2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 5年後に向けて… | トップページ | AdobeCCでアニメを作れる? »

2015/04/17

鎖骨折子の日常(その1)

以前のBlogにも書きましたが、3月下旬に自転車で転倒して、左鎖骨を折って、現在治療中です。まだ治癒していません。

まぁそれはいいのですが、それよか、以前にも肋骨を折ったことがあるのですが、それよか制限の多い日常生活を強いられているのがつらい…。なにより、自転車に乗れない!…ので、ネタにしないのももったいない(^^;)ぉぃ。ちょっとそのあたりを描き連ねて見たいと思います。


なお、鎖骨を折ったのはおいら自身なのですが、おっさんを描いても華が無いので、「鎖骨折子」というキャラを仕立てます。「代理」ってやつです。俺だと思ってくださいぉぃ。

_001


まず、骨折の原因。

自転車走行中、急に子猫が飛び出してきて、それを避けるために左肩から転倒しました。「茄子 アンダルシアの夏」に近い状況ですね。

_002

…そういうことにしておいてください、和田サイクルさん、かぶきあげさん、雲雀さん(^^;)謎。


ともかく、走行中に落車して左肩から地面に落下したことは間違いありません。

頭も打ったかもしれないけれど、ヘルメットがあったので無傷です。頭打った記憶は無いです…というか、自転車にも服にも落車した痕跡が無いです。

肩に肩当てのあるジャケットで多少なりと痕がわかりやすいはずなんですが、何の痕も無い。…うーむ、綺麗にダメージが鎖骨だけに加わったわけか。…いや、全然ほめられない(^^;)。

あと、じつは軽く左脚外側も打ってるのですが、こちらは翌々日にはすっかり痛みも忘れました。


その後、2km程度周回走行し(アドレナリンってすごいね)、とあるイベントだったので救護員に見てもらうことにしました。

とりあえずアイシングしつつ、「吐き気はあるか?」と聞かれ、「無い」と返答。

ここで「有る」と返答していたら、そのあとのルートは違っていたかもしれません。

…というのも、どうも骨折のある程度の目安として「吐き気を伴うか」ということもあるらしいです。あとでWeb等で知りました。あれば必ず…ということでもないようだけれど…。

で、実は、ほのかに吐き気はあったのですな。本当にほのか。加えて走行直前に弁当をかっこみ、そのあと結構走ったのでそっちでキていたのかも…と。

_003ともあれ、強い打ち身と思ってひたすら氷で冷やしまくり、でも左肩の動きを痛みで制限されながら写真撮ったり、イベント出たり、そして多少自走も含めて輪行で帰ったりしてました。

よくもまぁ、骨折れたまま(気づいてなかったけれど)、こんだけ動き回れたもんだ。そうそう、転倒したのが四谷の近く。中央線で府中まで帰ってますからね。

ただ、激痛はずーっと続いていたので(電車の中がキツかった…)、さすがに途中で病院よりました…が、その日は日曜。家の近くの病院は軒並み閉まっていたので、翌日、会社を休んで受診しました。

_004レントゲンを撮るとあっさり「折れてる」と判明。

_005脱臼くらいは覚悟していたけれど、まさか折れているとは…。まぁ傷み具合を考えるとそれも納得(^^;)気づけよ。

骨折具合は「折れた骨が離れているけれど、筋肉等に囲まれて定位置を大きく外れずにいる(比較的連続性が保たれている)。鎖骨バンド(着脱可能なギプスのようなもの)をあてがうと元の位置に戻る(連続性が保たれる)ので、それで固定・治癒を待つ」程度。つまり手術は不要ということです。

折れてさらに筋肉を突き破っていたり、元の位置に戻らないとなると手術になっていたところだそうで、その点ではラッキーだったかも。

しばらくは痛み止め併用しつつ、鎖骨バンドを常に装着し続ける生活が決まりました。

_010

鎖骨バンドはこんなのです。柔らかい素材でできていますが、それなりにキュッとしめますので、そこそこキツいです。これをまぁ、入浴時以外も装着してなければいけないのがなんとも…。元々寝返りを打てるような怪我じゃうえに、背中に異物があるのでどうも熟睡できない…。

まぁ、数週間経てばある程度は慣れますが…。

さて、鎖骨バンドはともかくとして、いずれにしろ左肩の可動範囲は狭まります。傷みがある範囲は動かせません。

肘から下は動くのですが、ちろっと図説しましょう。

_006

_007

とりあえず可動範囲としてはこんなところですか。脇を開くようには結構開くんですけれど…これはイラスト描いた頃で、折れたてはやっぱりもう少し開かなかったかな…。

また、ともかく前に持ち上げられない、体の反対側に手を持って行けない…ってところですね。

_008

鎖骨バンドに加え、腕つりバンドも無いとちょっとした移動では腕自体が重くなって骨折箇所が重くなります。

_009_2

左肩だけこの可動域…は大したことはないんじゃない?…と思われるかもしれませんが、確かに生活の大半は大丈夫ですけれど、つらいところは結構つらい。

具体的には…と解説したいところですが、長くなるので続きはまだ後日…。

« 5年後に向けて… | トップページ | AdobeCCでアニメを作れる? »

コメント

トイレではどのようにして用を足しているのか
お聞きしたいです。(^_^)

前も聞かなかった…?

肩は上には動かないけれど、下には動くので、特に問題は無いですが…。

たとえば靴紐のような場合、いくら肩より下とはいえ、腕が届かないので体をかがめることにより場所がずれて肩に負担のかかる角度になりやすく、かなり大変な作業になります。

しかしトイレくらいになるとそれほど距離が遠くないので、肩に負担をかけずに作業ができるわけです。

…というわけで問題ないので、イラスト化はありませんのであしからず(^^;)。

>前も聞かなかった…?
前にもお聞きました。(^_^)
片腕を吊った状態でパンツの上げ下ろしは出来るのか、お尻は拭けるのか気になりまして。(^_^;

失礼しました、ブラウザの更新機能が働いていませんでした。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/61450347

この記事へのトラックバック一覧です: 鎖骨折子の日常(その1):

« 5年後に向けて… | トップページ | AdobeCCでアニメを作れる? »