2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« Surface Pro 2も良くなった気が | トップページ | 音声認識でのツイートの仕方 »

2013/10/30

カメラテスト

13102501

Leica X VARIOを山口の3泊旅行に持ち出してみた。そもそも、その旅行の予定があったので、X VARIOを購入したということもある。

本来、M型ライカの方が高画質っぽいが、単焦点レンズになるため画角の切り替えが難しい。複数のレンズを持ち歩き、付け替えるのは現実的ではない。焦点距離を切り替えられるレンズ(トリエルマー28/35/50mmF4)も持っているが、かなり大柄で、かさばる。

そう、輪行での旅行ということもあるので、できるだけコンパクトにしたいということもある。


だったらD-LUX6というコンデジも持ってはいるのだけれど、モードダイヤルで操作するコンデジ。やはりM型っぽいフィーリングで操作したい…とX VARIOを選択してみた。


実はボディだけで考えると、それほどM型ライカよりコンパクトというわけではない(特においらの場合、グリップを装着しているので)。ただ、レンズも込みで考えると、トリエルマー28/35/50mmF4を装着したM9よりは相当コンパクトには収まっている。複数の焦点距離を使うという点で考えると、M型ライカよりはトータルでよっぽどコンパクトなのだ…と自分を納得させることにした(^^;)。

もちろん、D-LUX6よりはよっぽど大柄。ただ、大柄故に鞄収納には困る。ミラーレス一眼並なのでそれほど収納に困らなさそうだけれども、結構EVFが邪魔。そこがネックになって結構鞄を選ぶ事になってしまう。…とはいえ、EVFは取り外し可能。基本鞄収納時はEVFは取り外し、専用ケースに収納する…ということにしてしまうと、なんとかミラーレス一眼並のコンパクトさが得られる。


また、デカい方のコンパクト…とはいえ、取り回しに困るということはなかった。妙に手にフィットする。

昨今、小さいボディが流行で携帯性という点では賛同するし、うらやましい所でもある。ただ、持ちにくさで操作性が犠牲になっていやしないか心配している。各ダイヤルへのアクセスのしにくさ。

X VARIOのサイズさえ、右手親指付け根でよく余計なボタンを押してしまうことがあるので、これくらいが丁度良いサイズなのかもしれない。…そう自分を納得させることにした(^^;)…っていうかD-LUX6のサイズで快適に操作できてますけど?。


ともあれ、M型ライカのマニュアル操作に慣れていると、モードダイヤルというまどろっこしい操作体系ではなく、絞りとSS等でどんなシーンにもすぐ対応出来る操作性がやはり持ち味かと。

モノクロ撮影用のプロファイル設定にするときのみ、メニュー操作でちょっとあたふたするが、まぁそれも最低限でしょう。ああ、あとなぜか絞り、SSをマニュアルに設定すると、ISOも自動でオートが外れてしまうので、メニュー操作でISOを設定し直さなければならないのも若干不便といえば不便。ISOも物理ダイヤルかなにか欲しいなぁ…。

まぁともかく、絞りやSS、マニュアルフォーカス等、物理ダイヤル・リングがあるのが強みでしょう。目盛りがついているのもポイント。


あとこのカメラでかなり問題視されるF3.5というレンズの暗さ。

テレ側に行くとさらにF6.3位に落ちてしまうので、あまりボケ味は期待出来ないのはそのとおり。

テレ端
13102903

ワイド端
13102904

しかし、旅カメラとして位置づけると、むしろ普通パンフォーカスの置きピンで撮影することが多く、むしろF5.6以上に絞るのが自然でしょう。あまり気になりませんね。

また、それでもワイド・テレ、どちらでも被写体によっては結構自然なボケが出てくる。まぁ、本当に条件を整えないといけないけれど、かなり立体感も出ますね。…Web上で縮小しちゃうと効果よくわからないけれど、A4以上にプリントすると相当違うんじゃないかな。逆に言えば、プリントしないと真価がわからないかもしれませんが(^^;)そういう環境は無いです。


あと、さすがに暗いシーンの撮影は難しいですね。手ぶれ補正もあまり期待できないようですし(機構がよくわからん)。

あだ、ボディの重さのせいか、持ちやすさのせいか、しっかり構えると意外とブレないようです。

また、機械式シャッターはシャッター切る動きで振動も来るので、M型は結構難儀しましたけれど、X VARIOは電子シャッターなのか、そこら辺の振動がほとんど無く、1/15や1/8で静物撮るなら結構何とかなるかも?

拡大すると手ぶれしているかもしれないが(^^;)そもそも全体が暗いので、手ぶれを確認しにくい。

また、個人的にはF1.4のD-LUX6で露出補正暗めで撮るよりも、X-VARIOで撮影した方が奥行きが出ている感じがするし、しっとり感があると思う。撮影素子の大きさの違いでしょうけれど。

ともあれ、友達との飲み会等の撮影とかはD-LUX6のレンズの明るさを取り、夜の風景をしっかり撮る時はX VARIOの撮影素子を取る…という感じか。行く場所によっては夜でもX VARIOだけでもいいかもしれない。


まぁともあれ、、旅カメラとしてM型ライカのフィーリングで操作できる点、画質の点でも満足しました。写りも良いしね。

そう言うなら、大判にプリントすべしと思うけれど、なかなか(^^;)飾るところも保管するところも無いっす。


ちなみに撮影フォーマットはJPEGを多用しています。

M9-PではJPEGがちょっと黒つぶれが多い感じで信用できないので、RAW撮影主体でした。

X VARIOのJPEGはX VARIOっぽいJPEGな感じもするけれど(なんか彩度抑えめ)、白つぶれ、黒つぶれは基本避けられるようなので、JPEGを信頼して撮影します。

まぁ、RAWの圧縮保存が出来ないので、RAWで撮影しているとあっという間にSDカードが埋まってしまう…ってのもあるけれど(圧縮設定させてくれー)。


ちなみに、欠点が無いわけでもない。

水平がとりづらいのがなんとも…。撮影後、写真を見るとかなり傾いていたり。夜間の日本家屋の撮影シーンが結構失敗しているような。暗くて基準線がわからないんだなぁ…。

デジタル水準器が内蔵されていれば…。せめてグリッドくらいは表示して欲しい。たぶん機能、無い。

動作も若干遅いかなー。スイッチ入れてEVF覗いたらもう動いていて欲しいけれど、微妙に追いつかない気が。


そうそう、今回はちょっとフィルターも試したのでした。

考えてみると、久しぶりの非レンジファインダー…というより、フィルターをつけやすい機種になる(43mm)。

まぁ今までとりたてて使いたいフィルターがあったわけではないけれど、ちょっと気になっていたのがPLフィルタ。光の乱反射等を抑えてくれるらしい。

その使用効果は被写体を見ながら調整しなければならず、一眼レフ等、ファインダーが同じフィルターを使わないと使えないたぐいのフィルターだったので、レンジファインダーでは使えずじまいだった(LeicaM Type240は別だろうけれど)。コンデジでも使えるけれど、フィルターの取り付け自体が面倒。

今回のX VARIOは普通にレンズ部分に43mm径に溝が掘ってあるので、普通にフィルターが取り付けられる。そこで、ちっと旅の時に使ってみることにした。


しばらくは通常のレンズプロテクターを使用していたのだけれど、緑がいまいち不鮮明。

ただ、PLフィルターを使っても、いまいち緑が鮮やかにはならない。

しかし、ガラスや水面の反射面、さらには屋根瓦や植物の反射面に明らかな差違が見受けられる。

13102901
※窓ガラスと空の色に注目。

特に植物を撮影する際に余計なテカりを抑えるのに良いかも。あまりおいらは被写体に選ばないけれど。

13102902

若干光量が落ちる気がするので、F3.5 のレンズに装着しっぱなし…というのはちと気が引ける。

まぁ光量を調整するのであって、明るいところで使うこと前提に違いないので、日差しの強い日に装着。普段はレンズプロテクター…という使い分けでしょう。


今考えると、列車内から車窓の外を撮るときとか、窓の反射を抑えたりするのに使えば良かったんだなぁ…。美祢線乗ってたとき、外してしまってたなぁ…(^^;)。


#ちなみに、自転車移動時の基本は、伸び縮みするストラップ装備で、使用時はだらりと延ばし、乗車中はストラップを短くして背中に待避させています。まぁ、それはいつものスタイルで…。

« Surface Pro 2も良くなった気が | トップページ | 音声認識でのツイートの仕方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/58453486

この記事へのトラックバック一覧です: カメラテスト:

« Surface Pro 2も良くなった気が | トップページ | 音声認識でのツイートの仕方 »