2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« デジタルカメラの寿命 | トップページ | それでもWin機を使う訳 »

2015/02/01

手軽になった電子書籍化?

売り上げは作者に100%還元、Kindleなど大手ストアへの配信も無料代行——電子書
籍化支援「メディバン パブリッシング」

んー…、たぶん大手ストアの取り分は有効なので、MediBangだけの手数料が無料…ってことなんだろうな。

MediBangがなんで今、無料なのか…はこの辺か…。

「漫画制作に革命を」 完全無料の漫画制作ソフト「Cloud Alpaca」の狙い

配信代行のあたりはどうだろう。ノウハウがたまればそれほど手間ではないのかな?(データの作成自体は作者にやらせるとかで)

それで配信手続無料はそれほど響かないのかもしれない。

しかし、その作品を扱うのには規約が適用され、印刷物・グッズの作成、その他の活動にMediBang側に権利が発生して配分が必要とかいう話が出てくるのかもしれない。

ちょっと申込の時に規約を十分チェックする必要があるかも。ひどいと著作権…というか、関連する権利を全部持っていかれるとか…。まぁ、最近はそこまでひどくはないとは思うが、自由が多少制限されてもおかしくはないかも。

申込時によく注意しないと…。

ただ、警戒感ばかりでもなく、とりあえずうわべだけ考えるならメリットも確かにあって、大手ストアって個人で手続きやろうとすると、面倒な部分があるところは確か。Amazonはアメリカ申請になるんだけれど、あちらの税金の免除とか手続きが必要だし(慣れれば簡単らしいのだけれど)。

他のストアでも、多少楽なところもあるだろうけれど、複数となると面倒そう。まぁMediBangからすれば、それもノウハウがたまれば前述とおり…ってことになるのかもしれない。

あと宣伝。

ストアにアップするだけではどんな面白い作品でも、身内とか関係者以外情報が伝わらない。

特に謳われていないけれど、MediBang流通込みなら、多少は宣伝してくれるのでは?自前よりはいい…という程度かもしれないけれど。


まぁそんなわけで、言ってはなんだけれど二次利用(紙での出版やアニメ化等)の見込めない作品とかなら、安心して利用できるかも?

…俺かぉぃ。

輪行日記あたりを総集編にまとめて出版するのも面白いかもしれない。毎度言っているけれど(^^;)。

ああ、でも今は新規原稿かかりきりで、編集に手が回らないけれど。

いや、ぶろぽん2011という手もあるか。いまだニーズもあるし。入手性の悪さも改善するかも。

タイトルに2011と書かれているのが難…と今まで思っていたけれど、輪行ルール変更前の内容が通用するのも今は逆に好都合かもしれない。

車種金額の部分と併せて注意書きひとつ入れて、原稿そのままでもいいかな。

実験ベースとしては悪くはなさそう。まぁ前述通り、新規原稿が一息つかないと、ちょっと難しいけれど。

…春コミの次には夏コミが控えてるけれど…(^^;)。

« デジタルカメラの寿命 | トップページ | それでもWin機を使う訳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/61071403

この記事へのトラックバック一覧です: 手軽になった電子書籍化?:

« デジタルカメラの寿命 | トップページ | それでもWin機を使う訳 »