認識率が落ちていた。朝の出がけに装着したときに1回つかみ損ねるのはご愛敬。一応日常的には普通に動いていた…と思う。


続きを読む "PULSENSE PS-500Bが…" »

2017/01/27

勉強カフェの利用の仕方

自宅で頭浸かって集中する作業が向かない。集中力を阻害する要素が多いのと、ごみ屋敷同然(^^;)で気が散る。

そこで外に出てちょっとした作業(テキスト打ち)をこなすわけで、喫茶店で珈琲とかたしなみながら…だとさらにいいわけだ。

とはいえ、テキスト打ちに限らずコンセプト・プロット練り、作画集中して長時間となるとそうもいかない。喫茶店をそう長時間居座れない。ハシゴしてもいいが、腹ももたない(^^;)。

そこで作画は秋葉原制作所か自遊空間でやるようにしている。

前者はお気に入りではあるが、遠い。移動時間分、更に作業できるとなると、効率があまりよろしくない(そういえばフロア移動してから行ってないな…)。

後者は最近開拓したところ。1畳ほどのマットスペースがお気に入り。暗くて狭いけれど、意外と手に届く範囲にすべてを置けて、かつ脚も延ばせてリラックスしつつ、作業に集中できる。

ただ、あくまで作画作業オンリー。暗くて狭い部屋なので、模索も含めての創作となると、メンタル的に滅入りそうな気がする。…いっぺん試した方がいいかな?

以前は漫画空間高円寺店が良かったのだが、閉店しちゃったしなー…。

続きを読む "勉強カフェの利用の仕方" »

2017/01/25

肘折温泉と今後…

なぜか肘折温泉が気になって仕方ない昨今。…これが恋なのか?(^^;)ぉぃ

過去1年程度で東京から4回も行ってしまったのはどうかしていると思う。勿論、先に描いた「孤独の輪行 肘折温泉編」に関連していなくも無いが、それとは関係ない旅行も入っているし。

最近は自重しているが、豪雪でニュースで映像が流れるたび、つい行きたくなってしまう。

ともあれ、なんか掘り下げれば掘り下げるほど魅力が沸いてくる。まさに源泉(座布団下さい)。

この魅力はなんなのだろうか?やはり旅人としては「知名度が低い」「あまり人が行っていない」「でも秀でた何かを持っている」というと放っておけない…という心理になってしまう…のか?(^^;)

あまり類を見ないコンパクトなカルデラ内という立地も関係しているのだろうか?(君の名は的なぉぃ)

その他の要素で考えてみれば、豪雪地帯の集落、昔の雰囲気を残す独特の街並み、山菜やキノコといった食材が豊富、そして源泉がいくつもある温泉。まぁ個々は他にありそうな要素だけれど、これらを併せ持つ…というのがあまりないのかもしれない。

豪雪地帯は他にもあるし、アメダス非設置の温泉場にはもっと積もるところもあるらしい。ただ、「集落」となると肘折がかなり上位…なんなら1位になるかもしれない(酸ヶ湯だって一件宿だった気が…)。

豪雪という困難に団結して立ち向かう…それも過疎化で高齢化しそうな所だけれど、意外に若い力も多く、色々な諸問題を解決していくパワーが感じられる。そうした元気をもらえるのも魅力なのかもしれない。なんか見ているだけで元気をもらえる的な(^^;)。

だからというわけでもないが、以前の「孤独の輪行 肘折温泉編」だけでは描画欲を満たしていない。まだ他に以下の当たりのテーマを描きたいところ。

・食材、自炊、食(飲食店、旅館のメニュー)
・冬の攻略
・秋の装い

輪行は関係なくなる予定(^^;)。まぁでもそれくらい掘り下げたくなるわけですな。

機会があれば(というか、作るというか…)また取材なり、調査なりに行かなければ…。やはり今後は移動費の安い高速バスが主体になるかな…(^^;)。


#そういえば肘折BARもまだ体験してないんだよな…(謎)。

2017/01/23

M10が出た

あり?ライカM Type240から、ナンバリングルールが変わったと思ったら、戻ったよ。まぁいいけど。

ともあれ、ライカから新M型カメラが発表されました。一応発売はすぐの予定のようですが、コンスタントに手に入るのはまだ先でしょう。

とりあえず個人的見解は以下のとおり。

続きを読む "M10が出た" »

2017/01/20

高山に行く方法

昔はインターネットサービスというのが存在せず、旅行する際に公共交通機関を利用しようとすると、そのルート作成が大変だった。乗り換え案内サービスというのも無かったしね。

長距離旅行だと時刻表と地図か路線図を照らし合わせて四苦八苦していたけれど、今やネットで一発だもんね。便利すぎてむしろ準備段階の楽しさが無くなっているのではないかとも考えたり。

ただ、ちょっと変わったことをしようとすると、そう簡単にルートは作れない。そんな時、ネットサービスはむしろ心強い味方になってくれる。

続きを読む "高山に行く方法" »

2017/01/19

新規NASを導入中

DS216jを購入した。4TB×2でRAID1のミラーリングでデータの冗長性を持たせて、今までの現行の作画データや今まで撮りためた写真データをきちんと保管したい。最近はnasneの映像までムーブできるというし。

あ、あとTime machineも設定しないと。MacBook12のバックアップをまたとっていない。

ただ、SSDのバックアップにRAID1が必要だろうか?そこまで厳しい話でもないし…。

そういえばDS216jの前にはメルコの旧NAS(1TB×2)があった。調子が悪いのでほとんど使ってなかったけれど、DS216j設置の際に確認したら本体ではなく、どうもLANケーブルの不調だったっぽい。

ちゃんと動くのであればそちらも確かTime machineに対応していたので、RAID1だがRAID0に初期化してTime machine専用機にしてしまうのもありか。

DS216jは写真データや作画データなど冗長性をもって保管する専用機にしよう。

…nasneのテレビ録画もミラーリング?(^^;)ちょっと無駄な気も…。

#それにしてもメルコの旧NASとDS216jはだいぶ間が空いている製品だけれど…速度差がエラいあるような…。速さは正義だけど…昔のは遅すぎたなぁ。環境のせいかもしれないが。

2017/01/17

何台めかのライカのカメラ…

ライカのゾフォートをうっかり買ってしまった。発売後間もなく品薄なのだけれど、たまたま店頭在庫(年末最後の1個)を手に入れてしまった。買うつもりなかったのに…(^^;)ぉぃ。

ゾフォートは要するにチェキで、ライカブランドとしてカメラデザインなどをライカらしくしているが、要するにチェキ。フィルムも同じのが使える。

ちなみにライカとしては超格安なカメラだが、チェキと比較するとめまいがするくらい高額。…面白い(^^;)なにが?。


ただ、使い始めて気が付いたが、意外と綺麗に写る。一応レンズもライカなりにチューンしているらしい。

もちろん、なんでもきれいに写るというわけでもなく、ある程度条件が揃わないとダメ。マニュアル設定とかではないのでなかなか難しいが、まぁとりあえずは人物撮影、風景撮影くらいはなんとか。

今後の課題は室内撮影。光の扱いが難しい。F値12くらいだし…。


ともあれ、ある意味「フィルムカメラ」。思い出の残し方がアナログになるので、スクラップするなど考えなければ。まだ自分で思いついてないけれど。

チェキ使用例などを参考にしてみよう。なんか結構ノウハウありそう。

そのうちゾフォート本でも出そうかしら。アンチデジカメ的な。

いや別に真にデジカメ排斥派というわけではなく、デジカメ以外のカメラをときに使って頭をリフレッシュとか、思い出の残し方を考える、変えるのが結構面白そう。

頭の体操にもなるのでは…と買った時の頭にもあったのだけれど。

おいおい考えていこう。

2017/01/16

iPad Proの液晶保護フィルム

iPad Pro12.9で作画するにあたり、Apple Pencilのペン感触になぜかムラがあり、液晶保護フィルムを貼って対処している。

どうせ貼るならペーパーライクな感触にして作画しやすいように…と「SHIELD G」ブランドのそれを貼って実際扱いやすかったのだけれど、なぜかその後発売中止になってしまった。

しばらくは貼ったものでよかったものの、摩耗するものなので適宜貼り換えたい。

そこでClear Viewのフィルムを貼ることにした。

実際適度な摩擦がありつつ、ペン先が転がる感触がSHIELD Gと違うが扱いやすい。指のタッチがざらつく感じなので、指先の感触はあまり良くないが、慣れれば慣れる
(^^;)。

安いのも助かる。

もう一つの難点として、液晶の見栄えが変わってしまう。12.9だけでなく、9.7にも貼っているのだが、そちらでよく行う作業、Lightroomで写真現像設定を行おうとする場合、色味が良くわからなくなることがある。

9.7は絵描きよりも写真の扱いが多いので、そちらはそのうち外すかな。

最近のPC環境は…

MacBookの12インチ(2016)を使い始めて…2か月くらい経ったのかな?今ではすっかり愛用マシンと化し、外出時鞄に余裕があれば、必ず持ち歩いている。

今までの愛機、MacBookAir13(2013)はもうほとんど使わないなぁ。SSDが256GBというのが一番のネックかもしれない。Dropboxが同期しきれない。

CPUパワーとバッテリー駆動時間はMBAの方が上だが、MB12もモバイルバッテリーで延長できる。モバイルバッテリー分重くなるが、iPhoneなども一緒に充電できるので、一概にデメリットと言えない。

MBAもそのうち中古で手放すことになるのだろうか?サーバ的な役割でも持たそうか。でもそれはMacBookPro15(2012…だったかな?)に担わせてるしなぁ。どうしようか…。


ともあれ、MacBook12を加え、iPad Pro9.7と12.9、iPhone7というラインナップで基本的に活動している。

大きさ的に、iPad Pro12.9かMacBook12かどちらか片方あれば十分でない?…とか言われそうだが、やはり両方あった方がいい。

テキストを打ちやすいのは間違いなくMacBookだし並列作業も行いやすい。しかし作画のしやすさは断然iPad Pro12.9だし、どちらも必要。9.7だって電車内など立ったまま情報アクセスするときに便利だし、他デバイス使用時に別画面で資料表示させたい場合もあるし。

各々結構個別に必要なのだ(^^;)いやマジで。

さすがにiPad Pro9.7と12.9とMacBookと3台同時に必要になるシーンはまず無いと思うけれど、ひょっとしたらAstropadでMacBookとiPad Proをつなぎ、加えて資料表示…という使い方はするかもしれない。まぁごく稀だと思うけれど。


いずれにしても、そうしたデバイス間でデータを簡単に共有できたり転送できる仕組みを標準装備するAppleブランドでの統一もポイントであり、やはりしばらくこうした環境で落ち着くのではないかな?

2017/01/04

昨今のBlog

更新頻度少なくてすみません。

書きたいことが無いわけでもないのですが、ついTwitterの気軽さにかまけて、140文字以内に収めてしまいます(^^;)。

あと、環境の問題かな。PCとかの環境ね。なんかココログの更新が面倒。iOS用のアプリもあるけれど、使いにくいし…。

Wordpressの方が、シームレスに更新環境を構築できそうな気が…。

ただ、Wordpressはそれはそれでサーバ環境を構築する方が手間。維持もあるし。

無料プランとかでBlog始めた方がいいのかしらん?

ネットカフェ利用印象

この歳になってはじめてネットカフェを利用した。

冬コミ用原稿作成に集中出来るところに行きたかったのだが、高円寺にあった漫画空間はなくなったし、秋葉原の秋葉原制作所は遠いし。勉強カフェはなんか場違いだし。

で、ネットカフェってどうなんだ?個室なのか?…と思って自遊空間に行ってみたら、一応個室なのだけれど、狭かった。店舗によっては広いスペースもあるみたいだけれど、狭かった。

マット席という和室みたいでも1畳くらいのスペースしかなかった。

ただ、幸いにもおいらの環境ではその広さでもなんとかなるもの。むしろすべてに手が届くので、資料を広げる作画作業でも問題なっしんぐ。

クッションが固めが逆にいい感じに作業できた印象がある。

ただ、慣れたらいかん…という環境でもあった。暗いし。やっぱり開放的な環境に身を置いておかないといかんな。アイディア練りとかには使えない場所だと思う。

本当に1点に集中するのが必要な時とか、利用頻度は「稀」にしとかんとなー。

原稿のサイズ

普段は同人誌描くのにA4用紙にB5サイズで描いて、B5実寸で印刷、製本している。

個人的にはこれがスタンダードかなと考えてたが、少し大きいという意見もある。持ち歩きという観点から考えると…ということらしい。基本的に漫画を持ち歩くという視点は無いが、Howtoものとか資料的内容の場合、持ち歩くこともなくはない。

カメラ本の企画が持ち上がった際、デジカメ購入時に参考にできるよう、小さくしてほしいとの意見もいただいている。

スタンダードより一回り小さいサイズとなると、B5用紙にA5サイズで描いて、A5実寸で印刷する感じになるだろうか。持ち運びしやすいはず。

このサイズにはメリットがもう一つあって、ワンランク画素数が少なくなるのでiPad Pro9.7でも作画データを扱えるようになる。

Procreateでモノクロ前提の600dpiだと数個のレイヤーが扱える。わずか数個だが、A4サイズだとレイヤーなしでも開けないことを考えると、下書きだけでもできるだけありがたい。

カラー前提の350dpiだとそこそこな数のレイヤーになる。凝ったカラーイラストには向かないが、カラーコミックと考えると、ある程度の塗りができるようになる。

12.9もモバイル性が高かったが、より出先や場所を選ばない作業ができるようになり、ありがたい。

勿論万全というわけでもなく、画面が小さいので資料を参照しながらの作画といったSplitViewは向かない。最終的には12.9の方がいいだろう。

まぁでも選択肢が多いのはありがたい。取材先ですぐアイディアをまとめたりできるし。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »