2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 旅行先予定リストに書き加えてみる… | トップページ | 久しぶりに映画を »

2015/09/02

肘折温泉の楽しみ方

1070878

先日、肘折温泉(山形県)に行ってきた。

きっかけは俵山温泉(山口県)。ここがなにやら温泉の西の横綱らしい。詳しい根拠はリンク先を見てください。

で、西がいるなら、東の横綱は…?と確認すると、「肘折温泉」が紹介されていた。西に行ったのなら、東も行っておきたいね…となる。いつかは行かねば…と思っていた。

…っていうか、その肘折の名前の由来が、折れた肘を直した故事(?)に由来するらしい。おいらも3月末に鎖骨骨折している。もう8月で5ヶ月も経っているのだが、まだ経過観察中。骨がくっついている部分もあるが、隙間も多い。ごく狭いながら可動範囲・力の制限と、うずきも残っている。

効能が適した湯治場所ではある。そこでまた友人の車をお願いし、片道8時間くらいかけて泊りがけで行ってきた。

4695

1万年前に噴火した火口のカルデラ内の温泉らしいのだが、源泉がいくつかあって、湯船によって泉質が違うらしい。特に泊まった宿の湯の一つは鉄臭い。タオルが赤茶ける。…おもろい。

そのくせ、他に透明度が高い温泉もある。寝湯なんてのもある。

本来は1日にそうぽんぽん入ってはいけないのだが、面白くて湯あたりしない程度にいくつも入ってきた。

そのせいか、骨折部分のうずきとか無くなったのがすごい。名前に偽り無しなのだろうか?その他コミケ疲れとかもふっとんだり、なかなかいい湯だったと思う。


そういえば骨折に関しては俵山温泉に行ったときにも患っていたんだけれど、外湯オンリーで内湯が無く、そう回数こなせなかった…っていうか、替わりにロバの本屋やドライブ、ホタル撮影とかにいそしんでいたので、湯治そっちのけ(^^;)。町の湯にしっかり浸かっておけば良かったかなぁ…?

1070823ともあれ、肘折は湯治場としては超お勧めとの結論に。ヤバいよ俵山。どちらも昭和やそれ以前の雰囲気を残した温泉宿という雰囲気ばっちりだけれど、湯のバリエーションで負けてるよ(^_^;。ただ、喫茶店とかホタル要素とか別要素で俵山の面白さが上回っているけれど。ちょっと肘折には喫茶店分が少ない気がする。

いずれの横綱も周りに何もない隔離地的な立地なので、泊まり込みが長いときにどのように過ごすか、そこにも違いがあるように思える。

そうそう、肘折温泉はあまりイベントに重ならない日程で行ってしまった。そのせいかいくつかの施設の定休日にも当たってしまったし。肘折でもいろいろイベントを催しているので、ちっと調べてスケジュール調整して行くと、いろいろ楽しめるかも。

1070971雪の季節だったり、寒さこたえる季節以外は、ほぼ毎日朝市もやっているみたい(たぶん雨天も中止)。なかなか趣のあるイベントなので、これ目当てに早起きするのもいいかも。ただ、残念ながら旅行者には朝市の新鮮野菜はもてあます…。あー…いや、結構東北周辺から来られる方もいらっしゃるようなので、そういう方々は普通に買って帰ればいいのだろうけれど、東京から行く身としてはねぇ…。(えらく美味い饅頭があったが)

湯治場なので、自炊用の調理場を備えた宿泊施設もあるみたい。鮮魚店もあるらしいし(見てはいない)、腕に自身のある人はあえて朝市を利用する感じで行ってみるのもいいかも。

なかなか旅のアレンジが問われるかもね(^^;)意味不明。


そんな下調べが肝要な肘折だけれど、やっぱり一番の難は移動手段かな、東京から行く身としては。なんかもっと手軽に行ける方法が欲しいな…。

新庄とか行く新幹線だと楽そうではある。ただ、金額が片道で、今回友人と車移動にかかる費用の往復分と同額…というのはちとつらい。所要時間はいいんだけれどね…(路線バスの時間を外すとイタいが)。

高速バスとか無ぇかな…。調べてみるとあるにはあるね。ただ、夜行バスだな。運用に困るな…。

移動手段の検討もなかなか腕を問われそうだ…(^^;)。


#余談だけれど、2泊3日中で前半は天候に恵まれなかった。1日目夜なんかすげぇ豪雨でうるさくて眠れないくらい。

10709362日目も太陽光が射していても小雨が降るという意地の悪さ。ただ、周辺が工事中で車が通れず、また経路が険しい地蔵倉というところにお参りに行ったところ、途端に雨が止んだ。以降は雨に見舞われていない。

本当に人気が無かったので、さびしかったん?

« 旅行先予定リストに書き加えてみる… | トップページ | 久しぶりに映画を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/62197131

この記事へのトラックバック一覧です: 肘折温泉の楽しみ方:

« 旅行先予定リストに書き加えてみる… | トップページ | 久しぶりに映画を »