2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 新世代ライフログアプリ探し 第1章 | トップページ | 新世代ライフログアプリ探し 第3章 〜拝御のライフログアプリは何に?〜 »

2014/10/26

新世代ライフログアプリ探し 第2章 〜iOS8の新機能、ヘルスケアとは?〜

前記事参照
拝御の新世代ライフログアプリ探し 第1章

Img_3483そういえばiOS8になってから、ホーム画面にぽつんと「ヘルスケア」というアプリが鎮座するようになった。

iOS8の時にはデベロッパー向けのヘルスケアキットにバグがあり、8.0.2からやっと稼働することになった…的なニュースは見たものの、そのそも「ヘルスケア」がどんなアプリなのか…がよくわからなかった。

実際動かしてみても、最初は何も無いダッシュボードに、歩数データを表示させて「ああ、今日は何歩歩いたな…」ということを確認するくらいのことしかできない。他パラメータが沢山あるのになんやねん…と。


ただ、前述のアプリを調べていたりするうちに、だんだんとヘルスケアの正体がわかってきた気がする。

要するにヘルスケアという「アプリ」ではなく、「プラットフォーム」なんですな。

もっとわかり易く言えば、ヘルスケアは「コアファイター」なのではないかと。それ単体ではコアファイターに装備されるバルカン砲くらいの「万歩計」しか装備していない。

他にもいろいろなパラメータが内包されているが、身長・体重くらいはともかく、「脈拍」だの摂取カロリーだのを手入力していくのは現実的ではない設計になっている。

ただ、コアファイターにGアーマーなど色々アタッチしていくと、色々な用途に適用できるようになるのは周知の事実ぉぃ。

Img_3487例えば「Human」を使うと、「歩数」以外に「サイクリング距離」などが自動でインプットされるようになるし(他にもできると思う)、ヘルスケア対応の体重計と専用アプリを使えば、日付付きでヘルスケアに自動記録されるようになると思う。

そして表示・分析アプリでそのヘルスケア内のデータを読み込んで、そのアプリならではの分析でヘルスケアチェック(体重の推移と摂取カロリーから、運動の推奨とその達成度の計測…等)をしたり。

それらのアプリの組み合わせでライトな運動量の把握から、体重も含めての日々の分析や、栄養面の管理などなど、ユーザーの要望によりけりな構成を組める…ということでは?
(当然アプリは「ヘルスケア対応」(他の記載形態もアリ)を謳ってないとダメ)


おいらの環境の具体例でいうと、FitPortもヘルスケア対応であったため、前記事の通り、その内容を表示できた次第。

当然Humanもヘルスケア対応であり、iPhone標準機能ではカバーできない(測定できない)「サイクリング距離」などのデータをヘルスケアに渡せたわけ。

また、ライフログには向かないものの、RFLKTをサイコンに使用すべく動かしていたCyclemeterもヘルスケアに対応していた模様。こちらの走行記録もヘルスケアの項目に合わせて渡せられる。


Img_3488HumanでもCyclemeterでも同じ日時・区間のサイクリング距離を測定し、微妙に誤差があるわけで(Humanは1分以内の運動データはたぶん破棄してる)、ヘルスケアはどちらのデータを優先するのか…?と思ったが、ヘルスケアの各パラメータに、どのアプリのデータを優先するかの設定があった。

Cyclemeterの方が正確というか、長距離走るときに使用しているので、その時のデータはそちら。通勤程度でRFLKTを使用しないような走行ではHumanでお手軽測定・データを…とヘルスケアに渡すことも可能らしい。


Img_3489また、SleepCycleという睡眠管理アプリもヘルシーケア対応していて、快眠度を測定するとともに、その日の運動量を相関してストレスチェックなどを算出してくれる…らしい(^^;)よく確認してない。


…といったヘルスケアの機能を目の当たりにすると、ともかく総合的なエクササイズとかカロリー計算を行うアプリを作ろうとすると大変な労力が必要になるところを、エンジンというかデータベースにあたるところをiOSに任せ、あるいは特定の機能に特化したアプリでも他のアプリと組み合わせてユーザーが必要なマシンに仕立てるということが可能…なのがメリットというところか。


しかし本当にこれで万全なのだろうか?ヘルスケア対応がこれからのコンセンサスになるのだろうか?


あえてちょっとヘルスケアの欠点を考えてみると、自分で自分に合ったアプリの組み合わせを考えるのが難しそう…といったところか。

コーディネーターとかサーキュレーターとか居ればちょっとは敷居が低くなると思うけれど、今はまだ選択肢が少ないし、わかりにくい状況だと思う。アプリが数多く出てしばらく経てば、書籍が出てくるかと。


また、ヘルスケアに無い項目が必要になるとまた面倒かも。

Img_3490ヘルスケア内には「体重」「脈拍」などのバイタル関係から、「ビタミン」といった摂取する要素のパラメータまで内包し、将来的にどのようなアプリやセンサーが来ても対応できるように想定しているように思える。

ただ、例えば実は「笑い」や「笑顔」が健康に大きく関係することが分かってきたとする。これは現状ヘルスケアに無いパラメータ。

これを記録することもiPhone単体、あるいは簡単な装置でiPhoneに取り込むことも簡易になったとして、しかしさらにアプリが対応しても、ヘルスケアがそのパラメータを拡張しなければならず、Appleの話になってくる。ちょっと面倒なことになりそう。拡張性を犠牲にしているといったところか(想定の範囲内では十分拡張性があるはずだけれど、細かい部分で、あるいは未知の領域については…ということ)。


11月にEpsonから脈拍センサーを搭載した活動量計「PULSENSE(パルセンス)」シリーズというのが発売される。

これもiOSに対応し、専用のアプリが配布されるが…たぶんヘルスケアには対応していないと思う。

個人的に欲しい、長時間駆動可能な脈拍計を搭載したPS-500Bというハードを活かしつつ、iOSのヘルスケア(の必要な部分)に匹敵する機能を搭載することができる…ということなのだろう。それだけの開発力がある組織なら可能なのでしょう。なんつっても前述のSleepCycleのような機能も内包しているらしいし。

PS-500Bといったハードをフルに活かすなら、独自アプリでがしがし開発した方がよいのでしょう。日本人ユーザーとして色々言える日本語のメーカーという点でもありがたい。


…と考えると、ヘルスケア対応非対応が良い悪いではなく、向き不向きということなのだと思う。まぁ「単機能」アプリはヘルスケア対応しないと生き残れない気もしますが…。

いずれにしろ、結構ユーザーとして考えたり、判断することが難しい世の中になってきた気が…(^^;)。


まぁヘルスケアについて自分の把握としては以上ですね。で、問題はMovesの代替アプリなんですけれど…これまた次回に(^^;)。

(続く)

« 新世代ライフログアプリ探し 第1章 | トップページ | 新世代ライフログアプリ探し 第3章 〜拝御のライフログアプリは何に?〜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/60549551

この記事へのトラックバック一覧です: 新世代ライフログアプリ探し 第2章 〜iOS8の新機能、ヘルスケアとは?〜:

« 新世代ライフログアプリ探し 第1章 | トップページ | 新世代ライフログアプリ探し 第3章 〜拝御のライフログアプリは何に?〜 »