2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 再び俵山温泉へ | トップページ | ホタルの色 »

2015/06/23

ホタルの園

L1062218light2

「孤独の輪行」にも描いた俵山温泉に再度行ってきました。

ロバの本屋や温泉、風景・風情の良いところで、のんびりしに何年かに1度行きたくなるのですが、「ホタルもすごいよ」と聞かされると行ってみようやんか、見物しようやんか、せっかくなので撮影もしたろか…と友人と行くことになった次第。

丁度地元のホタル祭りも開催されたところでしたが、カメラ仲間もいたし、初めてのシチュエーションということもあり、「暗くなってから光るホタル」が見られる前、空もまだ明るい日没前後から現地の下見、暗闇に目を慣れさせるため、祭りは欠席しました。ちと残念。

ひょっとしたらあとで重要になる「ホタルの種類」とかの情報もあったかもしれない…。

■被写体としてのホタルとは?
事前に調べてなかったホタルの種類。

実際現地で光っているホタルを手に取ると、どーもイメージよりも小さい。

ホタルといってイメージするのはゲンジボタルだけれど、それもまじまじ見たことは無いですが、それよりも小さいヘイケボタルかヒメボタルだったっぽい。

これが「ひかりかた」に違いがあったようで、ゲンジだと比較的長いスパンで光るものの、他は短いスパンで点滅。これが写真で「闇に揺らめく光線」になりやすいか、にくいか…の違いがあった模様。

このあたりを考慮した撮影方法を検討しなければなかった気が…。


■撮影手法
当然、暗闇での撮影なので、「長時間露光」が基本かな…と考えていました。シャッター開けっ放しというわけです。

なので、あまりレンズ開放値もこだわりません。どちらかというとどこを飛ぶかわからないホタル。被写界深度を稼いだ方がよさそうです。


そして最近のトレンド(?)は、多重合成のようです。アングルを変えずに同じ場所で同じ方向を数度撮影。ホタルの光のみ、何枚か合成(PhotoShopとかだと簡単)して、ホタルの数を強調するということです。

これのポイントはあらかじめ背景を明るいうちに撮影しておくこと。ホタルの光程度の光源では、周りの風景は照らされないので、これも込みで合成すると、一気に臨場感が増します。

ただし問題点もあって、長時間撮影場所から移動できないということ。同じアングルの写真で無いと合成できないので。つまり、明るいうちからホタルが乱舞するまで移動できないので、ホタルが別の場所に出てしまうと泣いてしまいます(^^;)。


あと、多重合成で活きてくるのが「超高感度撮影」。レンズも明るく、ISO感度もノイズがホタルの光を荒らす直前まで上げて、シャッタースピードをできるだけ早くします。ホタルの光を「光線」にせずに「点光源」にして撮影するわけです。

結果、1枚の写真に同じホタルが写りこまない、あるいは写真内のホタルの光の面積が小さくなるので、数がさびしいことになりますが、そこを多重合成で補完するわけです。


今回は「超高感度撮影」という手法を考えていなかったので、以降は「長時間露光」前提の話になります。

ホタルの明滅時間を考えれば、「超高感度撮影」も念頭に置いておけばよかったな…と思う次第…(いや、ホタルの種類に限らなくてもいい気も…)。


ちなみにいずれも大敵は「他の光」。

街灯はもちろん、車のライト、スマホ等のフラッシュ、コンデジのAF補助光すら写真に影響を与えます。

前述とおり、「明るいうちでないと背景は撮れない」こともあるので、それら光源を逆に背景を浮かび上がらせるアイテムと考えるのも逆転の発想ですが、コントロールがまず無理で、偶然性に頼るしかありません。

…ので、他撮影者が居れば自分も同ポイントを気を付けなければなりません。カメラの液晶も明るすぎる光源なので…。


■撮影機材
ホタルの光は超微弱。

なので、スマホ、安いコンデジではまず撮影は無理です。ビデオも無理。

LEDライトやフラッシュをたいても無理。映画館でスクリーンをフラッシュたいて撮るようなものです。フラッシュの光の方が強くて、ホタルの光がまったく見えません。

「暗いところではフラッシュ」が当然と思って、フラッシュ撮影して画像を確認、写ってないので再度フラッシュ撮影をして…という無限ループを起こす人がたまにいるようです。実際私も目撃して、ほほえましい限り(^^;)何様やねん>をれ。


そんなわけで、今回の私はバルブ撮影機能(シャッターボタンを押している間、シャッターが開きっぱなしになる機能)のあるライカのM型を用意しました。当然ストッパー付きレリーズワイヤーも準備。
ちなみに、こちらはノイズリダクション機能は切れませんでした。長時間露光撮影するとノイズが多く乗るのですが、これを補正する機能…なのですが、シャッター開放時間と同じ時間がかかるというデメリットが。さくさく撮影できない…。

友人はニコンの一眼でしたが、レリーズワイヤーではなく、電子式のリモコン撮影だったようです。また、こちらはノイズリダクション機能を切ることも可能(PC現像等で処理する)。おかげで撮影もテンポ良かったようです。うらやましい…。まぁ、多重合成すると結構ノイズが消せないほどだったようですが…。


Img_8677lightまた、コンデジでは一切撮影できないということもなく、それなりの機能があれば長時間撮影はできるので、D-LUX6も持参。長時間露光のできないコンデジしかなかったもう一人の友人に貸し出しました(あとで作例も掲載します)。

三脚も当然必須。自分も一番安いのとはいえ、マンフロットのコンデジ用のそれを入手しました。軽くて持ち運びしやすく、それでいてがたつきが無い優れもの。コンデジようなので雲台のコントロールがしにくい、安さ故の問題もありましたが、M9-Pも十分支持できたので、問題なしです。


あと今回は荷物が重くなるので持っていかなかったのですが、PCがあれば良かったな…。

撮影は主にRAWで行います。条件の悪い撮影なので、後でRAW現像すると、黒潰れた部分も比較的ディティールを拾えることができます。

特に私のカメラの液晶はおまけ程度のもので、しっかりとした撮影が行えたかどうかなど確認できません。

宿で撮影画像を確認し、撮影プランを練り直して次の撮影に備える(2晩以上の撮影前提)といったことができたかも…と考えると、ちょっともったいなかったなと後悔するところ。

鞄を工夫すれば、可能だったかな…?いや、結局帰りのおみやげの量を考えると、懸命だったかもしれない(^^;)。


■撮影場所
農道…なのかな?小川の脇を通る舗装道路から、小川、対岸の木々にとまるホタルを見る…という感じです。

あまりホタルが居るところ自体に近づけない感じですが、ホタルが多い年、時期だとそこから道にあふれてくるらしい。

そんな出現頻度なので多く撮りたいとなれば広角を選びたいところ。

ただ、今回を含めて必ずしもそうなるとも限らないので、50mmとか標準から望遠といった画角の方がいいかもしれない。

背景の入れ込み方や高画素でトリミング・クロップする前提とか諸条件でセレクトも変わってくるかもしれないけれど。


また、車道だけあって10〜20分おきに地元の車も通る(夜になるほど頻度は少なくなる)。その他にホタル見物の車もやってくる。

この車のライトが眩しすぎる。

自分たちは日没くらいから街灯が一切ないその環境でホタルの出現を待ち構えるだけでなく、暗闇に目を順応させたりしているので、車のライトは相当きつい。真正面から食らうことは基本無いのだけれど、帰宅などの移動中は結構キツい。

まぁ、いきなり照らされるということも無いので目を細めてやりすごしますが
(^^;)。

撮影にも支障あるものの、まぁ幸いにもデジタルなのでやり直しきくし、たまに来るくらいは全然大丈夫。ちょっとひねって、撮影の演出にも利用してみたり。


意外と蚊には悩まされませんでした。川近くだからと覚悟はしていたのですが(虫よけをつけるわけにいかない)、流れがあるのでボウフラが居続けられない模様。ほっ。


■注意点
ともかくまっくら。道路を歩くにしても足元がかなり危険。暗闇に目が慣れていないと平気でガードレールにぶつかったりするんじゃないかしらん。それで済むならまだいいけれど、沢に落ちちゃったりする危険も…。

また、ロケーションの良さを鑑みて滝のそばで岩場ぎりぎりに三脚を立てたり、結構危険な場所にいたかも。

目を慣らして何の問題もなかったですが、当然ライトも用意して足元・手元確認していましたけれどね。

友人はスマホのライトを使用し、おいらは自転車用ライトを持ち歩いてました。

もっともシチュエーションによっては明るすぎます。自転車に乗るには明るすぎて困ることは無いのですが、車のライトと一緒で明るすぎて手元照らしても、暗闇に慣れている目だとハレーションで見えなくなったりもします。

そこで小物販売店で「明るくないライト」を探していたり。今回はペンライトを購入、これがかなり暗くて助かります(^^;)。とはいえ、真っ暗な中だとこれも結構足元を照らせます。手元を照らすだけならこれでも十分便利。

それでも遠目のホタルに向けるとやはりホタル光が見えなくなるってどんだけ弱いの…。

そうそう、こちらの移動時、車に対しての注意光としてLEDを点滅させておいても良かったな…と思ったり。自転車用リアライトのあれ。他の人のアングルに入らない限りは点けっぱなしでも迷惑にならないだろうし、付けておけばよかったな…。


あとは…地蔵や石像にごあいさつを欠かさない…とかかな(^^;)謎。

■当日の行動
当日の撮影ですが、考えてみればホタル出現場所を詳しく知りません(多少、どの辺とは聞いていましたが)。

そこで宿の方に相談すると、車で送ってくれるとか。なんとありがたい。ホタルバスが案内してくれる場所まで日没頃から待機できるよう送ってもらえました。

そこで場所の確認をしつつ、暗さに目を慣らしたり、三脚の設置をしていると…、ふと川向うの茂みの中にひかりはじめたのがわかりました。

段々とそうした光るホタルが増えてくるわけで、だんだんとピークを迎えていきます。

ホタルバスはピークの頃に連れてきてくれるらしいのですが、光り始めから見るのもまた一興。結構感動ものです。

段々と多く光りはじめ、中には飛び始め、数匹はすぐ近くまで飛んでくるものも。

それでも地元の方が言うには「普通程度か、少ない方」だとか。多いと見物人にぶつかってくるくらい「あふれて」くるそうで。…どんなんやねん。

ピークは8時半から9時ということで、9時半くらいまではそこで撮影してました。あとは徒歩帰宅。歩いて移動できない距離ではありません。

しかしその徒歩帰宅途上もまたホタルだらけ。

個人的には勝手に「宇宙の壁」→修正→「星空の壁」がよかった…。川沿いの木々にホタルが光りまくり、壁のように星空がまたたいているよう…。

またたきというか、光り方にウェーブがかかっているというか。綺麗な明滅。

誰かが「木々にイルミネーションを施したような」と言っていたけれど、言いえて妙。それが結構な距離、続くわけですよ。

二晩めは自分たちの車で「星空の壁」近くまで移動。滝の近くとか、ちと奇をてらった(^^;)撮影を。とはいえ、なかなか多く出るところを事前に予想というのが素人には難しく、結果的には場所を移動しながら撮影となりました。

まぁうっかり撮影に夢中になりすぎるところでしたが、それは2番目。1番はその光景を自分の目に焼き付けること。

撮影しつつ、じっくりホタル鑑賞。

あとで撮った画像を見ると、直に見た印象とは結構違う。写真は派手。実物の見た印象は落ち着いているけれど、実物の感動もあるし、やはりそちらが大きい。動くし(^^;)。

とてもいい経験でした。

そしてまた経験したい。


■実際の撮影写真
「長時間露光」

最初の晩に撮影したのがこれですね。かなりの数が写っていますが、120秒解放なので、同じ個体が何度も映り込んでいます。

L1062142light

この時はここまで派手に乱舞していたイメージではないのです。そういう意味ではもうちょっと抑えめに撮っておけば良かったかな…とも思いますが、思い出、思い出(^^;)。

画角は50mmでしたが、これくらいがちょうどよかったかもしれません。


ちなみにこの晩は、別アングルをMモノクロームに28mmレンズという装備でも撮影していました。それがこちら。本当にまっくらで、どっちにレンズ向けているかわからない状態だったので、こんな真正面に消失点が来ていると思わなかった(^^;)。

L1061606lightlight

RAW現像で暗部を持ち上げてもディティールが破綻していないのにびっくりです。撮影時はまったくの真っ暗で、隣にいる人の顔すらわからない状況です。なのにこれなので、一緒に撮影していた人もびっくりです。

こちらは60秒解放ですが、ホタルの数のイメージはこちらが近いかも。


二晩めは多少は余裕が出てきて、画作りを工夫しようと躍起になりました。成果が出ているかは疑問ですが(^^;)。

L1062239light

でもこの一枚は、「川沿いの木々に群がって、そこに星空があるようにホタルが光っていた」のをとらえていて、満足はしています。28mmの90秒解放です。まぁ、この写真だけだと地形がよくわからないので状況を飲み込めないでしょうが(^^;)。


空を入れ込む形で、多少状況説明…というか、レンズがどこを向いているか多少わからせるよう構図を工夫したのも何枚か。

L1062250light

車のライトなども工夫してみましたが、あまり劇的な出来にはなっていませんが(^^;)。


ちなみに多重露光撮影はスマホのアプリや一部のコンデジでも可能は可能です。

L1070695light

おいらのコンデジでもできるので、友人に貸して撮影してもらったのがこちら。120秒の解放ですね。

本来レリーズワイヤーとかリモコンとか欲しいところです。直にシャッターを押すと筐体が少なからず振動して、写りによくありません。とはいえ、そういった付属品のない筐体です。

ただ、秒数を指定してシャッターボタン押せるし、120秒開放だったら、その内の1秒も振動していないので、今回のケースではそれほど問題にならないと思います。セルフタイマーで解決する方法もあるようですが、秒数を示すのかAF補助光のようなものが光ってしまい、他に影響よろしくありませんでした。

ともあれ、写りはこのような形で結構いい感じです。ただ、RAW設定し忘れたのがちょっと残念…(暗部を持ち上げられたかも…)。


「多重合成」
撮影に手間のかかるこの手法ですが、やらないのももったいないのでやってみました。

まずこういう明るい時間に撮っておきます。

L1062216light

そして暗くなってきてホタルが光り始めて、数枚撮ります。

L1062219light

こういうのを数枚、撮影後も多少ホタルの光を強調するように補正します。

そして6枚ほど重ね合わせるとこんな感じになります。背景のディティールがよくわかる、ノイズが無いのがメリットですね。

Light

ただ、前述通り「そこにホタルが現れるかどうか」が出来にかかわるようなので、時間ないとやれないですねぇ。今回の作例も上半分にしか現れてないですし。

ちなみに、トリミングするとこう。

L1062226_light

まぁ、これは多重合成していない、1枚ものですが。やはりシチュエーションに寄るのかもしれません。

■反省
反省点…。いやもう、自分自身です。

車のライトで結構撮影範囲を照らされて、演出以上に露光しすぎて撮影がおじゃんになることも多く、周り真っ暗で気を使わないというかなんというか、その辺べらべら愚痴りまくりになってました。他観賞者がいるときとかもね。

嫌味な大人という、一番自分の嫌いな人種になってた…。

仕方ないんや!闇は人の本性を浮かび上がらせるんや!(^^;)ぉぃ

いや、もうホント、反省してます。すみませんでした。


撮影面では、レンズ選びかな。ホタル出現ポイントと撮影ポイントは川を挟んで多少距離があるので、やはり広角よりも標準、望遠で狙った方が良い画が狙えるかと。

また、スペックに表れない「暗部の描写」に長けたレンズを選ぶのもポイントなのかな。


■今後
また機会があれば撮りたいところですが、自転車で走り回ってもっとスポットを探したいところ。川と茂みさえあれば他の場所でも結構ホタル居る気がする。

ただ、それを日没後にやるとかなり危険。ガードレールすら見失いかねない暗闇だし、相当広い範囲のライトがあっても怖い。やはり徒歩移動がいいかも。

しかしそうするとホタルが光る時間帯内であまり多くのスポットはあたれない気がする。シャッターを開く時間もあるし。ホタルの活動時間もあるし…(いったん休んで0時ころにまだ活動再開する…という噂もある)。

…まぁそこまで撮影にこだわらなくても、ホタルに囲まれる時間のオプション程度に考えておけばいいかな。

あの、ホタルが乱舞する夢のような時間。それの備忘録的な写真撮影。

撮影よりも、あそこに行きたいという思いを大切にしたいですね。


もっとも、梅雨の季節で二晩も撮影機会に恵まれたのはかなりな幸運な気が。


ホタルの種類によってはもっと長い期間見られるところもありそうな気も…。

ただ、そうなると有名なスポットは人も多くなりそう。色々制限もありそう。「土日は撮影禁止」というところもあったような気が…。

今回の場所はその点、あまり制約は無かったかも。三脚持参で撮っている人なんて二晩とおして我々以外他にいなかった(か、気が付かなかった)し。

プロ用ビデオカメラを持ち込んでいる人が1人いたかな…。「撮れない…(写らない)」と嘆いていたけれど…。

同地域の他の場所だと、もっと人が少なそうな気も…。


■地元の方々
案内役の方々、お疲れ様でした。

毎日ホタルバスが運行していたようですが(1往復?)、ホタル祭りの日はそれとは別のホタルバスも運行していたようで、真っ暗な中にホタル観賞者を送りつつ、置いてけぼりにしないように迎えに来なければならないという人数把握が厳しそうでした。なるほど、そんな難しさが…。

我々はそのバスを使わなかったのですが、通りすがりの我々にも誘導の方が色々親切にしてくれたので、ありがたい限りです。

宿の方にもいきなり場所案内、車で送っていただいたり、感謝です。


ただ、さすが地元の方々。ホタルなんて当たり前の存在なので、案内役の方以外、「見飽きているので、自分ではわざわざ見に行かない」となっ!

すげぇ!言ってみてぇ(^^;)ぉぃ。

« 再び俵山温泉へ | トップページ | ホタルの色 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/61783108

この記事へのトラックバック一覧です: ホタルの園:

« 再び俵山温泉へ | トップページ | ホタルの色 »