2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 藤沢に寄ろうかな… | トップページ | CGアニメの作り方 »

2015/01/02

冬の宇奈月温泉旅行日記

L1061327_light_edit
12月初旬、富山県の宇奈月温泉というところに行ってきました。

詳細はそのうち漫画にするので省きますが(^^;)ほんとかよ、要するに友達に先を越されたくなかったのと、行ったことの無いところの旅、北陸新幹線開通前だと交通手段が不便、そして超シーズンオフ…ってあたりが理由です(^^;)意味不明。

北陸新幹線が通ると、新設される黒部宇奈月温泉駅経由で利便性の増す宇奈月温泉。観光客も増えると思いますが、彼らに「お前ら、新幹線徹前の苦労を知らないだろ〜」…と言えるメリットは大きい(^^;)超意味不明。

また、宇奈月温泉と言えば観光の目玉のトロッコ列車。あるいは冬季の目玉のスキー場なわけですが、いずれも季節限定。そしてそれらのちょうど境目となる12月頭は、どちらも無いわけで、超シーズンオフ。

観光客・スキー客激減のさなか、輪行でどう楽しんでやろうか…というチャレンジも面白いかなぁ…と思って計画を立てたわけです。

その日、季節外れの大雪に見舞われるとは思っていませんでしたが。

まぁ、現地は積雪40cm程度で、主要道路や路地も除雪が進んでいるものの、車道中心なので、自転車走行は危険。なにより数日前より交通網が混乱している有様。一時は旅行取りやめも検討しました。

しかしうっかり格安新幹線チケットで手配してしまったものですから、キャンセル料が高くつくし、行かないより行った方が経験値になるかな…と決行を決意(その時点で、交通網の混乱もある程度収まっていた)。

ただし、輪行は取りやめて、普通の一人旅。…うーん、俺の持ち味が…(^^;)。


交通ルート的には越後湯沢まで上越新幹線。そしていくつかの路線を横断する特急はくたかで直江津経由、魚津まで。そこからは富山地方鉄道で宇奈月温泉まで。

まぁ国分寺出発で乗り換え3回程度ですが、遠回りですし、見知らぬ方面。ダイヤが乱れると果たして対処できるか…?

考えてみれば日本海方面に行ったことないしなー…。上越新幹線ももちろん初めて。北は経験不足というか…。


L1060829_edit実際移動を開始すると、越後湯沢までは雪も無く普通。車内も超がらがら。

もっとも、越後湯沢駅寸前のトンネル抜けたら一気に雪国でしたが。輪行想定で客が少ないであろう1階の席だったので、びっくりしたし(謎)。

Img_3717_edit越後湯沢では乗りづぎに1時間。それは想定済だったので駅ビル構内の施設できき酒とかしてのんびり。温泉珈琲もうまかった。

L1060851_editそして特急はくたかに乗車。こちらは意外に利用者が多く、満席に近い。

Img_1442_editそして雪たっぷり降っていた割には定刻通り運行。ほくほく線という単線を移動中は、対向列車の運行が遅れて待避所が別のところになるとかいう程度。

まぁ個人的にはむしろ、トンネルが多く、写真が撮りづらかった方が問題でしたけれど。


そう。大雪が降ったところでしたが、全体的にはダイヤ通りの運行でした。むしろその日武蔵野線で脱線があったとかで、そっちでえらく都心のダイヤの方が混乱していたらしいですね。直江津当たりの電波量工区間でiPadで知りました(^^;)。

L1060912_edit魚津についても雪は降っていませんでした。積雪はしてましたが、寸前に買ったゴアテックの靴で足首まで覆っていたので、その辺は問題なし。

魚津の乗り換え時間は…ってか、あとは指定席も無く、宇奈月温泉に夕方にチェックインできればいいところ。魚津についたのは昼ちょっと過ぎだったので、ぶらぶらお店探し…と、じっくり日本海を見たかった。

駅前に観光案内所があったので飛び込んでみると、饒舌なおばさんが巡回バスや、海沿い施設など色々教えてくれました。あとリンゴの季節とか。

L1061203_light_editで、バスで日本海まで行ってみると、「冬の蜃気楼」が見られました。

夏のそれとは違い、好んで見る人はいないらしいですが、珍しいもんは珍しいとかで、貴重な経験はできたかな。

R0010107_xmp「海の駅 蜃気楼」というその施設の食べ物はうまそうではあるのですが、一人で楽しむにはちょっと毛並みが違うかなぁ…と思って、散策で別のところを探すことに(食堂も併設されてましたが)。

まぁ、徒歩移動が難しい場所で、海沿いの移動は積雪でちょっと難儀しましたが。街中入ってからは歩くのは問題ないのですが、適当な店が無い。

歩き回ってなんとかランチ時間帯ぎりぎりで「満更」というお店にたどり着きました。

Img_3736_editランチとはいっても刺身定食に白エビのかきあげ(写真写ってないけど)とか、地のもの。その中でもあら汁が異常に美味かった。

他の料理も全部美味かったんですけれど、なにかひとつと言われると、あら汁。本当に美味い。ちょっとあの店の汁物を全部制覇したくなるな。

あとは夕方まで散策…と行きたかったところですが、雪の降りが強くなり、ちと足りてなかったヒートテック・極暖を買い足して駅に避難。

ここで1時間に2本程度の富山地方鉄道に乗り継ぎしようとしたのですが、うっかり1本乗り過ごすというへまを…。

駅の時刻表には標記のある列車が、オンラインの乗り換え案内の時刻表に記載が無かったため、みすみす1本、乗り損ねてしまった…。時間が無いところでもなかったのですが、ちょっと後悔中…。

L1061234_light_editまぁでも夕方の暗くなるところで列車に乗り、段々とさみしくなってくる沿線を見ながら、人の少ない列車でがたごと旅路…ってのも後から考えると、それはそれで風情ある旅路だったなぁ…と思い返せるわけで。

当時はデジカメのシャッター押せなくて四苦八苦してましたが(暗くて(^^;))。


L1060941_edit宇奈月温泉駅に着いた頃は18時頃。真っ暗な山間に照明が当たる駅のホームはなかなかの風合い。もうそれだけで異国情緒。※時々意味もなくモノクロで撮っています(^^;)。

駅そばのホテルにチェックインして荷物を置き、適当に食事どころそ探し…と思ったら、これがまぁ少ない…っていうか、ほぼ無い。

宇奈月温泉滞在の際は、ホテルの食事を念頭に置いた方が良いのかもしれない。でもおいらのところは夕食の無いホテルだったので、なんとか地元の人が利用する飲み屋に滑り込みましたが(^^;)。

Img_3747_edit夕飯は釜飯。美味かったですけれど、あの安い値段でカニが入ってくるとは思わなかったな…。アレルギー物質、除けてもらうの忘れてた。まぁ身を食べなかったので大丈夫でしたが。

あとは適当に酒飲んで、おかみさんと宇奈月温泉のことでダベったり。もっと奥の温泉とか、お得な温泉の入り方とか(^^;)。


で、翌日。2泊なので1日完全フリー。本来は輪行で色々廻ろうと思ったんだけれどねぇ…。まぁ仕方ない。散策で廻ろうかと。

朝食はホテルのバイキング。期待はしていなかったんだけれど、言っては悪いけれど意外に美味い。

まずお米がうまい。さすが富山。味噌汁も美味いし、茶わん蒸しがエビのダシが効いていたのかなぁ、あれも美味かった。なんか全体的にダシを使う料理が美味かったというのか…。

Img_3753_edit宿代の割には満足。なにより食事中、窓から見える雪景色がねぇ…。


食事後はのんびり散策。喫茶店めぐりと写真撮影もかなぁ。

L1061240_light_edit
喫茶店は…あまり数、めぐれなかったかな。もともと数少なかったので、ホテルのラウンジとかも含めて全店制覇とかすればよかった(^^;)。

写真撮影目当ての景色も、雪化粧のおかげでなかなか面白かった。

あ、ちなみにこの日は全日通して快晴でした。写真撮影には好都合。

とある橋から見ると、宇奈月温泉地がなんか異国の地に見えるから不思議。

01

断崖ぎりぎりにホテルとか建物が建っているので、孤島って感覚も。

なんかこの辺の風景を売りにしてもいいのに…と思っていたら、展望台が。雪のため立入禁止でしたが。

Img_3756_editまた、変な形のモニュメントがあって、その形を知らなかったので、てっきり雪でへし曲げられたのかと思って、後で観光案内所にその件でかけこんだのは内緒だ(^^;)。


ともあれ、色々散策して何か面白いものを見つけなければ…と探す感覚であくせく動きましたけれど、やはり前日までの積雪で行動範囲を狭められていたのは否めません。

宇奈月温泉の源泉の方もあったりするのですが、前日の飲み屋でもおかみさんとお客さんに言われたのですが、やはり積雪で行けない。

Img_3777_edit結構歩いたものの、ちょっと満足度は薄め。がっくりしてとある喫茶店でぼーっと窓を見ていると、そこのカウンターに飾られたいた「富山で休もう」という小旗。

ああ、そうだ。何を焦っているんだ。富山では休まなきゃ…と、おやつ時に気が付いた(^^;)遅い。

L1070048_editそれからは気負いなく…ってか、もともと気負っても無いですが(^^;)、ぶらぶら公衆浴場とかホテルの温泉とか温泉三昧。

晩飯も適当にこなしてのんびりしてました。


最終日も適当に朝風呂入って朝食バイキング食って、雨が降っていたので、すぐに駅に向かいました。

L1070118_edit幸いなことに宇奈月温泉謝恩号という無料の列車があり(特急料金の110円くらいは必要)、交通費安く済みました(^^;)。

L1061376_light_edit宇奈月温泉を離れると快晴で、虹も出ていたり。

虹が出ると、大概良い旅(^^;)。


L1061398_light_edit魚津でもまた乗り継ぎに1時間だったので、観光案内所に駆け込み、初日とは違う初老の方に、ますずし有名店で買い物→喫茶店→魚津名産お土産店のコンボルートの推薦いただいて、そのルートに乗っかってみたら意外にいい線いって、時間もうまく処理できた。

観光案内所、あなどれねぇ。


Img_3832_edit越後湯沢駅ではローカル的な雰囲気で立ち食い蕎麦食ったり、日帰り温泉入ったり、700円のくせにえらい美味い、回転ずしの海鮮丼食したりと満足満足。

あとは上越新幹線で現実に帰ってきました(^^;)。


輪行の旅ではないし、うまいオチもないので難しいとは思いますが、なんか漫画のネタにしたいですなぁ。

まぁ、それを抜きにして、もそっとぶらーっとしても良かったかなとも思ったり。

同じ季節でもいいし、他の季節にも行ってさらにのんびりしたいところ。

そういえば北陸新幹線が通ると、逆に魚津行きにくくなるかも。黒部宇奈月温泉駅から先の路線が少ないから。

まぁそういう時こそ、輪行を活用できればねぇ。黒部宇奈月温泉駅から魚津間を自転車、宇奈月温泉までは列車…とかだと、ツブしが効きやすいと思う。

いつか、そんな旅を…。


#ちなみにますずしも美味かったです。自分は醤油つける派ですが(^^;)。

« 藤沢に寄ろうかな… | トップページ | CGアニメの作り方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/60865836

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の宇奈月温泉旅行日記:

« 藤沢に寄ろうかな… | トップページ | CGアニメの作り方 »