2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« NASをアップグレードする? | トップページ | 「秋の乗り放題パス」の活用法を考えてみる »

2015/09/07

艦これで漫画を描くことを考えてみる

おいらの友人間では誰一人アカウントを持っていないLINE。これはいまいち世の情勢を反映していないんじゃないの…?と気になるところですが、意外と艦これ提督率は高くて、ネット上やコミケでの繁栄ぶりを見るにつけ、おいらもなにかしら把握しておく必要あるんじゃね?…とは思っています。

ただ、どうしても世界観が受け入れられない。…っていうか、そもそもゲームとかしないし(^^;)。

そんなわけで「艦これ」は縁遠い世界だと思っていた。


そんな中、諸般の事情により(ツイッターを検索しないように)何かしら自分なりに漫画にできないか考えてみることにした。

ただ、そこでまず障壁になるのが、自分的に受け入れられない世界観。幸いにも自分勝手な同人誌(個人紙)なので、自分有りに改変することもできる。ちょっと「艦これを知らないままに描く」のも基本姿勢にしてみよう(^^;)ぉぃ。

…なんというか…女性が戦うとか殺し合う的な雰囲気がイヤ(^^;)いや、衣服が吹き飛ぶだけらしいけれど。まだスポーツとか模擬戦とかの方が納得がいく。あれもどうかなぁ…と思うんだけれど、ガールズパンツァーとかの方がまだ良いのでは?

…艦隊道?

あー…艤装とか競技用と言い張ればありかも(^^;)。水の上に立つとかもそれによる…的な。

ちなみにここまで書いておいてなんだけれど、ガルパンも未見ですが(^^;)。


キャラクターは体重別クラスみたいな区切りがあって、チームにするときに組み合わせや総計の縛りといったレギュレーションがあり、その団体戦とかがある…と。提督はその女性提督(司令官)…ってことになんのかな。


まぁいずれにしても、個人的な作品作りのレギュレーションは以下な感じ。

1.キャラクターの設定はできるだけ既存の内容を活かす
2.艦これ作品自体の世界観には沿わない
3.史実にも沿わない
4.背景をできるだけ描かない
5.背中の艤装などを活かすため、アクションは盛り込みたい(ただ、“戦闘”にこだわるものではない)
6.楽屋ネタのような会話劇も欲しい
7.気楽に描く

7.は設定厨…というわけでもないのだけれど、考えすぎて身動き取れなくなるタイプなので、設定にあまり深く注力せずに適当に足切りして描こう…と。「考えること」が目的ではなく、「完成させること」が目的であって…。

6.は試合と学園(?)生活と両方書けばいいんだろね。

それにしても試合ってねぇ…。

戦車はフィールドが地面の状態、地形、遮蔽物、その他もろもろ組み合わさって、地理的要因も鑑みた作戦作りというか戦略が面白そう。

しかし海がフィールドだと水平線1本…ってどうよ。アクセントになるのは天候くらいか?岩礁とか海岸線とかにしないといまいち盛り上がらなさそう。浅瀬…は、海の上に立っているから関係ないか。

で、基本旗取り的な試合になるんだろうけれど、砲撃による妨害とか。…砲撃戦?射程が長い話になるだろうし、やっぱりなんか視野の障害とかが無いと面白くないな。あるいは砲撃戦なら着弾まで時間差あるわけで、そこを速度で避けるとか…あ、そこで動きの速い駆逐艦が光ってくるわけね。

試合形式もそんな旗取り以外にもなんか考えればありそうな…。


まぁ、ともかく至上命題はいかにキャラクターを魅力的に描くかだから、そこら辺も考えないといかんね。

それによってレイヤーさんにハグ…げふんっげふんっ!(謎)

(続く)

« NASをアップグレードする? | トップページ | 「秋の乗り放題パス」の活用法を考えてみる »

コメント

こちらではお久しぶりです。
私も提督ではありませんが、同人誌を楽しめる程度に知識を仕入れております。詳しくは書きませんが公式にも「殺し合いではない戦闘」が用意されているので、必要ならその設定を使うのもありかと思います。そっちを描いた同人誌ってほとんどありませんしcoldsweats01

む、どもです。

そのような情報、どこぞのページにあるですか?

初心者向けの攻略サイトとか、ニコニコ大百科とかで(苦笑)。
大げさな表記をしましたが、ゲーム内に「演習」という、他人の艦隊と模擬戦をする項目があります。燃料と弾薬は消費するものの、受けたダメージは終了後に消えるというものです。(主に初心者の経験値稼ぎ用のようです)
漫画にすれば艦娘VS艦娘ですし、轟沈なし(HP1で行動不能になるだけ)なので狙いに合うかな、と。システム上の都合で、ベテランは(初心者が稼げるように)高レベル艦娘を1人で置いているそうですよ。

ああ、「演習」ですか。よく友人が艦これやっているときに口にしていました。…「遠征」だったかな?

考えてみるとHPとかライフとか経験値とか、日常会話で何とはなしに使っているものの、そもそもそういうのもドラクエとかそれに類するゲームを一切やったことないので、完全には理解してないor経験的に理解してないのでなんとも…。

まぁ…自分なりに、逆にその辺の無知を活かす…というか、自分なりの世界観で勝手に設定と話を考えてみますよ(^^;)。

やっぱりスポーツ的な内容になるのかな。得点制か、柔道みたいに一本を取っても可とか…。

そうすると既存の競技をベースに考える方がいいのかも知れませんね。バイアスロンみたいにコース上の的を砲撃しながら移動するとか、ドッジボールや雪合戦みたいに二手に分かれて撃ち合うとか・・・。

んー、舞台を海にこだわる必要は無いか。悩みは記事本文に書いたとおりだし。まぁ、だったら「艦隊」とは何か…という話にもなりそうですけれど(^^;)。

登場人物対抗戦というのは考えてます。地域戦になるかと(謎)。夏の奉納試合とか…(超謎)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/62235335

この記事へのトラックバック一覧です: 艦これで漫画を描くことを考えてみる:

» 艦これ企画メモ その2 [とめどなく、雑記]
■日常をどう描く? …その前に、舞台設定的に思いついたことが…。 「その国は、太 [続きを読む]

« NASをアップグレードする? | トップページ | 「秋の乗り放題パス」の活用法を考えてみる »