2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 資料写真管理の仕方 | トップページ | 長湯温泉旅行 初日 »

2016/10/07

長湯温泉旅行 プロローグ・準備編

遅くなってしまいましたが、9月上旬に行った大分の長湯温泉旅行についてつらつらと…。

■プロローグ
前にも書いた気がするが、改めて…。

昨年8月頃、東京駅近くのKitteビル内をうろついていたところ、物産展かなにかで杉養蜂園が蜂蜜を売っていた。ブルーベリーとのフレーバーか何かだったと思う。それを買うついでに販促員と世間話をしていたら、なぜか温泉の話に発展。杉養蜂園も熊本にあるとかで、その隣の大分県長湯温泉を勧められた。

確か話の中で炭酸泉がどーとかおいらが言ったんだと思う。人工の炭酸泉を体験した話とかしたんだっけかな。その流れで大分県にはなにやら日本一の炭酸泉の温泉があるとかいう話になって、それが長湯温泉だとか。

とはいえ、九州。行ったことない。仕事で種子島行くのに鹿児島空港で乗り継ぎしたくらいしか記憶ない。(ちなみに種子島の記憶も「宇宙センター」「夜、人通りが少ない」「きびなごのサラダ美味しい」くらいの記憶しかない(^_^;空港のビジュアルイメージすら記憶に残っていない(まだその頃旅行が好きではなかった))そして当面行く機会はない。交通費かかるし。長湯温泉も初めて知ったけれど、情報確保とまり…かなと思っていた。

ただ、熊本地震が起き、「ふっこう割」という旅行プランが出てきた。それには大分県も含まれるとのこと。それでかなり安く旅行できる。うむ、地震で人の出が悪くなっているので、観光旅行でも復興を…ということだな。

旅費が安くなるというのはありがたい。ただ、同じことを考えている人は多そうで、ふっこう割のチケットというか権利は、そうそう確保できないだろうな…と思っていたら、あっさり1人分、確保できてしまった。およよ。


まぁ一番やすい割引券は手に入らなかったんだけれど、それでも大分2泊旅行で3万円程度(元々持っていた旅行会社クーポン券も使用)で宿・飛行機代込みって安すぎない?まぁ電車代は入ってないんだけれど。

そんなわけであれよあれよというわけで長湯温泉旅行一人旅が決まってしまいました。話を聞いてから1年経たずに旅行確定し、1年ちょいで旅行するというハイペース。…やはり何かご縁があったのだろうか?


ちなみに長湯温泉。養蜂園の販促員に話聞くまで本当に知らなかったのですが、あの俵山温泉が西の横綱になっている番付表で見てみると、長湯温泉も大関に位置してた。長湯温泉と俵山温泉の間にいるもう一つの横綱は別府鉄輪温泉。…お、大分空港→長湯温泉の途中にあんな。

…やっぱり何かのご縁かな?番付表に導かれて西の上位を制覇できそう。

■準備
◆情報収集
さて、おいらが自腹で旅行行くなら、やはり輪行でしょう…ということで、BROMPTON前提の旅行になっています。…となると、飛行機輪行。うわ、久しぶり。沖縄に頻繁に輪行したことあるけれど、あまりノウハウ使えなさそう…。

ただ、最近は体験談とかBlog記事なども多いので、検索すればある程度は昔通りの技が使えるみたい。コンテナとか(謎)。

まぁ、細かい話は体験談も含め、いずれそのうち「孤独の輪行」か何か、ノウハウ本で…(^_^;。

旅先に関しての情報収集は…まぁ行ってからのお楽しみ、行き当たりばったりを目指して行わないでおきました。

とはいえ、交通手段とかは下調べしておかないといけないので、マップやバス時刻表とか。電車の時刻表もかな。大分空港→リムジンバス→鉄輪温泉→電車→豊後竹田駅→自転車かバス→長湯温泉…という流れなので、時刻表くらいはチェックしないと。山手線くらいの本数なら別に気にしなくてもいいけれど、豊肥線とかは…1時間に1〜2本、特定の時間は無かったりもするので、その辺把握して行動しないと…。


◆機材準備
今回は鞄を工夫した。

工夫しなければ普段使用しているコゼバッグのトートバッグをBROMPTONのフロントバッグに改造したものを使う。ただ、トートバッグだけにふたが無く、飛行機の預け荷物で大丈夫だろうかと。まぁLCCではない航空会社を使うので、ビニール袋とかに入れてはくれるとは思うが、大事をとって今回はそれを使用しないことにした。

使用したのはBROMPTON純正オプションのT-Bag。安い時に購入したっきり、一度も使わずにいた。

容量も大きく、密封性も高いので、旅行、飛行機の預け荷物にぴったり。

ただ、デザインがかっこわるい。黒一色だし。昔のデザインなので、最近のBROMPTONオプションのあか抜けたデザインじゃないんだよな…。とはいえ、今回ばかりは機能優先で使用することにした。


しかし鞄がこれ一つだと、飛行機内とか、旅先で鞄を置いたまま出かけるときとかに不便になる。何かウェストバッグの代わりになるものはないか、できればiPad Pro9.7 が収納できる奴で。

まぁ、コンパクトなショルダーバッグでもいいかな…と思っていたが、スノーピークのキャンプ用エプロンというのを見つけた。エプロンなんだけれど、ヒップバッグみたいな使い方もできる。収納力もある。ちょっと試してみることにした。


カメラはライカのM9-P…と言いたいところだけれど、はじめていくところで単焦点というのもつらい。あと軽くしたい。そこでパナソニックのLX100にしてみた。発売当初から気にはなっていたものの、高額だし、そうそう手が出せないでいた。ただ、最近発売当初の半額程度まで値が下がり、底値と思え、またカメラ屋に立ち寄った時、たまたまさらに割引とかされてかなりお得だったので、入手してしまった。

実際試用すると、旅カメラにぴったりでありながら、結構画作りで遊べるとわかり、今回の旅の相棒になってもらった。

さて、続きはいよいよ初日から…。

« 資料写真管理の仕方 | トップページ | 長湯温泉旅行 初日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/64311358

この記事へのトラックバック一覧です: 長湯温泉旅行 プロローグ・準備編:

« 資料写真管理の仕方 | トップページ | 長湯温泉旅行 初日 »