2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 原稿脱稿と、今後 | トップページ | 台湾旅行2015:初日 »

2015/12/16

台湾旅行:事前の準備編

L1063077_2

先の記事にも書いたとおり、台湾旅行に行くことになりましたが、そのために事前の準備もしておかなければなりません。

つまり初めてパスポートとったり、LCC手配したり、荷物を勘案してリスト作ったり、鞄を用意したり…まぁそれなりの準備を。ホテルだけはイベントの関係者分手配に1室追加をお願いする形になったのでまったく手間いらずでしたが(__)ありがたい。


■荷造り
荷物は基本、国内旅行とおなじくインナーの着替えと、カメラ機材を追加した程度。まぁそれに加えて、海外ならではの装備…というか、飛行機に100ml以上の液体を持ち込めないあたりの対応とかとか。そういう対応を確認したりと、ちと緊張しながら(^_^;行ってみたり。

また、LCCで預け荷物が有料ということもありますが、加えて空港内での移動をスムーズにしたい…ということも含めてできるだけ機内持ち込み分で済ますことも目標でした。結果、3泊4日の観光でなんとか目標を達成。

ただ、逆に預け荷物のトランクとかはなんであんな大きな荷物になっているのだろう?…おみやげか。


そういえば、荷物の大半は着替えです。夏場なので多め。冬場だと逆に着替えが少ないんだけれどな(^_^;。

出発地は11月気候なので、9月頃から台湾旅行分として夏物を確保してましたね。生地が薄い(鞄の収まりが良い)ものばかりを選定し、しかし11月なのにこれでいいのか?…とか思いましたが、台湾は暑かったですね。完璧夏服装でないと。

むしろ東京での服をどう収納するか…の方がポイントだった気が。まぁ東京では折りたたみ防寒具も動員して寒さ対策を施し、台湾ではコンパクトに収納しておく…って対応でしたけれど。


■出入国の仕方
さて、海外旅行で個人的に第一の難関は、やったことない出国・入国手続き。テレビや映画では見るんですけれどね。別室に連れて行かれるんでしたっけ?

また、台湾に入境するときの手続きもどんなものが…?

Img_4947このあたり一切わからず、怖いんだー…的な話を誘ってくれた友人にお話ししたら、旅のしおりを作ってくれました。あ、台湾での電車の乗り方(特急・各停とか全然違う表記なので気をつけろ…的な)とかも書いてある。あ、そうだ。そこを気をつけないと。注意がすべて「空港」にしか向いてなかったわ(^_^;。

ちなみにこのしおり、ホテルまでの道程の他、そのホテル周辺の観光案内まである超力作。事前に読み込んでもピンとこないものの、冊子にして現地を持ち歩くとすごく役だって、必需品となってました。作ってくれてありがとー!>鎌田さん


■成田空港へのルートと、台湾での現地集合の仕方
あとそういえば、成田空港にも行ったこと無い身。そこまでのルートも確認しないと。実践的に考えると、まぁ都心から見て妙なところにあるな…。とりあえず手堅く電車かな…と考えていたところ、友人・知人から「リムジンバスやシャトルバスがいい」と勧められました。

バス?遅延するんじゃないの?…とか思っていましたが、調べてみると結構空港行きは意地でも時間を合わすことに注力しているらしく、乗り換えのなさ等々利便性が高い上に安い便もある…ということで、東京駅八重洲口発のシャトルバスを予約しました。

…ちょうどいい時間の便が満席で、30分くらい早い便になっちゃったけど。

そう、航空券も安いLCCにしたところ、チェックイン早く来いよ的な扱いで、早め早めの行動でかなり時間がかかる…というより余る行程になってしまった気が…。結論から言うと、7時自宅発、12時成田発、17時高雄空港着、19時45分台南ホテル着(全部日本時間換算)と、寄り道してないのに13時間近くとかなり時間がかかった移動。…なんか効率悪いような…。

まぁ、乗る電車間違えて特急から鈍行に乗り換えたような余計な時間のかかり方もしているけれど。

帰りは14時ホテル発、18時高雄空港発、21時半成田着、24時半自宅着(全部日本時間換算)…と11時間半か。台湾で特急乗ったり、成田スカイライナー乗ったりと高速移動を盛り込んでいるせいもあるかな?

まぁこの辺もLCCの弱点かも。いや、羽田だとまた違うのかな…?


■空港からのルート
LCCは遅れる可能性が高い…と考えると、成田空港から帰りも考えておかなければならない。21時半成田空港着の便だけれど、これが遅れて終電とかにかかってくると考えるとどうなるか?

疲れもあるだろうしスカイライナーとか特急での帰宅を考えると、特段難の問題も無いのだけれど、スカイライナーの終電も逃すとどうなるか?

特急で無い路線の終電や、高速バスのルート、その他成田空港宿泊のケースも考えてカプセルホテルの有無も確認したり。その場で右往左往するのもヤダしね。

まぁ結局スカイライナーで帰れたけれど、事前にこの辺調べておいて、成田空港の交通機関事情を把握できたのは、まぁ良かったかな…と。


■旅行保険
最近よく聞くのは、クレジットカードの付帯補償で、たいがいどうにでもなるんじゃないの…という話。勿論そういうケースもあるとは思うのだが、最近はそのカードを使って購入した航空券の旅行のみ対象…とか規約が改定されていたりする。カードを持っているだけで安心してはいけない。

そんなこともあるので、今回は自前のカードで自分で航空券を手配した。

ただ、遅延補償とか細かい補償が付いていないので、他にoff!という保険にも加入してみた。結構幅広い補償が付くのだが、遅延補償という「6時間遅れたために宿泊や航空券など2万円まで補償」という掛け金60円の特約にも入れた。…120円払うから、倍にしてくれないかな(^^;)。

ま、結局保険を使うということは無かったのだけれど、使わないに越したことは無いし、2千数百円で済んでいるので、掛け捨てでも気にならない。むしろ安心して旅が出来たので、次回も利用しようと考えている。


その他、通信環境の確保の為の下調べとか。まぁそれは別記事で。

あとは検疫関係を調べておけば、おみやげで持ち帰れるものの幅が広がったかなぁ…とも思ったり。持ち帰れるか心配で、市場とかで買いそびれたものもあるんだよな。

ともあれ、そんなこんなの準備でした(?)。

« 原稿脱稿と、今後 | トップページ | 台湾旅行2015:初日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/62879837

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾旅行:事前の準備編:

» 台湾旅行2015:初日 [とめどなく、雑記]
台湾旅行初日ですが、荷物はかさばるもののそれほど重くない(自宅計測:計9kg)の [続きを読む]

« 原稿脱稿と、今後 | トップページ | 台湾旅行2015:初日 »