2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015/06/30

頼れるモバイルバッテリー

そういえばこないだの2泊旅行、iPhone6とiPad mini2と各種デジカメを、モバイルバッテリーと予備バッテリーで運用したな。

充電器不要だったなぁ(一応持って行ったけれど)。

モバイルバッテリーは2つあって、いずれも大容量のものだったけれど、1回友人のスマホも充電しても容量十分だった。

コンセントの無い出先でiPhone充電するためのモバイルバッテリーに加えて充電器…というのも荷物になるので、今後はモバイルバッテリーだけで旅行しよう。


#PULSENSEだけコンセントのUSB充電器しか使えなかった(モバイルバッテリーで充電しようとしたらハングして、1日使い物にならなかった)。

クレードルも中途半端にデカいし、1泊以上の旅行の際はPULSENSEは外すか…。

5年おきの恒例行事

2015年に自転車で転んで鎖骨骨折を骨折した。

2010年にも自転車で転んで肋骨骨折を骨折している。

2000年ではないが、1999年には子供に脇腹を蹴られ、肋骨にヒビがいった。

子供ごときに…と言われるかもしれないが、前かがみになっているところに、すげぇ体格の良い10歳児が勢いをつけて膝から飛んできたので、結構衝撃は強かった。

…なんか5年おきに骨にひびく怪我をしている気がしてならないのだが、気のせいだろうか?

…となると、2005年もなにかあったっけ?ちと記憶にない。まぁまじめに探してないけれど、Blogを見る限りは特に記録に残っていない。

しかし、その年に「自転車“に”転んだ」という記載を見つけた。…ああ、「転ぶ」年だったのか。1999年ももんどりうって転んだしな。


#ちなみに2006年は「ライカ“に”転んだ」記録が…。

ついでに書くなら、2006年は道すがら「サンタ」も始めた年と判明。…ってことは、来年は10周年…ってか。

2015/06/29

旅の鞄

旅にカメラがつきものの身。その持ち運びが抜身…というのは心もとない。何かしらカメラバッグに入れておきたい。

マップカメラ、オリジナルブランド「BLACK TAG」第一弾
カメラマン萩庭桂太氏がプロデュース。“縦吊りストラップ”など

最近のお気に入りはこのType129。カメラの他に予備バッテリーや財布なども放り込め、身軽に出歩ける。

先日の2泊旅行の際には旅先にこの他の荷物(着替え等)の鞄を加え、鞄2つで出かけた。出来るだけ荷物は減らしたいのだけれど、インナーだけはこまめに換えるタイプなので、どうしても鞄が一つ増える(^^;)。とはいえ2泊。宿に鞄一つを置いておけるので、フットワークも軽い。

まぁ、調子に乗ってカメラ2台放り込んで出かけたのだけれど。2台体制自体は悪くは無かったが、やはり身軽とは言えない。その点は反省点かな。

できればType129に全部入れられるのが望ましい。1泊くらいは大丈夫だろうけれど、それ以上とかはキツいかな。

続きを読む "旅の鞄" »

手放す検討は…?

ライカQを触ってしまった。

スペックが発表されて熟知していたので、それほど実物の衝撃は少なかったのだが、それでもなかなかの充実度。きびきび動くし、かなり使い勝手がよさそう。

初めての土地でもスナップ写真ならこれ一つで大概のシチュエーションをカバーできそうなのがスゴい。これに加えて50mmのMがあれば、相当遊べるんじゃないか?

正直、欲しい。

ただ、さすがに金が無い。

なので、持っている物を手放すとかで資金繰りをどうにかしようかとも思う。ちょっと手放せられるものは無いか、ピックアップシミュレーションしてみる。

カメラ関係での基本は、ライカQと役割が被るもの。勿論その他、金になりそうで最近使っていないものもピックアップしてみる。

続きを読む "手放す検討は…?" »

2015/06/28

ここのところ見ていない星空

そういえば俺、俵山温泉でしっかり星空を見てないな…。

いろんな郊外に宿泊し、時々「降るような星空」を見上げていた。

しかし俵山温泉となると、前にも来た時も含めて幾晩か過ごしたけれど、夜空にはそれほど星空が瞬いていなかったように思う。街灯もないし、周辺は山に囲まれているので、結構諸条件は整っていると思うのだが…。

PM2.5か?(^^;)

ただ、ホタルを撮った際に気が付いたんだけれど、あそこらへんは夜空が結構明るそう。補正したから明るくなるのは当然なんだけれど、明らかに地平線周辺が明るい。山向こうの都市の灯りが夜空を明るくしているのかもしれない。

長野でキャンプした際も夜空を見上げる方向の先に街なんかなかったし、富士山のふもとに泊まった時も山向こうは富士山だったし。

俵山温泉だと下関が近かったかな。

まぁ、ホタルが星空のように見えたので良しとしています。

2015/06/27

抑え込む物欲と、探る妥協点ぉぃ

新製品レビュー
ライカQ(外観・機能編)

ライカQ、いいなー。さすがにお金が用意できないので、買えないけれど。

それでもどうしても…というなら(^^;)、現在所有していて役割の被るこのあたりの売却を考えてみるか…。

・トリエルマー28-35-50mmF4
・エルマリート28mmF2.8
・Leica X VARIO

…トリエルマーはさすがに迷うな。希少品だし。しかしこれ1本で結構ライカQ購入資金を調達できてしまいそうな…。

とはいえ、ライカQで50mm相当もクロップできるとはいえ、画素数が小さいし、完全に代替できないので、エルトリマー維持も悩ましいといえば悩ましい。


エルマリートもなぁ…。リンク先の記事を読むと、むしろこれとM型の方がコンパクトだったぞ。


X VARIOはそれほど高く引き取られないだろうけれど(キズもあるし)、他と一緒に処分…という線か。


まぁなんか、割り切りが必要だな、割り切りが…。ライカQ、買わない!…という割り切りも含めて…(^^;)。


#あと、ズマリット35mmF2.5とか…。

2015/06/26

まだまだ現役

Retina化したての頃に購入したMacBookPro15Retinaが、そろそろ3年経つ。7月中にAppleCareが切れるんじゃないかな。

メモリを16GBにし、SSDも512GB、外付けGPUタイプをセレクトした、パワフルにカスタムした筐体だったんだけれど…あまり活かしてなかったなぁ…。もったいない。

まぁ、今すぐ使えなくなるわけでもないけれど。

SSDの空き容量が少ないものの、パワーやメモリに不便無いし、当面は使い続けるつもり。バックアップだけはマメにしておかないとね。

もっと…何かに活用したいけれど、何がいいかなぁ…。iOSデバイスの母艦くらいにしか使ってないからなぁ…。


#後継機が必要になった場合、同じグレードを選ぶと、円安で昔より高くなっているのか…ひぃ。

VAIO Zの環境、まだまだ改善対処中

常々、VAIO Zの無線LANが不安定とこのBlogに書いている。

一時期、超絶不安定→(超)不安定くらいになったのだけれど、また「超絶」不安定になっていた。なんやろね?

Webをまともに見られないのもさることながら、ソフトのアップグレードもままならない(ソフトのサーバのせいかもしれないが)のはさすがにキツい。
(念のため書いておくけれど、同無線LANルータやiPhone6テザリングに接続している他デバイス(iPad、ThinkPad Yoga、Androidタブレット)は全く問題ない)

そこでInstantGoを切ってみることにした(やり方はネット上にあるレジストリをいじる方法)。

続きを読む "VAIO Zの環境、まだまだ改善対処中" »

2015/06/25

遊ぶ場所

そういえばカードゲーム、多人数で遊ぶ「ニムト」はCG合宿で貸切状態の旅館で行い、少人数で遊ぶ「ラブレター」はこれも旅館の一室で遊んだもの。

普通は誰かの家でやるものだろう。ただ、必ずしも誰かの家で行えるというものでもないし、もしどこか街中でやろうとするとファミレスとか喫茶店は向かないという話になるわけですな。

公園とかくらいしか無い?でも雨風しのげないし…。

そうすると公民館・民間の貸し会議室とかになるわけか…。多少お金がかかってもいいなら、カラオケルームという手もあるか…。

他にあるかな?意外と場所が無いことに気が付いた。

意外と将棋・囲碁はあんのにな…(^^;)。

そんな貴方にラブレター

先日、旅先で多人数で遊んだカードゲーム、「ニムト」が楽しかったのを書いた。

これはルールの関係上、5〜6人以上で遊ぶのが楽しい。

とはいえ、いつもそれだけの人数が集まるとも限らない(なんとなく“5枚以上並んだらバースト”…というのを3枚以上とかのローカルルールにすると、多少どうにかなる気はするが)。

少人数で楽しめるルールのカードゲームとか無いかなぁ…と考えていたが、どう調べればいいかわからない。しかし忘れていた。カードゲームに造詣が深い友人がいたことを。


彼がある日持ってきたのは「ラブレター」というカードゲームだった。

基本は16枚のカードという超シンプルなもの(人数増えた時等に使うエクストラカードが他にある)。

ルール把握にちょっと時間がかかるかもしれない。いや、ルール自体はそれほど難しくなく、各カードの役割を把握するのが大変かな。それでもアンチョコもあるので、ゲームしながら把握できるとは思う。

各カードをどう使いこなすか、どう使われるか読む駆け引きもあれば、運も必要。カード枚数自体少ないから決着も比較的短い。でもなかなか燃える。

2〜3人でもしっかり遊べるというゲームバランスがすごい。16枚なのに。

これもたまに遊びたくなるね。


#余談だけれど、楽しむ割には結構この手のゲームが弱いおいら。ただ、今回はそこそこ勝てた。

すごく眠い時にやったので、表情が出なかったのも勝因のひとつだと思う。

やはりポーカーフェイスだな。これから渋く行くかな(意味不明)。

2015/06/24

たまに出てくる相棒

L1062169light

ツイートを見ている人はたまに(特に旅に)出てくる人形にお気づきのことかと。

彼の名前は「Yくん」。某喫茶店で知り合った飲み(コーヒー)友達が作り、半ば強引に里子に引き取ったおいら(^^;)。

Yくん「こらぁ拉致だよぉ〜!」

ただ、彼も旅好きというか、サングラスをしてアウトドアにも強い風体をしているので、サイクリングや旅行についてきやすくなります。

なにより、軍足(軍手の靴下版)で出来ているので、肌も強い(^^;)。

旅の写真のアクセントの他、風よけ、枕、地元の方との話のきっかけ、シカ避け(謎)等々旅をサポートもしてくれます。

正直、俵山温泉リベンジでは途中から足手まといになってましたが(^^;)ぉぃ。(ホタル撮影で写しようがない)


今後もたまに登場しますので、よろしこです。

ホタルの色

ホタルの光は白い。

こないだの撮影の際に直に見たイメージで、そんな記憶がある。

ただ、写真を見返すと、しっかり黄緑の蛍光色に写っている。雑誌とかの写真とかでもそちらのイメージが強い。…あれ?

ただ、撮影の際の記憶を幅広く思い出してみると、光りだし、日が落ちてしばらくして、初めてのホタルが光りだす時は確かに黄緑色に光っていた記憶がある。それを見つけるのが楽しかったし。

ただ、ホタルがこれでもかと乱舞しはじめる夜になると、その光のイメージは白になる。記憶がおかしいのか?


ただ、こうも考えられる。夜になると街灯はおろか、月明かりも無いまっくらな環境。加えてホタルの光は微弱。
明暗を捉えるのに必死になる目(デジカメの液晶すらまぶしくて直視できないくらい)なので、色情報を無意識に捨てていたかもしれない。

あるいは周りの色と比較して、何色と自覚できるのかもしれない。

光りだしはまだ周囲が明るいので周りの木々の色も覚えているけれど、夜は相対的な材料がなくなってしまう。
こういうことってありますかね?


#そういう、本当の闇の中で微弱でも照らす光を見ると、安心する心理でホタルの光がいとおしく思えるのかもしれない…。

2015/06/23

ホタルの園

L1062218light2

「孤独の輪行」にも描いた俵山温泉に再度行ってきました。

ロバの本屋や温泉、風景・風情の良いところで、のんびりしに何年かに1度行きたくなるのですが、「ホタルもすごいよ」と聞かされると行ってみようやんか、見物しようやんか、せっかくなので撮影もしたろか…と友人と行くことになった次第。

丁度地元のホタル祭りも開催されたところでしたが、カメラ仲間もいたし、初めてのシチュエーションということもあり、「暗くなってから光るホタル」が見られる前、空もまだ明るい日没前後から現地の下見、暗闇に目を慣れさせるため、祭りは欠席しました。ちと残念。

ひょっとしたらあとで重要になる「ホタルの種類」とかの情報もあったかもしれない…。

続きを読む "ホタルの園" »

2015/06/22

再び俵山温泉へ

L1061692lightlight

旅に行ってきました。メインはホタル鑑賞・撮影。

ホタル鑑賞地といえば色々なところがあるのでしょうが、元々「孤独の輪行 俵山温泉編」の俵山温泉に以前秋の初め(紅葉はまだ)に行ったところ、ホタルの季節もいいよ、たくさん出るし…と言われていたので、同じところにリベンジしてきました。

続きを読む "再び俵山温泉へ" »

2015/06/19

ドラマ感想「Dr.倫太郎」

堺雅人主演「Dr.倫太郎」最終回13・0% 安定2桁キープ

思ったよりも視聴率が延びていない。まぁ一度も一桁に至ってないので上出来だとは思うけれど。

おいらも興味はあったもののいつ放送しているかわからなかったし、わかってもその時間にチャンネルあわせるのを忘れ続けていたのでシリーズ後半しか見ていなかったけれど、結構面白かったし、嫌悪感を感じさせずに通して見させようとする小気味よい演出もあってよかったと思う。

このドラマの特徴は、あまりセリフで説明しないことでは。

専門用語や、そもそもラストシーンは主人公の講演だったりと、長セリフもあることはある。ただ、できるだけセリフを厳選して、セリフに頼らない(あるいは逆にセリフが強調される)映像作品を作ろうとしている意図が感じられた。

映像も、状況説明なしにアップからカットインしたり、一見つながりが無さそうなカットを重ねて、でも後で説明、それも映像を見てわかるような説明でセリフをできるだけ使わないとか。

「間」や映像で魅せる作品に仕上げようとしたのだろう。

ただ、これがある意味「行間を読む」といった視聴者側の読解力も必要とされるので、集中してみないと味が染みだしてこない。


派手な演出やセリフ続き、テンプレな展開といった方が視聴率的に好まれるのかもしれない。片手間で見ても翌日の話題にしやすいとか。

まぁあまりテンプレすぎるといつか見たもの…って感じで見向きされないとは思うけれど。

ともあれ、そういったあたりで視聴率が伸びなかったのかなぁ…という気も。


ちなみに、個人的にセリフが多いのを嫌っているわけでもない。「リーガルハイ」「食の軍師」みたいにそれを個性に昇華していれば、むしろ少ない方が困る。

2015/06/12

VAIO Z日記

VAIO Zをメインに使用して2ヶ月以上経過したわけですが、とりあえず簡単な所感を。

無線LANの接続がともかく悪い。

・スリープから復帰時に切断されて、通常の操作では再接続しない。
・普通に接続されている状況でも、気がついたら切断されて、通常の操作では再接続しない。

こんな感じ。

ネットワークアダプタを無効/有効切り替えると改善するんだけれど、日に何度か行うこともある。加えて、それでも挙動が安定しないので、2~3日に1度、OSそのものを再起動したりもする。

使用上、不便を強いられる問題は、基本的にはその1点くらいか。あとは、WinOS自体の不満(^^;)。

おいらの場合は比較対象としてMacBookAir13になるのだけれど、上記の他に少々バッテリーがもたないという点も挙げられるけれど、VAIO Zの総評としては、それ以外の不満はあまり無い。

ともかく汎用性が高い。言い換えればバランスがいい。

スペックは適度に高いし(高くできるし)、画面も広くて使いやすい。キーも打ちやすいし、バッテリーももつ。変形してタブレットにもなるし、色々な用途に対応できる。

もっとも、Canvasのような用途で専門的なことをしようとすると、細かい部分でかゆいところに手が届かない感じはある。ショートカットキーとかね。

汎用性と排他的になっちゃうのかなぁ…。まぁ汎用性を優先して選んだこともあるので、そこを欠点とはしないけれど、ショートカットキーを画面上で再現する、Canvas用ソフトは無印にも使いたいよなぁ(^^;)最近こればかり嘆いている。

読むか読まないか…以前の問題

尾木ママ「少年A」の手記「読めない」

尾木ママはともかく(^^;)リンク記事を誤ったかも、この手の「論争」で気に入らないのは「読まないうちに否定するな」と言われること(だからいずれも尾木ママのことじゃないよ)。

当然、読んでから批評すべきとは思う。

でも読んだ(買った)瞬間に出版社の勝利(利益)確定なのが解せない。返本できないし。

出版社は「読んでもらったうえでの批判は甘んじて受ける」とかなんとか言うかもしれないが、そら「お金を出してくれたお客さん」なんだから聞くだけは聞くだろうよ。

お金を出さずに読むのもなんだかね。下手すりゃ違法行為な手段もあるわけだし。

なんか成り立たないんだよな、批判が…。

2015/06/11

ライカ新劇場版:Q

“28mm F1.7”のフルサイズコンパクト「ライカQ」
手ブレ補正・EVF搭載。Wi-Fi/NFC対応

そういえば、諸外国はそうでもないらしいんだけれど、日本は広角を好むらしいね。そういう意味では日本人好みのスペックに仕上げてきたな…という気がする。

個人的には今、マイブームは50mmといった標準域で、広角でも35mm。昔の28mm好きだったらかなり危険なスペックだけれども、今ならなんとか我慢できる。

まぁそれでも触ったらかなり危なそう。そういえば新製品発表会に呼ばれていたけれど、仕事の都合で時間が合わなかったのも良かったかもしれないぉぃ。

機能もRX1比較でも、スペックシートに乗る範囲で珍しくこちらが高機能というのはすごい。

値段もすごいわけだけど。円高レートだったら…50万ぎりぎり切るくらいの価格か?…それでもすごいか。

それと結構筐体大きくないか?コンパクトって言っていいのか?X VARIO持ってるから個人的には違和感感じないかもしれないけれど。

筐体的にはライカM入門機なスタンスにもなるわけか?…入門機らしからぬ値段だけれど(^^;)。

それに28mmで最短17cmというのはもうちょっと寄りたい人もいるとは思うけれど、マクロモード切替の機構がメカニックぽくって面白いかも。やはり鏡胴に指標が刻まれているのはカメラのロマンだよね。

手振れ補正機能も付いているし、違う画角に仕上げるクロップ機能もある。無線LANも搭載されて、iPhoneと連携できるアプリもある。今の用途にも十分耐えうるような。


筐体の大きさから、レンズ交換のメリットを享受できるM9-P持ってる身で結構我慢しやすいけれど、新機能は魅力だなぁ。レンズのスペック自体も魅力だし。

んー…レンズ単体で売ってくれねぇかな(^^;)それでも結構な値段しそうだけれど。

2015/06/09

早く来い来いiOS9

フルサポートはiPad Air 2のみ:「iOS 9」はマルチタスクを強化——iPadで“画面分割による2アプリ操作”が可能に

あー、これは便利になりそうな予感。エディタとブラウザを切り替えて操作とか面倒で、PC使ってるってこともよくあるし。

そもそも今のiPadは、キーボードを一緒に使う際の操作性(キーボードから画面に指が届く)からiPad mini2をメインにしているけれど、若干パワー不足やら視認性の弱さとか気にはなっていた。

これでOSをフルで使用できるiPad Air2をメインに据えられるかも。


ああ、あと、このページの「Siriでより柔軟なリクエストが可能に」ってのも重要。写真を探すの、結構大変なので。


とはいえ、すぐのバージョンアップは危険だからなぁ…。いや、今現在Air2はメインでないから試用的に…。いや、Procreaterとか愛用のアプリが一時的にでも使えなくなったらヤダしなぁ…。むー…、悩ましい…(悩むポイントがなんか違う気も…(^^;))。

2015/06/08

漫画の作り方

漫画のネームはテキストエディタから始める俺。テキストで構成や流れ、セリフまで書くので、ノートPCやタブレットさえあれば、どこでも作業ができる。

デメリットとして、テキスト頼りな内容なので、内容が説明臭くなる。これは解説本主体の作風からすれば問題は無いのだけれど、作風がそれだけってのもねぇ。

そんなわけで、たまにはキャンパスノートに手書きでささっとネームを描くような、非解説本な漫画を描いてみたい。

今のところ、これというネタは思いついていないのだけれど。まぁツールはこれかな。

メディバンの「マンガネーム」iOS版がアップデート、スタンプ機能など追加

前のバージョンからインストールしつつ使っていなかったが、だいぶ機能が増えたみたい。試しに使ってみたけれど、とりあえずはユーザー登録しなくても使えるみたい。まぁでも複数のデバイスに渡って使用している身としては、ユーザー登録してクラウド保管した方が便利なんだろうけれどねぇ。

…クラウド保管。アイディアが盗まれないだろうな…。まぁおいらのは誰も欲しないようなネームだろうけれど(^^;)。

2015/06/05

喫茶店の椅子

ソファが好き。

家には無いソファが好き。

じゃぁどこで座るのか。IKEAの店頭か?いやさ、喫茶店。たまにソファのある喫茶店がある。

そこに深々と座り、重心が後ろ方向に加わるのがベスト。そして膝上にノートPCを抱え、色々メモる。リラックスして色々頭が回転するのがいいのだ。

自宅のアーロンチェアでも似たような感じで作業している。非公式のヘッドパッドを導入したのもそのため。いまいちフィットしてないのだけれど(^^;)ベストポジションが見つからない…。

そんなわけで、ノートPCはクラムシェル好き。SurfaceやVAIO Z Canvasあたりはこれがやりにくそうなんだよなぁ…。


自宅の近くに1か所、2人席のソファのある喫茶店がある。1人でも座らせてくれる。店員さんたちにももうだいぶソファ好きと認知されたっぽい(^^;)あとカロリー気にしていることも。

こないだ、西荻窪で何の気なしに入った喫茶店にもあったな。あそこのソファもなかなかだった。非常にリラックスできた。


後ろ向きに重心が偏ることが重要なので、リクライニングチェアでも可。

これも1か所、某喫茶店にある…が、2~3人席なので、空いているときにしか座れない。そういえば最近座ってないな。ちょっとぐらぐらしちゃうかな…というか、ぐらぐらするのがいいので、そっちに集中して作業から気を削がれそうな気も(^^;)。

2015/06/04

ScrivenerのiPadでの使い方

近々、また旅行に行く予定。2泊ながら、あまりゆったりしている時間無さそう。

でも、少しでも時間があれば違う環境でゆったり頭もリラックスしているかもしれないし、ネタ練りとかできればなぁ…と思っている。

最近、ScrivenerというMac・Win両対応ソフト(ライセンスは別々だけど)にアイディアをよくメモっている。それで2つのウィンドに別々のテキストを展開し、アイディアを練りあげることができる。

まぁ、マルチウィンドな他テキストエディタでも同様なことができるけれど、ファイラーのような機能もあり、こちらの方が結構便利。これが使えるといいな。

続きを読む "ScrivenerのiPadでの使い方" »

2015/06/03

とりとめのないマナの話

こないだ、Kindleの電子書籍を購入するとAmazonポイントをたくさん付与してくれるキャンペーンが開催されていた。

これを機会に何か買おうかな…と思って気が付いたら、なぜか血界戦線を全巻(1〜9巻)買っていた。なんでやねん(^^;)。

面白いけれど。

アニメも面白いけれど、なんか原作の方が面白い気が…(アニメはアニメなりの面白さがあるのだが)。

この物語の中に、吸血鬼の弱点…というより封印する鍵として真名、名前が必要…みたいな設定がある。他の話でいうなら、デスノートみたいな…といえばわかりやすいかな?(^^;)ぉぃ


んで、話変わって最近テレビで「日本刀女子」とか特集組まれているんだって?なんで「とうらぶ女子」じゃないのよ?商標がらみか?「とうらぶ」という言葉自体がピンとこないか…とかいう話もある。

まぁなににせよ、マスコミにしても世間一般にしても、新しいムーブメントに名前を付けるというか、ジャンル分けするのが好きよね。ジャンル分けする必要も無いのに…と思うのだが、どうもなにか呼び名を付けないと気が済まないのかしら?


…と、翻って吸血鬼の真名なのだけれど、呼ばれることによって実体化というか、囚われるのを嫌うというか。

新ムーブメントに呼び名を付けて世間一般が少し落ち着くのに似てんね。

これに限らず、なんか結構「ああ、○○ってことか」とか言って納得しちゃうオーディエンスの例もイメージあるし…。

なんか心理的に妙にリンクしているのかなぁ…とか勘ぐっちゃう今日この頃。(ちょっと曖昧に済ます)

2015/06/02

待ち遠しいWindows10

つい最近までMac中心で生きてきたものの、急に2-in-1なWindowsを使いだし、Windows10を避けずに生きられなくなった身。果たしてそんなにWin10は良いものだろうか?

情報が無いので知らない(^^;)。

なのでちろっと検索してみた。ここらあたりだろうか?

過去のOSと比べてWindows 10で評価すべき機能は?

Windows 10 の5つの大きな変更点

あと、フォント表示が綺麗になったという話もあるなぁ…。Macに追いつくようなクオリティだとうれしいな。


まぁいずれにせよ、Win8.1ではスタートメニューにこだわりはないものの(Macを使っていた身なので)、スタート画面の位置づけがデスクトップ画面と比較して…というか、PCに最適化されているのか、タブレットに最適化されているのか、どうも操作感が中途半端でとっつきにくいというか、ばらばらというか…そんな印象が。

Win10ではその辺、原点回帰してデスクトップ画面中心に「落ち着いた」という感じが。タブレットよりもPCの方に最適化されたということだろうか。

それはそれでクラムシェル派としてはありがたい限りだけれど、タブレットスタイルではどうなのだろうか?スタイラスの有無で変わってしまうのでは?まぁおいらはスタイラスのあるPCでタブレットモードも使えるからいいけれど…。

ま、そんなあたりが気になった所。今より、よりよく使いやすくなる「はず」のようで。

だからといって、アップデートが提供されても、すぐアップデート…とはしないけれどね(^^;)。

ノートPCの心配

VAIO Zシリーズ 熱暴走トラブルによるシャットダウン 【 西新宿店 】

おいらの持っているVAIO Zじゃないけれど…っていうか、ノートPC全般について回る問題。設定いじっているわけでないのに、だんだんと調子が悪くなっているなら、こういうところも確認しないといけないかもね。

CoreMマシンの何がいいか…ってぇと、ファンレスでこの辺とトラブルが起こりにくいところ(たまにファンありもあるけど)。まぁファンレスといえどヒートシンクがついているならグリスの劣化は付いて回る問題かもしれないけれど…。

とはいえ、気楽度は高い。パワーは高くないけれど、普段使いなら問題ないと思うので、パワーを出す用機があれば…。

2015/06/01

盛り上がるカードゲーム

先日、ちょっと知り合いの集まりがあり、そこでなぜか「ニムト」というカードゲームで盛り上がった。

何かは…検索してください(^^;。ルールもすぐに検索出来ると思います。文字だけの説明だとちょっとぴんとこないかもしれませんが、ものすごく簡単なルールで初心者でもすぐに始められるのが魅力。

おいらもそこで初めてであったんだけれど、すぐにハマった。本来CG関係の寄り合いだったのに、そっちのけ(^^;。

で、このゲームのポイントとしては、5~6人以上で遊ぶのが一番楽しかと(10人が限度)。実際、4人と8人でプレイしましたが、8人の時が一番盛り上がりましたね。

なにげに駆け引きというか、運任せではあるんだけれど、相手の出方次第で自分の判断が左右される面白さがなんとも…。プレーヤーの態度もなにげに気にしたり、やはりテーブル囲んで遊ぶ面白さがある。

…で、その8人のほとんどが初体験なゲームだったんだけれど、一人、なぜか独走で勝ち続ける人がいて、最後にはみんなでタッグになってやっつけようとしたんだけれど、結局一矢も報いれなくて…。

その人のことを結局、にんべんに鬼と書いて「カイ」と呼んでました(^^;謎。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »