2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 台湾旅行:事前の準備編 | トップページ | 台湾旅行2015:2日目(台南散歩) »

2015/12/17

台湾旅行2015:初日

L1063000

台湾旅行初日ですが、荷物はかさばるもののそれほど重くない(自宅計測:計9kg)ので、それを背負って7時に出立した自宅から東京駅八重洲口に移動しました。


そこから所定のバス停に行こうとしたところ、途中で外国人に呼び止められた。なにかと思えば、写真に撮った地図を持っていて、そこに書かれたビルに行きたいとカタコトの日本語で話しかけてきた。そこからちょうど死角になっているビルだ。

持っている地図はiPhoneに写真で収録し、iOSは外国語仕様らしい。写真に乗っている地図は日本語。なるほどなるほど、ちと難関かもね。

そこで、こちらのiPhoneのGoogle検索なども駆使して、ビルが見える場所まで案内した。

その時に思ったのは、数時間後には間違いなく自分が同じ立場にいる。これは助けねばならない…ということ。

…ってか普段、そういう風に話しかけられたことないので(覚えている限りは銀座で「スタバどこ?」って聞かれたくらいか)、そういうエピソードをこういう初海外旅行行く途上に盛り込んでくるのはまたなにかの伏線かなんかだろうか?

ま、お役に立てた…と思うけれど、予約したバスに予約客として乗り損ねるところだったのも、なにかの伏線だろうか?(^^;)

高速バスはほぼ定刻通りに成田空港の第3ターミナルにバスで横付けしてくれた。なるほど、確かに頼りになるな。多くの交通機関は第2ターミナル止まりらしいので、これは有り難い。おかげで第2ターミナルまでの距離感を把握できずにいたけれど、これは最終日への伏線になったかな?(^^;)


使用する航空会社はバニラエアで、一応チェックインとかは国内旅行で散々やってきているので、その辺は心配なし。

ところでその辺りの売店で財布を購入してしまった。

普段使っている財布は長財布で不便(あえて不便な方が、出費がかさまないようになるかな…と)なのだが、旅行用となるとかさばるし携帯性に問題があるので、もう一つ、安物の二つ折り財布をAmazonで購入していた。ただ、これも安いだけあってあまり使い勝手よくなさそうだった。

そんな不満を持ちつつ、時間つぶしに売店をうろついたのが運の尽きだったのかも(^^;)いや逆か?。たまたま見つけたポーターの、そこそこいい値段のする財布。これがまた非常に使いやすそうなんだ。ちっと迷ったけれど、カードで購入。早速中身を移し替えてみた。結果的には大正解。ポケットやポーチへの収まりが良く、旅行中、非常に重宝した。

インスピレーションは大事にしないといけないと感じました(^^;)。


Img_4953あとは、荷物検査→税関(外国製品持ち出して続き(ライカカメラとか))→出国審査…といったところか。一応順調。税関でなぜかカメラ談義になったけれど(途中で遮られたが)、バスの時間が早かったので間が空く空く。手持ちぶさただったなー。免税店の辺りをうろうろしちったい。


飛行機に乗ってからも4時間のフライトが暇暇。なぜか寝られない。リクライニングがあまり効かないからかも。あるいは初めてづくしで緊張してたかな?iPadもなんか自由に操作できないし、ゲームもそんなに集中してやれるタイプでないしなぁ…。

ただ、個人的には飛行機そのものにそれほど不満は感じなかった。席は狭いけれど、天井が高かったり、国内便のエコノミーに慣れていたせいもあるかもしれない(最近乗ってなかったけれど)。

また最近ストレッチで体の柔軟性を改善しているので、結構座りっぱなしでもつらくないのかもしれない(最近、本業でも座りっぱなし…なのが慣れたか?ぉぃ)。思ったよりも揺れないし、天候のせいかもしれないけれど、最近の飛行機の性能向上もあると思う。

それでも4時間が限界だな。それ以上は錯乱するかも(^^;)ぉぃ。


ともあれ無事に台湾の高雄空港に到着。飛行機の外に出ると、早速台湾の気温が襲う(^^;)。

空港でのエピソードといえば…入国するまでは入国審査くらいか。オンライン申請で事前申請していたのだけれど、なぜか通っておらず、念のために機内で書いておいた入国審査カード(暇だったし)を慌てて提出して普通に手続きをした。…あり?おかしいな…。

後から聞くと他にオンライン登録していたメンバーはうまくいっていたようで…。おかしいな…。


で、正式に台湾に入境してからが結構緊張した。やはり初めての海外だし、それで自分一人で行動しなければならない。微妙に心上ずって…って感じで地に足が着いていない感覚だったというか…。

まず両替。これは普通に2万円差し出し、手数料差し引かれた伝票にサインし、普通に換金できた。

続いて現地SIM購入とiTaiwan申請手続き。これは別記事に書くけれど、結果的に比較的スムーズに手続きできた。ただ、なんかやはり周りが見えていなかった気もする。

とはいえ、事前に友人が作っていてくれた「ホテルまでの行き方しおり」のおかげで不安MAXという感じでも無い。


続いてMRTという地下鉄の駅に移動。本来はここで切符(トークン)を購入するものの、しばらく滞在することを考えてiPassというSuicaに似たカードを勧められていたので(しおりで)、窓口で購入。ここで初の窓口でお互い言葉が通じないところのやりとりだったのでは。やはり緊張はしたが、日本語案内カードとかもあったからか、それでもうまくいったけれど。

MRTに乗るにあたっては当然行き先を事前に確認しておかなければならない。この辺で日本語の表現とあちらの表現の違いか、ちょっと表記にずれが見受けられた。「駅」って文字は使わないのね。しおりと見比べるとちょっと混乱しそうだったので、現地地図をガン見して微調整。

やたらシートの固い電車内で過ごしていると、周りはみんな異国。まぁおいらが異国人なのだけれど、なんか実感が少しずつわいてくる。それでも主要駅では日本語アナウンスも入るので、非常に有り難い。


L1062974そして高雄の駅で地上の路線に乗り換えをするため地下鉄から地上に出ると…なんか急に台湾っぽい(?)光景が目に入ってきた。夕焼けが綺麗だったり、明るかったこともあるのかもしれないが、ここで妙にテンションが高まってしまった。(空港の周りはなにも無かったしなぁ)

ここでちょっと10分程度散歩してしまった。ただ、まだ身の振る舞い方のアジャストが済んでいないせいか、どうも居心地が悪い。荷物もかさばって自由も利かないし、やはりホテルに戻るのが先決かと思い立ち、慌てて駅に戻った。


L1062982ここから地上の路線で北上して台南駅に向かわなければならない。ここで特急や急行、各停とあり(しかも日本語と表記が全然違う)、また通常の切符とiPassと指定席の扱いが違うらしいのだが(特急は全席指定?)、これもしおりに詳しく解説があり、難なく正しい方向の特急に乗ることができた。

ただ、行き先を確認していなかった。

高雄から北上する路線は基本台南を通ってその先に行くのが大半…と勝手に思っていたんだけれど、新左榮とかなんとかその途中で終点を迎える便もあったのね。台湾の地理が頭に入っていなかったので、全然知らない駅で降りることになってしまいましたわ…。

Img_4963ちょっと途方に暮れる…。(動揺して、状況を把握できない写真しか撮れていない)

が、ここで事前に確保していた通信回線でGoogle検索、路線検索したところ、ルート案内で次の列車を示してくれましたわ。ほっ。高雄でこれして、乗り換え無しの便を確認しておけば良かった。

おかげで各停しか乗れず、時間はかかったものの、なんとか無事に台南につきました。


L1062984台南に着くと…まぁなんというか…とっくに日没過ぎて暗いからその点強調されたのかも知れませんが、煩雑で…なんというか、異世界感ばりばりの駅前でした。それもアンダーグラウンド的な。なんか高雄に降り立った時の感動はどこにいったんだ?(^^;)

特に原付バイクの走行と路駐が多い。ひたすら原付バイクだらけ。おかげで空気は悪いし歩きにくい。煌々とともされるネオンサインで…なんかもうそれだけで嫌いになりかけてました(^^;)。

ホテルに着いて友人を見てほっと一息できても、落ち着かないくらい…。


L1062986そしてそれらの衝撃と疲労からさめやらぬまま、その友人を含む3人で夜市にタクシーで出発。そらもう大騒ぎさ〜…という場に飲まれていきました。どうもなじめない。

写真撮影も50mmという慣れない画角ということもあるのか、うまく撮れない(^^;)それは関係ないだろう。

食事とかもしてそれは美味しかったし、楽しい場でしたけれど、どうもなんかトータル的にいい印象を残せないままでした。

なぜか時間のかかった長旅の疲労感、そのあとの諸々のショック感などの影響でいろんな意味で本調子じゃないままホテルに戻ってしまいました。
(それでも2時間くらいはうろついていた)


ホテルのテレビが意外なことに日本語のチャンネルが映って、ほっとしたり。衛星放送をとらえているのかな?トイレも、台湾に限らず外国は日本のように紙を流せないと聞いていたものの、今回のホテルは日本と同じで超安心。

唯一違うのはやたら広い部屋ということ。もちろんありがたいが、出張等で狭いビジネスホテルばかり利用していた身としては妙に落ち着かない(^_^;ぉぃ。

ともあれやっとちょっと一息つけました。


それにしても翌日から果たして台湾を楽しめるのか…?不安が募ります。

結論から言うと、初日の印象がきれいさっぱり払拭されて楽しみまくりなのですが、それはまた別記事で…。

#まぁ、夜市を心底楽しめなかったのは心残りなので、リベンジしたい気持ちが残りましたが。

« 台湾旅行:事前の準備編 | トップページ | 台湾旅行2015:2日目(台南散歩) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/62885823

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾旅行2015:初日:

« 台湾旅行:事前の準備編 | トップページ | 台湾旅行2015:2日目(台南散歩) »