2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 冬に向けて思案中 | トップページ | 京都日帰り輪行の他手段は? »

2016/09/16

肘折温泉に行ってきました

夏休み中(コミケ後)、なぜかまた肘折温泉に行ってきました。

昨年、コミケが終わった後、避暑とおいらの骨折湯治がてらに友人と慰安旅行に行ったのが孤独の輪行 肘折温泉編のきっかけだったわけですが、結果的に1年のうち、3度行ってしまい、今回で4回目となります。
こんなに遠隔地に頻繁に行くことはあまりありません(覚えている限り、無い)。何がそうさせるのか?

ともあれ、なぜか今まで使用していない交通手段、山形新幹線(復路は1度だけ使ったことがある)で行ってきました。新幹線は総じて乗り心地がいいですな。これも快適でした。

加えて、途中ローカル線を走るため、沿線を眺めていて飽きない。結構好きな路線です。

荷物も比較的楽に置けるのもいいですね。スキー板を置くスペースがデッキにあるので、空いていれば、BROMPTONも置ける模様です。冬場は自転車持って行くこと無いですし、それ以外の季節はスキー板は無いでしょうし。まぁでも、座席の後部をねらうのが通常でしょうが。

で、新庄駅から自転車走行…といきたかったのですが、往路はそこまで晴れていたものの、台風7号か前線かの影響で雨雲接近中とのこと。無難に路線バス移動にしたところ、途中から雨が降ってきて正解。

元々路線バスは乗降客が少なく、廃線の危機にあり、少しは乗客数の足しになったかなー…というところ。それでも最大6名、最小2名…ってのはどーかなー…(^_^;。

雨は肘折ではそのときあまり降っておらず、バス停から宿までは自転車移動しました。宿では幸い、自転車を折り畳んで屋内保管していただきました。ほっ。

その日の内に羽賀だんごに行きました。今回の旅の大きな目的の一つに、羽賀だんごさんに孤独の輪行 肘折温泉編を渡す…というのがあります。印刷がアレですけれど、Twitterでフォロワー同士、お送りするという話はしていたので、コミケ後に肘折行くというのは隠して、いきなり顔を出したら驚くかなー…と、「大泉くんをまたブンブンに連れてこうと思ったらそればかり考えて、自分達も一緒に行くことを忘れていた」感じで夢中になっていました(^_^;)意味不明。


結果、めっちゃ驚かれました(^_^;)くくく、大成功ぉぃ。


…で、達成感は得たものの、旅の目的としては慰労もあるので、その日は特に何をすることもなし。夜、カメラを持ってぶらぶらしながら「ひじおりの灯」とか見たり撮ったりしてました。

クリエーターの方々自作の灯籠で、事前に肘折を下見するなどしてイメージを膨らませてから灯籠を作成したそうです。うむ、孤独の輪行に似てるぉぃ。

専用の展示スペースや、各旅館の軒先に掲げられているわけですが、よくできていて風情もあるし、ほのかな灯りで街中に浮かぶ様は、写し甲斐もあるというもの。

ただ、写真ではその細密さ、迫力は伝わらないんだよな…。直に見ないと。

まぁ、それのためだけに「東京」から行くほどお勧めか?…と言われると、いずん堂くらいにしかお勧めできないが(^_^;意味不明、近県の民俗学的な興味を持っている人にはお勧めできるかと。

ともあれ、そんな雨(現地は小雨)で始まった初日でした。


ところが2日目、快晴でした。

朝市も行われて(雨でも行われるのですが)、味玉とか食したり、某所のとち餅の予約(超好き)もしたり、朝食もしっかり食べる健康的な朝。もちろん朝温泉も堪能です。

で、この日は特に予定も立てていないので、自転車で普段行かないところに行ってみようかと。

まず石抱温泉。完全な露天風呂で、すごく離れたところにあり、自転車でも四苦八苦。砂利道だわ、登り勾配がキツいわ…。

着いてみたら…まー…確かに秘境風呂といった面もち。そもそもまず清掃しないと入れないし、地元の人もまず入らないという始末。おいらもとりあえず場所の確認と写真撮影だけで済ませました(^_^;まぁでも、好きな人は好きなんだろうな…。


次に458号線を南下。

国道ながら、酷道の一つとして一部では有名なこの道。冬は閉鎖され、最近は夏でも土砂崩れなどで通行禁止になっていることが多いそう。来訪時は走行可能だったので、ふと、ぶらぶらと走ってみました。

走ってて面白いのは、意外と自転車で走りやすいこと。涼しい。日陰が多い(時間帯によると思うが)、風が吹き抜ける。そのためか、カルデラの底の肘折より湿気がたまりにくいのかもしれない。

ただ、路面は途中から砂利混じり。ところどころ舗装はされているものの、ロードは走っちゃだめだろう…という路面。

虫も多いし(眼前にまとわりつく)、カーブで車との出会い頭が怖い(それなりに車の通行もある)。そういえば自転車は一度も見なかったな…。そこそこスキルの必要な道かと。

とはいえ、起伏はあるものの、それほどキツくはない。それで10km走ったかなぁ。用意していた水が半分減ったので、補給も望めないし、Uターンして戻ることに。

ま、それなりに消耗して肘折に戻って、寿屋で蕎麦を堪能(この時、主人に「あ、羽賀だんご経由で孤独の輪行読みました」と言われて、ダメージを食らうぉぃ)。

昼食後は棚田に向かうことにしました。新庄から肘折に向かう途中、寄り道すると棚田があるわけなんですよ。

458線を今度は北上します。ただ、こちらは高低差が高く、登りがキツい。走れないほどではないけれど、トンネルも照明が間引かれて怖いし、あまり自転車向きじゃないですね(^_^;自転車向きの道路っつーのもあまり無いわけですが。

加えて458から棚田に折れる道は、すごい高低差の激しい坂が。帰りは急坂登坂になり、逆に下る前から「とほほ」な感じが。あとで通りすがりの観光客(車)に「え?あの坂登って帰るの?かわいそうに」と同情されるほど(^_^;。

とはいえ、棚田は棚田でいい景色。春先に見たけれど、やはり緑に覆われているところも見てみたい…と行ってきましたが。

風も気持ちよかったし、いい風景です。もっと良いアングルもあった気がしますが。

で、帰りはやっぱりキツい。汗だっくだく。久しぶりにこれでもかと汗をかきましたわ。肘折向かう途中(スキー場)、自販機があって助かった。

汗もかいたので、そのままカルデラ温泉館。本来は休館日だったはずですが、お盆ということで逆に開いていたのだそう。ラッキー。しかもそのことを知らない人が多かったのか、大半貸し切り状態。ラッキー。

お湯もさすが炭酸泉。疲労が抜ける。抜けるけれど、体力が回復するわけでもなく、へろへろなのは変わりないですが。

ともあれ、あとは宿に戻ってのんびりしました。…午後4時くらいだったかな?…もっとのんびりしてもよかった気が…(^_^;458南下か棚田、どちらか無くても良かった気が…。ずっと走りっぱなしってどうよ?


ところでこの日は肘折温泉の仮装盆踊りが開かれるとか。

地元の神社の夏祭りとか一連の催しの一つで、今年からコスプレ有りの「仮装コスプレ盆踊り」になり、なぜかロシアからのレイヤーが4人も招待されたとか。

もともとインバウンドにも力を入れはじめた肘折。海外の方々の交流する中で、むしろロシアの方が盆踊りにふれてみたいと参加希望されたそうな。あ、オリエンタルな感じがして、面白いのかも。

宿の夕飯を食べていたら開会に遅れてしまったものの(^_^;多いんだって、盆踊り自体はなんとか見られた。…というか、川近くから場所を変えながら円陣をくんで踊る…というスタイルで、ゴールは神社の鳥居前。地元の方の踊りの他、観光客の見物なども相まって、なかなか盛り上がる盛り上がる。

よく見るとコスプレというよりは仮装という方々も数人おり、説明は難しいが、いかにも「盆踊りの仮装」という趣があって良い。いや、コスプレも和装系ならすんなりとけ込むと思うけれど。


で、事件はこれを撮影した俺に起きちゃって…。

カメラ持ってがんがん撮影していたのはいいのだけれど、盛り上がりすぎちゃって場所もがんがん変えるというはしゃぎっぷり。

んで、夜間、建物の陰になっていた用水路、たぶん融雪溝だと思うんだけれど、そこに足を踏み外して落下(^_^;。機材に被害は無かったんだけれど、腰をしたたかに打った…のは、この時アドレナリンが大量分泌されていたからか、痛みは感じず。

ちょうどその場に居合わせた、旅先で知り合った方に溝に落ちたままの自分を写真を撮ってもらったり(^_^;。そのあと、宿でサンダルを借りて撮影を続行しました。まぁさすがにはしゃぎすぎませんでしたが(^_^;むしろ若干ブルー。

盆踊り自体は成功裏に終わったのでは?

その頃にはおいらもアドレナリンが切れて、腰の痛みに呻きはじめ、肋骨が折れたような痛みが…。ただ、肋骨骨折特有の呼吸のしにくさが無く、とはいえ、特定の動きの痛みや、寝返りができなかったりと、制約は肋骨骨折に近かったのですが。

さすがに帰ってから病院行ってレントゲン撮ってもらいましたが、骨が折れている様子はなく(ヒビも無し)、打撲との診断。

そういえば肘折温泉は打ち身にも効くのね。2泊して良かった(^_^;ぉぃ。


さて3日目。昨日の好天が嘘のようなどしゃ降り。土砂降りの音で目が覚めるくらい。

それもそのはずで、台風7号が接近しているとのこと。それでも開かれる朝市が大変(^_^;。でもおかげで昨日のとち餅を受け取りに行けるのでありがたいですけれど。

それでもそれだけで足下が濡れる。こういう時のために防水靴をはいていった…のだけれど、2日目に水の流れる側溝に落ちてびしょぬれに…していたのを宿の方が色々してくれて。

靴に新聞紙入れてくれていただけでなく、時折その新聞紙を交換してくれていたみたいで、もう本当にお世話になりました。靴を履いたのは帰り際なのですが、見事に乾いてました。感謝です。

あと、大雨でバスの時間まで出かけることもできず、チェックアウト時間以降も部屋で休ませてもらったり。その時間内にも温泉にも入らせてもらったり。あー、実は怪我は骨折までしていたけれど、そこの温泉で骨がくっついて、骨折→打撲までランクダウンされてたのかな?(^_^;ぉぃ

ともあれ、もう、ありがたい限り。いい宿です。


そんなこんなで帰りのバスの頃には、台風一過の晴天になっていました。

一瞬、そのまま自走して帰ろうかと思いましたが、バスでの新庄駅行きとしました。実際途上、雨に降られて危なかったっす。

そもそも下りの道路で雨上がりの濡れた路面。急ブレーキでもした日にゃ無理の利かない体、何かあるよりはまだバス支援が…と賢明な判断をしたまで(^_^;いやホントいやい。

駅に着いたら、台風の影響で山形新幹線もダイヤに大幅な遅れで、利用客もおおわらわ。

ただ、個人的には結果的には出発時30分遅れ、到着時50分遅れで済んだところはありがたい。運休やもっと遅れた便もあったのに。

加えて全席指定なので、自由席客があぶれてくる…ということもない、快適な旅でした。

ただ、腰の痛さがなぜかリクライニングの効く椅子でも調子が悪く、一睡もできなかったり。往路は座り心地良かったのになー。まぁ有名駅弁、牛肉どまんなかも食せたのでいいんですけれど(^_^;。


まぁ、そんな旅でした。

本当に慰安とか慰労とかになったのかはなはだ疑問ではあるんですけれど、すでに3度も訪れているわりにはエピソードに事欠かないという、不思議な旅でした。

あとは大雪の時に行く…という課題が残ってますが(^_^;あ、紅葉もか。

« 冬に向けて思案中 | トップページ | 京都日帰り輪行の他手段は? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/64211118

この記事へのトラックバック一覧です: 肘折温泉に行ってきました:

« 冬に向けて思案中 | トップページ | 京都日帰り輪行の他手段は? »