2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 長湯温泉旅行 プロローグ・準備編 | トップページ | 長湯温泉旅行 2日目 »

2016/10/07

長湯温泉旅行 初日

Image

先に書いておくけれど、たいがいのトラブルはこの日に集中してしまった。正直、呪われた日と思っている。

まぁ旅なんてある程度トラブルが起きないと印象にも残らないとも考えられるが、しかしいくら何でも立て続けすぎるだろ?と思えるくらいの日だった。早朝出発ということもあり、「拝御の一番長い日」といってもいいくらいの日だった。



まず、羽田に行かなければならないが、輪行ともなると自転車が荷物になる。乗り換えが面倒なので、できれば空港まですぱっと行ってみたい。そこで家の近所に幸いにもバス停のあるリムジンバスを利用することにした。これが早朝発になるので、日の出前に出発となった。

そしてそのバス停に向かう途中で最初のトラブルに遭遇した。早朝なので、一部の道路は深夜工事したばかりだったらしく、アスファルト工事したてのところがまだ冷えていなかった。つまりまだアツアツで、しかしその旨の表示がなかったものだから、気がつかずにそのアスファルトの上を自転車で走ってしまった。

ある程度は固まっていたようなので、タイヤがめり込んだり、熱風がおいらを襲ったりしなかったものの、直接接するタイヤだけは容赦なく攻撃していたようで、変な音を発していた。

聞いたことのない音だったので最初何が起こったかわからず、しばらく出来立てアスファルトの上をそのまま走ってしまった。

やっと状況に気がついて、アスファルトから離れて、あわてて停車、タイヤの様子を見てみた。若干タイヤの溝の角が丸くなっている気がする。いや、それ以前にアスファルトの細かい粒や、細かい砂などがタイヤにめり込んでいる。えらいことになっている。

そしてリムジンバスが来る。それも予約制の…。

もう最初の公共交通機関に乗る前にパニックですよ。これから飛行機輪行だというのに、タイヤのトラブル。下手に対処すると若干減圧する荷物室でパンクするかもしれない。それも前後輪両方。替えのチューブなんて1本しか持ってないし、そこら辺の自転車屋で売っているものじゃない(一応大分駅周辺のBROMPTON取り扱い店舗は確認済み)。そもそもタイヤの交換になるかもしれない。

いや、それ以前に早くバスに乗らないと、空港に間に合わないかもしれない(余裕をもった便を予約しましたけれどね)。

…っていうか、おいらも今まで色々な自転車トラブルに見舞われたり、他の人の失敗談とかも聞いたり読んだりもしてきましたけれど、「敷きたてのアスファルトの上を走ったときの対処法」なんて聞いたことも、そもそもそういう自体に陥るケースも知らない。そういう時はたいがい道路工事中の表示が出て、三角コーンなどで進入禁止になっているはずなので。

ともかく、タイヤの少し溶けた形状はどうしようもない。でもめり込んでいる砂利類は払っておかないといけない。そこで停車して前後輪を一つずつ手で回し、グローブの端を回っているタイヤに軽くかざし、その表面でめり込んだ砂利を払ってみました。まだ冷えきっていないからか、一応ぱらぱらと落ちていきます。ただ、なにぶん日の出前なので手元が暗い。ライトで照らしながらバスの出発までにあらかた払い、空気圧は問題なさそう…なのを確認して折りたたみ、荷台に収納してもらってバスに乗り込みました。

…だいぶ長文を書きましたが、まだ最初のバスに乗っただけの話なのですが…(^_^;。


ちなみに前日、初めての九州旅行ということで興奮したのか、軽く1時間くらいの仮眠しかしておらず、リムジンバス内ではほぼ爆睡。特にエピソードも無いです(^_^;当たり前だ。


羽田空港にも無事に着き、空港でも特に無いですね。

自転車を預けるにあたり、荷物を整理して手荷物とわけ、預け荷物申請。その際に自転車にオプションの保険(従価料金)をかけたからか、事前に故障がないか、念入りに確認作業が入りました。以前はそういうことした記憶もないのですが、もう5年以上前の話ですしね。何か手続きが煩雑化して時間がかかったら大変だ…と空港着を早めにしておいて正解でした。ま、特記事項はそれくらいです。

モーニングをとった後、混んでそうな保安検査も比較的スムーズに抜けられました。ただ、ここで後のトラブルの伏線が仕込まれていたことを、拝御はまだ知らなかったのです…。


そういえば最近は飛行機内でも無線LANが使えるんですね。外部接続は有料ですが、そんな法外な金額でもないし、搭乗時は15分試行キャンペーンとかもやってましたし。

Image_2実際外部に接続してみると、画像が含まれると若干重いのですが、テキストだけなら全然快適です。また、飛行機内には簡易サーバーが置かれているらしく、その中の映像を見る限りは遅延もみられません。孤独のグルメのシーズン4とかやっていて、往復で楽しんでました。今後飛行機旅にタブレットとヘッドホンは必須ですな。

まぁ、エコノミーは若干狭いですが。帰りは空きがあったのでクラスJにしましたが、そちらはゆったり。座りやすいし極楽。全席クラスJにしてくれねぇかな(^^;)。

窓際に座ると風景もよくていいですね。久しぶりの飛行機旅、興奮しながらデジカメ撮りまくりでした。その興奮を若干重たいとはいえ、ツイートもできるんだから、楽しいのなんの。

Image_4

ただ、大分空港くらいだと、そんなに時間かからないですね。そういえばおいらが飛行機乗るのは沖縄とか台湾とかなので、大分行きはどちらかというと短距離。ちょっと物足りないくらい(^_^;ぉぃ。


そんな感じで大分空港に順調に到着。旅の目的にはまず鉄輪温泉に向かうため、別府に。ここは体力温存のために高速バスを利用しようと決めていました。初めての空港でちょっと戸惑いながらも、人の流れでバスチケット販売機を発見。バスもちょうど出発時間でスムーズに乗ることができました。

車窓からみる風景がもう新鮮で新鮮で(^_^;。

Image_5

そういえば実は鹿児島付近に台風が近づいていたのですが、この時点では曇天ではあったものの、降雨は特にありませんでした。

しばらくすると別府湾も見えてきて、別府駅近くのバス停で降りようかと思いましたが、途中鉄輪温泉近くを通り過ぎたらしく、だったら移動距離が逆に長くなるじゃんとあわてて下車。ああ、なんか久しぶりに知らない土地に降りたった…。

早速BROMPTONを組み立てて、鉄輪温泉の方に向けて走行開始。…そしたら、上り坂なのね。緩やか…いや、途中からそれなりに急な登り坂に。結構汗をかく。いや、温泉はいるのに汗をかくのはちょうど良いかもしれないけれど、いや、かなりかきますよ?(^_^;

そういう地形は長湯付近にあるのは知っていたもの、鉄輪温泉付近は距離があまり無かったこともあり、全然覚悟してなかったのでちょっと同様(^_^;トラブルの内ではないけれど。

Image_3

まぁでも鉄輪温泉に無事到着し、のんびりと温泉を探していたら…鉄輪温泉も坂の街なのね。上りが続く続く(^_^;。

まぁまずは飯でも食ってから落ち着こうかな…と思っていたものの、なんか良さそうな飲食店が見つからない。うーむ…。

…とか思いなから巡っていたら、地獄温泉というのを見つけた。そこは白池地獄とかいったかな?他にも色々な地獄温泉が近くに点在しており、それらを巡るスタンプラリー的な巡り方があるらしい。ほう、他に目的があってきているわけでもなし、自転車だとその移動も早いのではないかな?…とか思って地獄巡りをしてみる気に。

ただ、それが本当に地獄の入り口だった。

当然、最初の地獄温泉に入るために自転車を駐輪しておこう…と思ったら、チェーンロックが見つからない。鞄を変えている、飛行機に乗る際に保安検査で荷物の内容を少し入れ替えている…ということもあり、ひょっとしたら、空港に忘れてきたか?いや、そういうこともあろうかと周りを見回してから場所移動してたし、なくすはずがない…とか。

ともかく、チェーン無しで駐輪は今後もあり得ない話で、近場の自転車屋に駆け込まなければならないか…!?と思い始めた頃に、鞄の奥底で発見。

鞄の奥底も探してはいたが、他に持つの陰に巧妙に隠れるなどして、発見が遅れたらしい。もう10数分も四苦八苦してしまった…。

ともあれ、チェーンロックが見つかれば自転車を停めて何でも見られる…と思って白池地獄を堪能。さぁ、次の地獄に行かねば!…と思ったら、今度はチェーンロックを外す鍵が見つからない…というか、一緒に家の鍵などもキーホルダーにつなげているのだが、それ自体が見つからない。普段入れているズボンの右前ポケットが空になっている。

こちらの紛失は先ほどのチェーンロックの紛失よりもさらに深刻。チェーンロックが見つからなければ自転車屋に寄ればいいだけの話だったのだが、チェーンロックを敷設してしまった今、そのチェーンロックを切断などしなければ移動自体できない自体に陥っている。

最悪自転車を放棄しても、家の鍵も紛失しているので、その対処もまだまだ続く。もうまさに

なんて日だ!

…状態。

いや、でも飛行機に乗る際に保安検査で荷物の内容を少し入れ替えている…ということもあり、ひょっとしたら、空港に忘れてきたか?いや、そういうこともあろうかと周りを見回してから場所移動してたし、なくすはずがない…とか。…あれ?なんかさっきもあったな…?

そう、あのときに荷物そうざらえしているので、鞄の中に入っていないことは明確。あればポケットに戻している。それも無い。…となると、ポケットから落ちているという可能性もある。さっきのバス停に戻るべきか?いやしかし、可能性としては高速バスの中ということもある。さらには大分空港、飛行機の中、羽田空港、リムジンバス、そのバス停までの道等々…。

出発時、家を出てた時に施錠して以来鍵は使用していないので、そこから個々までの広い範囲が紛失可能性がある。…そこを全部調べないといけないの?

…やはりもう廃棄して考えなければなるまい…ってか、自転車動かねぇぞ、ここ。

…嗚呼。

もう覚悟を決めて、白池地獄の受付に「ワイヤーカッターはありませんか?」と聞いてしまう始末。受付の人も「…ワイヤーカッターは…」と答えざるをえない(^_^;。

事情を説明すると「すると、園内に落とされている可能性もありますね?ちょっと見てみては?」と言われ、そういえばそこで見つかれば万々歳だなぁ…と思いつつ、園内を巡ったり。

ただ、見つからない。落とし物には結構気づくタイプなんだけれど。

ああ、困ったな…と汗を拭こうと尻ポケットにあるハンカチを取り出したら…鍵が落ちた。

…え?

羽田空港の保安検査の時、取り出した鍵を尻ポケットに入れていたらしい。え?鍵は覚えている限り、生まれてこの方尻ポケットに入れたことないぞ?なにのなんで無意識に尻ポケットに?まったく思い当たる節がない。

そもそも尻ポケットになぜ鍵をいれないかというと、尻が痛いから。自転車の鍵、家の鍵、ロッカーの鍵、キーホルダー、その他諸々つながっているので、普通に尻ポケットに入れていたら痛くて気になってしまう。しかし、飛行機、高速バス、自転車、全然鍵の存在に気がつかなかった。

一緒に入れていたハンカチが絶妙な形でクッションになり、鍵の存在を打ち消していたらしい。…うそぉぉん…。

沖縄住まいの頃、久しぶりに東京に帰るのがうれしくて航空チケットを買ったのに、無意識に往復航空チケットをゴミ箱に捨てていたことがあったのだが(偶然ゴミ箱内廃棄前に気がついた)、そのとき依頼の超危険無意識行動だった。

なにはともあれ、園内に鍵が落ちていたフリをして事態を収拾。地獄温泉巡りを再開した。

ただ、本当に超動揺しまくったので、メンタル回復しきれないので、正直楽しめなかった。一人だし。地獄温泉、一人巡るには、ちょっと面白さ足りないな。複数人だったらネタとかつっこみまくって楽しめると思うのだが。

とはいえ、周遊チケット買ってしまったので無駄にするわけにもいかず、ある程度巡っていたら、思いの外時間もかかってしまった。気がつけば食事も温泉も入らないまま、そろそろ長湯に向けて移動しなければならない時間に…。

さすがにやばい。せっかく鉄輪温泉に来て温泉にも入らず、何も食わずに帰ったら何のために寄ったのか?…と思って、渋の湯という温泉に入りました。草津の町湯のようなもので、お借りする感じですな。

地元の方もいらっしゃる中入らせてもらいましたが、確かに番付で上位に入るような泉質…というか、肌になじみやすい。まぁそれまでそれなりに疲れてたから余計に気持ちよく感じるのかもしれませんが、猛烈な救われた感が…(^_^;。

いや、いいお湯でした。空腹も忘れるくらい(^_^;。

結局、昼食は取れず仕舞いで移動を開始しました。

Image_6

今にして思うと、自転車をどこかに駐輪し、てくてく歩いてカメラ片手に散策。鉄輪の方の町並みを撮りつつ、いくつかの湯に入る…というのがベストな一人旅スタイルだったかもしれません。地獄めぐりのあたりはスルーで。

複数人だったら地獄温泉も有りだとは思いますが(ネタとして盛り上がりそう)。


そんなわけで昼食を確保できないまま別府駅に走行移動しました。その途上でも、ここぞというところは発見できませんでしたね。
(実は2店舗ほど良さそうなところは見つけましたが、いずれも営業終了してた)

別府駅では地元の方と自転車折りたたみ時に談義があったりもしましたが(^_^;)ほっこり、豊後竹田駅まで特急で行くしかないような時間帯。ちょっと割高…まぁ早く着けるのだから、トラブルの内には入るまい。

先にも書いたとおり台風接近中で、その割には曇り空ではあるものの、保ってはいました。それでも車窓では途中雨の風景も見ましたけれどね。目的地の豊後竹田駅では降雨はまだでしたが。

Image_7

とはいえ天候もいい案配では無いし、時間もあまり無い。だったらバスで来たいところ。輪行ですでに途中走っているので、バスで行っても本日は自転車の有効活用済み。

…といったところで駅前のバスの時刻表を見ると、事前に調べたネット上の内容と違う。改訂されてて、ちょっと時刻が違う…というか、目的地表記がよくわからない。ネット上の時刻表だと長湯温泉到着時刻も記載があるのでわかるが、駅前の時刻表は駅前の出発時間しか書いていないので、よくわからない。

行き先も長湯温泉止まりではなく、その先行きだったり、長湯温泉ではない経由地なども書いてあって、地名と地理をしっかり把握していない身としてはちんぷんかんぷん。

一応「長湯温泉に向かわれる方は○○経由○○行きへ」とは書いてあるけれど、いまいち時刻表表記と一致していないのでアテにできない。

今にして思えば、ネット上記載の目的地と、時刻表の行き先表示を照らし合わせて一致させれば良かったのかも知れないが、長湯温泉方面だけで無く、大分方面行きもあって、ちょっと混乱していた。おまけに旅館のチェックイン時間もせまっている。時間の変更くらいわけないけれど、いつになるかの目安もわからんし、何はなくとも早く飯が食いたい!(昼食を食ってない)

駅前商店街で少し腹に入れたとしても、その間にバスが来たら目も当てられない。

アテになるものが何もない。

まぁ考えてみれば周りの人に聞けば良かったのかもしてないが、周囲にはタクシー運転手くらいしかいなかったし…。…乗れって言われてもな…(4千円くらいかかるらしい)。


…といったところでもう意を決して自走を開始してしまった。

Image_8

本来自走するならば、高低差の少ない中距離コースを走行する予定だったのだが、時間も無いので短距離コースを選択した。こちらは高低差があるため、疲労度が高くなるはずだが、仕方ない。雨が降らなければいいな…と重いながら走行開始。

ただ、1〜2km走ったところで降雨。それも本降り。…うわはー…。でも戻っても結局バスもわからんし…と、用意してあったポンチョ
濡れずに済むけれど、気温と湿気がすごい。気温はむしろ低いものの、汗をかいても湿気で発散されず、雨に濡れていないのにびしょぬれという本末転倒な自体に。

そして勾配がそれなりにキツい(荷物があるわ、知らない道だわ、ポンチョ羽織ってるわ視界悪いわ)ので疲労もすさまじく、気持ちももう折れかけまくり。結論から言えば折れなかったのだけれど、よくもまぁ耐えたな俺…って感じ。

距離的には総走行距離は15kmくらいだったと思うし、後の2kmは下りだったりするのだけれど、よくもまぁ一人で黙々と走っていられたものだと…。時間的には1時間半かな。つらかった…。宿を見つけたときの喜び…つったら…。

もう前述の有様だったので、温泉が有り難いわ、夕食が元々豪華でしっかりしていたこともあり、もう極楽料理かっ!?っつー位に舞い上がり、ビールだけで無く珍しく日本酒までかっくらう有様。おかげでブラタモリを見損ねた。いや、見た記憶があるんだけれど、「見た」という行為だけ覚えていて、視覚聴覚情報が一切記憶されていないという、妙な脳機能状態でした(^^;)。


…というのが1日目の話。俺の一番長い日でした…。

« 長湯温泉旅行 プロローグ・準備編 | トップページ | 長湯温泉旅行 2日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/64311447

この記事へのトラックバック一覧です: 長湯温泉旅行 初日:

« 長湯温泉旅行 プロローグ・準備編 | トップページ | 長湯温泉旅行 2日目 »