2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 最近ちょっと面倒な自動改札 | トップページ | 5年後に向けて… »

2015/04/15

VAIO ZでIllustratorを使う場合の問題点(私の場合)・その2

VAIO Z(N-Trig)で使うIllustratorの問題点シリーズ、第2弾!(^^;)ぉぃ

今回はブラシツールの筆圧に言及してみましょう。前回は線幅が均一な線画に注力するあまり、「筆圧」について考慮していませんでした。もっとも、今回も問題点はまったく同じと思われるわけですが、念のため書いておきます。

Illustrator_sample008_01ポイントはペンの「入り」「抜き」。漫画などに代表される筆圧を活かした描写。Illustratorは苦手そうですが、意外とできるんですよ。私もやったことありまして、こちらがおいらの作例になるかと(ThinkPad Yoga(ワコム製デジタイザ内蔵)を使用)。

あまりメリハリが効いていないのは、Illustratorのせいではなく、私が筆圧をコントロールしきれていない(強弱の使いどころをマスターしていない)からです(^^;)。

またはベタ、グレーの塗りの際に使用します。細いところ、広いところと筆を使う感覚で塗れるので結構便利。


で、これで描く際に「抜き」はあまり問題ありません。

問題は「入り」です。

前述の問題で最初のストロークを正確に認識できていない…感じがするのですが、そのせいで「入り」が綺麗に反映されません。描写の先端が丸くなります。これは表現上良くありません。

Illustrator_sample008_02

前述の問題は「ゆっくり描く」ことでかなり症状を緩和することができますが、こちらはどうでしょう?

結構勢いを反映させたいタッチで使う描写なので、その対応は難しいかも…。


一つの問題に起因する現象の紹介な話になってしまいますが、やはりどうにかしてもらいたいところです。

それが実現するまで、一応以下のような代替案も考えてみたり…。

■代替案1
「入り」「抜き」がスムーズなブラシを使用する。他のソフトに同様の機能があったかと思いますが、そういうことです。

Illustrator_sample008_03Illustratorではこのようなブラシを使うことになると思います。

ただ、実際に使用すると確かに「入り」「抜き」は綺麗になりますが、肝心の筆圧が効きません(反映されません)。加えて描画中はストロークの筆跡のみ表示され、どれくらいの太さで描画されているかリアルタイムで表示されず、不便です。

何かうまい設定があるのかもしれませんが、現段階では没案です。


■代替案2
輪郭を描くやり方。鉛筆ツールかブラシツールでべた塗りしたい部分の輪郭を描き、余った部分は連結ツールで削除します。

Illustrator_sample008_04

ある意味クオリティを高くできます。まぁ別のクオリティを失っているとも思いますが。ペンタッチの味の多彩さが失われているというか…。

また、ステップ数が多く、作業時間がかかってしまいます。

このあたりの問題を受け入れられるか、受け入れられないかが妥協の分岐かと。


■代替案3
ベタやグレーの塗りであれば、PhotoShopで行ってしまおう…という案。

元々絵を描くのにIllustratorオンリーにこだわっているわけではなく、彩色をPhotoShopで行ってしまうことも多々。漫画にしてもトーンではなくグレー塗りで入稿してもクオリティ高く印刷され、その塗りも厚塗りっぽく表現したけれどIllustratorよりもPhotoShopの方が良いわけで…(ちなみにスクリーントーンもIllustratorよりPhotoShopの方がデータ量少なく済むというメリットも有ったり)。

なので、漫画原稿の場合、InDesign上にPhotoShopデータを貼り付け、PhotoShopデータ内にIllustratorデータが貼りついている…という入れ子構造になっていたり。

また、その都合上、3つのAdobeソフトが立ち上がることもあるため、VAIO Zはメモリ16GB仕様にもしてある(余談)。

Illustratorデータはスマートオブジェクトとして張り込んでいるため、ベクターデータとしてのクオリティが失われないし、更新しても反映される。…まぁそこまでこだわる必要もないんだけれど。

そんなわけでもともとPhotoShopデータの一部としてIllustratorデータを組み込んでいるので、一方で処理しているデータ作成を移行しても全然問題ないわけ。

今までベクトルデータで作成していたデータがビットマップデータになるわけで、微妙にエッジ処理が変わってしまう可能性もあるけれど、600dpiで作成しているし、印刷レベルでは見分けがつかないはず。

欠点としては、ちょっと長いストロークだと、Illustratorの方が補正が効いてスムーズで描きやすいはず(だからそちらを多用しているわけであって…)。

また、PhotoShop稼働率が上がり、バッテリー駆動時間が短くなるはず…。うーむ…、PhotoShopの低消費電力化もお願いしたいな。


■代替案4
クリスタを使う(^^;)ギャー。

まぁまじめな話、それもいいかもしれないが、過去データの流用とか、すでにAdobeCCでとっつき始めたプロジェクトの移行は面倒なので、いずれ新作のための習熟訓練…とかはしてみたい。ライセンスは持っているので。


…とりあえずこんなところですかな。今のところ…代替案3を中心に、可能なところは代替案2で対応…ってところでしょうか。


なお、こう書いているのは、わずかな「VAIO ZでIllustratorを“ペン”を使って使用する人」向けへの情報提供であって、他のソフトの症状を訴えているわけではないので要注意。別記事で書いたけれど、PhotoShopでは今のところこの手の問題は起きていません。

また、VAIO社、Adobe社の目に触れろ〜…ということもあります。これをメールで送るのもねぇ…(^^;)いいのかな?。まぁ、まだまとまってないし。

まとまってなくてもユーザー間である程度情報共有した方がいいし。…まぁそのユーザー(VAIO Z+Illustrator with Pen)が数少ないんだけれど…(^^;)。


#あとPhotoShopの彩色で筆圧がどうか…ってのもテストしないといけない気も。あまりカラーイラスト描かないから、忘れてた(^^;)。

ペンの筆圧をハードで256諧調で認識し、ソフトで1024諧調に拡張してるってあったけれど、果たして有用かどうか…。まぁ前述とおり彩色余りしないので、淡い水彩と厚塗りの両テストをすればいいのかな?

« 最近ちょっと面倒な自動改札 | トップページ | 5年後に向けて… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/61442854

この記事へのトラックバック一覧です: VAIO ZでIllustratorを使う場合の問題点(私の場合)・その2:

« 最近ちょっと面倒な自動改札 | トップページ | 5年後に向けて… »