2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 金 | トップページ | 輪行日記 山梨県韮崎編で描いた桜が… »

2014/02/28

アテの無い旅行の仕方

アテが無いとはいっても、ある程度は目的を決める。それで「行ったことのないところに行く」理由付けをして、旅行をしてみたい。

ただその目的が、他の人が聞くと「え?それだけのことで?」という理由であればあるほど望ましい…と思って行ったのが、俵山温泉の旅だった。

その時の「旅行の理由」としてはただ一つ、「俵山温泉から更に山奥に、美味しい珈琲のお店があるので飲みに行く」ためで、ついでに温泉とかはあるものの、3泊旅行でかなり遠出する理由としては結構人に驚かれる。

人を驚かすのは面白いのでぉぃ、今後もこのシリーズ(?)を続けたいが、やはり「縁もゆかりもない」ところになんとか「目的」を探して行く…というのはなかなか目的探しもメンタル的にもキツく(?)、今のところ思いついてはいない。


ところで国分寺にある「てる久」という蕎麦屋に最近よく夜に蕎麦と一緒にお酒をいただいている。

そのお店にあるいくつかの日本酒の中で「玉川」というのがお気に入り。独特の風味のある日本酒なのだが、メニューにある解説にイギリス人の杜氏が作っているという。ふーん、イギリス人…。

本当によく飲んでいるお気に入りなので、その旨伝えるというか、御礼を言いにイギリス車(BROMPTON)で乗り付けるのは、理由付けになるだろうか?(^^;)

京都のお酒らしいので、京都観光も兼ねられたら…というか、京都観光のついで…になってしまいそうだな(^^;)。

まぁ、これは冒頭の「行ったことのないところに行く」目的とは違ってしまうけれど、京都行けるんだからいいじゃない…(^^;)。…と思って、酒蔵を検索してみた。木下酒造というところみたい。場所は…京丹後市久美浜町

日本海側やんけーっ!丹後半島の付け根の、東京から遠い方やないかーい!

ちょろっと経路検索してみたら、新幹線使っても7時間半と出たぞ。こないだの山口県俵山温泉より1時間程度しか縮まらないってどないなっとんねん(^^;)京都から先のローカル線乗り継ぎが俵山温泉よりも多い。

まぁしかし、木下酒造のページに「常務取締役 フィリップ・ハーパー(杜氏)」とある。この人のことだろうか…?…なんだろう?呼んでいる気がする(^^;)ぉぃ。


うーむ、しかしさすがにここだけに行くのはどうなんだろう?…と地図を眺めている内に気がついた。10kmほど離れたところ(道路走行距離15km)に城崎温泉というところがある。

検索してみるとミシュランガイド(?)2つ星が付けられるほどの温泉地のようだ。…温泉、大好物です(^^;)。

城崎温泉を電車移動の目的地に設定すると、路線経路ももう少し単純になる?移動しやすくなるかもなぁ。そちらを根城に、昼は木下酒造、夜は城崎温泉…?うむうむ、イメージが固まってきた(^^;)何の?

で、城崎温泉~木下酒造間は迂回になるものの電車移動も可能。しかしせっかくなら輪行で自転車移動したい。

問題は間に結構な山がありそうなところ。確認すると高低差125mと出た。…それほどの高さでもないよねぇ?

そういえば「自転車走行の高低差の基準」となる、飯能と青梅の間にある山王峠(^^;)ぉぃは、高低差125m程度。あー…っと、ちっとキツいな。

デュラエース装備のブリヂストン・モールトンではかなりキツい。BROMPTONでもS2Lは無理。インター8とか6段モデルで普通に越せる山かな。

…まぁでもそれならいつもの輪行スタイルやないか。1往復くらいなら越して木下酒造にお邪魔するか。大体汗かいたなら…温泉があるやないか!

あとはそうだなぁ…なんかお土産をお持ちしないとアレだし(^^;)何かを見失っているなぁ…、あちら忙しくない時に行くべきかな。お酒造りが忙しくない時期っていつだ?

ページを確認すると、「蔵の見学」というのも受け付けているらしい。10名以上という条件があったり、2014年4月で蔵見学も終わりということらしいけれど、まぁ日本酒に疎いおいらが見たところでどうかという気も…(^^;)。

それよりも注目なのは、そこに書いてある「酒造期間中の10月~4月は午前中忙しい」というところ。つまり、他の時期は忙しくないのか?どうせ行くなら、邪魔にならない時期に行ってみるかな。別に店舗以外に押しかけるつもりもないけれど(^^;)。

…ああ、いかん。イメージが固まりつつある(^^;)。

いつにするべきか…。自転車移動が伴うとなると、できれば暑い時期は避けたい。ちょっと最近は増税前の駆け込み消費が積み重なっているので、旅費も貯めにゃぁならない。

…2014年9月か、2015年の5月以降か…。でも俵山温泉ももう一回行っておきたいし…(飛行機ルートも試してみたい)。

まぁちょっと考えてみるか…。


#ちなみに、木下酒造のもっと近くに「久美の浜温泉郷」というところもあった。

ただ調べてみると、「一つ」の温泉宿のようで、温泉としてはいいけれど、宿泊地としてはどうだろう?…ということで、拠点からは外してみた。


#無理して早めに行くのも良いが、輪行日記 俵山温泉編を脱稿する前に下手に魅了されると、原稿がおろそかになりそうな気がしないでもない(^^;)。

« 金 | トップページ | 輪行日記 山梨県韮崎編で描いた桜が… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/59204695

この記事へのトラックバック一覧です: アテの無い旅行の仕方:

« 金 | トップページ | 輪行日記 山梨県韮崎編で描いた桜が… »