2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 孤独の輪行 肘折温泉編を考えてみる | トップページ | iOS9でのEvernoteの使い方 »

2015/10/12

おいらがSurfaceBookを買わない理由

なんかペン付のWindowsタブレットがここにきて色々発表されている。多様な進化を遂げはじめて、お絵かきに使うのにパワフルなスペックを装備し始めている。

ただ、スペックだけで比較して「あれがいい!」とか考えると怖い。怖すぎる。

「お絵描き(手書きの作画)」に本当に必要な環境とは何か?よく考えてほしい。


とりあえず個人的にはWindows/Macを使う場合は、「ショートカットキー」を中心に考え始める。

最初からタブレットデバイスだったiPadやAndroid用のお絵かきアプリは、基本ショートカットキー不要の設計になっているので考えない。

しかしWindowsやMac用ソフトは基本キーボードありき筐体なので、ショートカットキーで操作性が向上される設計になっている。ショートカットキーを使用せずにペンだけでソフトを使うことも大体出来るが、かなり操作が煩雑になる。

ショートカットキー不要のソフトもあるにはあるが、かなり限られる。そもそも自分の使うソフトには無い。


そんなわけで、ショートカットキーのためのデバイスなどが無いとかなり不便ということになる。

キーボードが付いていれば逆に最初から問題なさそうに思えるが、実際に絵描きの姿勢を考えてみるといい。クラムシェルに近い姿勢だと、描きづらい…というか、普通描けない。

液晶と胸の間にそこそこの大きさのキーボードが存在すると、途端に絵が描けなくなる。肘が開くので。

デスクトップなどで液晶とタブレットが別のペンタブレットを使っているシーンを思い出してほしい。普通、絵描きにいちばん近いところにタブレットがある。その向こうにキーボードと液晶となる。一番手前にキーボードを置き、その向こうにペンタブを置いている人はまずいない。

やったところで前述の問題もあるし、結局キーボードの右半分にアクセスしにくくなる。


そこでキーボードを分離し、デスクトップに近い環境を構築する必要がある。USBキーボードか、Bluetoothキーボードなどが必要になる。

VAIO Z Canvasの何が優秀かというと、液晶カバーにもなる標準装備のキーボードがBluetoothキーボードのため、離してもそのまま使えるということ。

また、キーボードの全部のキーを使うことはまずないので、Tab-mateコントローラーのようなキーの少ない「左手デバイス」というのも使用してもいい。USBテンキー+フリーウェアでも実現できるらしい。

ただ、いずれにしてもUSBポートが必要になってくる。

SurfaceProはいいが、SurfaceBookはタブレット部にUSBポートが無いのに注意してほしい。USBポートは分離するキーボード側にある。キーボードに接続して左手デバイスを接続すればいい…って、それだったら普通にキーボード使えばいい。とはいえ、キーボードつけたままの描画は前述とおり、かなりつらい。

まぁBluetoothキーボードあたりが解決策なのだが、SurfaceBookはタブレット単体だとかなりバッテリーが小さいらしいので不便だろう。AC電源使ってBluetoothキーボード接続しているのもなんだかな…。

SurfaceBookは液晶を裏返してキーボードを接続することもできる。そうするとGPUもパワーあるものが使え、バッテリー駆動時間も長い。しかしキーボードは使えないので、何かしらのUSBデバイスが必要になる。

…筐体だけ見ると、ThinkPad YOGAなどキーボードが360度回転する機種とあまり変わらない。他の筐体に対する優位性が無い気がする。まぁ、「どうしてもパワーが必要なんだ」「持ち歩きしないんだ」というのならいいのかもしれないが。


まぁそんなわけで、SurfaceBookはお絵かきに最適〜…と思ってたら、よ〜く考えて直してほしい(広い机上だけならそのとおりなのだが)。


…なんか反論あったらどうぞ。なんとかこれで買わないよう物欲抑えられてるんだから(^^;)。


#ソフトウェアで画面上に左手デバイス代わりのキーを表示させるものもある。

ただ、個人的にはいくつかの機種でいくつかのソフトを使用してみたが、ハードに勝る使用感に至らないので、Tab-mateコントローラーに頼っている。

ただ、VAIO Z Canvas標準装備のショートカットキーソフトだけは、どうもBIOSレベルでキーをエミュレーションしているらしく、すごく安定した操作感があった。あれだったらソフトでもいい。ただ、そのために他の機種では使えない。

…VAIO Zに移植してくれないかしら(^^;)。

« 孤独の輪行 肘折温泉編を考えてみる | トップページ | iOS9でのEvernoteの使い方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/62460498

この記事へのトラックバック一覧です: おいらがSurfaceBookを買わない理由:

« 孤独の輪行 肘折温泉編を考えてみる | トップページ | iOS9でのEvernoteの使い方 »