2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 旅の仕方 | トップページ | iPadでネーム作成 »

2016/02/03

冬の肘折温泉

L1080287

昨年、左肩の鎖骨を骨折し、完治していない時に肘折温泉に誘われ、かなり症状が緩和した。

もともと肘を負った老僧が傷を癒したことからその名がついたという肘折温泉。ある意味、ベタな利用をしたわけだけど、それをネタにしなくていいの?…と防止に言われ、孤独の輪行の企画候補に。

ただ、本当に慰労というか湯治に車で行ったし、取材も兼ねて輪行でもう1回くらいは行っておきたい。

肘折温泉は有数の豪雪地帯。春から秋の間に行くことに。冬は当然除外…ながら、そこでは色々イベントも企画されているらしかった。そら取材に関係なく行ってみたい気も。

しゃおらどんもその気で車で行きたかったみたいだけれど、なにせ2016年初頭は類まれなる暖冬。これでもかというくらい雪が少ない。そら「真の肘折」でない時に行ってもな…という雰囲気に。

それでも2m積もっているし、肘学というワークショップも開催され、1月30日は写真撮影に関する内容。それなら1人でも参加する意義はあるかな…と参加を考えてみた。


とはいえ、費用は出来るだけ抑えたい。宿は以前泊まった所が1人でもOKな部屋もある。ただ、交通手段は…新幹線利用の1泊2日では少々値が張るし、ワークショップの時間割に間に合わない。前泊というのも費用が…。

そこで調べてみると、東京駅から肘折温泉最寄駅の新庄(新庄〜肘折温泉路線バスあり)の夜行バスがあった。帰りはさすがに新幹線でないと諸々大変。そこで1泊3日で行くことにした。

ただ、この選択が後々後を引くことに…。


実際、東京駅八重洲口にバス停がある夜行バスに乗り込むと空いていて(オンライン予約で反対ルートは満席だった)、基本的に快適。

ただ、寝られない。うとうとはするのだけれど、なぜか寝られない。振動か、S.A.の休憩のタイミングか、バス停のタイミングか、もう寝落ちしそう…というところでことごとく邪魔が入り、結局一睡もできなかった。したかもしれないが、そういう感覚は無かった。バスの前部にある時計の1時、2時、3時、4時、5時とか、全部見覚えてるし…。

結局、心情には7時頃着。路線バスの発車、9時半まで暇。超暇。駅前、どこも開いてないし…。

最初は下調べしておいた徒歩20分ほどの距離にあるモスバーガーにでも行こうかと思ったけれど、雪は降ってるし、寝てないけど寝起きだし、荷物重いし…。今考えれば、駅のコインロッカー利用刷れば良かったんだけれど、そういう頭が働かない状態でもあったし。

ともあれ、待合室でローカルニュースとか「あさが来た」とかぼーっと見ていた次第。後から、ちょっと考えるな…。もう夜行バスは無しかな?


そして路線バスにも乗りこんだり。他客もまぁまぁ乗っていたかな?

途中車窓を見ていると、雪国らしく除雪や雪かきをしている光景が…。おかげで街中歩くのに、まったく問題ない感じ。バスとかも普通に動けて、有り難い話です。もっとも、視点を変えると、朝弱い俺は生きていけない世界だな…と(^^;)。

L1080180山間部を走り出すと、よく雪国の映像で見る、両脇切り立った雪壁に。おお!テレビで見た!ぉぃ

その時は積雪2m程度でバスの窓で向こうがかろうじて見える感じ。まぁいつも壁ってわけでもなくて、普通に川や山も見えて、いかにも雪国という光景が広がり、さすがに興奮して撮りまくり。普段なら積雪3mとかなん?すげーな。

L1080193そんなこんなで肘折温泉に到着し、ワークショップ開始…前にかるくひとっぷろ浴びたり。

朝なのでまださすがに人いない貸切状態。すげぇリラックスできたなー。多少メンタル回復したっけな。


ワークショップが始まると、座学やテーマのある写真撮影があったり。撮影は知らない方々とチームを組んでの活動。でも、肘折温泉好き・水曜どうでしょう好き、いずれかの属性が共通だったので、すぐに打ち解け、かなり楽しい内容になりました。

ちょっと別記事にでもしようかな。

昼の回と夜の回の間、宿に戻って夕食もとったのですが、実はこの時、一気に疲れが出て、寝落ちしてました。夕食のお膳を持ってきた宿の人に起こされるというていたらく。おかげで寝起きで食事という、ろくに食えない状態に。

肘折ではこの時期、肘折幻想雪回廊というのもやっていたのでそれを見てからのワークショップ夜の部参加もしようと思っていたんだけれど、寝起きだの満腹中枢の刺激だのであまりうまく見れなかった気も…。

ワークショップの夜の部参加の頃にはやっと回復。ちろっと飲み会もあって楽しかったですね。嬉野先生に創作の相談にも乗ってもらったし(謎)。

日付が変わる前には宿に戻り、ひとっぷろ浴びてすぐに寝落ち(^^;)。今度はぐっすり寝られました。

さすがに目覚ましで起きて朝風呂、朝食、お土産入手とつつがなくこなしました。路線バスに乗って帰らないといけないんですけれど、本数が少ないから、ここはきちんとこなさないと。

ただ、バスに乗った乗ったでたびたび寝落ち。夜行バスの寝不足が後を引く引く(^^;)。

新幹線は新庄始発ながら意外と混雑していたので、指定席を確保。自由席では何やら立っていた人もいたようで、自分が座っていても落ち着かなかったかも。選択として良かったな。

途中、駅弁を食べたような気もしますが、当然寝落ち。新幹線は寝やすい、すわり心地いい、気持ちいい。海外の方が感動するのが、今回よくわかったわ(^^;)。今後は新幹線ありきで道程を考えよう。

寝不足は翌日まで後を引いてエラい目に…。夜行バス移動はもう御免こうむりたいわ…(自分から選択したんだけれど)。


総括としては、一人旅でしたが、ワークショップのチームに肘折の方もいて肘折のお話しとかいろいろできたし、そういう「地元の方も参加されて交流する」イベントがあるというのは、かなりありがたいですね。

地元の方は大変かもしれませんが(^^;)、なんか観光地以上の親しみを感じて、リピーター率が上がる気も。…もともとリピート率高い人もいましたが(^^;)>リーダー(謎)。

そう、地元の方以外の方々との交流もあって、深みがあるというか、その点も楽しかったです。


基本的にメインはそちらの旅行でしたが、温泉も実はメイン。

実を言うと骨折した左肩、Yシャツを着るときなど可動範囲にまだ違和感があったのですが、肘折の湯につかって以来、かなり解消されました。

他にもふくらはぎに張りがあって、脚の全力を出し切れていない感じでしたが、それも解消しました。草津でも解消しなかったのに…。


いずれにしろ冬の肘折の一端を味わえて、いい経験になりました。孤独の輪行のおまけのいい材料になったかも(^^;)。

蕎麦が食えなかったのが残念だし、本格的な積雪の肘折も気になるし(^^;)、また冬の肘折に来るかもしれませんが。その時は温泉のハシゴだな、きっと。


#そういえば結構雪用装備(後付スパイクとか)を整えてきたんだけれど、結局使わずじまいだったな…。それだけ除雪がしっかりしていたんだけれど。

まぁ、羽賀だんご屋より向こうの源泉に行こうとしていたら、必要だったかもしれないけれど。いや、カンジキの方か?

« 旅の仕方 | トップページ | iPadでネーム作成 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/63157762

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の肘折温泉:

« 旅の仕方 | トップページ | iPadでネーム作成 »