2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016/10/30

作画環境に適したPC環境は?

「Surface Studio」発表 Microsoft初の液晶一体型デスクトップ

Apple、新型「MacBook Pro」発表 タッチバー搭載、指紋認証をサポート

絵描きとしては、ここのところの新商品を見ていると、MSの方がやる気に思えてくる。

でもペンが圧倒的仕様不足なんだよなぁ…。ある程度は使えるにしても、水彩タッチや厚塗りなど、効率や繊細さが下がるんだけれど…。

Appleは新製品も悪くないが、クリエーターでもプログラマ向けで、キーボード主体で使用する人向けになっている。まぁApple Pencilのコネクタを考えると、あれをどうやってMacで使えというのだ(接続しろというのだ)…という気もするし、改めて新オプションというのも難しかろう。

まぁ、AstropadなどでiPad Pro繋げればいいでしょ的なソリューションも今はあるが、フットプリントといったワークスペースが広く必要になる。それは…まぁ個人的な環境なのだけれど、面倒。

…って、考えてみれば、それはSurface Studioも同じか(^^;)あの大きさ。そうすると、まだ広さをカスタマイズできるAppleの方がツブしが効くというわけか?(^^;)そうか?

あー…んーMacとiPar ProをAstropadでつなぐ…か…。悪くないが、イマイチ解像度がマッチしない、ドットバイドットじゃない点がちょっとなー…。使えないわけではないが。

なお、iPad Proでお絵かきをはじめて以降、すっかりワイヤレス依存に。どこでも絵描き出来るから、ベッド、椅子、座椅子で…とかとか。

Surface Studioは間違いなくいいと思うが、場所と姿勢が一択になる窮屈さがちょっと気に入らない点。頭が下に向くのもあまり好まない身。
(そういえばiPadでも下向く姿勢はあまり長く続かないな。リクライニングを効かせた椅子でできるだけ頭が水平方向に向くような姿勢が多い気がする)


まぁ作画オンリーで集中しろ…って時にはいいのかもしれないが。

各社のタッチスクリーンに対する模索

ジョブズのタッチスクリーンPC批判にMSとApple、6年後の回答

MacBookを使っているとパッドが良くできていると実感でき、タッチスクリーンは不要と思えるようになる。まぁ、絵を描こうとしない限り…なんだけれど。

VAIO Z(2015)もキーボード使っていても、タッチスクリーンに触らない。触っても操作できるが、紹介記事のとおり、やはり面倒。

幸いにも、ノートPCなので、画面を触らなくてもほぼ全操作が行える。作画の時だけ、変形させてペンタブとして使用できるといった塩梅。

ま、ジョブズの話はそんなわけで実感を持って把握してるし、賛同もする。各社頑張って可能性を広げている努力も認める。


ただ困ったことに、iPadとBluetoothキーボードを組み合わせると、画面を触らないとできない操作がある。

幸いにも頻度は高くないが、手・腕への負担が大きくなるのが困りもの。このハードがAppleというのがまた皮肉というかなんというか…。


ちなみにiPad miniくらいの大きさだと、画面タッチの労力というか、移動距離がものすごく短いので、それほどの負担ではなく、mini+キーボードの組み合わせは多用していた。

今ではパワー不足だったり、パワーのあるモデルと組み合わせられる魅力あるキーボードが無くなってしまったので使ってないが…新OSで多少使い勝手だけでもあがっているなら、テキスト入力だけに復活させようかな…。

2016/10/26

Apple Payはどうする?

iOSが10.1になってApple PayやモバイルSuicaが使えるようになるらしい。

個人的にはそれよかカメラの消音機能が無くなる方が痛手なので、当面は10.1に上げないけれど、まぁいずれはアップしないと。

…というか、Apple PayやモバイルSuicaの恩恵がわからん。注意点も多そうだし。むしろそれら使用前に各種事前情報や先駆者らの経験情報などを元にして準備を整え、心構えができてから…という段取りかな。


続きを読む "Apple Payはどうする?" »

2016/10/25

最近のPC環境は…

最近のPC環境を振り返ると…ほとんどiPadで用をまかなっているな。逆にPC、MacBookAir13を何に使っているかというと…。

・長文短文に関わらず、キーボード打ちが良かったり、気分的にそっちを使いたい時。
・デジカメ写真が入ったSDカードからファイルをコピーする時。
・そのデータをLightroomで読み込む時。
・Lightroom上の写真の大量の現像をする時。
・漫画原稿作成で、トーンや集中線、写植などの部分をPCのクリスタやInDesignなどを使う時。

Lighroom読み込みはそのままPCで作業しそうだけれど、iPad上のLirhtroomでも読み込めるように共有設定し、そちらでエディットした方がやりやすい。フリンジ削除やゆがみ補正はPCでないとできないけれど。

また、写真の少量の現像(ツイート用)とかはiPadで行う。

作画もほぼiPadだし…。

MacBookPro15Retinaはほぼファイルサーバといった感じ。VAIO Zは修理待ち。あ、そういえば手続きしてないな…。まぁ修理治っても、作画をN-Trigでやるってことが無い限り、そう出番は無さそう。

そんな感じ。もうメインのテキストや資料作成、ツイート、その他、iPadで大概済んでしまう。

ただ、アイディアマップや一部テキスト打ちはノートPCのクラムシェルタイプの方がいいし、ソフトもMacの方がいいのが揃っている。作業効率は上がる気がする。

だったらMacBook12でいいような気もするが、どうだろう?写真現像作業はハードそうだけれど、頻度低いからその時間待ってればいいだけの話だし…。

2016/10/13

LX100の使い方

パナソニックのルミックス、LX100が便利で、普段使いしている。ちょっと筐体が大きい分かさばるが、鞄があればまぁなんとか。8月の肘折温泉旅行から使い出したが、こないだの長湯温泉旅行にも使用した。

多機能デジカメなので色々試しているが、無線LANでスマホに画像転送出来るのが便利。

取った後に転送することが多いが、最近撮ったそばからiPhoneに転送する設定を発見。画像がやや小さくなるようだけれど、まぁ、よし。

ただ、使いこなすにはちょっとコツがいる。あまりiPhoneを他のことに使えない。使ってもいいが、パナのアプリを表に出しておいた方が良さそう。

また、一番大きな問題は、LX100の電源を落とすと無線LAN接続をやり直さなければならないこと。これが面倒。むしろ電源入れっぱなしにしておいた方が良さそう。

…スリープしている分にはネットワークは接続されたままなのか?

幸いにも予備バッテリーは豊富なので、電源的には心配なさそう。非純正だけど(純正売ってなかったんだから仕方あるまい)。


むしろ、まめに電源を切る癖との戦いになる気が…。

長湯温泉旅行 持ち物反省点

コゼバッグというところの13インチノートPCも余裕で入るトートバッグを改造してもらい、BROMPTONのフロントバッグとして普段から使用している。容量がデカいし、そのくせ普段使いは便利。ただ、実質、蓋が無い。

こないだの長湯温泉旅行については先のブログ記事にも書いた通り、飛行機の預け荷物や高速バスの荷台などで荷崩れとか起こしたら面倒そうだし、使用しないことにした。

続きを読む "長湯温泉旅行 持ち物反省点" »

2016/10/12

長湯温泉旅行 最終日

Image
朝起きてみると、台風も過ぎ去って(近くにはいる)台風一過の青空。おお、いよいよ日焼け止めの出番か。帰宅日だけど。

まぁでも急ぐ旅でも忙しい旅でもない。夕方に大分空港に行ければいい。具体的には17時に大分駅かな。そこからリムジンバスに乗れればいいので、だいぶ時間はある。

なんならここから大分駅まで自走する時間もあるし、ラムネ温泉館でまたのんびりしよっかなー…程度に考えて、朝風呂に入った。ちなみに露店風呂もあるんだけれど、そこに入浴すると、大概雨が止んでるのはなんかの運だろうか?

続きを読む "長湯温泉旅行 最終日" »

2016/10/11

長湯温泉旅行 2日目

Image
さて、長湯温泉旅行の2日目です。

起床したところ…雨は降っていませんでした。あ、だったら自転車で長湯温泉一帯、回れるかなー…と思いながらまずは朝風呂と朝食を。

夕食とはコックが違うのか傾向が違うようだけれど、それでも美味しい。ほっ。

続きを読む "長湯温泉旅行 2日目" »

2016/10/07

長湯温泉旅行 初日

Image

先に書いておくけれど、たいがいのトラブルはこの日に集中してしまった。正直、呪われた日と思っている。

まぁ旅なんてある程度トラブルが起きないと印象にも残らないとも考えられるが、しかしいくら何でも立て続けすぎるだろ?と思えるくらいの日だった。早朝出発ということもあり、「拝御の一番長い日」といってもいいくらいの日だった。


続きを読む "長湯温泉旅行 初日" »

長湯温泉旅行 プロローグ・準備編

遅くなってしまいましたが、9月上旬に行った大分の長湯温泉旅行についてつらつらと…。

続きを読む "長湯温泉旅行 プロローグ・準備編" »

2016/10/05

資料写真管理の仕方

最近、作画をiPad Pro中心にしている。その参考資料などの写真もiPadに収めたい。

クラウド保存で複数のデバイスで参照したり、作画マシン上でもSplit Viewで同一画面で見られるといい。

資料は多種多様なので、フォルダ分けしてファイル名で検索できるのもいい。

そうなるとiPadの標準システムだとニーズをまかないきれない。管理上の問題もある。


何かいいもの、ソリューションはないものか?…と模索した結果、結局Dropboxに行きついた。フォルダ分け、ファイル名付けは全然問題ないしね。

ただ、公式アプリはSplit Viewに対応していないので、Documents5など別アプリを使用する。それでとりあえず前述の仕様は満たす感じになる。ほっ。


以前はMindNodeでアイディアマップ上に写真を貼りつけていた。枝葉のように貼りつけて資料間の関連付けなどわかりやすく表示していた。

便利と言えば便利だったんだけれど、高精細画像を貼りつけているとファイル容量が大きくなりすぎてiPadで開けなくなったり、開けても途中で落ちたり、問題が多発。

結局シンプルに管理するのがコツ…と見出したわけで…。


ちなみに旅行写真とかの管理は別方法。

作画時は腰を落ち着けての作業なので、上記資料も閲覧用にネット環境をしっかり設定してから取り掛かるけれど、旅行写真は急に人に見せることも多いので、ローカル保存が基本。

2016/10/04

iPad Pro用鞄を入手した

以前、こんな記事を書いた。

iPad Pro用鞄の模索

これで探したところ、結局「ひらくPCバッグmini」に落ち着いた。

iPad Proの12.9があってもなくても、9.7のみでもコンパクトな鞄で非常に良い。

ベルトが幅広で、力が分散して負担がかかりにくいのもいい。

ちょっと容量が少ないが、内容物の入れ方である程度どうになかるもので、今のところの使用で問題になったことは無い。iPadとコンデジくらいを入れて使っている。

さすがにM9とか、それを2台とか。1泊旅行で…となるとちょこちょこ工夫が必要になる気がするが、それでも「何とかなっちゃう気がするね」ってあたり、心強い。まぁ旅行鞄ではないはずだが(ノマド用だっけ)。

まぁ今後、色々と使っていきましょう。

2016/10/03

「レッドタートル」を見てきました

「レッドタートル」を見てきました。

話的にはシンプル(語弊)なのですが、その分作画や音響、演出に凝りまくっている傑作です。

ただし、見に行く人はその前に同じ監督の作品、「岸辺の二人」とレッドタートルの予告編を見ておきましょう。

それで、「見たいな」「この作風に興味あるな」…という人だけ見に行くとよろし。

そういう印象を持たず、「評価が高いから」「話題になってるから」だけで行くと、損した気になる人が多くなる気がする。無理しない方がいい。

アート系というか、どうしても見る人によって感想がわかれる作品で、公開直後は前者の人が見て評価を高くしたために口コミが広まっているわけで、そりが合わない人の感想が少ないのはそうした経緯が影響しているかと。

だからこれから低評価(「見たけど面白くなかった」「話が分からん」等)が増えてくると思う。

別にどの映画を誰がどう評価しようと自由なのだけれど、この映画に限ってはあまり他の人の酷評を聞きたくないので、予防線を張らせてもらう(^^;)。

続きを読む "「レッドタートル」を見てきました" »

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »