2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014/06/25

火のないところに煙が…

最近、ちとお香を始めていたりする。

元々アロマテラピーの延長というか、アロマよりは和風だろ…と興味を持ってはいたものの、火を使うそれは狭い部屋では危険なので、やらないでいた。

ただ最近電気式香炉のkiyokaに出会い、そのスタイリッシュなシルエットにしてやられ、なによりバッテリー駆動も可能というフットワークの良さ(本当に持ち歩くことがあるかははなはだ疑問だが(^^;))、イカす!

…ってわけでちょっとハマり中なんだけれど、専用のお香が3種類程度しかない。本当は4種類だけれども、残り1種は高額すぎる(たまに鑑定団に出てくる伽羅ってヤツ)。

とはいえ、その開発元ですら「別に専用のものでなくても、線香などでも細かく折って使用可能ですよ」と言われるので、実際はもっと香りを楽しめる。しかし普通の線香のパッケージだと多すぎる。使い切るのに何年かかることやら。

探してみるとお香代わりの線香みたいなのもあるみたい。それだと量は少ないのでリーズナブル。

ともあれ、通販では香りは伝わらないので、京都行く機会があればkiyokaを開発した山田松香木店本店(ちなみに電気式の香炉は他社も開発している)に行ってみたいな…と思っていたら、機会があったので寄ってみた。

ちょっと繁華街からは離れたところにあったけれど、自転車移動の身としては問題なし(^^;)。小さいながら駐輪場もあったし、本店自体は敷居が低くて入りやすい。


店内には香袋とかそもそも火を使わないものもあったりと、裾野を広げる商品展開もして居るみたい。

がっ!

奥を覗くとすげぇ!漢方薬扱う専門店みたいに棚がずらっとならんでるっ!そしてその奥には、庭を挟んで座敷のような所も…。嗚呼、あそこはもう完全に別世界なのだろうな(^^;)香道だっけ?。

そんなわけで、ちょこちょこ見本の香りをかぎながら、良さそうなのを数種類見繕って帰ってきた。んで、時々使っているけれど(消耗品なので、消費ペースというか、コストパフォーマンスを見ながら…(^^;))、結構リラックス効果が高い気がする。


香炉を鼻に近づけて…というより、部屋に香を流したいのだけれど、空間全体は無理そうなので、自分の周り優先に香が流れるよう、空気の流れというか、高さとか具合を見るのも重要そうだけれど、使っていてなかなか楽しいです。

お香というとなかなか敷居が高そうだけれど、京都物産展とかでお香とかに興味を持ってみては?

2014/06/24

まだまだ模索中のiPad作画環境

相変わらずiPadでの漫画作成方法を模索中。せめて4コマ漫画を描けるようになりたい。

本当はWindows8.1タブレットとかでしっかりしたデジタイザで描きたいところだけれど、どちらかというと設備投資を抑えたい気がする。

また、持ち歩きにiPadは必須だし、加えて新デバイス…というのも荷物がかさばるので大変。

いずれにせよ、やっぱり気軽さはiPadでしょう。まぁ、資料を見ながらの作画だったらマルチウィンドのWindowsもありかと思うけれど、iPad mini、iPhoneで見てもいいしなぁ。


iPadの一番のネックは「縦書きが出来ない」だけれど、もうこの際、手書きで済まそうと思う。正直、自分の字にまったく愛着を持てないタイプなのだが、まぁそこはもう目をつぶる。

…となると、後は「慣れ」…かもしれない。

PCだとIllustratorのベジエ曲線でしか線を引けない身となってしまったが、ビットマップで同じところを何回もひっかくような線の引き方で描いていくような形で描いていくしかない。

そうなるとアプリなんてどれも一緒…ということになってくるけれど、どうだろう?

引ける線との相性とかもあるしなぁ。Procreateなんかは静止画描くのにはいいけれど、4コマはどうだろう?

ibisPaintは機能的にはいいけれど、なんか線のジャギっぽさが気に入らないのよね…(^^;)。

他に機能で考えると…、製図機能(4コマの枠線作成)、レイヤー機能、画像読み込み機能(枠線を読み込んだり、資料画像を読み込んだり…)、パームレスト機能等々、色々鑑みないと…。

うーむ…。

アップグレードしない時期

Adobeから、Creative Cloud 2014絶賛公開中ということでアップグレードのお誘いが来ている。

でも当面アップグレードしない。…というのも、現在絶賛原稿作成中だから。

前にIllustratorのブラシの設定・タッチが変わり、感覚を適応させるのに時間がかかった覚えがある。

原稿作成途中なのにまた変わる…ってことは無いと思うが、万一のことがあればシャレにならない。当面今のままで運用していく。

で、原稿終わってからゆっくりアップグレードしよう。


#まぁ、今までのソフトとは別にインストールされるらしいけれど、それはそれで…(SSDの残り容量が…)。

2014/06/23

忘れてたなぁ…

そういえば「ラブコメを描く」という話はどこいったんだか…。

実は2月に映画のロケにエキストラ参加したのだけれど、その中で「ラブコメ漫画を描いていれば、もっと深く参加できていたかも」…ということが判明。

…って、それだけ描くと何の話だか分からないけれど(^^;)、詳細は後日記事アップ…ということで(もう書いてはあるんだけれど)。


…で、俺でもラブコメ描いていれば…っていうか、描けるのか?…と思って、その時手がけていた原稿(俵山温泉編)の後になんか考えるかな…と(…って、2月から「今手がけている原稿」…(^^;))。

とはいえ、なーんもネタ、思いつかないけれど(^^;)。

できれば最近背景画続きなので、あんまりきちんと背景を描かなくて済む(作画期間を短縮できる)話がいいなぁ(^^;)何か偏見…。


#そういえばエキストラ参加の記事、書きっぱなしで公開してないな…。

映画公開に合わせて掲載…とか考えていたけれど、もう公開しても良いだろうか?たしか映画公開は11月…。

冬コミは休むかも…

まだ検討中だけれども…。

原稿作成は、作画以外は楽しいのだけれど(^^;)、シングルタスクな頭の構造なので他に気が回らないのがつらい。何もできなくなる。

それでなくてもアウトプットが続く。原稿落としているときも、落とすまでは原稿に縛られているわけで、別にずっと自由…ってわけではない。

ここのところ、ずーっと原稿中心に頭が回っていたので、そろそろしっかり充電期間を設けたいところ。


まぁ、その期間も取材とかネタ探し自体はしたいけれどもね(^^;)それ自体は楽しい。

そもそも遅筆が前述の原因だし、そのあたりの改善策の模索とかもしておきたい。iPadだけで原稿作成、あるいはクリエイト活動…とかいう模索もしてみたい。

そういう期間が欲しい。


それと、実は以前もそういう理由で1回コミケ参加を休んだことがある(iPadはまだ無かった頃(^^;))。

一般参加でビッグサイトを巡っていたけれど、すげぇさみしかった思い出が(^^;)。おかげで逆に奮起した気がするなぁ…。

そういう気持ちを思い出すのも良いかな。

2014/06/19

Yoga Tablet 8が4.4に

Yoga Tablet 8のOS、Androidが、kitkatと呼ばれるこのバージョンの4.4にアップグレードされた。

その新機能は…よく知らない(^^;)。

まぁAndroidタブレット自体あまり使用していないので、しょうがないか。iPhoneやセルラー版のiPadとBluetoothでのネット接続ができず、家内だけでしか使用できなかったしなぁ…。


ただ、OSをアップグレードして驚いた。何故か4.4からBluetoothでのネット接続が可能になっていた。

そうなると、Yoga Tablet 8のバッテリー駆動の長さが活きてくる…はず。

とはいえ、前述のとおりあまりAndroidタブレットを活用していなかったので、どう活かせば良いのやら…。

まぁ、ダッシュボード的な、色々な情報を1画面に集約してリアルタイムで更新していく系なアプリがあってくれたら、旅先ビュワー的に卓上に置いておきたい。Yogaの筐体も活きるというもの。

で、MacBookAirで作画、資料をiPadで…。…あれ?なんか変だな?(^^;)

そろそろWin8.1タブレット

NEC、薄さ8.95mmの10.1型WUXGA Windowsタブレット
〜デジタイザ標準装備、キーボード付属モデルも

んー、「メインでは使わないし、印刷原稿作成用にも使用しないけれど、お絵かき用にデジタイザ部分がしっかりしたタブレットPC」としてはいいかもしれない。

OSが32bitなのが不満だけれど、メモリ2GBモデルよりは1.5GB多く使えるのは確実だし、まぁいいか。

なにより、10万円を切っているのが良い。SurfacePro3と比べてどう考えようか…。

ストレージが64GBというのも不満だけれど…MicroSDカードを埋めてどうにかするか…。

デジタイザはワコムか?…使いやすいのかなぁ?(^^;)

一生もののケース

調べものをしていてたまたまたどり着いたのが「鳥井工房」というページ。

なかなかカッコ良いカメラケース(ジャケット?)が並ぶ。すげー欲しい。

とはいえ値段もなかなかのもので、納期も長い。下手なカメラ用だと、ケース作成中に次モデルが出かねない。

しかし、カメラって本来、じっくり使って手になじませて使っていくものかと思うようになってきたので、カメラケースを装着して、さらにじっくりつきあっていく…というのも良いのかなぁ…と。

…と、すぐには決断できない金額だけれども(^^;)。

2014/06/11

3Dのチャンス

初音ミクの「3Dモデリングコンテスト」開催 受賞作は3Dプリンタで出力されるぞ!

むーん、参加してーっ!(^^;)

ただ、残念ながら

・モデリング環境が整っていない。
  適したソフトはある。しかしPCが無いし、インストールしてない。
・時間が無い。
  7月いっぱいまでは同人原稿集中。

という状況では、とても関わっていられない…(;_;)。

まぁ関われるとしても、

・数年のブランクがある。

というのもあるので、無理か(^^;)。…8月以降、自主制作だけでもしてみっかなー…。まぁその時点でも、環境整っていないかもしれないけれど(^^;)ZBrushが快適に使用できる環境の構築が…。

更新頻度低下中

Blogの更新頻度が落ちていてすみません。

本業多忙と夏コミ原稿山積で手が回りません。今しばらくお待ちください。

あ、ちなみに夏コミ受かってます。1日目だってー。詳細は後日。

2014/06/06

戦略拠点に必要なもの

“轟天号を追いかけて”二度あることは三度R!

行きて〜。もう3度目か。しかしいつか無くなるかもしれんし(^^;)ぉぃ。

まぁ、あ〜るのファンということもあるけれど、それ以上に「田切」はおいらのお袋の実家。それこそ田切駅が前のところにある時から通っていたので、ある意味「地元」。

そんなイベントに「光画部」としてカメラ持参で行かないわけにはいかないしねぇ(^^;)。

ただ、スケジュール的に相当キツい。同人誌原稿の締め切りとバッティングしてるんじゃねーか?逆に夏に落とした過去に出ておけば良かった気も…(^^;)ぉぃ。

今回、なんか完成しそうだけれど、これに出たおかげで落とした…ってなったら、洒落にならないからなぁ…。

まぁ、様子を見て、隙があれば…ってことにしよう。


それにしてもなー。田切って花火工場以外、なんもないよなー。実家に顔を出すにせよ、そのまま走って伊那まで行ってもなぁ…と思っていたら、以下の情報を見つけた。

蕎麦ひねもすの店舗情報。

ほほう…。こりゃ攻略しなければならない拠点だで。行かないといかんだに。

中国の恐怖…

日本の納豆、中国では「神の薬」・・・「なんでも治す」との宣伝に、専門家が注意喚起=中国報道

中国の場合、納豆菌でない「腐らせた大豆」を「納豆」と銘打って売り出しそうで怖い…。

2014/06/05

雨模様…

今週末は雨か…。

そういえば最近、週末は結構いい天気続きだった気がする。「出かけられねぇ!」…って土日の覚えが最近無い(病欠で休んでたことはあるけれど)。

久しぶりのうるおい…というよりは、「自転車で出かけらないから原稿でも描くか…」と内製作業のしやすいありがたい天気かな?(^^;)

SurfacePro3に迷う…

大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」
「Surface Pro 3は日本のユーザーに最適な1台」
〜米Microsoftのブライアン・ホール ジェネラルマネージャーに聞く

んー…、SurfacePro3がワコムのデジタイザじゃなくなったけれど「お絵かきにも適したタブレット」って胸張ってやんなー…。

確かに筆圧・対応ソフト以外、結構N-Trigが上…っていう話も聞くなぁ…。実際、イラストとか描くとどんな塩梅なんだろう?

まぁ、一番の問題はワコム以外のデジタイザに非対応のソフトが多いところなのだけれど、それらでもポインティングデバイスとしては使えるはず。筆圧を検知しないだけで…。

iPadで絵を描く時、結構「筆圧検知スタイラス」より「ただのスタイラス」で描くこともあるので、手軽と言えば手軽なんだよね。

あえてそれで操作してみようかな…。


あるいはN-Trig対応のWindowsお絵かきソフトってなんだ?ComicStudio以外にあんのか?そっちを使うとか。

今のところメインじゃないし、Winタブレット。ただ、iPad以上のイラストは描けるようにしたいところ。


イラスト以外、「ノート」としてみると、即座の動作とかメリットもあるにはあるので、お絵かき以外のマシンとしても使えるといいなぁ…。

2014/06/04

背景の秘密

今まで輪行日記とかは旅の雰囲気とか、どういうところかを伝えるよう、背景を重視して描画していたけれど、当然、時間がかかる作業だった。

ただ、最近気が付いたのだけれど、現在執筆中の原稿も同様に背景が多いものの、背景が占めるスペースが多いはずなのに時々急にペースが早くなる場合がある(それでも遅筆の部類ですけれど)。

なんでかな?…と思っていたのだけれど今回珍しく室内を描いているシーンも多く、そうなると遠景を描かない、あるいは不規則な形状の描画が少ない…からなのかな?…という気が。

…室内メインの自転車漫画って描けないかな(^^;)。

あ、室内メインだから、自転車自体あまり描いてないな(^^;)それもか。

携帯性を確保したままのEVF

レビュー
最強の広角系スナップコンデジ RX100がさらに進化 ポップアップ式EVFと新レンズが魅力的な「RX100 III」実力診断

ポップアップ式EVFがいいな。

D-LUX6もX VARIOも機能相応の筐体で、それ自体の可搬性は高い。

ただ、後付EVFだけが邪魔で、鞄へのおさまりも一気に悪くなる。携帯性を損なうわけだ。

しかし老眼ともなると、EVFの方が扱いやすいというのもまた事実。使う度の装着・脱着は面倒で八方ふさがり(^^;)。

しかしポップアップ式は携帯性を維持しつつ、その機能をさりげなく発揮してくれる。更には偶然にも(?)視度補正レバーの保護にも一役買ってくれている(他のEVFだと結構、いつの間にかズレていることも)。

操作にひと手間必要なものの、その程度はかまへんかまへん。

レンズの性能も普段使いにはまったく問題ないし…ちょっとなー…、ライカ以外のコンデジもいいよなー…(^^;)ぉぃ。

2014/06/03

新幹線の中のインフラ

東海道新幹線N700Aにコンテンツサーバー搭載、映画・電子書籍の配信試験

この取り組み自体に文句はないんだけれどさ、新幹線の中の無線LANって、つながりにくいか、ものすごく遅くない?

ソフトバンクもauも、普通にLTEだか3Gだかを使った方が快適というか、普通だった。

山口県まで行ったとき、大阪以西はしょっちゅう途切れた記憶があるが、京都くらいまでなら無線LANをつなごうとは最近考えてない。

要するに無線LAN使用者増にインフラが対応しきれてないのでは?

記事を見ると、N700の改良型?N700Aの話をしているので、その辺は改善…してるかな?

2014/06/02

スピード感は似合わない

最近メインで使用しているデジカメはX VARIO。レンズが暗いとか言われるが、それでも意外と被写界深度は浅い。絞っていても、ちょっと焦点距離をズレると微妙にボケる。

そしてAFは遅いので、スピード感のある撮影には向かない。

つまり、走っている自転車を撮ろうとする場合、置きピン(所定の距離にピンを合わせておく)にしてシャッタースピードも速く、絞りもできるだけ絞って(今考えると、感度も上げておけばよかった気も)撮るべきなシーン。それでもちょっと焦点距離をズレると、微妙にボケている…。

まぁともかく、BROMPTON JAPANESE CHAMPIONSHIPで思いのほか、思い通りに撮れなかったという話ですな。

置きピンでもシャッターがすぐに切れないこともあったしなぁ…。
(バッファには余裕があっても、シャッターが素早いレスポンスで下りないことも多々)


以前はM9-P+トリエルマー28〜50mmF4で撮影していた。コースに近いところに陣取れたこともあったし、問答無用でシャッターが下りたり、感度を比較的自動設定になったり、被写界深度も深い。んー…使いやすかったなぁ…。

今回レース参加で色々荷物があったこともあり、コンパクトさでカメラを選んだのが裏目だったかなぁ。

今から考えると、X VARIOよりもまだD-LUX6の方が良かったかも。レスポンスは結構速いし。まぁサブだから、予備バッテリー無いんだよね…。もう入手しておくべきか…。


まぁそれ以上に今回はコース設定上、望遠が必要だった気がしなくもない。

次回、同様のコースになるかわからないけれど、久しぶりにCanon EOSkissX3にタムロンの28〜300mmでも持ち出さないといけない気がする。

ただ、相当に重いんだよな…。屋外だからレンズの暗さはあまり問題にならないと思うけれど、それ以前に持ってくるのメンドイ。それに走行中、どうすんだ…?と。

レース出るならすっぱり撮影諦める。撮影主体だったらレースをすっぱり諦める…とかいった思い切りをつけないといけない気も…。

まぁ、クロークに預ける…という手もあるんだけれど(^^;)。

BROMPTONで幕張を駆ける

L1022701

BROMPTON JAPANESE CHAMPIONSHIPというイベントが毎年あり、幕張海浜公園の駐車場を利用した1.3kmのコースを10周、BROMPTONで走るレースになっています。

他の自転車レースと違うのはドレスコードがあり、ジャケット・襟付きシャツ・ネクタイ必須というレース(女子は若干緩い)。イギリスでも行われているBROMPTON社主催のこのレース、主催者からして「酔狂なレース」と称しています(^^;)。

とはいえ、「Japanese Championship」というだけあって、男女1位とも、イギリスで行われる本戦への出場権や航空チケットが与えられます。

ただ、BROMPTONをスピード目的で乗っている人なんてそうそういないわけで、上位入賞者は多分ロードにも乗っている人が占めているんじゃないかな。

基本はお祭りなわけで、市民マラソンみたいなノリ…なのかな(^^;)。おいらも初参加(今まではレギュレーションに合致する車体を持っていなかった&持っていたのを忘れていた(^^;))。


続きを読む "BROMPTONで幕張を駆ける" »

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »