2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014/11/29

Wi-fiの使い方

iPhoneでテザリングしてPC(Mac)を外出先で使用することもある。

その際、au Wi-fi SPOT内に居ても電話回線の方を使用してしまうのでもったいないな…とは思っていた。

しかし調べてみると、auならiPhone以外、最大3台までひもづけして利用可能っぽい。こりゃ利用しない手は無いな。

ただ、よく利用する西国分寺の某喫茶店(複数)には無かった。残念。まぁ、テザリングでも十分なんだけれど、SPOTも使えるなら使う…っていうスタンスだから。

あと国分寺の某喫茶店も無いのだけれど、隣のお店のおかげでSPOT内になっているっぽい(^^;)いいのか?。


更に自宅周辺を調べていて気が付いたけれど、最近は公立の学校もそういうことになってるのね。

特にびっくりしたのは住んでいるマンション。集会所がSPOTになってた。まぁKDDIの光回線も引き込んでいるからそういうのもあんのかな?

残念ながら住んでいる居室からは距離があるので、使えないけれど(^^;)。


#…ソフトバンクの同様のサービスって無いよね?調べたんだけれど、見つけられなかった。

2014/11/28

おにぎり、あたためますか?

こないだ江ノ島、鵠沼に行ってきたとき、鵠沼ライスというお店を見つけた。

いや、正確には2度目の来店というか、1度目に見かけたときには売り切れで店が閉まっていたのだけれど、今回は3連休の最終日だからか(?)、比較的遅い時間でもまだ品物が残っていた。

前回は店内も見られなかったけれど、今回よく見るとなかなか良さそうな店構え。

ダイエット中だし、他にお店に寄る途中だったのでそのまま素通りすればよかったのだけれど、なかなか雰囲気が離してくれない。

まぁおにぎりだし、ちろっと買って翌日の朝食にすればいいかな…と立ち寄って、買ってみた。実際、基本的にはおにぎり美味しい。


ただ気になるのは、変わり種もあるところ。おいらが気になった、「くるみとクランベリーのおいなり」って何よ?ビジュアルもなんか派手(おいなりにしては)。

ただ、食してみると美味しい。見た目変化球ながら、味的にはストライクをついてくる、定番メニューといった趣。なんか他にも変わり種があった気がするが、俄然食指が伸びてくる。

店先には汁物もあった気も…。あそこでランチというのもいいなぁ…。次はいつかな?…クリスマス走行?あれの昼飯は決まっているしなぁ…。

2014/11/27

懐古的なカメラの使用

M8が面白い。

今更ながらLeica M8を使い始めている。確か2006年のデジカメで、その頃はばしばし使ってはいた。ただ、M9-Pを使い始めてからは私自身もここ数年使用していなかった。

・APS-Hと、イメージセンサーがフルサイズではない
・メニューの使い勝手が古い(選択項目の幅も狭い)
・赤外線カットフィルターが無いとマゼンタ被りしてしまう。フィルターがあっても画面周辺部がシアンシフトしてしまう
・その対処機能もあるが、Leica純正レンズでないと保証されない

等々、難点が多い機種。特に後半は画像に問題が出るくらいの話。

しかし反面、

・1/8000のメカニカル高速シャッターがある
・高い光量のシーンでも、他機種よりRAWに収まりやすい
・M9-P、Mモノクロームと共通のオプションが使用できる

といった利点もあり、昼間のシーンにとりわけ素性の良いCCDの画質の良さが光る。夜には弱いけど(^^;)。


続きを読む "懐古的なカメラの使用" »

2014/11/26

そうだ、京都行こう

京都行きたい。

今までは年一くらいのペースで京都出張があったけれど、部署が変わったせいで今はもう無い。自腹で行くしかない(^^;)いや、それが普通だろ。

なんか年一くらいで行っておかないと気が済まない(^^;)。

京都は盆地で夏暑く、冬寒いという。でももうこなれば1〜3月の底冷えの時期でもかまやしねぇ!

ここら屋とゆたか屋で食事がしたいんじゃー!(^^;)主目的

雪で自転車が無くても構わない(たまたま雪が無かったらレンタサイクルという手もあるし)。

賛同者がいなかったら、某銭湯裏に住んでいる人を無理やりにでも上記お店にひっぱってく(^^;)ぉぃ。


#この際、1泊でもいいかな…。 朝出発して昼ゆたか屋、夜ここら屋でも十分だ。

翌日ぶらぶらして夕方帰路…って感じ。あ、翌日朝uchu wagashiにも行かないと。

2014/11/25

続・BLACK TAG Type 129の使用感

引き続き、BLACK TAG Type 129の使用感を。

Img_3590今まではM型ライカしか入れてなかったけれど、加えてMacBookAir11も入れてみた。

あまりそういうケースは無いとは思うけれど、旅行にT129をサブバッグ代わりと考えて持っていくと、電車内で重宝しそうな気がする。

MBA11が半分裸に露出するのがショッキングなコンセプトだけど、個人的にはあまり気にならない。いや勿論小雨だとかでも大いに気になるし、砂埃、海辺あたりは絶対そういう風に使わないけれど、なんにもなければ、別に裸で入れてもいいかな…と思う。

で、実践してみた。

続きを読む "続・BLACK TAG Type 129の使用感" »

2014/11/21

空腹の紛らわし方

運動で消費カロリーを増やすのもさることながら、摂取カロリーも減らさないといけない。

その際、空腹感が敵となる。

とりあえずネット上で探すと、「食事自体はゆっくり食べて、満腹中枢を刺激する」ということもあるけれど、間食回避という面では、ガムで咀嚼して誤魔化すというてもあるらしい。

そういえば昔は結構ガム噛んでいた気がするけれど、あれはなんでやめたんだっけか…?まぁいいや。適度な量を噛みはじめよう。


あと炭酸飲料って手もあるらしいなぁ。炭酸で腹を膨らます的な。

その飲料に糖分が含まれてカロリー有だとなんだけれど、幸いにも職場の自販機には天然水の炭酸バージョンがあり、それなら0カロリーだ。

この2つを組み合わせて、なんとか戦っていきたい。

…自宅はどうしよう?(^^;)


#低カロリーのものを短時間間隔で口に放り込み(トータルでも低カロリーにする)、空腹を紛らわす…という手はダメだろうか?

カロリーの消費の仕方

おいらの週末のサイクリングコースは、例えば奥多摩から自宅だったりして、消費カロリー1,000kcalなんて軽い。ただ、そうそう行けない。

週一であれば、良い方。

日常の中で消費カロリーをできるだけ多く稼がなければ…と思うと、現行の自転車通勤くらいしか思い当たらない。片道130kcalくらい(Human(というアプリ)調べ)か。

減量を目的とすると、往復でもまだまだ足りない。行きは時間優先として、帰りは時間的余裕があれば、遠回りして稼いでみよう。

夜の走行は事故リスクで避けたいけれど、無難なコースで対応するしかないな。

…今まで自転車の用途は「移動・買い物・食事」限定だったのにな(^^;)。ただ、他に目立った運動、無いしな。

家族からはジム行けと言われるけれど、お金はともかく、手間・時間を考えると、創作などの方に費やしたい。


で、さらに考えてみたら、職場でもこっそり運動できるな。5階相当の屋上までの階段の上り下りをしてみたら、20kcal(Human調べ)くらい消費できた。

誰かが書いていたけれど、「階段偉大なり」だ。

1日5セットで100kcalくらい稼げれば、それはそれでいいか。連続でなければ、それほどつらくもないだろうし。

俺の職場、2階だけれど(^^;)。

2014/11/20

週末とクリスマスの予定

そうだ。クリスマス走行前に一度、江の島まで走って体調確認・コース確認しとかないとなぁ。某店へのご挨拶も(^^;)。

22日(土)…かな?

23日(日)はコミティア一般で行きたいけれど…下手に疲れたら遅刻するかも(^^;)まぁ12時にでも行けばいいか。

で、24日は完全休息。

15・16日の土日も結構体力使ったから、1日くらいはしっかり休んでおきたい。

22日は本当は奥多摩行く予定だったけれど、ちょっとまだ準備が整ってない…(謎)。んー、29日かな。


#そういえばそもそもクリスマス走行の日程も考えないとね。今のところは21日か23日といったところ。…だれかカメラマンぷりーず(^^;)。

筆圧の使い方

ちょっと久しぶりに「筆圧」を意識して、イラスト(年賀状用)を作中。

普段は輪行日記や孤独の輪行のように、Illustratorで線画を描いている。そのため、基本線幅一定。そのため、それでも味のある「シルエット」を描けるように心がけてきたつもり。

で、年賀状作成にあたってちょっと原点に立ち返って、筆圧を使った線画を久しぶりに描いてみた…ら、なんか昔のおいらじゃないみたいだ(^^;)。あれ、俺って筆圧コントロールが下手になってる?

まぁiPad、それもminiで描いたのが影響したのかもしれないが、ちと線画では筆圧はむしろ意識しないようにした方がいいか…。

塗りに筆圧は必須だけれど。

(仕組みが)新しいカメラ

新しい写真表現が楽しめる新世代カメラ「LYTRO ILLUM」でいろいろ撮ってみた

欲しい…っちゃ欲しい。スペックもとりあえずはいいかな…という気がする。

ただ、まだちょっと高価かな。動作速度等、実機で確認したいところもあるし、新筐体ということでこなれてない感もあるかもしれない。

念のため次世代待ち…かな?


とはいえ、やはり機能は魅力的。

F1相当にできる、被写界深度の中心と幅をコントロールできるっつーのはありがたい。

その場(撮影場所)で制御しろよと言われるかもしれないけれど、無理な時もあるし、あとで考えが変わることもある。なによりF1のピンは難しいのよ。

…まぁレンジファインダーだけで、EVFとかあれば別か(^^;)。

2014/11/19

キャラの男女格差

言ってはなんだが、COMIC ZINでの「孤独の輪行」の売れ行きがよろしくない。

コミケではそうでもなかったのだけれど、やはり「野郎」つまり男が主人公だとダメねぇ…。女性が主人公でないととっつきやウケが悪いみたい。とほほ。コアな層にはいいんだけれどなぁ(^^;)。

とはいえ、孤独の輪行はもう少し描き続けるつもり。自分でも気に入っているし…というより、いずれにしても自分の旅の経験記なんだけれど、それを自分というキャラか架空キャラか、どちらで描くか検討して適した形で描いているつもり。

俵山温泉編はテレビの件もあるし、どうしても自分以外、思いつかなかった(^^;)。

次の旅の記録もたぶん「孤独の輪行」になると思う。

まぁでもその次、何の旅になるか予定も無いけれど、それはどうなるか。


ちなみに、企画中(若干停滞気味(^^;))のカメラの本は、前述や入門編といったこともあるので、架空の女性キャラで進めるつもり。

ライカの本に特化したとしても、とっつきやすいようにはしないとね。

ただ、架空のキャラといえど、結構…髪の色をピンクや紫にするのは抵抗あんだよなー(^^;)。さて、どうしたもんか…。


#…孤独の輪行も主人公がおいらみたいなおっさんではなく、「美男子」だったらまた話は違ったのだろうか?(^^;)

Jot Touch with PixelpointとCreative Stylus2

iPadでお絵かきするうえであった方が良いのが、筆圧検知のスタイラス。今のベストセラーは対応アプリの数などからJot Touch with Pixelpointが挙げられると思う。

さらに似たような…と言ってはワコムに失礼だが、Creative Stylus2というのもある。

両方使ってみてどちらが使いやすいか…と言われると、1か月くらい使ってきた感想としては、CS2の方が使いやすい。

筆圧が強い身としては、受け止めるペン先も重要になってくる。仕事でもボールペンのペン先は太い方、1mmのものとかのほうが扱いやすい。

2つのスタイラスもペン先の形状のせいか、そのボールペンのペン先に例えるなら、JTP=0.3〜0.5mm・CS2=1mmといった違いの感触に思える。この例えも微妙なのだけれど、ともあれそうした感覚的な差でCS2のペンの走りが良い気がする。

他にもグリップの形状(にぎりやすさ)、サイドスイッチがひっこんでいる(誤操作しにくい)、充電がminiUSB(旅先で専用充電器が要らない(まぁ充電器が必要になるシーンもそう無いけれど))…といったあたりでCS2推しな身。

ただ、残念ながら対応アプリが少ない。その点ではJTPの方を推す。

CS2自体はBambooPaperとの相性は抜群で、ペン先のズレが無いため結構細かく描ける。

JTPはなぜかProcreateで使っても、ズレが発生するため、どうも描きにくい。AdobeDrawあたりは問題ないのだけれど、そっちはラフ等には良いけれど、本格的な塗りはしづらい。

BambooPaperも本格的な塗りには不向きだけれど、スケッチ風の水彩塗りはやりやすいので、それはそれで(^^;)。

いずれにしろ、CS2の環境がもっと整ってくれることを望むものであります。

#…あれ?なんか似たようなことを最近書いたような気が…

2014/11/18

PULSENSEで変わった日常と、変わらないエキサイトする瞬間とは?

PULSENSE(PS-500B)を日常の他、週末のサイクリングでも使用したり、だんだんと生活に欠かせないものになってきた。

これにより、何に気を使うようになったかというと、とりあえず3点。

1.消費・摂取カロリーに気を使うようになった
2.運動時は脂肪燃焼ゾーンなど心拍数を目的数近辺キープを意識するようになった
3.最大心拍数などを視覚で認識し、ペースダウンを意識しやすいようになった

3.の最大心拍数だけれど、基本は2.のキープ。ただ、自転車運転していてゲージをずっと見ているわけにもいかないし、車道の流れによってはスピードを上げないといけない。気が付かないうちにオーバー値な心拍数になっていることもある。

それはそれでトレーニングになるにしても、直接の目的ではないし、脂肪燃焼と長距離走行が目的なので疲れすぎてはいけない。ペース配分を調整する良い目安になっている。


そのためにLEDランプといったゲージが役立つのだけれど、最近は右腕に装着している。自転車走行は当然キープ・レフトなので、視線が右側に行ってないとちと怖い。ただ、それでも注意がそがれて危ない。

バイブレーションで慣れるようにしておかないと。ただいまいち、振動をどうとらえれば良いのか、身につかない。慣れるしかないかな。


最近笑ったのは心のバランスか。

運動では心拍数が上がるものの、「エキサイト」とはカウントされない。運動していればエキサイトというわけでもないのだ。

そんなわけで日常であまりエキサイトということもないのだけれど、休日に外出先で、1年ぶりに食べるカレーを前にしているときが一番エキサイトしていた(^^;)。

PULSENSEの「サイクリング」の消費カロリー算定は?

買ってしばらくのPULSENSE(PS-500B)は、基本的な使用方法(マニュアル的な話ではなく、自分の生活の中でどう使っていくかという話)を模索していたけれど、週末に自転車走行による外出があったので、それでも使用してみた。

もともと気になっていたのは、PULSENSEの「サイクリング」という運動を認識しない仕様。単純に「歩行」としか見てくれない。これが消費カロリーにどう影響しているのか。多く見積もられているのか、低く見積もられているのか。

そこで、Cyclemeterというサイコンのような別アプリで同じ心拍計からデータ入力できるよう設定し、そちらで何カロリー消費と算出してくれるか、比較してみることにした。

当初、GPSデータがおかしくて走っていない場所もトレースしたりするので、怪しいデータになっていた。

そこでiPhoneをリセットすると、途中、ちろっとUターンした経路もしっかりトレースするように正常になったので、そちらで比較してみた。

Img_3619Img_3620

10kmくらいのやや下りのルートを走った時だっけかな?(奥多摩→御岳)

若干Cyclemeterの方が消費カロリーが多く算定されている。んー、どういう計算式なのだろう?まぁ、ハードの違い(PULSENSEはPS-500Bの心拍計と加速度センサー、CyclemeterはPS-500Bの心拍計とiPhoneの各センサー)もあるし、どうしても誤差が出てしまうのだろう。


ちなみに裏で動いてたHumanで比較しても、1日積算の消費カロリー比較は以下な結果だった。

Human:歩行+自転車運動時 > PULSENSE:活動時

ともあれ、PULSENSEが変に消費カロリーを大目に算定しているのを恐れていたけれど、ダイエット目的なら、逆に低い方で算定しているのであれば差し障りは無い(^^;)そんな見方でいいのかしら?。

2014/11/17

あの食品のカロリーは?

マックは比較的好き。…といっても、マクドナルドの方。でも最近、数か月の単位で行っていない。

マックチキンナゲットのアレのせいではない。なんか元々なんか怪しいメニューっぽかった(あの形状をどうやって作っているのか疑問で、なんか心象的に食いづらかった)ので、数年、十数年口にしていない。

なので、ハンバーガーとポテト、ジュースのセットくらいはたまに食していたんだけれど、行動範囲内の店舗が駅前再開発などで軒並み閉店。相当マックを目的と据えなければ行かなくなってしまった。

とはいえ、ちょっと距離出して行くくらいなら、他の凝った飲食店に…と欲(?)を出してしまうので、なおさらマックは行かない。それであまり不都合の無い生活にもなっちゃってるしなぁ…。

まぁ、今は頑張ってください…としか言えないな。

続きを読む "あの食品のカロリーは?" »

ドコモの行方

ドコモ「下方修正」にNTT鵜浦社長が吠えた 好調新料金プランの”副作用”は大きかった

ん?

例の定額通話料金プランでドコモの収益悪化しているというのは聞いていたけれど、原因が想像していたのと違ったな。

記事を読むと、新プラン利用者が少ないのではなく、多くの新プラン移行者が、より安いプランばかり選んでしまったので、利益率が低くなってしまった…ということらしい。

…消費者、利口だな(^^;)ぉぃ。

スマホだけの利用(テザリング無し)で動画もWifi以外では見ないなら、3GB/月は可能だと思う。それに適したプランにしてしまうと、ドコモにとっても今までより収益が悪化するらしい。なるほど。

おいらは外で動画は見ないものの、MacBookAirをテザリングで接続して使用。そんなんなので、たまーに6GB/月ということもあるけれど、そんなん少数派なのねん。

まぁ、かけ放題とかの弊害が顕著に出て、auやソフトバンクにけん制してもらえたのはありがたい。従来プランも保持されるんじゃないかな?

しかしドコモも本来なら通期で200億円のプラス予想だったものが、今回の実数から1000億円のマイナス予想がされるとは…えらい開きだな…。

まぁ若干同情しなくもないが、選択肢をせばめられたんだから、そういうこともありまふ。頑張って改善してください。

2014/11/16

睡眠効果の確認を

PULSENSEを使いだして気にしだしたのが睡眠の質。

深い眠りがあると良いのだけれど、なかなか無い。PULSENSEで測定する限り、深い眠りが一切無いという日も数日あり、結構寝覚めや体力回復に影響あるような気がする。

深い眠りを誘うにはどうすれば良いか、ものの本やページを確認すると、いくつかの対処法があるらしい。

ただ、その中の重要な事項に、「寝る前に考え事をしない(リラックスする)」「スマホなどの液晶モニタなどを見続けない」とあった。

…おいらの創作活動時間帯が…(--;)。

まぁ確かに、そうしたものを寝しなに使わずに寝た時の方が、深く眠っている気がする…。いやしかし、それらを行わないようにすると、平日、創作活動ができないやん。俺の存在意義に関わるぉぃ。どうしたもんか…。


まぁそれはさておき(おけないけど)、寝しなにリラックス効果を高めると、質の高い睡眠に誘導されるというのであれば、アロマという手もあるのかな?…と思う次第。

おいらの場合はお香だけれど。電子香炉KIYOKAがある。まぁ電熱でお香をたくわけですな。

そういえばあまり最近「寝しな」にはしていないな。ちょっと時間帯を考えて効果を確認してみるか…。

同じ数値

睡眠やこころの状態もモニターできる「PULSENSE」で生活が変わる

んー、「脈拍」「心拍」をいままで同一語として使ってるな、俺(^^;)。

厳密には、記事内に説明があるとおり、違うらしい。

…まぁ、数字も基本同じだし(ヘクトパスカルとミリバールみたいにぉぃ)、当方Blog内では、特段の注意書きが無い限り、同一な言葉として今後も使用していきます(^^;)ぉぃぉぃ。

2014/11/14

もちっとPS-500Bの活用を考えてみる

PULSENSEの仕様一覧表

無線の欄に「BluetoothSMART」と記載がある。これは何か?

ケータイ用語の基礎知識
第620回:Bluetooth SMART とは


この記事と文中にあるリンク先などもからめると、わかってくる。既定の規格なのね。BluetoothSMART対応アプリであれば、PULSENSEのPS-500Bが接続できても不思議ではないのね。
※くどいようだけれど、接続を保証する話でもなんでもありませんので念のため。おいらの環境では「たまたま」繋がってはいますが。

では、BluetoothSMART対応アプリはどんなのがある?

それがiOS8のヘルスケアに対応していれば、PS-500Bをそちらの心拍計としてヘルスケア対応アプリでデータを共有できるし、便利そう。

※ちなみに、PS-500Bというハードは心拍計だけでなく、歩数計などの活動量計としての機能も有している。しかしそれはたぶんPULSENSE Viewでしか扱えない。
PULSENSE View以外でのみ使用するなら、それは覚悟しないと。(併用すれば良いと思うが、データの共有はたぶんできない)


続きを読む "もちっとPS-500Bの活用を考えてみる" »

PULSENSE使用1週間感想

PULSENSEを使い始めて1週間程度が過ぎた。

どちらかというと単純にガジェット好き、新しもの好きとして購入したものの、脈拍の24時間計測が思いのほか便利というか、このコンスタントな計測の恩恵により後から具体的な使い方、目標が出来てしまった気がする。

それは、カロリー管理をはじめとした健康管理。

脈拍見ていて「あー、運動したな」「じっとしているのに脈が変動してるなー」とか見ているだけでは意味がない。やはりそれを何かに活かしたい。

購入前は最初、サイクリング時の運動強度とかと考えていたのだけれど、日常生活自体も、まめな装着や摂取カロリーの入力等々も必要なうえ、目安程度の値だとしても、、意外とアテにできると感じられた。

実際、トータルの消費カロリーの方が少ないと、若干ながら体重減も見て取れた。-1000kcal単位でないと目に見えた効果は得られないが、ちょっと喜びに感じられる気もしてくる。

やりようとしては摂取を減らす(間食を無くす・暴食を無くす)、消費を増やす(サイクリングにもっとでかける・日頃の階段上りを増やす)と、いったところかもしれないが、それも数値として跳ね返ってわかり易いので、目標を見失わないかもしれない。

まぁ今までもやろうと思えば活動量計が出たあたりでどうにかなったとは思う。ただ、普通の活動量計がここまでアテにできていただろうか?…ちょっと試しておけば良かったな…。

続きを読む "PULSENSE使用1週間感想" »

2014/11/13

数か月前から停滞中…

昨今のiPadのお絵かき用スタイラスといえば、Jot Touch with Pixelpointか、Creative Stylus2といった感じ。

実際使っていると、段々と感触はCS2の方が良いように思えてきた。なんかグリップがっしりして、ペン先も安定して使いやすい。このあたり、JTPの方はなんか滑る感じでちとペン先の制御が効きにくい…といったところか。

本当に微妙な差なのだけれど、画面上をずっと描いていると微妙なストレスの差に変わっていって、それが積み重なって問題になってくる感じ。


もっといえば、Procreate上ではJTPのペン先とよくずれて、正確な線が引けない。なんか結構ずれが大きい。CS2対応アプリとCS2だと、その辺はあまり気にならないレベルになっている。

ただ残念ながら、CS2は対応アプリが少ない。

対応しているBambooPaperは気軽に描けるので、重宝しているんだけれどなぁ…。多機能ではないので、特に編集機能が無いのが痛い。

絵を描こうとしてアタリを付け始めると、意外とレイアウトがズレていくので編集機能で描画を画面の中心に戻したい…のだけれど、それができない設計。

その辺得意なProcreateで下絵を描き、BPに張り付けて…という、普通に考えると「逆じゃねぇか?」と言われそうな使い方もしている。

更にBambooPaperは貼り付けを全画面にできないので、描く絵がどうしても小さくなってしまう。ツールを有効活用できない…というはがゆさもある。

そんなわけで、iPadでのお絵かき自体がストレスになりつつあるところ。誰か、なんとか状況を改善してくれ〜。

コスプレの市場

世界最大級のコスプレアミューズメントスペース
「HACOSTUDIUM TOKYO.one」が船橋市にオープン


これすごいな。コスプレーヤーだけが対象なら。

その対象の雑誌くらいなら見たことあるし、なんとなく成り立つような気がしなくもない。

ただ、箱物的でテーマパーク的な施設が「コスプレ」というジャンルだけで成り立つのか、すごい疑問…というか、興味ある。施設の運営費等をまかなったうえでマージンが出るのだろうか?

コスプレしない人も、有料ながら入れるのかな?その辺確認してみたいなぁ…。

2014/11/12

PS-500Bの欠点

PS-500Bの欠点が見えてきた。必ず腕時計として装着しなければならないんだけれどこの時期、グローブ・長袖などで見えない。

…いや、使わなくても想像つきそうな気も…(^^;)

まぁ、見えるように袖まくっても、今はまだそれほど寒くは無かったから良いけれど、バイブレーション(現在脂肪燃焼に適した心拍数ですよ…とか通知させることができる)の感覚を身に着けて、それだけでモニタリングできるようにしないといけないのかもしれない(^^;)。

やはりある程度、ビジュアルでもモニタリングしたい。リアルタイムモニタをiPhoneに表示することも可能なので、自転車に固定できるようにすべきか…。PS-500Bはそうしないための端末だったのに…。

…って、RFLKTってのもあったな。

試してみると、Cyclemeterアプリ経由でRFLKTに心拍数も表示できた。

現在脂肪燃焼ゾーン…とかはわからないけれど、ゾーンの数値を覚えておけば大丈夫じゃないかしら?いつか試してみっか。


ちなみに当初、ベルトをきつめに左腕に装着していたPS-500B。知っている人は知っている通り、筐体裏のセンサ周囲に盛り上がり(突起というほどではない)があり、そこが強く当たって痣になり、痛かった…。

現在は右腕に装着中。当然そちらでは軽めに装着し、痛めてはいない。

左腕の痣や痛みが取れ次第、左腕に戻す予定。

摂取カロリーのお伴に

EPSONのPULSENSE(パルセンス)のPS-500Bを使いだし、摂取カロリーと消費カロリーを目安程度とはいえ、把握するようになった。

これらを比較すると、今までの日常での収支(?)はトントンということがわかった。なるほど、なにもしないと減らないのな(^^;)ぉぃ。運動しても、意外とそこそこの食欲で埋めてしまう。今後はできるだけ消費分を増やすようにしたい。意図的に気を付けておかないと…。

ちなみに摂取カロリーはPULSENSE ViewというPULSENSEアプリで入力できるのだけれど、目分量。CEATECでも言っていたが、ものぐさな人でも入力できて目安がわかるような入力形態にしたとのこと。実際「少な目」「ふつう」「大目」で入力できるし、時間帯でそれらのカロリーが若干変動するみたい。朝食のふつうと、夕食のふつうのカロリー数が違うっぽい。

まぁでも実際ものぐさとしてはそれで意外と続けられるし、以前も書いたけれど目安にさえなればいいんだから、それで構わないと思う。

それにコンビニ弁当のようにカロリー表示があれば、その数字を入力することもできる。

続きを読む "摂取カロリーのお伴に" »

2014/11/11

PULSENSE・PS-500Bを他で活用できるか?

軽く確認した限り、CyclemeterとRuntastic、WahooFitnessで脈拍計として認識される模様。

それらアプリでBluetoothデバイスの接続設定すると、「脈拍計」と認識され、また脈拍もiPhoneのそれらアプリ上に表示されるので、間違いないと思う。

多少おかしな不具合もある(CyclemeterとPS-500B接続中は、なぜかBluetoothテザリングが出来なくなる(一瞬接続して、切れる))が、まぁあまり問題じゃないかな?

基本的に、PULSENSE(パルセンス)のPS-500Bは24時間脈拍計りっぱなしというのがコンセプトだと思う。

ただ、上記アプリは運動中だけ動作・記録させるのが基本だと思う。その辺ハードとアプリのコンセプトの違いが問題に…ならないか(^^;)。

PS-500Bの脈拍計測機能のON/OFFは簡単で、それこそストップウォッチ的な感覚で操作できる。任意の時間帯だけ、脈拍測定だけに使うというのもアリかも。で、アプリのPULSENSEはついで…というか、日常のモニタ…と。

続きを読む "PULSENSE・PS-500Bを他で活用できるか?" »

健康の記録の仕方

EPSONのPULSENSE(パルセンス)という商品シリーズの内、PS-500Bという活動量計+脈拍計を購入してみた。

昨今気になっているライフログとヘルスケア関連で、より多様なデータ取得を考えると、脈拍計測というのは外せない。ただ、現在主流の「胸バンド」は面倒だし、1個持っているものの、なぜか胸部が乾燥肌の身としては、うまく計測できないことも多々あった…というより、まともに計測できた回数が片手で余裕がある程度。…なので腕時計で計測できるのならありがたいし、AppleWatchまで待てない(^^;)。

そんなわけで、PS-500Bという腕時計タイプを選んでみた。11月6日発売だったかな?

ちなみに購入時点では、iPhone6も、iOS8も動作保証対象外。でも気にしない、気にしない(^^;)っていうか気づかず購入して動いた後、保証外と知った。現在のところ、普通に動いているし。…保証しないけれど。


で、PULSENSEというiPhoneアプリをインストール。セットアップでBluetoothでペアリングし、PULSENSEを使う時に計測データが同期される…といった感じ。

とりあえず週末にサイクルモードに行ったり、ドライブしたり、睡眠時にも装着してみたところの簡単な感想を。

続きを読む "健康の記録の仕方" »

2014/11/10

やっとWindows?

清水理史の「イニシャルB」
後出しジャンケンなんだからカッチリ勝とうぜ Windows 10(Build9860)のマルチデスクトップ

ん?Win10からOS Xのような仮想デスクトップが標準搭載になんの?マルチデスクトップ言うの?

個人的にはノートPCには「あって当たり前」な機能に思えているので、OSレベルで用意してくれるなら、やっとWinも追いついてきたな…という気がする。

で、記事にある通り、色々優位な機能をつけてくれるといいかな。

しかしタブレットモード時にも有効な機能なのだろうか?なんか他のジェスチャーとバッティングしたりしないのだろうか?

非タブレットなPCに回帰してきているのだろうか?>Win10

2014/11/08

miniにも愛の手を…

なんか最近、iPad miniシリーズの元気がない。mini3のスペックもそうだけれど、ネット上の評価でもiPhone6Plusとカブるという指摘で、存在意義がゆらいでいる。

正直言えば、確かに携帯性が違う。iPod Touchシリーズの一種として出てきたなら、おいらも乗り換えてしまいそうだ(^^;)。


ただ、iPad miniを現状愛用している身としてメリットを挙げるなら、アプリがiPad用で使いやすいといったところか。

iPhone6PlusはiPhone用しか選べない。お絵かきアプリなどiPad用の方が充実している。その他にも大画面を活かすアプリも多いし、3:2という画面比率も有効なシーンもある。

で、Airよりかさばらない。意外と小回り効くんですよ、特にこの厚着が多い時期は。夏は別だけど(^^;)。

まぁ、いずれにしてもあまり訴求力にならないかもしれないけれど(^^;)。

いや、miniにもいいところあるんですよ、ほんとに…。

新しいカメラバッグ

ツイッターでもちらりと書いたけれど、マップカメラのBLACK TAG Type129というカメラバッグを手に入れてみた。

元々カメラバッグが欲しかった。使用カメラが特殊(ライカのレンジファインダー等)なので、自転車のバッグに入れられない(振動で距離計が狂う)ためで、コンパクトでショルダーかななめがけ等々のものが欲しかった。

まぁ、ミラーレス用で結構いろいろあるとは思うのだけれど、サイズがぴったりフィットするかわからないし、実物見ないと選べなかった。

Type129もそうなのだけれど、M型ライカといったレンジファインダー2台を収納でき、かつその他のオプションも入るように設計されているらしい。なんだそのニッチな設計は?ただ、たまーに私もそういう運用するから、マッチして困る(^^;)。

まぁ、コンセプトが合致しているんだから選択第一候補にしないのはもったいない。

とはいえ、違うレンズを装着したカメラだったりしたらどうなるのか?X VARIOも結構使うので、その収納も確認したい。…結局サイズ確認しなければならないんだけれど(^^;)。

続きを読む "新しいカメラバッグ" »

2014/11/06

便利そうなデジカメが…

デジカメをそうコロコロ替えるのはどうよ…と書いておいてなんだけれど、デジイチやミラーレスと違ってまだ発展途上ジャンルのカメラはまた別…ということで(^^;)。

小寺信良の週刊 Electric Zooma!
アイデア浮かべば買っとけ! 360度×214度の半球撮影アクションカメラ「Kodak SP360」

面白そう。

ただ、個人的にはアクションカムというより資料写真撮影用に便利そう…といったところなのだけれど。漫画の風景作成用とかね。

その手の作業に便利なのはリコーのTHETAだと思うけれど。静止画機能もしっかりしているらしいし。多少解像度が低いところもあるけれど、漫画の資料としては十分だと思う。

とはいえ、全球は必要ないんだよな。半球で十分。全球用だとレンズで持ち歩きとかに気を使いそうで、その点ではSP360の方が気楽そうだし、ベルトを使って肩あたりに固定しっぱなしで楽そう。

ただ、SP360の静止画機能について記載が少ないので、どうも具合がわからない。この記事がやっと、ちょろっと言及しているかな…といったところ。まぁ、普通にデジカメとして使えるとは思うけれど…。

M8の活かし方は?

本日の一品 by ゼロ・ハリ
アルテ・ディ・マーノのトカゲ革で創るマイ・ライカM

こういうサービスがあるのは以前から知っていたけれど、リアル店舗ができたというのは今回の記事中で初めて知った。自転車で行ける場所なのに、郵送で依頼するのもなんだかなー…と思っていたので、これでより依頼しやすくなったわけだ。

まぁ、金、無いけれど(^^;)。

M8をなー、ドレスアップしたいのよ。オリジナルの革は諸事情で傷ついていることもあって、出来れば気分一新、新調したいところ。むしろそうしないと中古にも出せない(^^;)ぉぃ。

M8を花影 S1というレンズ用にしてもいい気もするしねぇ。いや、使いにくいか。

トリエルマーで35-50-75mmという旅歩き用画角というのも悪くはないか。まぁなんか活かしてみよう。革貼り替え前に。

#そういえばリンク先の記事中にもちらりと書いてあるけれど、他の方々にもデジカメの頻繁なモデルチェンジをさておき、手にしたカメラをじっくり使い込んでもらいたいところですな。業界としてはまずいかもしれないけれど(^^;)。

2014/11/05

デビクロ映画エキストラ日記

※前置き:この記事は、今年の2月の出来事を、その頃に書いたものです。そろそろ公開時期かなー…と思って、イラスト付けて公開します。しかしちょっと書きすぎているような…。まぁなんかあったら即消しますので(^^;)。


本題。自分の趣味に走る身としては、なかなかその趣味以外のことをしないのも、刺激が少なくてどーよ…いう気もする。何か、自分が今までにしたことがないこともしてみたい。

そんなある日、映画のエキストラを募集していることをねとらぼの記事で知った。

「コミケに精通しているサークル(同人誌を頒布している)参加者」という条件が面白い。なにやら映画の中で同人誌即売会をリアルに再現したいので、実際のサークルが応募してくれることを期待しているらしい。

おいらの作品は版権に問題ある内容じゃないし、喫茶店にも置いておける、恥ずかしくない内容・作風なので(^^;)、映画にどう映ろうと平気。で、映画のエキストラなんか応募者殺到でなかなか当選でき無さそうだけれど、この条件なら俺、当選率高くね?…と思ってメールで応募したら、見事当選しました。

出演料とか出ないけれど、面白そうだ…というか、結局カメラの前で、イベントでいつも通り振る舞うだけなので、当初の趣旨に反してねぇ?(^^;)まぁそれはそれとして


続きを読む "デビクロ映画エキストラ日記" »

2014/11/03

旅とカメラのバッグ

降ろさずにカメラが取り出せるバックパック
トレイル向けモデルが追加 ノートPC、タブレットにも対応

おもろい。暖色系が欲しいな。いや、買わないけれど。

旅となれば基本的に輪行で、BROMPTONに装着可能な大容量バッグと、小さい手持ちバッグを計2つ用意する。主な荷物はBROMPTONに持たせ、財布やカメラは手持ちバッグで持ち歩く…的な運用が最近のメイン。

ただ、自転車も使わない。数日、バッグ一つで宿泊先も日々変わる…という旅だったら、このバッグは心強い。大量の荷物を持ったままでもカメラも同一鞄に入れているようなスタイルでいられるというのはいい。

あまり旅先で鞄をいくつも持っているような格好で歩きたくないのでごわす。見た目で。

そういうわけでリンク先のバッグは、個人的に評価が高い。まぁ自転車という、バッグを代わりに持ってくれる相棒がいるならそれにこだわらないわけだけれど。

やっちゃばな…

去る10月13日(月・祝)に秋葉原にて第3回やっちゃばフェスが開催されていた模様。

…行きたかったなー。でも、旅行行っていたからなー。…そういえば第1回の時も旅行行ってたんだよな。秋のやっちゃばとは相性悪いのか?>をれ

まぁ行けなかったのはともかくとして、イベント自体自転車ジャンルと飲食系をカバーして、自分の作風にもマッチしやすい。なんとか自分の本も両方をカバーして、幅広い読者層とマッチングさせたい(^^;)。

ただ、登場キャラクターが美少女系が多い昨今、おっさん・おばさん主体というのもどうかな(^^;)。好きこのんで描いているわけでもなし。ただ、ある意味「リアリティ」があっていいのかな?…という気もしているので、そっちでスタンスを確立させてもいいかなぁ…という気もしている。

想像のキャラクターだとどうしてもリアリティーというか、なんかキャラが立たないというか…。

あるいは誰か、モデルになってくれない?女子高生の(^^;)ぉぃ。

#それにしてもやっちゃばフェスに関するツイートを辿っていると、なぜか飯能のしり餅の話が出ているな…。そういえば最近食べてないなぁ…。自分はこしあん派です(^^;)親父の影響。

2014/11/01

貴方の知らないかもしれない名前

ああ、あれがあると便利だな。でも名前なんだか知らないな…という代物がある。

実際あると便利なので、購入すべく、まずは名称を…と検索し、たどり着いた単語がある。

その名は「ゲイター」。

何だと思います?俺が知らないだけで、一般常識?


正解は、ズボンの裾と、靴の間に巻くアレのこと。砂ほこりや小石、雨や雪の足首からの侵入を防ぐアレ。

登山やトレッキングをする人なら常識かもしれない。

知らない人はすぐにでも検索してみるとよろし。Amazon内でも普通にヒットするっす。

なぜかゴアテックのスニーカーを履くことの多い身。防水で水たまりや雪もなんのその…な歩行ができるものの、普通の丈のスニーカー。足首の隙間が弱点(ここを覆う靴だと自転車でペダリングしにくい)。

この辺を、文字通りカバーできるのって無いかな…と探していてたどり着いた。

まぁ使用頻度もそう高くないだろうし、安価で手軽で、携帯袋があるのを探してみますよ。

本格的に炎が吹き上がるのはいつの日だ?

以前、BROMPTON Starting BOOK2011という本(同人誌)を出したことがある。漫画でBROMPTONという自転車を推しまくった内容(^^;)。

ただ、色々と情報が古くなったこともあり、そろそろ新作を…と考えたいたところ、輪行ルールが厳しくなり、BROMPTONのキャリアについている補助輪による「輪行のしやすさ」という大きなアピールポイントを描けなくなった。

おかげでBROMPTONの魅力を語るという本の構成を思いつかない…。

しかし以降も自分自身は輪行を続け、段々と「補助輪による輪行のしやすさ」以外の魅力を語れる気がしてきた。まぁパンチには欠けるけれど。


折しも(?)、ミズタニ自転車がBD-1などの取り扱いをやめるという情報が。

BD-1という自転車自体は名前を変えて日本市場にやってくるかもしれないが、ちょっと小径車に勢いが無くなるのはなんとも…。


おいらも別段、小径車にこだわっているつもりもないのだが、気軽に乗る、旅をするのに便利な小径車の影が薄いのもなんだし、BROMPTONというバランスの良いツールが知られていないのももったいない。

やはりなにがしか描かなければ…という使命感に…ほんのちょっと、種火が燃える(^^;)。

まだちょっと全体構成が浮かばないが…。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »