2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 花見の旅(サイコロ(3桁)の旅) | トップページ | ハード待ち »

2014/05/10

Leica Tとはなんぞや?

L1060096_edit4月25日に発表になったばかりのLeica Tに触ってきた。

ひょっとしたらこの操作感というか、タッチパネル上でOS動かすような操作感は今までもマイナーな機種にあったのかもしれないけれど、個人的には知らない。新鮮なUIだったので、ちょっと書き留めておく。



この機種の何がキモかというと、アルミの削りだし筐体もそうだけれど、その超独特の操作感だと思う。

Camera_raw_8_4_1____jpegまずモードダイヤルが無い…のはいつものライカとしても、あとの本体のハード的なダイヤル・ボタンがシャッターボタン、動画録画ボタン以外には2つしかなく、その2つもプログラブルで何の設定に使用するか自由に設定できる。

Camera_raw_8_4_1____jpeg_2また、タッチパネルで最初に現れる画面もいくつかのタッチメニューのみだし、それも自由に配列できる。

それこそスマホのホームボタンみたいに長押しからのドラッグで自由に配列出来る…どころか、削除もできる。カスタマイズ度がえらく高い。

まぁ、おかげで「カメラに関しては猛者」の人たちが、束になっても「一点測距・スポット測光のAF設定」に戻す(それ以前に誰かがいじって設定を変えていた)のに15分も格闘していたというわからなさ(^_^;)。

そして誰もが「再生画面」の出し方がわからないという、ともかくも悪い意味で超独自なインターフェースと受け取られかねない代物。

ただ、慣れると意外と使いやすくなってくるから不思議。


なにより、普段使わないメニューをすっ飛ばして、使用頻度高い機能にすぐアクセスできるようになるというのが良いと思う。

例えばM9やX VARIOで彩度をビビッドやモノクロームに設定変更しようとしたとき、メニューを出した後、何段か下にカーソルを移動させなければならないけれど、LeicaTの場合はメニューを出したらすぐアクセスできる場所に持ってこれる。

逆に、保存画像の画素数なんかそう頻繁に変更しないもののメニューの比較的浅いところ(アクセスしやすいところ)にある。メニュー項目としては邪魔なのだけれど、LeicaTならどかせられる。

自分用にとことん設定できるのが面白い。まぁおかげで、仮にAさんBさんと別々にLeicaTを持っていてCさんがAさんのTをいじれたとしても、Bさんのをすぐに使えるかというとそうでもなさそうだけれども(^^;)そうそうそんなケースに出くわすとも思えないけれど。

ストラップの金具も使わないときにはフラットにできるし、これも完全独自仕様。要らないときには完全に見えなくするという、思想的に、ユーザーの取捨選択の幅をより自由に、かつ徹底的に有り無しをわかりやすくするというのが現れていると思う。

まぁ悪く言えば、独自路線過ぎて付いてこれるサードパーティーがいるか?→アクセサリが充実するか?…という、ちょっと困りそうなケースに陥りそうな気もしますが…。


ともあれ、プロ好みのにはハードダイヤルがごてごてと付いて、アナログ的に設定できる筐体なのに、こう…そぎ落としまくりの、ある意味対極的なカメラになっているわけで、そういう変わったこだわりが個人的には面白いわけですよ。使い勝手も悪くなっていないと思うし。…まぁ、実践してみないとなんともいえませんが…。

そんなわけで正直、「写真」よりも「撮影」が楽しくなりそうなカメラです(^^;)。


まぁ、独自すぎて、「今までのカメラ」に慣れている人には賛否両論…というよりは、否の人が多い気がする。

かといって、初心者には敷居が高い値段だし、ちょっと生き残れるかは不安だなぁ…。こういうのを生み出す土壌というのは大事にした方が良いとは思うのだが…。


#ちなみにそのタッチパネルインターフェースに好意的な人の意見を持ってしても、まだ「エレガントさに欠ける」とのご意見が。

先進的なアイコン操作もできれば、下層に行くと時々旧来の選択式メニューやスライダーなどに行き当たり、デザインに統一性がないとのこと。まぁ、素人から見ても確かにそんな感じが…。使いにくいというわけでもないんですけれどね。でもデザインに統一性が無いと言うことは、「慣れ」が必須ということでもあるし…。

この先進的なカメラ、「わかってない人が作っている」というよりは、「若い人がもがいて新しいカメラを作り、その意欲を極力消さないように昔からの人が最低限の慣習をしたカメラ」という印象なんですけど、個人的に。

そうするとタッチパネルインターフェースは若い人の担当?意欲を持ってバージョンアップとかしていって欲しいな。筐体のデザインにこだわっているし、インターフェースもがっつり磨き上げていこうぜ!

ユーザーとして支えてくれというなら、その…なんだ…チラッ>財布(^_^;)。


#それにしてもTマウントレンズは味気ない…。写真を見ても味気ないけれど、実物見ても味気なかった。

L1060119_edit
ただ、アダプタを介してオールドレンズとフードを付けると、一気に味が出る。…うー、フルサイズじゃないのがもったいない…。

« 花見の旅(サイコロ(3桁)の旅) | トップページ | ハード待ち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/59608285

この記事へのトラックバック一覧です: Leica Tとはなんぞや?:

« 花見の旅(サイコロ(3桁)の旅) | トップページ | ハード待ち »