2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 郊外で有利なキャリア | トップページ | 新世代ライフログアプリ探し 第1章 »

2014/10/21

戸隠キャンプ場と野沢温泉の旅

L1061003_edit
10月の連休は、友人となぜかキャンプに行くことになった。場所は長野県の戸隠キャンプ場。

理由はだいたい把握しているんだけれど、ちと話が長くなるので省略。ただ、スケジュール的にちょっと問題が…。10月の3連休を利用するものの、連休明けに台風19号の直撃の予想が…。そこで宿泊を1泊に制限してみたり。

しかし実際は台風の予想到達時刻が遅れはじめ、2日めは別のところに宿泊も…と。

そんな旅だったのでエピソードも多く、つらつら書いていると取り留めなさすぎになるので、ちょっと章に分けてみたり。それでも長いっすよ~。


■移動手段
友人の車に便乗させていただきました。

L1060935_edit

で、週末・連休の混雑が予想されたので、普通東京から長野に向かうのに使用する中央道を通らず、圏央道からの関越道・上信越道経由で向かうこととしました。これが大正解。ジャンクションくらいで合流渋滞につかまりはするものの、基本的にはスムーズに走行できました。

さすがは策士、しゃおらどん殿!

ちなみにこの旅の参加人数…というか、乗車人数は3人。うちおいらだけ、ドライバーの交代要員ではない。ペーパーだから。ただ最近、実家の車でその周囲、15〜20km程度を走行し、一応運転感覚は少し取り戻したところ…なので少しはお役にたてれば、高速道路だったらそれほど難しくもあるまいて…と思ったのが運のつき。

一応自転車でもそれだったので問題ないだろうと思っていたのだけれど、友人の車はMT。んで、やはり高度な高速道路走行に、厳しい指導。20km程度の走行で根を上げました(^^;)。

もう今後は後部座席で大泉洋のように座っています(^^;)ぉぃ。

ちなみに戸隠キャンプ場に着くまでに昼食で横川で釜飯、戸隠近辺で蕎麦…は時間的に断念して喫茶店に寄ったりしています。


■キャンプ地
戸隠キャンプ場ですが、基本的にはテントが張れる土地貸しみたいな場所ですが、ログハウスのような建物もあります。本当に建物だけのレンタルになるので、、布団(毛布)から含め、各種機材もレンタル・購入になります。コンロも無いため、料理をしたり暖を取るにも薪や炭となります。

Img_3395_edit

車で移動中にも気が付いたのですが、結構高所にあり、紅葉も始まりつつあります。また、登山道の途中でもあり、キャンプ場を抜けた先の山々はすっかり色づき、そちらも見ごろでした。

L1061044_edit

まぁ個人的には花より団子。この日のキャンプ場独自のサービス、きのこ鍋の炊き出しがあって、舌鼓を打っていたりもしました。

…思えば、この時が最後の選択のチャンスであり、それをうっかり見逃していたんだなぁ…(伏線)。


■キャンプ地の食事
いろいろレンタルできるキャンプ地なものの、食材だけはどこかで買い出ししなければならないので、前述の寄り道の最中、長野市内で調達した次第。長野駅前のSEIYUだったかな?

で、結果的に以下のような料理になりました。

・夕食
  焼肉
   豚肉・タレ付きカルビ肉
  つけあわせ
   焼き椎茸
  汁物(おじや)
   鶏がらベース濃縮スープ・鶏肉ぶつ切り(本来焼き肉用)
   ・野菜類(本来焼き肉用)・ご飯(本来白飯用)

Img_3373_edit

・朝食
  パン(パン種からの発酵・ダッチオーブン焼き) ※これはキャンプ場のプラン
  焼きレーズン(謎)
  チーズ

Img_3399_edit

本来はもう少し汁物に使用した材料を焼肉や単純な白ご飯としようとしていたのですが、鍋の数などの問題からシェフ陣(おいら以外(^^;)ぉぃ)が適当にアレンジ。

結果的に「汁物に卵が欲しかった」くらいで、なかなかのお味。いやぁ、美味かった。

意外に役立ったのが、上記で書き漏らしたS&Bのシーズニングミックスシリーズ「鶏の香草焼き」。要するに調味料です。香草も混ぜた塩。これが肉にも汁にもパンにも合う(^^;)。満足度の高い料理にしてくれました。

教訓:料理は塩できまるぉぃ

Img_3403_edit


■大きな誤算
個人的な一番の誤算で失敗だったのが、この地の夜間の気温と防寒対策。もう、夜は寒さで凍えてました。

戸隠キャンプ場といっても長野市。天気も気になりましたが気温も気になっていたので、ネット上のスポット天気予報で見たところ、最低気温10度程度かなぁ…と読んで、その対策の防寒着を用意していました。

ただ、そのキャンプ場、標高が高いというのを知らなかった…。結果的には午後8時くらいの時点で2度。一桁前半。かなり寒かった。

車移動中の昼間は長野市内で24度といったところを体験していますので、かなりの落差。キャンプ場でも昼間は10数度あったと思いますが、日が沈むとともに寒気と晴天の放射冷却のせいか、一気に温度低下した模様。

で、こちとら料理とかに夢中になっていたので、あまり気温の低下を気にしていなかったのですが、どうも知らない間に体温を奪われていたらしいっす。食後、ちょっと気を抜いた瞬間に一気に寒さを感じ、持っている防寒具では足らなくなってしまいました。

Img_3377_edit

いや、結局トイレに起きた深夜とか、日も昇らない早朝とか、用意していた服装で我慢できたのですが、気温が下がった直後はともかく体温をいいように奪われまくりだったので、防寒ではなく、体を温めるのが必要な状況だったみたいです。ひとり、寝具の毛布にくるまっていた状態。

今思えばどうすりゃよかったのかな…。もうちょっと気を張っていればよかったのかな…?とか思うところも。また、いつもの旅では普通、食後は温泉…とか普通にしていたので、そこで体温を戻していたかもしれないけれど、キャンプ場だったので…。8分300円のシャワーがあると知ったのも後の祭り。今から思えば16分くらいあたっていたかったな…。

ともかく毛布でくるまっていても自分の体温自体低下しているので全然温まらずにぶるぶる震えていたり。まぁおいら一人だけだったんですけれど。よくみんな平気だったな。おいらの油断が段違いだった…のかもしれないけれど(^^;)。


■反省材料・課題
そのほかの、おいら個人に限らない反省点(^^;)。

・タープがあれば良かった。
基本、日よけ・雨よけと考えられるものなので、今回快晴で夕方からの参加でレンタルせず。ただ、他の人たちの使用を見ていると、照明の拡散用にも有用と思われるところ。

・やかん・カップがあればよかった。
やかんというか、湯沸し用の簡単なやかんか小さい鍋があればよかったな…という話。いろいろレンタルできるとはいうものの、ちょろっとした容量のお湯を沸かすのに鍋を借りるくらいなら、小容量のでも買って持って行った方がよかったかも…といったところ。

同様にカップ(マグカップなり、ホーローなり)もあればよかったかも。

・照明の用意の仕方
本当に真っ暗なので、料理の手元が見えないくらい。電池駆動のランタンもレンタルしたものの、ちと暗かった…(目が慣れてなかった?)。

Img_3365_edit

やはりああいう場は明るいのが複数必須のようです。

一応自転車乗りなので、コンパクトで高照度のものも用意し、実際重宝しました。ただ、ホールドににくい、置きにくいもので、食事中に手元が見えないというオチも。

せめて置きやすくて、できればランタンのように広範囲を照らせて照度の高いもの…があればよかった。

余談ですが、月は食事が終わった後に昇ってきました。

真夜中のトイレに起きた時には闇に目も慣れ、まぶしいくらいの月光でした。


…あまりキャンプに入れ込むつもりもないので、改めて何か器具を購入しておく…ってことはないですけれど、一応何かのためのメモ(^^;)。


■ちょっとびっくり通信環境
スマホの複数のキャリアがあったので、ちょっとキャンプ地での通信速度を測定してみました。

ちょっと長くなるので(^^;)すでに十分長いですが、この辺は別記事で。


■キャンプの後は…?
さて、1日目~2日目となるキャンプ場の話はこんなところです。

他のキャンパーに比べれば全然自給自足率(?)の低いイベントでしたけれど、これでも精一杯です(^^;)。フィアットでタープから椅子、テントなど用意するどころか、結構な煙突まで装備のモバイルな「釜」まで用意している夫婦とは違うのです(^^;)謎。

ただ、正直、旅としてはちょっと物足りないところ。やはり温泉、仲居さんが用意してくれる料理、ふかふかの布団(^^;)。そういうのが無いと…ってところで、ちょっと2泊目の模索が始まりました。


■のんびりした温泉街
その近辺…というか、少々移動が伴っても、旅のメンツが行ったことの無いところでそこからの近場の温泉街は無いか…といったところで自然に決まったのが野沢温泉。

車で1時間半くらいの場所ですし、途中昼食をとりながら移動。行ってみると雰囲気的に草津に近いような温泉街(湯畑は無いですが)。

L1061187_edit

外湯が無料というのも草津に近い(賽銭歓迎)。なかなかよさそうなところなので、外湯を満喫しつつ、宿探しに。


■宿探しのポイント
せっかくの温泉街ですし、源泉かけ流しの内湯があるところにしたい。そういったところを観光案内所にお願いして探してもらいました。

実は「じゃらん」や「楽天トラベル」などのツールも駆使してはいます。しかし「地元の人の手配の方が信頼できるのでは?」といったところで、観光案内所を利用させてもらった次第。

実際、ネットでヒットしなかった宿が安く、飯は美味いし、初めての温泉街ながらそのため色々情報を提供してもらったりと大正解でした。やっぱりこういう旅がいいなぁ(^^;)ぉぃ。

教えてもらった散策コースもなかなか良かった…。全然まわりきってないけれど(^^;)野沢菜発祥の地にも行ってないおいら。

L1061140_edit

「水平が取れない」のと(謎)、後述の内湯の問題があるにせよ、個人的にはまた泊まってもいいと思っています。まぁ、もう少しお金出してランクを高くしてもいいかな?…とも思っていますが(^^;)ぉぃ。


■泉質
旅館から聞いた話ですが、野沢温泉の源泉(泉質?)は基本、一つだそうで。

ただし、外湯では2か所ほど全然違う源泉があるそうで。実際、行ってみた真湯は硫黄泉だったかな?湯の花が黒くて面白かった。個人的にはそこの泉質が肌にあったかなぁ。でも総じてさっぱりした感じですね。

内湯も源泉かけ流しだけあってなかなかでしたけれど、誤算がありましたね。源泉って90度もあるのですな。夕方はなんてことなかったですが、朝は誰もいじってないだけあってすげぇ熱くて、結局加水しました。効能は変わらないらしいですが、せっかくの源泉かけながしなのに~…。

費用が高いところでは、独自に減熱処理を施してある内湯もあるみたいです。そういうところも体験してみたいところ。


■朝市
温泉街として店舗が開店する前の時間帯を利用した朝市を行っているのだとか。日曜の開催ですが、祝日もやってくれたようです。

L1061188_edit

地元の人向け…というよりは観光客向けのアウトレット風な感じでしたが、個人的には結構ヒットでしたね。色々欲しいものが…。

ただ、それまで結構消費が過ぎたので、最低限のお土産にとどめておきました。

あー…、ブナハリタケ唐揚げの味を知りたかった…(^^;)。

Img_1220_edit


■復路は…
雨はほとんど降っていなかったものの、危ない雰囲気だったので、早々に宿を出て、一目散に帰りました。8時くらいに出て、昼食抜きで12時半くらい…といったところでしょうか?

特にイベント無いです(^^;)。


■その他の飲食店
ちらほらと喫茶店や道の駅にも寄ってますね。1日目の戸隠の十輪珈琲は美味しかったな。

L1060958_edit

2日目のらんぷ屋工房&カフェはどちらかというと酸味を出した珈琲か。でも抑えた酸味って感じ。一緒に出してもらったケーキも美味かった…。

まぁ諸事情によりゆったりできなかったのが残念ですが(^^;)謎。

道の駅 花の駅千曲川は多くを語りません(;_;)謎。


■謎のワード
「世俗を捨てる」
「変形好きの子ども」
「チェックポイントは喫茶店」
「ビーコン直売所」
「芋なます」

…こんなところですかねぇ(超謎)。

« 郊外で有利なキャリア | トップページ | 新世代ライフログアプリ探し 第1章 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/60489601

この記事へのトラックバック一覧です: 戸隠キャンプ場と野沢温泉の旅:

« 郊外で有利なキャリア | トップページ | 新世代ライフログアプリ探し 第1章 »