2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 参加者募集! | トップページ | 長野を駆ける旅(その2) »

2014/09/08

長野を駆ける旅(その1)

L1022854_edit
とある年代には「究極超人あ〜る」が高校生活のバイブル…という人も多いかと思います。

週刊少年サンデーに連載されていた、未だにカルト的(?)人気のある漫画ですが、1度OVAにもなったことがあります。このアニメ化は原作を活かしつつ、しかしエピソードは原作にないものであり、飯田線沿線を旅するという内容。これがしっかりロケハンをしたのか、飯田線定番の楽しみ方を結構リアルに描いています。

その中で唯一現実離れしたエピソードが、飯田線田切駅から伊那市駅まで自転車で走るというもの。まぁ、17km程度の距離ですが、「10人乗り」で「火山峠を通る(全然別のところを走る遠回り)コース」を「1時間で走る」という無茶な内容。まぁそこは登場人物アンドロイドだったり、アニメだったり…ってところでご勘弁を…。

ただ、このエピソードを真に受けちゃったのが伊那市の市役所内の自転車部…だったかな?ちゃっかり町おこしとしてか、最近「同じコースを走ろう」というイベントを立ち上げちゃったところがありました。それも今年で3年目。その名も「田切駅→伊那市駅1hour Bicycle Tour the 3rd“轟天号を追いかけて”二度あることは三度R!」だとか。当然「10人乗り」とか無茶なことはせず、田切駅→伊那市駅に普通に走るイベントですが、鍛えているローディストだと火山峠経由も1時間以内で走れるとかなんとか…。

まぁおいらもあ〜るはバイブル的だし、OVAも見ています。それでもあまり乗っかっちゃうのもなぁ…と思っていましたが、考えてみれば田切はおいらのお袋の実家。ここ10年くらい帰っていなかったので顔見せがてら行ってみることにしてみました。

ただなぁ…。田切はそれこそ子どもの頃からよく行っていたけれど、本当に何も無いところだからなぁ。だからこそ自転車の走行会(レースではない)といったきっかけも無いと行かないよなぁ…と思って田切周辺の検索をしてみたところ、2014年から静岡から移り住んだ「蕎麦屋ひねもす」というところがヒット。むぅ、ここくらいは寄っておくか…とそこだけチェック。


■出発前後
それにしてもなんでしょうか?なぜか前日、緊張か、わくわく感のためか、2時間しか眠れませんでした。先に書いておくと、往路のあずさの中でも眠れず、寝不足MAX状態でした。なんだったかなぁ…?(^^;)

ちなみに荷物としてはPCとか持っていかないものの、名刺代わりに必要になるかもしれない同人誌や予備の輪行袋、若干雨の予報などもあり、ポンチョなども用意し、結局鞄パンパン(^^;)。ただ、自分が背負う荷物はカメラのみで、他は自転車が背負い込むので、駅での移動以外、重くはなかったですけれどね。

そう、基本的に今回は光画部(写真部)として…というか、写真撮影をしたくて参加しました。あまり走行自体にこだわるつもりは無いし、基本的に見慣れた光景だし(10年以上振りですが)。

…ライカのMモノクローム使いたかったし(^^;)ぉぃ。

そんなわけで出発も早めの朝7時前。

何が早いか?…と言われそうだけれど、走行会開始は16時前後だったりする。OVAの内容もそんな感じなので、時間帯も合わせているらしい。なのでもっと遅い時間でも良かったのだけれど、蕎麦、親類の家のご挨拶等々もあったので、ちと早めとしてみた。本数の少ない飯田線の接続も心配なので、早め行動が良いでしょう。


…とか思って立川からあずさに乗った途端、「豊田駅で人身事故がありました」とのアナウンス。本当に乗車口から入った瞬間にそんなアナウンスがあった。早速立ち往生。いや、余裕を持たせましたけれど、本当にそんな目に遭うとはなぁ…。

とりあえず20分後に動き出し、そのままの遅延でも一応飯田線との接続は問題なさそう。34分の乗り継ぎ時間を設けてたし。ただ、これを逃すと2時間無い…(^^;)。他にトラブル無いか、びくびくもんでしたよ。

でもトラブル自体は他になく、走行中に多少なりと遅れを取り戻し、10分の遅れにまで短縮。すげっ。問題無く飯田線乗り換え駅の岡谷駅に着きました。


ちなみに輪行の定石として、こういった特急列車の場合は客席一番最後を確保したい所なのですが、なぜか一番前の席になってしまいました。自動券売機の指定席購入はこれだから…。今度は窓口で買うかな(帰りはそれで最後尾をゲットできました)。

一番最後の席は後ろに結構な収納スペースが確保でき、そこに自転車を置けて安心…というわけなのですが、一番前だとなぁ…と思ったのですが、あずさの客席とデッキの間の扉って、ガラスなんですね。デッキの邪魔にならないところに自転車を置いてチェーンロックで倒れないように固定すると、目の届く範囲に自転車を置けて、それはそれで良かったかも。

ゴミ箱や車内販売のワゴンの邪魔にならない場所限定ですけれど、偶然とはいえ良い場所に座れた。


Img_30591岡谷駅からの飯田線は、なんともローカルな風景が…。ひたすら田園が続く風景で、考えてみればおいらの幼少期の原風景かも。

Img_07733気温は何とはなしに長野の方が高かったですね。ただ、当日の東京よりも湿度が低いため、風を受けていたり、日影にいれば快適です。別に車窓を開けて電車乗ってた訳でもないですが、快適でしたね。なぜか学生が多く乗車してましたけれど。

1時間半くらい乗っていたかな?なぜか飽きなかったな…。

(つづく)

« 参加者募集! | トップページ | 長野を駆ける旅(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/60263525

この記事へのトラックバック一覧です: 長野を駆ける旅(その1):

« 参加者募集! | トップページ | 長野を駆ける旅(その2) »