2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014/02/28

アテの無い旅行の仕方

アテが無いとはいっても、ある程度は目的を決める。それで「行ったことのないところに行く」理由付けをして、旅行をしてみたい。

ただその目的が、他の人が聞くと「え?それだけのことで?」という理由であればあるほど望ましい…と思って行ったのが、俵山温泉の旅だった。

その時の「旅行の理由」としてはただ一つ、「俵山温泉から更に山奥に、美味しい珈琲のお店があるので飲みに行く」ためで、ついでに温泉とかはあるものの、3泊旅行でかなり遠出する理由としては結構人に驚かれる。

人を驚かすのは面白いのでぉぃ、今後もこのシリーズ(?)を続けたいが、やはり「縁もゆかりもない」ところになんとか「目的」を探して行く…というのはなかなか目的探しもメンタル的にもキツく(?)、今のところ思いついてはいない。

続きを読む "アテの無い旅行の仕方" »

この1か月、確定申告で高額医療費の還付金手続き、クレジットカードのポイントの金券化、増税前に購入したApple製品の旧モデルの中古売却…と、なんか換金手続きが多い季節な気がする。

まぁ消費が多いんだから、少しでも取り戻さないと。

…えーっと、他に何か金になること、ないかな…ぉぃ。

2014/02/27

今年のCP+は?

本来行きたかった土曜日のCP+は大雪のため、中止。そのため、日曜日に行ったのだけれど、混雑しているわ、用事があって早く戻るわ…とゆっくりできなかった。

まぁ、でもいくつか興味のある展示もあったので、すでに書いているのを除いて、ちょこっとピックアップ。


PHANTOM
THE SPRIT OF FLIGHT
そんなに値段高くないドローン…というかマルチコプター。コンデジ程度のものを搭載して、10分以上飛べるという。うまく使うと、カメラの映像をiPadといった手持ちのデバイスに転送し、ヘリの操作とカメラの操作と両方出来るらしい。さすがに2人以上居た方が良いと思うけれど。

繰り返し撮影する場所やイベントがあって、アングルがマンネリ化しているようなところがあれば、趣味でも導入する価値はあるかも。まぁ、破損、全損の覚悟も要りそうだけれど(^^;)屋内ならまだマシかな?。


カメラバッグはoctavusというところのRUCK SACKがお気に入り。

カメラカメラしていないところがいいね。イベント内アウトレットモールでは2万8千円だった。置き場所があって、他の買い物が無ければ買っていたんだけれどなぁ…(^^;)。


あとは、パシャデリックというサービスか。詳細はリンク先を確認して下さい。

iPhoneアプリの実働を見せてもらったけれど、基本的には風景を撮る旅カメラマン向けのサービス…なんだけれど、見ているとなにか別用途に活躍しそうな、潜在的なニーズを掘り起こしそうな気もするんだけれど、それが何なのか、どうしても思いつかない(^^;)なんじゃそりゃ。


個人的には今回のヒットはAIRCELL

会場のアウトレットセールではメッシュしか手に入らなかったものの、肩への負担軽減には抜群の効果を発揮し、機能的に全く問題なし。もう完全に今後の友と決定いたしました。

ただ、装着する方のベルトへのフィットというか、より密着性が高いのがネオプレーンでお勧め…と展示ブースの人に力説され、買い足すか悩み中(^^;)。


…とりあえずこんなところ。もっとゆっくり見たかった…。

昔、熱望されていたもの

CP+の一角で、カメラ上部(軍幹部)に付いていることがある、とあるマーク(「o」の中心に「-」を入れたようなマーク(横棒の長い「+」だったかな?))の話を聞いた。

フィルムならフィルム面の位置、デジカメならイメージセンサー受光面の位置を示すらしい。筐体内での前後の位置を示し、左右の位置はレンズの位置で推測するらしい。

ともあれ、ある意味の「カメラの中心」がどこかを把握するマークらしい。

で、とあるデジカメで薄い筐体で、マウントに近い位置に設置され、イメージセンサーがだいぶ薄くなっていることがわかる。

ある来場者がそれを見て「これならもうフィルムカメラの裏蓋と取り換えて装着できるようになるんじゃない?」とデジカメ担当者と話をしていた。

まぁ、実際はその後ろに処理装置とかもついているわけで薄く作れるものではないとは思うけれど、でもバッテリーや液晶とかを含めても、多少後ろが盛り上がる程度でさらりと作れるんじゃない?…という気にもなってくる。

とはいえ、シャッターとの連動をどうするかとか構造上の問題もあるので、簡単な話ではないとも思うけれど。

それにそれ以上に、フィルムカメラにデジタルユニットが必要になるようなものが今あるか?…という気がする。それだけのボディが残っているのか…と。

何年か前は「可能なら、そういうフィルムカメラをデジタルに活かすユニットがあると良い」と考えていたけれど、今は普通に最新ボディに、昔のレンズを装着する方向で解決した方がスマートだもんねぇ。メーカーにとっての利幅もあるだろうし(^^;)。

ユーザーからしてもデジタルに最適化されたボディは本当に便利。ユニットによる付け焼刃では、たぶん最新機能をカバーしきれないと思う。

タイミングが完全に遅れた気がするな。

まぁ、フィルムカメラのボディを愛する人も少なからずいるかもしれないけれど、技術的な面もあるだろうけれど、メーカー側から見て採算が合うレベル(数量)じゃないんだろうなぁ…。


#なんだっけ?八セルブラッドはそういうユニットもあったと思ったけれど、構造上たまたまやりやすい規格だったからだと思うけれど。

2014/02/26

MacBookAirに新しいエディタを導入してみた

携帯しやすくて10時間動くiPad。屋外どころか家でもテキスト作業、及びある程度のクリエイティブ作業はそちらで行っていたところ。

しかし12時間駆動でパワフルな作業ができるMacBookAir13mid2013導入以降は、筐体がかさばるものの、そちらの使用が中心になってきている。

そこで問題になってきたのがテキストエディタ。

扱うのは日々の日記、アイディアメモ、テキストネーム。iPadだとアプリの切り替えで扱うデータをより分け、短文・長文など特徴あるデータを扱いやすいアプリでエディットしていた。

MBAだと一部のデータが「ファイル」扱いでFinderで管理する同列なデータとなり、管理がちょっと手間。惜しまなきゃいい気もするけれど、iPadに慣れてしまった身としてはアプリを起動させた時点で、特定のデータのみいじれるようにしたい。

日々の日記はATOK Padでいいけれど、その他はmiというテキストエディタで扱うことになる。miからいちいち各フォルダのファイルを開くのも面倒だし、Finderでいくつかフォルダを開いておくのも面倒。

ファイラー装備でペイン表示のエディタでもあれば特定のフォルダ・ファイルにすぐにアクセル出来ていいと思うのだけれど、なかなか好都合なのが見つからず、結局UlyssesIIIというアプリに行きついた。

これは良くないアプリというわけでもなく、前から知ってはいたものの、有料という面がひっかかった。それなりの金額なもので。

ただ、使い始めてみるとかなり使いやすい。MBAを頻繁に使うなら、いいアプリだと思う(iPad中心の頻度なら、高額だったけれど)。

特定のファイルを推敲しながら長期間かけてじっくりエディットしてくにはUlysses。その他の通常のテキストのエディットはmi…という使い分けになっていくと思う。

しかしMBA13だと逆に大きいくてテキスト打ちにくいな…。いや、打ちにくいということは無いんだけれど、MBA11くらいがちょうど良いサイズのような気がする。

…さすがに11と13、両方持ち歩くつもりは毛頭ないが(^^;)。

電車の敵、坂も敵

最近、鵠沼海岸の埜庵に行けていない。町田のモコモコのカレーとチャイもいただいていない。

土曜に時間があれば行くのだけれど、用事があったり雪で交通手段を絶たれたり、色々。

そこで2月末、日曜だけれども時間が空いたので、ちょっと行ってみた。BROMPTONのP6Rの輪行テストも兼ねて。そう、楽な部分は自走して、それ以外の所は輪行をし、新車の輪行具合を確かめて作品作りにフィードバックしようとも考えてみた。一石二鳥。

で、府中本町から南武線に乗り、登戸で乗り換えて小田急小田原線で町田まで。そこでまずモコモコ。で、あとは境川沿いを走って埜庵に行って、あとはオール電車で帰り。うむ、2時間くらいは自走だけれど、日曜でも翌日に疲れを残さない、理想的な順路(^^;)。

続きを読む "電車の敵、坂も敵" »

金遣いが荒い昨今

ちょっと最近散財が続いていますけれど、別に裕福ではありません。かなり無理しています。

だってー、消費税増税前の駆け込みもありますが、Macの保険(AppleCare)切れもあるし、BROMPTON関係のアクセサリも3月から軒並み値上がりだし、色々「今のうちに買っておかないと損」なタイミングというものがあるでしょう?(^^;)いやマジで

4月以降はばっさり個人的消費は冷え込む予定です。…たぶん(^^;)。

2014/02/25

4GB待ち

笠原一輝のユビキタス情報局
電波も通すアルミボディ設計に秘められた「ThinkPad 8」開発者の想い

んー…。

Androidタブレットはよほどのブレイクスルーというか、タブレット向けキラーアプリが山ほどでない限り、もう手は出さないと思う。使いづらい(スマホはわからん)。

個人的にはタブレットはiPadだけで充分になってきた気がする。とはいえ、マルチウィンドとか使えないのも若干不便。

Win8は友人が使っているのを見る限りは、その辺実用的と思えるので、ちょっと使ってみたい気はしている。


とはいえ、とりあえず今春に予定されているというBay-Trailの64bit Windows対応と、おそらくそれに追従するであろうメーカーの4GBメモリ搭載を待ってから…ということになるだろうか。

たぶん8インチ程度のデバイスなら4GB必要な使い方をしないとは思うのだけれど、iPadも64bitなんだし、個人的な精神衛生上のことを考えたら、念のため4GB版の方が良いかな…と。

消費税増税もあるけれど、ここが我慢のしどころだと思う(^^;)。

CP+で思い出す

インタビュー
パナソニックに聞く「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」のこだわり
明るさだけでなく美しいボケも実現

ああ、これはCP+で試写させてもらったなぁ…。

フォーサーズと言えばイメージセンサーの小ささで個人的には敬遠している規格だけれど、このレンズを使わせてもらうと、ボケ味を活かしたポートレートが確かに撮りたくなる。

仕事用にも十分じゃない?

まぁでも85mmとなればスタジオ撮影とか個撮で人物撮影専用としてしか対応できない気も。街をぶら歩いて街角とか人ごみをかき分けての撮影にも適していると思うけれど、おいらにはちょっと難しいかなぁ…。

たぶんフルサイズの同スペックレンズがあっても使いこなせないと思う(^^;)。やっぱりおいらは50mm以下か…。まぁ旅行時はそれ以上の望遠も必要になるけれど。


CP+といえば以下も見たなぁ。

連載スタパ齋藤の「スタパトロニクスMobile」
マンフロット製iPhone 5/5S用バンパー

イベント内のタイミング的にうまくモノを見られなかったのだけれども(チラシだけもらった)、記事を見ていると欲しくなるなぁ。ちょうどiPhone5ケースが痛んで換え頃なのよね。

とはいえ、Suicaといったカードも装着できないと不便なんだけれどなぁ…。交通系ICカードと一緒にiPhone持っていると、忘れる、無くすとかそういうトラブルが激減するので…。

iPhone6の足音も聞こえるし…。

#まぁ、iPhone6がかなりの新規格になるなら、ケース総とっかえになるだろうし、揃うのに時間かかるだろうし。

だったら今iPhone5sにして、落ち着いた頃(10か月〜1年くらい?)に6にする…というのも手かなぁ…と考えている。あるいは6s待ちとか。

近づく夏

そういえば6月、7月は本業が忙しそう。

…って、毎年のことなのでそろそろ今年の夏コミ原稿の対策を考える…というか、身につけないと…。

3〜5月で作画をほぼ終わらせられるようにしておいた方が良さそう。夏コミはいつもそれで2回、原稿落としていたからなぁ…。

冬に出すと若干時期遅れになってしまうBROMPTON本続編を出したいが、まだ内容がまとまっておらず、孤独の輪行2になるかも。

うーん…、しかし新刊無い方が問題か…。

2014/02/24

高円寺の漫画空間に行ってきた

名古屋に「漫画空間」というお店がある。詳細はリンク先を見てください。

おいらはたまたま以前、NHKで放送されていた紹介番組というか…特集した番組を見ていて(土曜か日曜の夕方だったと思う)、なんとなーくどういうお店かは把握していた。

で、たまたま最近知ったのだが、高円寺にも出来たとか。なので、ちょっと時間を見つけて行ってみた。当然、MacBookAirとか広げて、自分なりに作業をしてきてみた。

そういえば番組を見たのは結構前なのでうろ覚えなものの、高円寺はちょっと名古屋の雰囲気とは違った…というか、まだ名古屋の雰囲気を捉えられない…というか、開店したばかりの高円寺と、作家が作品を作り上げるくらいの期間が経過してからNHKが取材した名古屋と比較は出来ないか。

どちらかというと秋葉原制作所と比較した方がおいらとしては記事書きやすいかも。そういう視点だと大きな違いは以下の2点。

・仕切りが無い
・(豪華な?)出力機が無い

前者に関しては、作業していると人の目が気になるところだけれど、複数人で作業しているなら、打ち合わせしながらの連携とか作業はしやすいと思う。

なにか講座とかも考えているようで、その時のことを考えているのかも。

後者は、秋葉原制作所の方が充実しすぎているという気も…(製本機もあるんじゃなかったっけ?)。ともあれ、高円寺の方での作品作りのアウトプットは、別手段を検討しておいた方が良いみたい。

秋葉原制作所として明らかに性格の違いがある。ああ、ドリンクフリーか否か…という違いもあったな(高円寺は2杯め以降は有料)。

利用者側からすれば、どう使い分けをするかは、そういった設備の違い…そこから性が合うかどうかの話になってくるかと思う。

個人的には、「作業場所」とだけ考えるなら、仕切りの有り無しは意外と気にならなかったので、高円寺の方が「移動時間が短い」点で寄りやすいかも。まぁ、さっきMBAを広げた…とあったのはネームくらいの作業だけの話で、タブレット持ち込んでの作画に入ってきたら、またちょっと違ってくるかもしれないが(恥ずかしくなるかも(^^;))。

ちなみになぜか昼の方が満席率が高い模様。

KDPに手を出してみっか?

一部同人誌のKDP(Kindleダイレクトパブリッシング)を検討中です。


「輪行本」シリーズはそちらでももう出さないけれど、「BROMPTON Starting BOOK2011」(ぶろぽん2011)はページ数が多かったり、カラーページがあることもあり、印刷代と在庫保管が大変(^^;)。

そんなわけでCOMIC ZINの通販在庫も切れているところです(新宿の店頭にもなかったけれど、倉庫にはありそうな気も…(^^;))。

しかし近々続刊の発刊を検討していて、それはぶろぽん2011既読を前提としたいので、どうにか入手方法を残しておきたい。

そう考えると在庫等々管理が不要な電子書籍化は、メリットの方が高いと思われます。

ぶろぽん2011自体内容が古いものの、スペックや代金に関することに限り、その他は今でも通用すると思うし、多少加筆修正、注意書き追加とかすれば、今からKindleストアに上げても良いかな…と。


二次創作ではないし、比較的実用性の高い(?)内容にもしているし、従来同人誌を手にしない人にも手に取ってもらいたいので、すそ野が広く、デバイスも広く対応し、認知度も高いKindleというプラットフォームは魅力なんですよね。

利用する側もアカウントを新たに得る必要がほとんどないのもメリットなのでは?Amazonアカウントってもう大体の人が持っているでしょうし。

日本だと「PCで見られない」というデメリットがあるけれど、それ以外のデバイスの方がKindleプラットフォームとして普及している感があるから。


問題としては、自分の本の認知度をどうやって上げるか…ですけれど。

まぁぶろぽん2011に限っては、その続刊「BROMPTON Starting BOOK -MSPLR-(仮)」の新規読者にぶろぽん2011をすぐ読める環境の提供なので、認知度はそれほど高くなくても良いかな(^^;)。


…ぶろぽんMSPLRは…同人誌オンリーで、KDPは考えていないけれど…(バランス悪い?)。


将来的には輪行日記も総集編にして出してみたいなぁ。さすがに1編でこまめに出すのも気が引ける。単行本みたいでカッコ良い?(^^;)

まぁ、絵の加筆修正(塗り残し修正とも言う(^^;))に加えて後日談等のコラムも追加したりすると面白いかも。


あとは…、例えば表紙とかをどうしようかな。

同人誌ではあえて抑え目(輪行日記 奥多摩〜青梅編はちょうど疲れていた時に原稿手掛けてしまったのでうっかりしていたけれど、あれで派手)にして、街中で出しても恥ずかしくないように作っている。

街中で読んでもらうということではなく、知らない人に「折りたたみ自転車だとこういうこともできるんですぜー!」って布教しやすいんですよ。

ただ、Kindleだとその辺の配慮は不要になるのではないかと。むしろストア上のインパクトが大事になるんじゃないかな?

とはいえ、すでに同人誌を持っている人が違う本と誤解して、重複させるつもりが無いのに購入してしまう…というのは問題か…。

まぁなんか色々悩みどころがある気がします。

2014/02/23

若さ故…

14022301うっかりBROMPTON P6L(2013年モデル)RAWカラーを入手してしまった(^^;ローンで。…若気の至りというか(^^;。

だってぇ…和田サイクル唯一のPハンドルの在庫で、2014モデル以降は消費税値上げやユーロ高…というか、たぶん一緒に高いであろう(調べてない(^^;))ポンドといった為替事情から値上がりは避けられないだろうし、いつ買うか?今でしょ!…的な?(^^;

Pハンドルは元々ミズタニ自転車の取り扱いでは「受注生産」のような取り扱いなんだけれど、和田サイクルにM8Rの修理を持ち込んだ時、たまたま在庫が残っていて(昨年末から見かけていた)、ラストチャンスかなぁ…と(^^;また「代車」名目かよ(^^;。

でも本当に一番大きな理由なのは、BROMPTONの本を書きたいのだけれど、ハンドルの違いや6速モデルの違い(注:拝御は6速モデルを持っていない)を実感しないと描けないと思うんですよ。何を描くべきか…と。

つまり…資料です(^^;)ぉぃ。

いや、がんがん楽しみますけれどもね(^^;)。

とりあえず当面はどんなシーンでも極力P6Lで走り、良い点や問題点を洗い出していきたいと思います。以降はシーンに合わせた車種で切り替えていくかな。

坂がほとんど無いところをスピード優先で走るならS2Lだし、上体を起こして見晴らしよく走るならP6L、やはり変速の良さはインター8になるのでスピードや環境変化に対応しやすいのはM8R…といったところか。

ただ、P6Lは折りたたんだとき、ハンドル側に傾きやすくてバランスが悪いので、近々P6Rにするかも。

まぁそんな違いも含めて、新しい本にフィードバックできたらな…と思っています。


ただ気になるのは、ミズタニ自転車がBROMPTON2014年モデルからPハンドルの取り扱いをやめてしまったっぽいところ。

Rモデルの復活とかうれしい話もあるものの、せっかく入手したPハンドルの情報があまり役立たないなら、書き方が変わってくるなぁ。純正6速の使用感を得ただけでも充分価値があるんだけれど。

あるいは、神戸のBROMPTONジャンクションでは2014年モデルでもPハンドルモデルが入手できるっぽいから、それはそれで描いてもいいのかな?(流通経路が違うのか?)


#それにしても、もうちょっともったいつけてバシーッと発表したかったんですけれど、なんかうまくできませんでした(^^;)。

和田サイクルで購入時にBROMPTON3台持ち師匠として出会ったとらちゃんさんに口止めまでしたのになぁ(^^;)申し訳ない。

2014/02/22

意外と使ってみないとわからんかもしれない…

趣味のインターネット地図ウォッチ
第181回
Google Glass的なゴーグル「Recon SNOW2」を装着して滑ってみた
日本のゲレンデマップも収録、ゴーグル内に表示

ゲレンデ以外で使えたらなぁ…と思っているんだけれど、当面無理そうね。

まぁ頑張って自転車用にも出してくれることを願います。ただそうすると視野を狭めるとか言われそうな気がするな。実際に視野が狭まるような実装なら、乗る側としては願い下げ。

でもサイコンとかでも結局視線を下に落とすわけで、一瞬注意をそらすくらいなら走行中の視界内でなんとか情報を拾えるようにしたい。

勿論視界を遮ってしまっては意味がないわけで、視界でハンドルに位置する場所に設置すれば…あ、でもそれだとハンドルにサイコンつけるのと同じか。

…あれ?(^^;)

#透過型にすればいいのか?

ダークサイド

やじうまWatch
愚痴や後悔、懺悔がズラリ……闇のSNS「DETOX」がスマホ向けに登場

んー、「好きなこと」で連帯するよりも、「嫌いなこと」や愚痴で連帯する方が、より結束が固まるとか植木先生も言っていた気がする。

家族とか友人の話なんだけれど、顔を突き合わせない人でも有用なのだろうか?…あ、2ちゃんねるとかで不在の人の悪口言い合ってストレス発散するのも同様のこととか言っていたような気もする。

そうすると、この闇のSNSもありなのかな。エスカレートしない限り…だろうけれど。

ただ、加えてなんか「読む側」としては何かの領域に引っ張られそうで怖いな。

創作とかポジティブに気持ちを向けているときにここを覗いたらモードが切り替わってしまうことになるような気がしないでもない。ちょっと読む側としては扱いを気を付けないといけない気がする。

いや、全体を否定するわけではなく…。

俺の中でのイーモバイルの信用失墜

イーモバイルのLTE対応モバイル無線LANルータ、GL02Pを「稀に」使うので、時々スペックを忘れてしまうこともある。

今年更新月(無料解約可)があることくらいは自覚しているのだが、それまではしっかり使っておくかな…と、使う際にはイーモバイルのページを確認して、使用時間の目安を把握しておこうと思った。

…のだが、その際に今回、以下のようなページを見つけた。

「GL01P」「GL02P」USBケーブル接続による
モバイルデータ通信に対応したソフトウェアの提供開始について

ん?何の話だ?

ちょっと調べてみると、以下のページにたどり着いた。

弊社に対する措置命令に関するお詫びとお知らせ

>無線LAN接続時の最大通信速度は下り(受信時)30Mbps程度

おいおい、LTE接続時でもカタログ値の半分の理論値だったのかよ。思ったより通信速度、出ないな…と思ったことあったけれど、そういうことだったのかよ。

それにUSB接続時のみ最大75Mbps…って、それでPocketWifiって言っちゃだめだろう。

…っていうか、今のホームページでも、それがわかりにくいってどういうことやねん?


それにその件、俺に連絡したか?

俺に売った端末のスペックが間違ってました的な連絡をメールなりなんなりすべきだろう。

更新月に「違う端末に買い替えてね。そのまま契約更新してね」的ハガキは見た覚えあるけれど、「申し訳ないですけれど誤りがありました」アナウンスはハガキを見た覚えがないし、メールも検索した限りでは無かったぞ。

正直言えば開封していない封筒等あって(どこからの…とは限らず)見落としている可能性もあるので、これ以上怒声は上げないけれど。

更に正直言えば、それほど速度面で不便を感じたこともない。


ただ、iPad mini Retinaセルラーモデルが7GB制限があるとはいえルータの代わりとしてしっかりしていることも含め、今後の買い替えとかは無いかな…と。

2014/02/21

隠れ家のあり方

「秘密の隠れ家」食べログ掲載で台無し 大阪のバー経営会社、削除求め提訴

カカクコムが「表現の自由」をうたうなら、飲食店の演出もまた「表現の自由」なわけで、自由同士が浸食していることは明らかなんでない?

まぁあとは裁判所の判断でしょう。


個人的には「食べログ」のような情報サイトはあって良いと思うし、同時に「本当の口コミ」だけでやっとたどり着けるような店もあって良いと思う。

色々旅して飲食店を巡ってきたけれど、一期一会というか、どちらかというと「縁」だと思う、飲食店との出会いというのは。

まぁネット上で検索して出会う「縁」もあるとは思うけれど、それ以外の「縁」も大事にしたいわけで。

そんなわけで(前にも書いたと思うけれど)、飲食店の本職の人に「お勧めの店は無い?」と聞いて集めたデータのつながりをビジュアル化した「口コミマップ」なるものを作っているけれど、ネットに上げるつもりは毛頭ないし、同人誌等書籍化も今は考えていない。

それこそ、おいらに直接聞いてくる人に口頭で教えるときの資料にするために、まぁ本音は外れ無しにおいらが楽しみたいので充実させているだけだけど(^^;)。

それに時々「○○行ってきます」ってふつーにツイートで情報漏らしている気もする(^^;)。


#ちなみにたまにハズレもあります。そういう時はマップから抹消します。

そういうのは大抵、後で教えてくれた人に聞いてみると「私も行ったこと無いんだけれど」と言われます(^^;)。おいおい、口コミになってねぇよ(^^;)利用したな?。

狙いどころがすごすぎる

オリンパス、光学照準器付きの高倍率ズームカメラ「SP-100EE」

そういえばCP+でちょこっと触ってきた。

実際の使用感としては「地味」。ただ、非常に狙いやすい。実用的というか。

動くターゲットとなるとわからないけれど、最大望遠にしたまま人ごみの特定の人を狙うのも苦ではなかった。意外とアリですな。まぁ、個人的には1,200mm(35mm換算)なんてあまり使わないですけれど。

…ってか、24〜1,200mm(35mm換算)のデジカメが5万円台で手に入る時代か…。

このズーム域でF2.9-6.5も結構がんばってるスペックなんじゃないの?望遠レンズは詳しくないのだけれど。

2014/02/20

駅周辺を歩き回るコツ

鉄道密集地の23区ならでは。駅名は違うけど歩ける「お隣さん駅」

そういえば東京駅、有楽町駅あたりは地下街を把握しておくと、主要な場所に傘ささずに行けるなぁ。全部ってわけでもないけれど、余計に濡れなくて済む。

一時期、国際フォーラムの展示会に通うことがあったり、その時に台風に見舞われたりしたことがあって、身を持って地下街の構造を把握したことが…(交通機関が止まって、でも外を出歩けずに飲食店に行ったり来たり)。

また、その後ビルが増えてルートが増えたりして、なかなか難しいけれど、構造を把握すると東京・有楽町周辺を結構面白く歩いて移動できる。

京葉線ホームなんか、有楽町から行った方が早いよねぇ


ただ、新宿はいまだよく把握していないけれど(^^;)。西口ヨドバシカメラ周辺がよくわからん(^^;)喫茶店があるフロアに時々行けないことがある。

もっと言えば、上野は駅の構造自体が立体的でよくわからん。草津に行くときにちょっと迷う(^^;)水戸・勝田に行くときもそうだったか。

やっぱりバッテリー駆動時間と軽さ

一応モバイラーな身としては、外で通信デバイスを使って作業(創作活動等)を行うけれど、家のこたつやリクライニングシートといった移動もある。そういうワイヤレス作業での効率を求めることが多い。

…そんなわけで、12時間駆動のMacBookAir13 mid 2013は非常にいいパートナーになっている。

カタログスペック通りのバッテリー駆動時間というのもいい。

他のメーカーだと1/2に捉えなくてはならない等、アテにならないことが多い。本当にカタログスペック通りということもあるから逆に混乱するというか、レビュー記事を確認しなければならないのが面倒。

勿論MBAにしたって、Adobe系のパワフルなソフトを使用すればバッテリーの減りも速いけれど、今のMBA13に至っては、まだまだ心配するレベルじゃない。


そして外で使う際には、iPad mini Retinaをルータ代わりにし、Bluetooth接続でネットに接続している。これがそこそこの通信速度を確保しつつ(原稿品質のデータのやりとりに至るとちょっと心配)、またお互いのバッテリーを保たせる。

iPad自身も長時間駆動なので、電源のON/OFFを意識しないで済むのが良い。

おかげで喫茶店とかでバッテリーを気にすることが無い。むしろ「珈琲一杯でこんなに長居して良いのかしらん?」と思うくらい(^^;)。


もっとも、問題も無くはない。

MBA13が一度スリープに移ると起動時にいちいち接続しなおさなければならないとか(Wifiだとその辺は自動なのだけれど)、やはり13インチはそれなりに大きくて持ち運び鞄が限られるとかとか、それなりにデメリットもある。

でもそれをなんとか解決して外で使いたくなる、またやれることも多くなったモバイルデバイスセットに至ったかな…と思っている。

草津でThinkPadW500を持ち込んだこともあったけれど、もうあそこまでの苦労はしなくて良さそう(^^;)移動も大変だけど、喫茶店に持ってくというのも面倒だったしね。

まぁそんなわけで、職場の昼休みや、帰りの途中の喫茶店で使うようにいつも持ち歩いていたりする。主に運び役は自転車なんだけれど(^^;)ちゃんとクッションで包んでる。


#まぁまだワコムの小さいタブレットに慣れる…という課題もあるけれど。どちらかというと、IllustratorCCのツールの新設定か?(きたみりゅうじさんも直面しているみたい)

#ちなみにThinkPadX200sはバッテリー駆動時間が短かったし、MacBookAir11は画面が小さすぎた。MacBookProRetina15はデカいし重い。

2014/02/19

大雪被害・山梨の心配

Googleクライシスレスポンス

奥多摩の方は情報範囲外だけれど、山梨県内等の主要道路の通行実績が表示される模様。

おいらが見た時点(2月19日)だと、北杜市のお気に入り喫茶店、「くじら雲」周辺は車の通行があるみたい。お店自体は幹線道路からちょっと奥まったところにあるけれど、大した距離でもないし、多分無事だろう。

すごい古い建物だけれど、逆にそれで丈夫で雪にも強い気がする。…イメージで語っても仕方ないが(^^;)。

ヤギ達も毛皮で守られてるんでない?餌が不足しそうだけれど、ダイエットのいい機会だ(^^;)謎。

しかし、孤独の輪行でも描いた、武川の奥の方、「月のうさぎ」周辺は…怪しいな。勾配もすげぇところにあるから、除雪も難しいような気がする。

あちらも犬たちがいたような気がするけれど、無事だろうか?

特に勾配が急じゃない王仁塚の一本桜周辺も車の通行が無いな。主要インフラ優先で考えると、王仁塚のあたりは後回しにされるのは仕方ないけれど、桜が無事であることを願うのみ。

あ、いや、周りの住民の方々も(^^;)。

あることに気が付いた

…あれ?

■輪行日記 ひたちなか海浜鉄道湊線編
刊行の翌年、東日本大震災で、近くの漁港を津波が襲った他、地滑り・液状化現象等々で不通が長く続いた。

■輪行日記 山梨県韮崎編
刊行の翌々年、2014年2月14日〜15日の大雪で電車・道路の寸断が続いて車の立ち往生が続いたり、集落の孤立が起き、物流が困難となる。

■輪行日記 奥多摩〜青梅編
刊行の翌年、同上。

…あれれれ?なんか…あれぇ?(^^;)

2014/02/18

今週末の目標

あれ?今週の雪予報が無くなりつつあるな…。まぁ予断は許されないけれど。

でも交通網がこれ以上悪化しないのであれば、週末こなしておきたい用事もあるので助かる(青梅方面とかではない)。

あと、確定申告とかMacの中古処分とか、雑務も今週末中をめどに終わらせよう。できるだけ雑務を終わらせて、以降は創作活動に集中したい。

…以降も部屋掃除に追われそうな気もするが(^^;)。

今年のCP+の来場者

【CP+】CP+2014の来場者数は前回比67.4%の4万2,203人

そういえば今年、2014は大雪のせいで中止になった土曜日に行けなくて、日曜に行ってきたけれど、同様に考えていた人が多かったのか、かなり混雑していた。

なのでツイッターで「来場者が今までにない多さ!」…と書こうかと思ったけれど、なんか微妙に書けない感じがあった。あれ?そこまでの混雑か?…と。

比較すると、2013の土曜日とあまり変わらない人数だったのね。

ああ、2013は土曜日に行ったなぁ…(^^;)。

2014/02/17

コピー誌くらいは…

4月20日に秋葉原で「自転車」「飲食」がテーマの「やっちゃばフェス」というイベントにサークル参加するため、申し込みをした。…通るのかしら?

イベント自体、第1回が昨年に行われていたみたいだけれど、存在知らなくて…(^^;)。今年くらいに初めて知って、せっかくならサークル側で参加してみようかと。「飲食」が若干薄いけれど、いずれのジャンルもおいらの作品にマッチしているしねぇ。とはいえ基本、既刊の持ち込みになると思う。

でもせっかくなので、数ページくらいでなにか書こうかと思案中。たぶんレポート漫画とか、そのあたりのなにかになると思う。

ただ、本当に数ページに落ち着くと思うので、オフセなんてとてもとても無理。コピー誌で済ませたいところ。

…そういえば個人的にコピー誌を作ったことがないな。どうやって作るべか。


…ってか、そもそも何部ありゃぁいいんだ…という気もするな。とりあえず50冊くらいあればいいだろう。

それくらいの数なら自分でやってもいい気もするが、自宅は作業場所がない。まずコピーするキンコースとかそれに類する所もない。

どこか最寄りを探すくらいなら、秋葉原制作所まで出張ってしまってもいい気がする。他イベントとかないだろうし、順番待ちもそうそう無いだろう。

安ければ印刷所に頼みたいところ。本編8ページも無いだろうし、印刷代1冊100円以下に抑えたいところだけれども、そうすると人件費もかかる印刷所というのは無理か?(^^;)

やっぱ自分で作る方が安上がりか。あ、でも秋葉原制作所を利用する場合の費用も計算しないと。幾らくらいになるのだろう?

…なんだろう、オフセの方がすごい気が楽な気がするんですけれど(^^;)。

マンガの描き方

描かなくてもマンガができる! 萌えキャラも登場のマンガ制作システム「マンガロイド」ってなんだ!?

こういうのが出てきたか。

まぁ、漫画界の「鷹の爪団」みたいなものか。上手く内容がマッチすれば、機械的なタッチも味になって、面白い作品が出てくるとは思う。

で、間違いなくおいらはそれを面白くさせるセンスが無い。

…ので、おそらくマンガロイドではカバーできない「背景」主体の漫画を描こうと思う。「輪行日記」とかはそういう思惑もある。さらに「食べ物」とかも加われば、差別化が図れるかなぁ…と。

勿論マンガロイドにしても、写真データがあればそれを加工して貼り付けるという手もあるとは思う。でもそれは写真以上のことは描けない。

おいらもその段階だけれど、なんとか「写真」を「資料」にして、自由にアングルを考えて描く、それも速くテクニックを身に着けたいところ。

iPhoneも機種変更?

うーん…。今使用しているau版iPhone5(無印)が使用期間16か月ということに気が付いた。

iPad AirやiPad mini Retinaを使用していると、A7プロセッサやM7コプロセッサでかなりいい感じになるので、iPhone5sもかなり憧れる。

SIMフリー版iPhone5sもちょっと考えたけれど、もうここまで既存機種の使用期間が至ると、キャリアモデルで機種変更した方がランニングコストが安く済みそうな気がする。

MNPという手もあるけれど、多少高くついても複数端末のキャリアを統一したくない(郊外とか電波環境の悪いところで選択肢を少なくしたくない)し、ドコモはまだiPhoneに慣れていないというかなんというか、ともあれ、今ならauが無難でしょう。

それと消費税増税前と後の購入も悩みどころか。iPhone5(無印)の通信料の月々の割引とか考えると、「後」の方がトータル的にお得ということもありえるんじゃないか?

…ややこしそうなので計算してないけれど(^^;)。

また、増税後はおそらくスマホも低迷するだろうし、割引キャンペーンとか出てくるかもしれないし、それも含めると逆にお得になっているかも。

さて、どうしたものか…。

#iPhone6は…考えないことにしよう(^^;)。

2014/02/16

デカい棚に並ぶ漫画と、こじんまりとした棚に並ぶ漫画

イブニングで打ち切りの漫画「BLOOD ALONE」、同人&電子書籍で続きを独自展開へ!

面白いと言っては失礼だけれど、かなり数奇な運命をたどっている作品ですね。


そういえばWBSでも最近、無料電子書籍漫画の特集を組んでいた覚えが。

編集者が居る形での電子出版と、たぶん編集者がいるとは思うけれど、従来のチェックとか行わない、作者の意思が通りやすい電子出版と2通り紹介していたような。

個人的には後者で現在活動しているわけだけれど、前者での活動もあこがれる。

「編集者」の存在は良しにしろ悪しきにしろ、戦後ずっとついてきていた。

良い形では、例えば「進撃の巨人」を発掘した編集者は間違いなく先見の明があったわけだし、WBSで紹介された、既存の雑誌の形態に縛られず、しかし単行本で利益を出すビジネスモデルを構築したキバヤシさんとかの存在は肯定的に捉えても良いのでは?

ただ、悪い例だと間違ったマーケティング等で作者の意図を完全に無視した指示を出しつつ、責任を作者に押し付けるか、かけた梯子を外すとか。

そこまで行かなくても足を引っ張るとか、作者との協力体制に至っていないとか噂は色々聞きます。

読者側からすれば、結果的に面白い作品が出来上がれば、作者・編集者の関係なんてどうでもいいのですけれど、作り手としては気にはなってしまいますね(吾妻ひでをさんの漫画を見ていると、秋田書店が怖い怖い(^^;))。


そんなわけで一人で活動していると、「良い方」の編集者が居たらいいなぁ…と思う時も多々あるわけで(^^;)。

いずれにしろ、作品の発表の場が編集者を通さなければ得られなかった時代と違う、色々な発表の手段+利益に結び付ける手段があるというのはいい時代だと思います。

かといって、「編集者」が不要かどうかというとそうでもないとも。

例えるなら、飲食店や販売にチェーン店というかブランドがありつつ、個人経営もある飲食市場に近くなってきたのでは?今までは画一的な価値観に到達した作品しか見れなかったけれど、癖のある、あるいはニッチなテーマの作品も流通できるようになってきたというか。むしろ今の方が健全か?

そういった多様性を得たと考えれば聞こえはいいけれど、作者側も編集者的スキルが必要になる場も多くなるわけで、何気に色々苦労も増えているので大変でしょうねぇ(他人事ぉぃ)。


ちなみに「BLOOD ALONE」はすみません、読んだことないです(^^;)ぉぃ。

メモのとりかた

みんなのケータイby 甲斐祐樹
サクサク動作で使いやすいクラウド型メモアプリ「Simplenote」

む。

「Simplenote」は昔愛用していて、一時期有料会員だったことも。あれは当時、超便利だった。

ただその後、なぜかWeb版が恐ろしく使いにくくなり(処理スピード的な問題)、iOS以外でも多用していた身としては使い勝手が格段に落ちてしまい、別のサービスに乗り換えた。

今は「ATOK Pad+Evernote」という組み合わせに乗り換えて、重宝している。乗り換え時期はかなり苦労したけれど、今は安定している。たまに同期のタイミングを間違え、データが壊れることもあるけれど(^^;)。

ただ、Simplenoteに話を戻せば、

>ブログサービス「WordPrss.com」を運営するAutomatticが買収

これは知らなかった。信用できるサービスに復活したかな?

まぁ、もうすっかり「ATOK Pad+Evernote」に慣れた身としては、もうSimplenoteには戻らないと思うけれど。

2014/02/15

ちょっとローカルな話

老舗ステーキ店の「スエヒロ」が破産

「立川すえひろ」とは別です>某氏。為念。

オーナーシェフ(だったかな?)が「スエヒロ」で修行していた時期もあったのは確かだそうですが、そこから独立というかのれん分けというか(どこで得た情報だよ?(^^;)>をれ)、ともあれ立川のそことは別会社なので安心です。

まぁ、昼とか行くと、こちらもいずれ…とか心配してしまいますが、なにげに夜とか座敷が埋まっていたりするから、大丈夫なのかしら?

ともあれ、昼夜通して「すえひろ風ステーキ」が個人的に定番だし、超おすすめです。

重症

【美女カタログ】
氷上に映えるカーリングの女神たち

ああ、すみません。ツイッターにも書いてましたけれど、対日本戦でもロシアを応援してました(^^;)ぉぃ。

もう非国民と罵ってください。迫害してください。追放してください。

そしてアンナと二人、ひっそりとロシアの地で逃避行が如く暮らしていくのです。あ、いや、アレクサンドラとでもいいなぁ…。もうこの際3人で…。

MacBookAir11もHaswellに?

Haswell版MacBookAirに感動し、11インチもHaswell版が欲しくなるところだけれど、財政が許さないのでそれはパス(^^;)。既存の11インチもまだ結構AppleCareの期間、残っていた気もするし。

まぁ、11インチは解像度的に作業が限られるので多用はしないとは思うけれど、13インチと比べて可搬性には優れているので、外出時、グラフィック作業が伴わない、しかしiPadでは不便なほどテキストを打つ作業が多い時は11インチで…ってことになるのかな。

で、バッテリー駆動時間は5時間程度。…5時間。Haswellを知ってしまった後では物足りないのなんの(^^;)。まぁ、外出時に限っての使用なら、なんとか…。

Haswell版MBA13は家内でもワイヤレスにしようと思うけれど、11インチは家内では有線…というか、充電にまわして、13インチを使用すればいいのか。

お、解決した(^^;)ほっ。

2014/02/14

SONYか、そうでないか

やじうまWatch
「最後のソニー製VAIOに記念メッセージの刻印を」ファンブログが提案

それちょっと魅力。メモリ8GBのVAIO Tap11に「SONY Final Edition」とか入れてみたい。

まぁでも考えてみれば、それほど「SONY」に入れ込んでいるわけでもないので(^^;)。散財してお金の無い今は無理だし、そこまで入れ込まなくてもいいかな。


…でもどうなんだろう?SONYから外れた方が、自由なPCを作れるとかいうことにならないだろうか?

VAIO Pの新版とか。

タッチディスプレイでWindows8.1がキーボード付きであのサイズなら、色々使い道あるんじゃない?ニッチな層にしか受けないと思うけれど、小回り効くなら逆にそれで利潤を得る方法もありそうだし…。ダメ?(^^;)


#そういえば家のテレパソがSONYだなぁ…。将来的に録画番組が見れなくなるかもなぁ…。

不思議な現象

最近、Blogのアクセス数(PV)が平日の昼に急増する。まぁ、ココログ全体のアクセスランキング上位に食い込むような増え方ではないのだけれど、今までのアクセス数を考えると、飛び抜けた数値にはなっている。

なんだろう?

それぞれユニークIPのこともあれば、一人の人が何十記事と読んでいくケースもある。

後者に関しては日を分けて全部読む気なのか?…であれば、4,800件以上あるけれども、大丈夫か?(^^;)

まぁ、いまいちはっきりした原因がわからないので、ちょっと戸惑ってはいますが、特に対処はしません。

なにげにアクセス数を見ているけれど、アクセス数を向上させようという気は今のところ無いですし。まぁ若干、COMIC ZINの輪行日記とかの在庫を早々に消化するよう、宣伝したいという気持ちはありますが(^^;)ぉぃ。

2014/02/13

MacBookAir13 mid 2013の使用感(バッテリー編)

MacBookAir13 mid 2013の続き。

やっぱり気になるのはバッテリー駆動時間(^^;)そうか?。実際にタイムを計ったわけじゃないけれど、…というか、任意の時間から起動時間(クラムシェルを閉じている時間は除く)を計測してくれるソフトは無いものだろうか?

まぁともかく、一度通しでバッテリー駆動の使用感を確認してみた。

作業内容としては…以下といったところ?

・Web閲覧
・テキストメモ、そのデータのネット上の同期
・Numbersの表データ入力
・Adobeソフトのインストール
・写真の編集
等々

使った場所としては、外に出て喫茶店で使ったり、家でこたつに入りながら使ったり。家のLANか、セルラーモデルのiPad mini RetinaへBluetooth接続でネットには常時接続してました。

で、満充電の状態の朝の10時くらいから、夜の11時くらいまで一度も電源につながず、半分以上は移動やメシ、風呂等々で閉じていたけれど、それ以外は務めて電源を入れて使ってみました。

結果、夜の11時過ぎにはバッテリーの残りは8%程度でしたけれど、普通に使えてました。

…アリだな。

Adobeのソフトのインストールあたりが一番負荷がかかったかな。

新マシンなのでAcrobat、Brige、Illustrator、InDesign、Photoshopと5つほど、クラウドからDLしつつインストールしていたし、時間がかかったのは回線品質か、そもそも容量が大きいのか。まぁ、一番バッテリーを消費したかと。

また、写真の補正も70枚ほど変換とかしてみたのでそれなりにCPUパワーを消費していたけれど、それほど「遅くて困る」といった印象は無く、負荷がかかったのはそれほど長い時間ではなかったかな。


ともあれこれだけバッテリー保ちつつ、各ソフトが普通に使えるんだから大したもの。「ソフトのインストール」とかは頻繁にするものでもないので、今後はもっと保つかもね。結構満足。

なんかこれくらいのバッテリーでやっと「モバイルパソコン」とか「ノートパソコン」とか名乗っていい気がする(^^;)。

次はワイヤレスタブレットを使用した時か。作画環境とかも兼ねようと考えているので。タブレット使用時はワイヤレスといえどUSBポートも使うので、どんなもんか…。

MacBookAir13 mid 2013

MacBookAir13を買い換えて、mid 2013版を購入した。ストレージ256GBモデルのメモリを8GBにカスタマイズしたもの。最近のおいらのMacは、スペック的に店頭では買えず、いつもApple発注になってしまうなぁ…。

ともあれ、最初に持っていたMBA13mid2011は、Core i7にしたせいか、バッテリー消費が妙に早い。少なくともカタログスペック7時間を保ったことがないし、5時間保つかどうかも怪しい。また、メモリが4GBと心許ない。まぁパワーがあったのは確かだけれど。

しかしワイヤレスで作画作業などを行いたいときに不満を感じるわけで…。

最近のMBAはHaswell対応になって特にバッテリー駆動時間が長時間なったということなので、それはちょっとあこがれるわけで。そんなわけでCPUは替えない標準モデルに、でもメモリだけは8GBにカスタマイズしてみた。上海から送られてきたみたいだけれど、発注してから1週間しない内に届いた。

移行に際しては、旧MBA13の環境をそのまま移行しようと、Thunderboltケーブルを使ってみた。今回入手したのだけれど、ケーブルとしては結構値段が高い。ただ、これを使用したときの移行速度が相当早いとのことなので、ちょっと頑張って購入してみた。これ以外に使い道ないけれど(^^;)。

ただ、実際に使用すると、ストレージは256GBのSSDを半分ほど使っている状態だったけれど、実際、1時間かからなかった気がする。すげぇ便利。

移行後の新マシンを起動させると、いくつかのソフトはライセンスを再入力しなければならないのもあったけれど、もうほとんどその日のうちに常用できる…というのがすげぇ。やっぱMacは楽だなぁ(^^;)。


実際使用し始めると、ACアダプタから外して家の無線LAN、あるいはiPad mini RetinaのBluetooth接続で使用し、テキスト打ったりNumbersで表入力していても、ほとんどバッテリーを減らないというか、カタログスペックかそれ以上の駆動時間を示してくれる。Adobeとかパワーを食うソフトを使うとまた別になってくるのかもしれないけれど、それでも今までよりは余裕を持って作業できると思う。

Core i5の1.3GHzなので、マシンパワーに不満を感じる可能性もあるけれど、まぁ、そこは我慢しよう。そもそも必要なときは自動でクロックが最大2倍にもなるらしいし。


旧MBA13は中古に処分しようと思う。バッテリーがどうのとはいったものの、CPUパワーはCore i7なので、結構引き合いはあるとは思う。画面も大きいので、メモリ4GBに問題がなければええんでない?(^^;)。

とはいえ、新モデルが出る前に早く処分しなければ。値下がりしてしまう(^^;)。

2014/02/12

これだっ!(確定申告)

消費税8%時代の確定申告:確定申告をして払いすぎた税金を取り戻そう

>今回は医療費控除と途中退職の例を紹介し、確定申告で払いすぎた税金を取り戻す方法を説明したい。
> 最初の例は医療費控除だ。年間の医療費を35万円支払い、10万円を超えた分の25万円の控除を申告し、税金の還付を受けてみよう。

昨年のインプラント治療もあるので、何とか確定申告で還付金をせしめようと思うものの、申請書類をちょっと取り寄せたらその量…というか、書式を見ただけでもうんざり(^^;)ぉぃ。

書き方指南本もあるのでどうにか書けるかな…と思ったけれど、慣れているキーボード操作の方が、結局「書類」として作るにしてもありがたい。記事中にあるWebの確定申告書作成コーナーも知ってはいたものの、使い方が良くわからなかった。

だがしかし、今回の記事はバッチシマッチ!よく読んで…ってか、タブレットに表示させて見比べながらPCで入力してみよう。

うちにはプリンタが無いけれど、仮想プリンタでPDFファイルを作る方法ってMacに無かったっけ?AdobeCS入れているんだから、それくらいできてくれないと(^^;)。…ってか、元々書類がPDFファイルとして出してくれそう。

書類がPDFにさえなれば、あとはネットプリントでセブンイレブンでプリントするなりなんなりどうにでもできるしなー。なんとか申告できそう。


#そもそもペーパーレスなe-Taxという手もあるけれど、初期導入機器の費用もかかるし、当面は今回の件のみの使用で割に合わないから、今回はパスしよう。

#あと、念のためこちらの記事も見ておこう(^^;)。

消費税8%時代の確定申告:青色申告とは? 白色申告とは? 独立を考える人も
知っておきたい個人事業主の税金

資料・マップの作り方

趣味のインターネット地図ウォッチ
第180回
「ストリートビュー」を自作して「Google マップ」で公開する方法

RICOH THETAがアップデート
Googleマップのオリジナルストリートビューが制作可能に

あー…、シータ、いいなぁ。

実は1月3日の和田サイクルポタリングに参加した時、実際使用している人がいらして、色々使用感を伺った。いいところもあれば悪いところもあるけれど、個人的には資料撮影に充分有用と考えている。

ストリートビューの作成にも使えるのなら、ますます資料価値のある活動(?)ができる。郊外で走行したところを所々撮っておいてジオタグ代わりにGoogleマップに貼っておけば、自分以外にも資料になるのでは?

とはいえ、撮影の際には工夫も必要そう。余計なものまで写らないような配慮も必要なんだろうなぁ。自分の手とか。


でもちょっと今、お金が無いので、もう少ししてからの入手になるかな。あー、でも消費税とかもあるか(^^;)。まぁちょっと考えておこう。

2014/02/11

カメラがかっこいいわ、ライブビューも使えるわ…

デジカメドレスアップ主義
ブルーレザーで春を待つ
ソニーα7 + Summarit 50mm F1.5

おっ。

SONYのα7はボディのデザインが愛想の無い無骨というか、ゆとりが無いというか、センスが違うというか…ちょっと所有欲を揺さぶられないんですよね。まぁSONYのカメラ全般に言えるんですけれど(個人的センスの問題)。

ただ、こうしてレンズを選び、ドレスアップすると一気に所有欲が沸きますな(^^;)。で、M/Lマウントのレンズを装着し、フードもこんな感じに凝りたいですなぁ。

それ以前に、フルサイズというところが大きな恩恵か。EVFで使用できてボケ味確認しながら撮影できて、ライカM(Type240)より安上がり…となると、かなり便利かも。

…本当にやるとしたら、何かに屈した気がするけれど(^^;)。

まぁさすがにα7の次世代が出た時に、値下がりした中古を狙って、費用を抑えようかと。それなら引き分けかと(^^;)なにがや。

#ちなみにマップカメラ地下で同システム見本が置いてあるんだけれど、これがまぁ便利というかなんというか…。ライカM(Type240)も置いてあって、そちらもライブビューがなかなか便利なのだけれど、対費用効果というか、そもそも持っている資産を考えると…(^^;)。

2014/02/10

作画の環境

漫画の原稿を作成する際、ペーパーレスで行っている。

タブレットなり、液晶タブレットなりを使って、PCで直接作画するわけで、画面解像度は高解像度であればあるほど良い…と思っていた。

ただ、振り返ってみると(Blogを見直してみると)、一時期WUXGAなThinkPadW500がありながら、12.1型ワイドWXGA+(解像度1440×900)で作画を行っていた時期があるみたい。よく覚えていないけれど(^^;)。

この解像度ってMacBookAir13と同じやん。いつぞや、MBA13+ワコムタブレットで違和感を感じなかったのはこれかぁ。

確かにマシンの取り回しのお気軽さで、その解像度で結構作画していたような気もする。「輪行日記 ひたちなか海浜鉄道湊線編」とかはそれで作ってますよ、確か。

いつぞや肋骨折った時の写真がその編集画面だし(^^;)。(メインはやっぱりThinkPadW500とかだったかもしれませんが)

なんとかその解像度でやりくりできるなら、MBA13で作画してもいいわけですな。12→13型と見やすくなる分、画面が大きくて操作しやすいメリットもあるかもしれない。

…まぁ、老眼も進んでいるので、プラマイ0のような気もしますが(^^;)。

2014/02/09

回線数を減らしたい

そういえば最近、MacBookAirを持ち出すことが多い。

ネタ出し、アイディア出しくらいなら本来、iPadでも十分。

ただ、いずれにしろテキスト入力が多いので、キーボードがあった方が便利だし、ウィンドをいくつも出す作業をしたい。

…というのも、Win8タブレットがマルチウィンド(?)で資料作成しているのを見て、なんとなくシングルウィンドでない環境を持ち歩きたくなった(^^;)。Macのパッド操作もWin8のチャームに負けていませんのことよ?(^^;)

それはともかく、MBAといえど活用するならネット接続は必須。そうすると昨今便利なのがiPad mini Retina(ソフトバンク)とのBluetooth接続。

まぁ、MBA持ち歩く時には鞄を持ち歩くわけだし、そこに放り込んでおけばそれほどかさばらず、どちらかというと大量のバッテリーで通信時間に心配なし…というところが心強い。

特にMac開くまでもないな…という時はそっちのiPad使えばいいわけだし。

MBAの方の通信量も、アイディア出し等テキスト作業程度ならログを見る限り、50MB/日を超えていない感じ。30日それで使ったとしても1.5GB。7GB超えはそうそうあるまい。

印刷原稿を作り始めたら別だけれど、いずれにせよ、イーモバイルのモバイル無線LANルータの出番が激減しちゃうなぁ。最近は所有回線の内、エリアも一番狭い印象だし。ソフトバンクが頑張っちゃったからなぁ…。

イーモバイルの現在の回線は容量制限が無いので心強かったのだけれど、更新月が今年末月に迎えるし、いよいよ解約か?維持費削減とかもくろみたいしねぇ。

印刷原稿を作成するようなケースになったら…スタンドアローンで頑張るしかないか。マシン自体はオンラインでも、原稿を収納しているDropboxだけオフラインにすれば、資料参照やメール等々には影響あるまい。

2014/02/07

嗚呼、VAIO

ソニー、PC事業の譲渡で合意
〜譲渡先の日本産業パートナーズが設立する新会社でVAIOブランドを継続

さらばVAIO…ってことでもないとは思うけれど。

個人的には、例えばThinkPadもIBM離れてからも技術者はついていっているので、ThinkPadらしいマシンが続いていると思う(まぁ、色々異論もあるでしょうが)。

VAIOも一応企画・技術者がついていくので(何割欠けるかは知らないが)、他のPCとは違うVAIOらしいマシンも今後も出て…くるかなぁ?(^^;)

個人的には最近やっと出たVAIO Tap11の8GBメモリ版が魅力だったのよね。

記念に買ってしまおうか…と一瞬思ったものの、デジタイザの筆圧がAdobe対応していないのにあの値段はキツいな。対応予定とは言っていても、将来的なことは信用しないしなぁ>をれ。

…というか、会社変わるのにAdobeとの技術開発は続くのかねぇ?ずっと対応しなかったりして。

#Adobeソフトの筆圧対応は、当初2013年中の対応とアナウンスされていたから、いまだあまり信用していない(SONYの言うことだから云々ということではなく)。

Win8タブレットをお絵かき用途以外でも考えてみる。

個人的にWindows8タブレットも所有してみたい気が…。メビウス パッドも良い気がしてきた。

CPUがAtomながらBay Trail-TなZ3770なので、速度はあまり気にしなくて良さそう。メモリも4GBあるし(でも高画素だし、多くをビデオメモリに取られるか?)。

筆圧の必要なイラスト描画はすっぱり諦めて、それ以外の用途で考えれば、結構良い気がする。(そうするとおいらの場合、あまり費用かけられないが)

ただ、法人向けらしく、現状個人入手は困難らしい。苦労するくらいなら当面はいいか。

OSだかなんだかが64bit化するか(メモリが4GB載っているのもそれを見越して?)、ストレージを大容量にしても安価にできる体制にするとか、なんか個人向け販売用の準備はしているのかもしれないけれど。

…というよりあれだなぁ。Bay Trail-Tマシンが総じて32ビットOSなのは、64ビット版Windows8のConnected Standby対応待ちという理由だけなんか?

なんとなくCore iプロセッサモデルとの差別化という気も…。わからんけれど。


ま、用途的に急ぐ話でもなし。素直に64ビット版Windows8のConnected Standby対応を待てばいいか。

…その間に消費税上がるかもしれないけれど…。


#あとSHARPは「もう個人向けはこりごり…」と思っていそうな気がしないでもない…(^^;)。

Windows8の使い方

ちょっとメモ。

32GBのタブレットで使いこなすWindows 8.1 第1回
〜Windows 8.1のUIとストレージ構造を理解する

前にも書いたけれど、友人がWin8を使っているのを見て、チャームを使いこなすと(お絵かき以外は)確かに便利そうと思えた。

今はまだWin8タブレットを導入する余裕はないけれど、将来的なことを考えて、一応メモメモ。


記事の他の内容は…改めて読む必要もないかな…?と思ったが、なんとはなしに重要というか、意外なポイントかも…と思える内容も。

内蔵ストレージがCドライブで、MicroSDカードがリムーバブルディスクでDドライブなんてWinを使っていると当然のルールなのだけれど、Androidとかその手のタブレットと一緒に考えてしまうと「アプリをSDカードにインストールする」というつもりでいて、内蔵ストレージの圧迫とか、うっかりしてしまいそうな気も。混同しないようにしないと…。

まぁ、32GB以上のモデルを選んでおけば良いような気も…(^^;)。

2014/02/06

さらばSurface

今度はSurface Pro 2 512GB版の量販店向け出荷が停止
〜2月1日から第1世代Surface Proの特別価格キャンペーン開始

あれ?SurfacePro2、復活しないな…。

もうSurfacePro2は忘れた方が良いのかもしれない。普段だったら3が出てくる伏線か?…と思うけれど、なんとはなしに第1世代の在庫販売のための生産調整と勘ぐってしまうな…。

いずれにせよ、購買検討対象からSurfaceは外した方がいいのかもしれない。

まぁ第1世代も、AC電源つなぎっぱなしなら悪くない選択だとは思うけれどね。俺、家の中でも結構持ち歩くから…。

きのこ派の叫び

連載・データサイエンティストの視点:「きのこの山」VS.「たけのこの里」戦争に決着!? 購買データ分析で“大差”あり

絶望したっ!

てっきりきのこの方が認知度や支持が大きいと思っていたのに、このデータ集計に絶望したっ!

…これはもう革命しかないな…。革命は銃(以下自粛)

作品の整合性

そういえば近々、関東の電車でSuicaで行ける範囲が広がるらしいね。

JR東日本、2014年4月からSuica対応駅と大都市近郊区間を拡大…仙台も近郊区間新設

詳細はこちら(PDFファイル)。

見ていて気になるのが「輪行日記 山梨県韮崎編」の中のストーリー。

キャラクター達が韮崎で降りるのは、Suicaで行けるのがそこまでなので、韮崎駅で下車してそこから走るから、王仁塚の一本桜に出会うというメインのストーリー

当初の目的地である神代桜の最寄駅、日野春駅に行けちゃうと、話が成り立たなくなってしまう…。

…でも詳しく調べてみると、日野春駅にはSuicaで行けないのね。その向こうの長坂駅は使えるのに。だいぶ変則的な扱いのような…。

でもそうすると、作品内のセリフの詳細はちょっとアレだけれど、長坂まで行って1駅分戻るよりは、韮崎下りた方が費用的にお得ということで、キャラクターの行動的には問題無いやね(^^;)。

2014/02/05

Windows8もいいかも…?

友人が比較的Win8を使いこなしている。

見ていると、マルチウィンド(?)を使えるのが、iOSやAndroidに対する大きなアドバンテージのような気がする。左に資料を表示し、右にOneNoteやEvernoteを表示し、コピペして資料作成などに威力を発揮する気がする。

まぁ、Macでもええやんというところでもあるけれど、タブレット操作で出来るあたりでちょっと興味をそそる。

ただ、そうすると画面がある程度の大きさがないとマズいのでは?8インチでもイケるだろうか?最低限、ThinkPad8とかの高解像度が欲しい気がする。それでも画面の小ささで難しいか?10インチ以上がベストか?

なんか実際8インチで試用してみないことにはなんとも…。いや、Macで我慢しておくべきか(^^;)家計的に。

2014/02/04

数年来、意外な形での再会

天井から360度に音が広がるBluetoothワイヤレススピーカー

しゃおらどん、一時期2人間で超話題になった「シーリングスピーカー」が意外な形で登場ですよ(たぶんメーカー違うだろうけれど)。

他の方々にお話しすると、しゃおらどんとおいらと何故か毎年正月おいらの部屋の「シーリングライトLED化計画」で論議を良くしていたのだけれど(結局おいらが桜色も装備するSHARP(だったかな?)のLEDシーリングライトを購入して決着した)、その検討機種の中にBluetoothスピーカーを内蔵する、一体型のシーリングライトもあったわけで。

ただ、5万円を超す値段だった記憶があるので、値段的には早々に購買対象から外れたものの、機能を考えると結構欲しかったわけで。

今回、手持ちのシーリングライトを維持しつつ取り付けられるスピーカーということでかなり魅力。

過去、そういう経験があるので、金額も安く感じてしまう魔力(^^;)ぉぃ。

まぁここのところ出費がかさんでいるのですぐには購入しないけれど、自室で作画作業に集中できるようテレビをつけず、しかし静寂が苦手並みとしては何かしらBGMが欲しい身としては、こういうスピーカーもありなのかな…と。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »