2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015/07/30

左手首を巡って…

PULSENSEとその同期ソフトがバージョンアップを繰り返し、使用感としてあまり待たされないようになってきた。

もともと機能的には十分だとは思っていたものの、同期がもっさりしていてうんざりすることも多かった。現在は比較的きびきび同期してくれる。瞬時とまでは行かないまでも、納得できる速度。

相変わらずiPhoneの「ヘルスケア」アプリとの同期は出来ないみたいだけれど、個人的には他に同期させたいアプリもないし、あっても競合しそうだし、必要性を現在は感じていない。

そんなわけで、気に入らないのは筐体デザインだけとなった(^^;)。ああ、あとバッテリーが数日保ってほしいなぁ。普段はいいけれど、旅行時が困る。もっとコンパクトな充電器にしてもらってもいい。


とりあえず、ヘルス関係のセンサー・情報ツールのPULSENSEが左手首に鎮座している限り、その他の情報も表示してくれるけれど運動量等をリアルタイムに通知はしてくれないAppleWatchの出番は無さそう。

脈拍計が10分おきだっけ?PULSENSEは4秒おきなので、この差は運動時はデカい。こまめにするとバッテリーがもたないんだろうなぁ…。

その欠点をもってしても、魅力あるキラーツールが出てきたらわからんが…今のところそういうの聞いてない。

もっとも、左でなくても右手首も空いているし、AppleWatchはその辺簡単に逆にできるらしいので装着簡単だろうけれど、両手首って恰好がどうだか…(^^;)。


まぁいずれ、PULSENSE系統かAppleWacth後継かわからんけれど、もっといいものが出てきたら交代…かな?

2015/07/29

リュックの相棒

トラベルグッズレビュー
デイパックを背負っていても背中の汗がすっきり!
はが建築社「汗とおる君」

備忘録メモ。

自分はメッセンジャーバッグ派…というか、肩掛け派。すぐに中身にアクセスできるし、スタイリッシュだし。

ただ、体への負荷が軽い方は間違いなくデイバッグのような両肩掛けのリュックタイプ。実際一時期おいらも使いまくっていたけれど、気軽さが確保できない、加えてムレがあったので、宗旨替えした次第。

その片方が解決するのなら、それはそれでいい話ではないかと。

また、リュックを外して置いているとき、中身が少ないと自立しないのでへたっ…としているのも見栄えがどうかなー…とか思っていたので、それがしゃきっとしているだけでも気持ちがいい(^^;)気持ちの問題かよ。

まぁ、誰かの使用感があれば…いや、もうあまりリュック自体持ってなかったかな?(^^;)

パースは正確でなくても…?

やじうまWatch
漫画やイラスト作成に……アナログで狂いのないパースを書ける自作の製図器がニコ動で話題

ちょっとまだ見てないけれど、アナログでもパースを正確に描けるのはすごくね?まぁデジタルはさらに簡単だけれど。

Illustratorにもそのような機能あったと思うけれど、まだ使い方を理解してない(^^;)こっちの思惑通りの機能じゃないのかもしれない。

CLIP STUDIO PAINTの方がわかりやすいかな。パース定規も慣れれば使いやすく、なかなか便利で多少活用して作画もしてみた。

うまく使えば、自転車も3Dデータ使わずに描けるんじゃなかろうか…?ベクターデータで残したい場合は、そちらで描いた方がよさそうだし…。


ただ、だんだんと「正確なパース定規」に頼りすぎてはいけない気がしてきた。

消失点を画面の外、かなり遠くに持って行っていると、フリーハンドの方が味が出ないか?…という疑念に駆られる。

目安が無いのは困るけれど、それをうまく崩して味のある作画にならないかなぁ…とも考えてみたり…。

2015/07/28

走行記録を何かしら撮りたいとは思ってはいる

夏休みの自由研究にいかが? インターバルレコーダー「レコロ」IR7発売中〜植物の成長記録、ペット行動観察にも

んー、どうだろう?自転車の事故記録などのドライブレコーダーには不向きな気がするけれど、自転車でどういったところを走ってきました映像を作るにはちょうどいいかもしれない。

事故らない限り、編集要らずで大体の走行の様子とか見せられると思うので。連番の静止画を映像化するのは、PCがあれば難しくないでしょう。

むしろ撮りっぱなしの「映像」を人にあとから見せるのは見せる方も見る方も面倒のような。編集もあるだろうけれど。

だったらレコロで、最初に大体の走行時間を考えてそれを30fpsで1〜2分の映像にする場合には何秒おきの枚数分…と計算して設定して撮ればいいかなぁ…と。

映像も間引き編集すればいいのかもしれないけれど、レコロの方が画質良さそう。

まぁバッテリーが単三4本とあるので、筐体の大きさから車体への取り付けが面倒そうだけれどね。

イラスト・漫画を始めたい貴方に耳寄りな情報

「Cintiq Companion」シリーズが最大37%OFFとなるサマーセール開催- ワコム

おお、これはお得かも。

続きを読む "イラスト・漫画を始めたい貴方に耳寄りな情報" »

2015/07/27

ベストなiPadは?

iPad Air2がなにやらiOS9から使いやすくなるらしい。画面分割やらなんやらの新機能が搭載されて、生産性が上がりそう。ノートのように使えるかもね。

…ともなれば…と、気が早いけれどもロジクールのキーボードを買ってみた。元々作画資料表示用に使っていたので、安定性があって角度が変えられるスタンドがあればいいな…と思ってちろっと購入。

メーカー的にはiPad mini2にも使っていたキーボードなので、信頼性もある。

ただ、そのiPad mini2にもキーボードがついていて、普段はそちらを持ち運びして使用している。

iPad+キーボードで使いやすいのはどちらか?

軽く比べると、やはり小さい方が使いやすい。慣れもあるが、どうしても画面タッチ操作が必要になる。となるとホームポジションから距離が小さい分、操作しやすいわけだ。

ただ、視認性は画面の大きい方がいい。ビュワーとして使う、あるいはひたすらテキストを打つ、あるいは加えて「ついでに絵を描く」ことになれば、やはりAir2のアドバンテージもあるだろう。iOS9の新機能もあるし。

また、Air2相当、または以上の機能を持ったiPad mini4が出たらそれもまたどうなるか…。

まぁその時その時のベスト解を選んでいけばいいか。…その折、選べるかどうかわからんけれど。

2015/07/26

十年先のお絵かき方法

VAIO Zで楽しくお絵かきしてます。

PC内蔵液晶タブレットでお絵かきするのは、PC+ペンタブよりもダイレクト感があって、しかもタッチ機能も使えてパン+ズームもダイレクト。いい点だらけ。

とはいえ欠点もあって、右手自身が影になってペン先が見えにくいというのが筆頭かと。

細かく言えば他にもあるわけですが(大体メリットに相殺される)、最新ハードが反映されにくいという問題もあります。

PC内蔵液晶タブレットは内蔵デジタイザを必須とするため、どうしても特定機種になりがち。必ず調子の良い(?)新機種が出続けるものでもない。今使っているお気に入りの製品寿命が尽きた時に、同じようなものがあるかどうかは確実じゃない。

PC+ペンタブだと、環境が無くなっているとは考えにくい。PCは好きなもの選べばいいし、ペンタブもワコムのがなくなってることはないでしょう。

十年スパンで考えると、PC+ペンタブが環境を維持しやすいというわけ。

だから時折、PC+ペンタブの環境でもちょろっと描いて、体を完全に液晶タブレットのみ適合にしないようにしているわけ。…最近おろそかだけど(^^;)。

2015/07/25

来年の田切

長野)「重点道の駅」、飯島町で起工式 県内に2カ所

こないだ、行けない自転車イベントの件で書いた田切のお話。

おふくろの実家でのんびりしたところなのだけれど、谷あいで幹線道路が迂回してんのね。オームカーブと言われて速度が出せない。だから渋滞するらしい。んで、バイパス道路作るんででっかい橋というか陸橋というかが谷あいにかかるわけ。結果、従来の道路に人(車)が通らなくなるのかと。田切自体も人が通らなくなる…と。

それは困るので、せめて道の駅でも作ってくれ…って話でここまで持ってこれたらしい。

自転車走行イベントに来た人はわかると思うけれど、田切・飯島町も地元産の農産物があるので、それをウリにバイパス沿いに道の駅を作って販売・バイパス外へ誘導というやり方もわかる。

ただ、そこにしかない特産品というわけじゃない。他にもあるところのものながら、美味いぞ…ってものなので、個人的には好みだけれど差別化になるかなぁ…とちと心配。

元々あった道を通りやすくして、そこに受付を置くようなもの。車の通行量は理論上変わらないはず。道の駅ができたからお客が増えるというわけじゃない。道の駅の運営の仕方で逆に減ることもありそう。

…なので運営の腕次第…って、いつか全国の道の駅を特集したテレビで言ってた(^^;)。

そんなわけで田切には頑張ってもらいたいところ。

2015/07/24

ちょっと気になるところ

外出規制中の今や、旅行先を検討するうえで活用しているのがGoogleマップ。

勿論旅先が最初にありきで地図で周辺を確認する用途もあるけれど、何も無しに地図を眺めながら、お、ここはどうだろう…?と旅先に思いをはせることもある。

そんな感じでGoogleマップを眺めていると、有料道路に色付けされて目立っていることに気が付いた。

高速道路が主なのだろうが、その他にも地方の有料道路がある。大概つながっているか、近い。稀に独立しているように見える有料道路もあるが、山の中の観光地かバイパスだったりもする。

そういった独立系有料道路(?)の中で規模が大きいのがあるのに気が付いた。富山県の中央付近にある有峰湖周辺。有料道路に囲まれている感じ。

むぅ、なんか興味をひく(^^;)。しかしなぜこうまで有料道路で固められているんだ?

その湖の名前で軽く検索すると…理由がよくわからない。

間違いなく紅葉の名所だし、釣り、キャンプに良さそうなところらしい。ただ、ここまで道路を整備するものなのか…?

…とか思うと行ってみたくなってしまうが、出発地からのルートを考えると、地理的に面倒。一旦冨山まで行かなきゃいけなさそうだし、車で行くのも、トレンタも面倒そう…。

輪行で行ってもしょうがなさそう(たどり着けない?)だし…。

まぁ、「今後なにか縁があったら行くリスト」に載せておこうかな(^^;)。

京都の海にはなにが…

京都の海をアピールする「海の京都博 〜さあ、地と遊の冒険へ」開幕

京都府の海ってば、気にはなってた。

鉄腕DASHで舟屋が紹介されていたこともあるけれど、行きつけの蕎麦屋に置いてあるお気に入りの日本酒も丹後半島のふもとで作られていることもあり、いつか行ってみたいな…とは思ってた。

ただ、なんかいまいち引力が弱い。交通の便も悪いし。東京からだと北陸新幹線開通前の富山くらい悪いんじゃないか?

交通の便の悪さもふっとばすような、なーんか「きっかけ」が欲しいな。

あと気になっているのは、今現在でこそ京都府の海だけれども、実際のところその辺、昔は「京都」だったの?京都と舞鶴、若狭、丹後って同列だったっけ?

文化圏の話ね。京都に近い地理を活かして、なんか独特の文化があったのかな?…という話。そこらへんで魅力あるかな…?と。地図見ると大阪の方ががぜん近いけれど…。

2015/07/22

「田切駅→伊那市駅1hour Bicycle Tour the 4th“轟天号を追いかけて” 春風四海に轟く!」に行きたかった…

そういえば今週末、こういうイベントがある。

イベントの正式名称は 田切駅→伊那市駅1hour Bicycle Tour the 4th“轟天号を追いかけて” 春風四海に轟く!

長野県の飯島町にある田切駅から、伊那市駅まで自転車で走るイベント。一般道を走るのでレースではないが、できるだけ目的地まで規定時間内に走るのが主目的。

その昔、究極超人あ〜るというマンガがあり、そのOVA版で飯田線の旅をしている最中、実際にそういうコースを自転車で走るシーンがあったため、それに由来して最近始まった伊那市主催のイベント。
※ちなみに田切駅自体はOVA公開後からファンが訪れ、アニメの「聖地巡礼」のはしりと言われている。

規定時間はアニメのエピソードに由来。ただ、アニメ内に出てきたシーンをつなぐと、直通ではなく全然違う方(火山峠)まで走ってしまい、普通のロードでも規定時間で本当に走れるのか?…という高低差もキツいコースのため、完全アニメ準拠コースの人は超気合い入りまくり装備(その割にはコスプレもいるんだけれど)。

そこまでコースにこだわらなければ(平地直通とか)、そんなに漕ぎまくるコースではないので、つらい走行ではない。

勿論個人的にはあ〜るのファンということもあるけれど、加えて田切が母方の実家ということもあるので、参加してみたかった。

とはいえ開催時期が毎年7月末。コミケサークル参加組にとっては「いやがらせか?」というスケジュール。なんとか2014年だけはやりくりして参加はしたけれど(その1その2その3)、

毎年はつらい。今年も参加申込してないし(骨折治療中という不安もあった)、見に行くだけも原稿追込みで難しい。加えて親戚づきあいが面倒という問題点も去年発覚(^^;)。…めんどい。

なんか妬みエネルギーが発散されたせいか、今年の開催日には台風12号呼び込もうとしちゃったけれど、今のところ開催日に長野は影響されなさそうね。…悔しい(^^;)ぉぃ。

まぁ参加者のみなさん、楽しんできてください。

続きを読む "「田切駅→伊那市駅1hour Bicycle Tour the 4th“轟天号を追いかけて” 春風四海に轟く!」に行きたかった…" »

2015/07/21

VAIO Z日記

VAIO ZのInstantGoを切って運用し始めてだいぶたつけれど、不都合は

・無線LANが遅い
・ネットワークアダプタを時々リセットする必要がある(数日に一度はOS自体を再起動)
・InstantGoを切っているので、スリープが使えない
 ※代わりに「休止状態」が使える。結構動作が速い。

これくらいか。まぁ、無線LANが遅いのは自室の環境の問題かもしれないけれど。

あ、あと、これくらいはあるか。クリスタもたまに難しい時がある。

・高解像度に対応していないソフトで操作が難しいことがある


あとは…バッテリー設定で外出時にたまに「省電力」モードでバッテリー保たせてるけれど、作業内容によってはパワーが足りないことがある。「高パフォーマンス」だとさすがにバッテリーがもたない。AC電源接続時でも、ファンの音が気になるので(うるさいわけではない)、できれは控えたい。

やはり「バランス」が丁度良いかも。


コミケ原稿に注力しているので、特定ソフトで特定用途にしか使わず、いまいち汎用性のある使い方してないので話が広がらない(^^;)。

脱稿以降が勝負かな?(^^;)

Webで見かけた面白アイテム

「火と水で発電できるUSB充電器」が上海問屋から登場

面白いっちゃー面白い。

「熱せられた金属板と、沸かされている水(お湯)の温度差」が発電のキモらしいので、お湯自体はいじっちゃだめか。バーナーの別作業中に差し込んで使うような感じか。

面白いけれど、おいらの場合は使う機会が無いだろうな。あったらモバイルバッテリーで充分な気がする。

携帯性は高そうだから、登山家なりなんなりが使う、かなりニッチな製品と言うことか。面白いけれど。

…買わないよ?(^^;)いやほんとに

2015/07/17

ここのところ重宝している椅子

そういえば…、

IT・スマホ
「酷すぎて伝説級」「たいしたことない」〜Amazon最大のセール「プライムデー」が期待ハズレと話題に

この記事見ていて思い出したけれど、おいらが原稿描く時によく座る自室の椅子、アーロンチェアだった。

それまで安物のOAチェアだったんだけれど、体に合わなかったせいかどーもすわり心地がよくなく、ひじ掛け等壊れたこともあって買い換えたんだっけか。

きたみりゅうじさんもちょうどアーロンにしたところだったか、そういうBlog記事を…過去記事だったかもしれないけれど、そこで手を抜いちゃいかんよ的な話に共感し、かなりの高額なそれを思い切って購入。一部機能が省かれた安いモデルだったけれど、結構な値段だった気がする。

ただ、以来、それに座っている分にはすごく楽。椅子に起因すると思われるトラブルはないし、お金かけるだけのことはあったのかと、今更ながらに思い返したり。

まぁ、周りの環境が雑然としているのでそれらを整理すればもっと良くなるんだろうけれどね(^^;)。


あと、アーロンにはヘッドレストが無いので、別会社のアーロン対応のヘッドレストも付けてみたけれど…邪魔。

何も作業しない時はちょうど良いんだけれど、手元作業を行っているときに時々首を振ったりするときには邪魔に…。アーロンにヘッドレスト付かない理由はあったのかしら…?

2015/07/15

最近引いてる線

んー、最近の原稿描きではIllustratorよりもさくさく進めている気がするが、あまりすっきりとした線が描けていない気もする。

VAIO ZのN-Trig…の、低速だと震える現象のせいもあるかもしれない(だいぶ抑えられているけれど)けれど、加えてCLIP STUDIO PAINT EXの設定を絞り切っていない点もあるかもしれない。

試用からそのまま本原稿描きに進んでしまったので、あまりカスタマイズをしっかりしていないんだよなぁ…。今からやっちゃうのは作業時間的に無理だし、結構進んでいる原稿の一部のタッチが変わってしまうかもしれないし…。

新バージョンにもアップグレードしてないのも、テキストの扱いが変わるらしく、データが知らないうちにレイアウト変わられても困るのを憂慮していることもあるし。

ともあれ、現段階では比較的長い曲線が綺麗に引けない状況という感じ。まぁもともと苦手だったけれど、ベクターレイヤーが使えるなら、それでカバーできるように線を引きたいしなぁ。

原稿終わったらもちっとチューニングすっか。

そういうカスタマイズ環境を他マシンにも移行できれば万全なのだけれど…。2台まではインストール・認証可なので、WinとMacで使い分けているところもあるんだけれど、そういったカスタマイズしたペンとか併用できないと不便でたまらん。

新バージョンではその辺、クラウドに保存して移行できそうなんだけれど、どうなんだろ?その辺も原稿終わってからだな。

2015/07/12

たまには写真プリント

特別企画
ネットから“プロラボ”にオーダー!
技術者が1枚ずつ仕上げる「クリエイト」の美麗プリントを体験

フィルムで写真撮影していた時にプリントをオーダーしたことがあったけれど、デジタルでもプロラボオーダーってのもあるのか。

指示が80文字以内と物足りないけれど、基本的にクライアントが画像を作っておき、プリントする際にそのイメージを崩さないように連絡する程度なら、80文字で事足りるのかな?

まぁでも何枚かお願いしてみたいところ。

いろんなところで撮影して、何枚かくらいは自分だけのアルバムにとどめておくのももったいなく、関係者にデータを送ったりもしているけれど、プリントした方がさらに喜ばれそうだし、できれば出来にもこだわりたい…ってのにいいサービスかも。

ついでにお勧めの写真たてとか額とか勧めてくれるといいんだけどな。フレームのデザインとか選ぶの苦手で…(^^;)。

コミケのコスプレ写真もWebで公開したり、メールで進呈しているのもあるけれど、プリントするとまた違う印象になるものもありそう。

連絡可不可関係なく撮っているので、写真プリントしても渡せるかわからんけれど。

2015/07/11

自転車を楽しむ、活かすデバイス

本日の一品
心拍測定機能で、データを見るのがさらに楽しくなった「Fitbit Charge HR」

んー、基本的にはいいんだけれど、PULSENSEと比較するとただ1点。

リアルタイムで運動強度(その時点の心臓への負荷)を知らせてくれて、オーバーワーク(ペース上げすぎ)したときにペースダウンすべきとかわかるようになっているかどうかがわからん。

PULSENSEはランプで、設定するとバイブレーションで知らせてくれるので、例えば自転車で走っていると気が付かないうちにオーバーワークに、あまり身にならない運動ペースになっていることがあるので、それを知らせてもらってペースダウンして調整するのに非常に便利。

使い始めてからそういう機能が非常に便利だったので、身に着けるなら最低限そういった機能が欲しい。

逆に言うと、最低限その機能があれば、PULSENSEに比べて全体的に高機能なので、乗り換えてもいいかなー…的な(^^;)。


…まぁ、あとANTとかHeart Rate Profileに対応しているか?…とか、細かいチェックもあるんだけれど(^^;)。iPhoneに限らず、データを表示できるデバイスもあるので、そちらにも表示させたい。

例えばこういうのとか。

趣味のインターネット地図ウォッチ
「Recon JET」を試してみた——自転車乗りとランナーのためのサングラス型端末地図上に現在地を表示できるHUD付き

これはこれで視野がどうなるかわからんので、試せる機会が欲しいね。何しろ高額だし。

右後方確認時が心配だけれど、サングラスにひっかけるタイプのミラーがあれば、右上方向に設置すればかなり死角を狭められるんじゃないの?

…なんか逆に視線移動が頻繁になりそうな気もするけれど(^^;)。

…っていうか、ロードレーサーならまだしも、のんびりポタリング派のおいらには不要か。こういうデバイス自体にはあこがれるんだけれどねー(^^;)。

金策に走る男

ライカQは欲しいものの、お金が無いので手持ちのモノを放出してなんとか資金を作れないか、金策に走る…というか、取らぬ狸の皮算用じゃないけれど、自分の手持ちがいくらで買い取られるか、ネットで調べてみた。

結果、

・ライカMP(フィルムカメラ)
・トリエルマー28-35-50mmF4(レンジファインダーには珍しい、画角切り替え可能レンズ)
・MacBookAir11
・Cintiq13HD(ワコムの液晶タブレット)

このあたりをうまく売却できれば、ライカQの本体価格に手が届く感じ(あくまで満額取引の場合)。

しかし50万以上手に入れても、それがぽよんとカメラひとつにまとまってしまうわけだ。

…うーん、貯金してしまおうか(^^;)それが順当な考え方。


まぁ今は忙しくて、売却する暇もないしなぁ。

売却というか、多少手入れ・洗浄・元の箱を探し出して梱包・業者の査定等々、多少なりと手間がかかるわけで。カメラとPCの2店舗で済むとは思うが、ちょっと時間が必要だわな。

そういう時間が有ったら、今は原稿にいそしみたい(^^;)。

2015/07/10

最近のCLIP STUDIO PAINT EXの使用感

CLIP STUDIO PAINT EXが楽しくてたまらない。

まだ機能を全部把握していないと思うのだけれど、今までIllustratorで漫画作画していたのはなんだったんだ?…と思うくらい、漫画原稿作成する分には便利この上ない。

…まぁ、Illustratorで漫画原稿作成仕様って方が間違っているんだけれど(^^;)。


ともあれ、クリスタの使用感は前にここに書いた通り。

CLIP STUDIO PAINT EX試用中(ほぼ本気の原稿作成中)
※記事中、ラスターレイヤーとベクターレイヤーの名称を間違えている(^^;)未修整。


加えて、スクリーントーンの貼り方が面白い。いくつか方法があるんだけれど、網点に限定していいのなら、グレースケールの描画をしてからのスクリーントーン変換もできるので、細かいトーンワークも可能。

まだアナログで漫画描いていたころは結構トーンワークに凝る方で、同じ網点のトーンを微妙にずらしてグラデ(モアレ)にし、上のトーンを削ってディティールも醸し出すという技を好んで使っていた。おかげで遅い遅い(^^;)。

トーンをずらすのが微妙な操作なので、クリスタでも同様なことができるのかまだ試していないけれど、そもそもグレースケールで描写した絵をそのまま網点にできるなら、それもしなくてもいいかなぁ…と思うことも。

いずれにしても、読者からすれば「写真を変換しただけ?」…と見られなくもないけれど。それはそれで技術がある証明?でもなんか苦労した甲斐が無いな(^^;)。


あと、線の描画にも慣れてきて、だいたい意図通りの線が引けるようになったと思う。

ただ、補正機能頼りのままなので、まだちょっとカクカクした感じの線になってるかなぁ。女性とか描くのに問題出てくるかも。

まぁ、多機能とはいえ、使用者本人の「画力」が追随するか…っていうか、あるかどうかは別問題なのだけれど(^^;)。

2015/07/09

MacBookPro15Retina(2012)の復活の仕方

最近めっきり出番の無いMacBookPro15Retina(2012)。

出番が無いわけでもないけれど、母艦という役目となるとそう頻繁に使用するものでもない。最近、ちょろっと原稿編集のサポートに使い出した(フォントが豊富にインストールされているので、そちらで文字入力+アウトライン化のみ行う)くらい。

もちっと積極的に使用してもいい気もする。持ち出し専門がVAIO Zに移行してしまったので、今まで持ち出し用に使っていたMacBookAir13よりもパワフルで、家の中で使用するにはあまり重さが関係なく、スペックが上回るMBPを使用してもなんら問題ではない。

あ、つまりAdobeとかのライセンスをどのマシンに置くか…って話ね。

ただ、それにしてもMBPには何かが足りない。…あ、SSDの空き容量か。

512GBなのに100GBを切っているのは心もとない。外付けHDDも使ってはいるが邪魔だしなぁ。当時は768GBも結構高かったし…。

これに使える、512GB以上の換装用SSDってないかしら?…と検索してみたら、以下のモデルが相当するらしい。

・Samsung 850 EVO mSATA 1TB SSD

Amazonで6万円くらいかぁ…。他に工具も要るしなぁ…。

通販や秋葉原で探せば、もう少し安くなるかしらん?まぁそれでもすぐにお金用意できない気がするが…。まぁいますぐでなくてもいいんだから、もう少しこなれて…くれないかしらん?

2015/07/08

秘密のお勧めランキング

個人的に、旅先の宿・飲食店ランキングというのを有している。

口コミで色々情報を集め、実際に行って確かめてみたり。それでA〜Cランクとランク付けをする。当然、Aランクほどお勧め度が高い。

値段とかではなく、ロケーションやコンセプトも含めての評価。

更に上にSランクというのもある。ただ、このSランクになると逆に人に勧めない。…秘密にしたいから(^^;)。

「希少価値」というか、あまり客が増えるとそこの魅力が損なわれてしまう恐れがある場合、Sランクが割り振られる。まぁおいら程度のスピーカーが何の影響もないと思うが、念のため。どこの壁に耳があるかわからんもんねぉぃ。

ただ、たまにSランクながら、Aランクにあえて落とすケースもある。

勧めたところで行けまい、あるいは勧めて少しでも来店人数を増やさないとそのお店の維持に支障をきたすとか…。

「ロバの本屋」は前者のケース。山口県だし。


さぁさぁ、行けるもんなら行ってみろ〜>ロバの本屋(^^;)ぉぃ。

体を動かしたい

骨折してからあまり運動していない。

もう多少体を動かしても良いとは思うが、今度は夏の原稿に引き留められてじっくり体を動かす時間が取れない。通勤時くらいしか時間が無い。

土日も起きたら体を動かしてから原稿にかかるか。喫茶店に歩いていくとか。

そして脱稿してからが本番だーっ!

すぐにフルパワーでは動かせないから、徐々に体を慣らしていかないとあかんね。ストレッチもしてないから柔軟性も損なわれてるしなぁ…。そこらへんもしっかりやってかな…。

輪行もしたいなー。自転車無くてもカメラ片手の散策でもいーよー。俵山温泉に行く途中で寄った宮島をてくてく歩いたのも、時間に追われてなければ楽しかったろうし。ホタル撮影でうろうろ歩いていたのも楽しかった。

そう、車の旅とかだと意外と体動かさなそうなのが怖い。積極的に体を動かしてかないと。

自転車の旅だと逆に、しっかり休まないと。リラックスできる時間を作って緩急つけないと。…いや、つけない方がいいのか?

…ああ、ある種の妄想が…(^^;)。

2015/07/07

次の温泉はどこに…?

温泉には色々なランキングがあると思うが、成分表に加え、それに載らない成分(例えば溶存水素)の含有量も含めた「還元力」といった効能まで鑑みて作成された番付表で「西の横綱」と謳わられた「俵山温泉」。そう、こないだ行ってきたとこ
ろ。

別段温泉が目的ではなかったのだけれど、確かにいい湯だった。

これに対し、東の横綱が山形県の「肘折温泉」というところだと書かれていた。

ただしこのランキングは、山形県観光協会に問い合わせても「は?」の一言でこの話題は終わってしまったくらい、知名度のある話題では無い。


いずれにしろ、肘折温泉の湯も体感してみたい。

宿泊についても、お盆のシーズンは混んでいると思われるものの、それ以外は「なんとかなるんじゃないですか?」と観光協会に言われた。まぁ、どんなもんだか…。

ただ気になるのは、山形県は意外と全エリアで温泉が出ていること。おいらの場合、どこかに旅行行ってみたいなぁ…と思った場合、Webで多少情報を収集するのもあるが、アンテナショップのようなその県の観光案内書のようなところで情報を収集する。そこで前述のようなやりとりがあったわけ。

で、肘折温泉のような特定の温泉だけでなく、ちょっと引いて山形県全体はどうか?…と思って観光協会で県全体のパンフレットをもらうと、温泉場が結構県全体に分布しているのに気が付いた。あれ?温泉県?

あまりそんなイメージ無いけれど。草津温泉とか別府温泉とか道後温泉とか、温泉で有名な県って他にありそうだけれど…。

そこでつらっと調べてみると、「旅館や公衆浴場を備えた温泉が県内全市町村に所在している唯一の県」が山形県らしい(山形市郷土館 郷土館便りNo.58 平成7年9月1日発行)。
※ちなみに、逆に47都道府県で唯一「銭湯」が無いらしい(ソース不明)。

これはつまり…山形県内をぶらついている限り、かならず地元の温泉宿があるということかしらん?(^^;)いいのかそんな解釈で?

車や電車(輪行)でひたすら旅をして、適当な飛び込みで宿に泊まる…って旅も面白そう…。

2015/07/03

最近のMモノクローム

ツイッターではつぶやき済ですが、おいらのMモノクロームが入院してしまいました(;_;)。もともとCCDに設置されているフィルターの類が劣化しやすく、剥離して絞った際にごみのようにノイズが写り混んでしまう不具合が発生しやすいと言われていました。

おいらのM9-Pでも同様に発生したので、現像画像から似たようなノイズを見た時から覚悟はしたものの、ドイツ送り3か月はキツい…。

まぁでも、どのみち7月中は出かけられないし、8月はコミケとかあってカラーカメラの方を多用するし。9月は我慢の月になるけれど、多少は早く帰ってくる…んじゃないかな?

それ以降はがしがし使ってやる。

…どうでもいいけど、持ってるカメラばかり海外旅行して、おいら自身は一度も海外経験無しってどないやねん(--;)。


続きを読む "最近のMモノクローム" »

2015/07/02

ホタルの撮り方

何気ない風景をダイナミックに変える「絶景写真術」:飛び交う「蛍」の撮影を写真家・田中達也が伝授! 背景にピントを合わせて“作品”に

この記事の作例写真を見ると、俵山で撮ったホタルはゲンジっぽかったみたいやね。誤解してた。

作例のヒメボタルのようなのも撮りたいところだったけれど、どのみち無理だったかな?機材によっては似た感じに撮れたかなぁ…?わからんけれど。

また、90枚撮影と合成は面倒だな(^^;)。

ともあれ、独学とはいえ、近い設定を導きだして撮ってるし、楽しかったし、OKです。もちろん機会があれば、また行きたい。

2015/07/01

目指せ、単行本!ぉぃ

大塚志郎の同人誌の商業単行本化 びわっこ自転車旅行記 「東京→滋賀500km!」

商業ベースで単行本化されるのかぁ。うらやましい。

是非「輪行日記」&「孤独の輪行」も(^^;)ぉぃ。

まぁ、一貫性の無い漫画だし、変なところにカラーページもあるし、ページ数も少ないので無理な話か。…ってか、個人的には一応一貫性はあるつもり…んー、一貫性というかなんというか、実在の場所の紹介という統一テーマなだけか(^^;)。あまり人が向かないところにフォーカスを当てる…というこだわりは持たせているつもりだけれど。

あと、絵柄が安定してないというのはあるかな。絵柄…というよか「仕上げ」の部分か。ベタ、トーンとか。

どうもIllustrator作画の弱点というか、本来は利点のはずなんだけれど、描画の限界が見えないんだよね。どこまで細かく描いてもデータ上は反映されてしまうというか。

実際は印刷レベルで再現不可能な細かさの限界があるので、それを超えない作画で落ち着くんだけれど、Illustratorはどこまでもスムーズな描写を再現できてしまうので、12,000dpiとかの作画もできんじゃねーの?…ってレベルで描きこんでいるので、作業効率が逆に悪い。

「逆にこれくらいで十分じゃないか?」と仕上げている例もあるし、現行によって完全に写真のデータを流用したり、しなかったりして、やはり作画が安定してないということもあるにはある。

ただ、最近使い始めたCLIP STUDIO PAINTは「作画(解像度)の限界」は簡単に見極められるし、仕上げ自体も効率よく作業できる。統一もはかりやすいんじゃないかな。

昔の原稿も線画・ベタくらいは流用して、その他をCLIP STUDIO PAINTで仕上げし直したい気持ちもある。大変な作業だけれど、それほど時間かからないんじゃないかな?…慣れれば(^^;)。

そうしていつか今までの「輪行日記」&「孤独の輪行」の原稿を改訂して、総集編を編纂してみたい気持ちはあるにはある。まぁまだ未完の原稿をどうにかしてからだけれど(^^;)。

レンズあれこれ

ライカレンズの美学
SUMMILUX-M F1.4/50mm ASPH.
華麗なる中庸レンズ

あー…、この記事の最後に書いてあるけれど、50mmのズミルックス(F1.4)を持っていても、同じ焦点距離のズミクロン(F2.0)とか描写の違いから欲しくなるのはわからんではない。おいらもそうだし。

おいらの場合は2つ揃えてみたら、各々個性が違ったので使い分けている…って感じだけれど。

さすがに同じ世代というのもどうかなと思ってるので、ズミルックスは最新世代なものの、ズミクロンはMマウント初期世代、いわゆる沈胴式のもの。だいぶ昔のレンズ。

とはいえ、これで絞って撮ると描写が細かいというか、ズミルックスの描写が細かくないというわけではないのだけれど、それとは違う迫力のある描写をしてくれるので、街歩きに最適なレンズだと思っている。

L1061188_light_edit_edit…とか言ってるそばから街の写真じゃないけれど、Mモノクロームで撮った樹氷(正確には違うのだけれど)の写真はディティールがすごくてびっくりしたな。

まぁおいらもレンズ沼を警戒するのと、それほど写真人間(?)じゃないのでレンズの違いがどーとかこだわらないタイプなので、焦点距離のカブるレンズはあまり揃えるつもりはない。

ただ、それでも他にロシアンレンズとか描写が違って安いレンズとかだと、揃えちゃったりもしますかねぇ…。ジュピターとか、インダスターとか…。ルサールとか昔、入手しておけば良かったなぁ…。今じゃ手に入らないか、復刻版が高い高い…。

ああ、いかん。レンズ沼の話じゃなかった(^^;)。

ともあれ、ズミルックス50mmもいいけれど、おいらのところでは本格稼働は今度のコミケかなぁ…といったところ。まだ女の子とか撮ったことないから、どう写るか楽しみ(^^;)。

あ、NDフィルタ買っておかないと。ND16くらいかな。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »