2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 珈琲を飲みに山口県へ(計画編) | トップページ | 珈琲を飲みに山口県へ(2日目) »

2013/10/17

珈琲を飲みに山口県へ(1日目)

13101601

珈琲を飲みに山口県に行く男の朝は早い。

まず経路の説明ですな。輪行なので自宅から西国分寺までは自転車で自走。そして5時頃に中央線で東京まで移動し、そこから新幹線「のぞみ」で広島まで。そこで「こだま」に乗り換え、厚狭(あさ)というところまで移動します。

そこからさらに「美祢(みね)線」に乗り換えて長門湯本というところで下車。この時点で12時過ぎの予定。そしてあとは自転車で移動して俵山温泉というところに宿を取り(予約済み)、そこをキャンプ地としてぉぃ、目的のブック・カフェ、「ロバの本屋」を目指す…というルートとなります。


電車の移動時間だけで7時間というところに加え、長門湯本→俵山温泉の自走区間が小径車で大体1時間…といったあたりも加えると、8時間の移動時間…という、文字だけで見るとくらっときそうですね。沖縄だって乗り継ぎが上手く行けば3時間あまりで行けるというのに…(^^;。

まぁ、そこら辺もなんとか楽しめるように…と、車内でテキスト内なりネタ出しなりできるよう、iPadminiキーボード付きを持つことにしたりしました。

基本旅の荷物は極力減らしたいので、MacBookAir11すら除外しましたが、7インチでもキーボードをつけられる。新幹線内、または宿でテキスト打つのに非常に便利…でしょう(^^;)。

そうそう。輪行なので荷物は極力厳選…というか、少なくしたかったところです。BROMPTONのSバッグに収まるようにはしたかったのだけれど、衣服がやっぱりかさばりますね。


できるだけ荷物をコンパクトに収めたかったのですが、カメラなど外せないものもあり、なかなか難しいところでした。一応、「ぱんぱん」とはいえSバッグとショルダーバッグ、ヒップバッグにすべて収まることとなりました。ほっ。


さて、出発当日。朝起きはつらかったですが、なんとか早起きして西国分寺に移動。5時ちょっと過ぎたものの、各駅停車で東京駅に余裕をもって到着できました。


できればここで駅弁入手したかったのですが、さすがに朝早く、入荷があまりありませんでした。あっても同様のことを考えていた旅行者も多く、行列だらけ。なかなか入手困難でした。

そうか、休みの東京駅の朝にはこんな光景が展開されているのか…。

…とか、実は予想していたので、職場近くの美味しいパン屋のチーズパンとか用意しておいたので、朝食は問題ありませんでした。バックアップは万全(^^;。

「のぞみ」の車内(そうそう、指定席です)は東京駅ではそうではないものの品川、新横浜で続々と乗客が乗り込み、満員に。やはり連休初日。朝早くでも多くの人が利用されますね。

まぁ指定席なので、ツラいことは何一つ無いですが、俺も旅慣れたものだなぁ…と思っていたら寝落ちしてました。気がつくと名古屋でした(^^;。

とりあえず広島乗り換えを間違えることだけはマズいので、以降は適当にiPadminiをいじくってました。しかし結構隣の目が気になり、作業効率は高くはなかったですね。あとリクライニングするので、台から遠い遠い。こういう時はラップトップの安定性がポイントになるのかも。

それにしても意外とJR東海も考えていて(?)、途中の駅近くて隣の席の人が立ち、お、席が空いたか?と思ったらすかさずそこの駅で次の乗客が乗り込んできて座ったり、となかなか効率よく席を配分してました。結局広島まで隣の席が空くことはありませんでした。ちっ(^^;)ぉぃ。

なるほど、JR東海が黒字なのもうなづける(^^;。

広島からは乗り換え10分でなつかしの500系なこだまで1時間移動。こちらは空いていましたね。

13101602

一応指定席を取ったのですが、がらがら。ちともったいなかったな。

あきあらかに指定席券持ってねーだろ…っておっさんが指定席列車内を行ったり来たりして座ってました(^^;。

だからってそのおっさんの荷物に、ストッパーがあまかったBROMPTON折りたたみがカーブの勢いでぶつかったのは、本当に故意ではありません(^^;指定席客としてクレームつけられないだろうとか、そんなことは考えてません。

で、こだまは途中の駅でのぞみの通過待ちをするのが徳山駅。数分止まるので、ホーム下り放題。


そういえば座りっぱなしだったなぁ…と大量の荷物を放りっぱなしでホームに下りて、車体を撮ったりぶらぶらしてました。その時、ふと外を見ると目の前が港で、漁港…ではなさそうでしたけれど、探せば海の幸の美味しい食堂くらい簡単に見つかりそうなすてきな場所。

13101603

ええやん。

うっかり途中下車しそうに(^^;。


そしてそろそろ出発時刻という頃に乗車して待っていると…うんともすんとも言わない。いや、アナウンスが入りました。

「追い越し予定ののぞみが遅れている模様」

結果、3〜4分の遅れになりましたが、そういえば美祢線の乗り換え時間は?乗り換え案内とかで確認すると、時刻表上は7分の乗り換え時間。そこから遅延時間を差し引くと…乗り換え時間ないやないの!?

そうすると…と、次の長門湯本に向かう美祢線のダイヤは?…と時刻表を確認すると、1時間以上後。どないせーと!?


…ってまぁ、予定の無い旅をしているんだから、それくらい厚狭で時間をつぶしてもいいか…と思っていたら、「厚狭で美祢線に乗り換えられる方、時間が遅れておりますが、美祢線は乗り換えをお待ちしておりますので、ご心配なく」とのアナウンスが。

…乗り換えないわけにはいかないなぁ(^^;。

厚狭に到着し、じゃぁ早速乗り換えを…と思って新幹線ホームに降りて、ふと駅南側に目をやると、そこには絶望の光景が。

水田しかない。

新幹線って時々、「どうしてこんなところに駅をつくったの?」ってくらい周りに何もないところに駅があったりしますけれど、こ、こんなところで1時間以上も時間、つぶせないよ…ってか、駅前、楽しめないじゃん!?…ってところで、ぞっとして慌てて美祢線に乗り換えようと急に必死に(^^;)。


ただ、新幹線下りても美祢線の切符を買うところが無い。

周りにいる人たちは地元の人たちばかりらしく、駅員がせかすのを聞きながらわらわら美祢線の方に走っていく。ああ、慣れてるなっ!?


しかしこちらは初めての土地。慌てて「切符は、切符はーっ!?」と駅員に聞くと、「ともかく乗ってください!切符は車内で買ってください」なんじゃそりゃー!と叫びたかったところですが、まぁどうにかなるだろうとともかく急ぎました。

美祢線ホームに着くと、なにやら懐かしい感じが。あれ?…と思いながら美祢線の1両編成の列車に飛び乗ると、どこかで見たような光景が…。

あ、ひたちなか海浜鉄道の湊線だ。

…ってか、ワンマンカーだ。整理券取って、下車時に車内清算するアレだ。

なんだ、そういうことか。ならわかるわ。かの湊線での経験が、ここで活かされようとは(^^;そういう話か?。

…しかし駅員の「車内で切符買ってください」という説明はあっているんだかどーなんだか(^^;いやいいけど。

さて、そうなると美祢線。地元の方に失礼な言い方になってしまうかもしれないけれど、ともかくローカル線で周りの景色とか楽しみたいところ。

しかし車内に入って愕然。みなさん、すぐにカーテンをお閉めになる。

その日は日差しも強く、路線上、車両のどちらからも日が当たる感じ。カーテンを閉めて、みなさん本やら参考書とか出す始末。ああ、時間が大事なのですね。いい事です。でも観光客にはたまりません(^^;)。

車両前方、あるいは後方から進行方向(逆方向)の車窓を楽しむという手もありますが、しかしBROMPTPNをかかている身。行動に制限があり、なかなかそちらに立ち寄れません。

カーテンをちょこっと押しのけ、そこから限定的に見える風景に目をやるのが精一杯。うーん、残念(^^;。まぁそれでも結構楽しめましたが。

美祢のあたりはなんですか、あの巨大煙突は。一瞬「オネアミスの翼」かと思いましたよ(^^;。

13101604

なにやらわけのわからん建造物もあるし…。撮り甲斐があるなぁ。

13101605

まぁ、車内の見通しがよかったら、あっちこっちにカメラ持ちながらうろついていたので、逆にカーテンあって迷惑かけずにすんだかも(^^;。

そんなわけで長門湯本に到着。

大体7時間、2時間くらいは寝ていたので体感5時間くらいの旅(^^;。とはいえ、結構あっという間でしたね。

13101606

長門湯本から去っていく車両を見送りふと後ろを振り返ると…誰もいねぇ。さっき数人降りなかったか?…って人たちもいつの間にか消えていた。

そして長門湯本駅前。周りにだれもいねぇ。

13101607

孤独…圧倒的孤独。

このときばかりはさすがに「なんてところに来てしまったんだ…」と若干後悔の念が…(^^;なんか以前、湊線の某駅でも似たような感覚を…。

とはいえ、JR横須賀駅だってさみしいところにあるんだし、ちょっと移動すれば人もいるかも。そそくさと、BROMPTONを組み立てて、とりあえず長門湯本の繁華街を探してみました。

考えてみればお昼。腹ごしらえをしたい。

すると確かに長門湯本の温泉街があり、なかなか良い雰囲気。ただ、お昼はなかなか人がいなさそうで、その人達目当ての食堂とかなかなかない。

13101608

…ここの温泉街に逗留している人たちは、お昼はどうしているのだろう?


結局、ちょっとあたりかはずれかわからない食堂で日替わり定食を頼みましたが、個人的にははずれではない感じ。量は少な目なものの自転車を漕ぐ身としてはありがたい。さらにリーズナブルでそこそこ美味い。考えてみると瀬戸内の方からかなり内陸に入り込んだ気がしていますが、日本海側には数kmという距離ですから、刺身がうまくないわけもないのですな。結構満足したりして。

で、せっかくなので見た目派手な街湯が近くにあったので、寄ってみた。200円とリーズナブルだし。

13101609

もっとも、見た目は派手だけど、中は普通。

他と違うのは湯船が深いので、こっそりストレッチしやすいというかなんというか…。これから10数キロ程度とはいえ、上り坂を走る身としては、体を温めつつほぐすのにちょうど良かったかも。泉質も良い感じでした。肌で見分けられるものではないですが(^^;。


さて、いよいよ移動の本番の自走として、俵山温泉に向けて坂道の登り始めました。知る人ぞ知る山王峠ほどの高低差もないし、角度もキツ苦はないのですけれど、ゴールまでの距離を体感できないというか、距離感がないという点でキツいですね。

13101610

まぁ、インター8装備のBROMPTONに、それなりに重量のある荷物をフロントバッグに備えて重心が前に来ていたりするので、弱音をはくのもどうかと思いますが(^^;、それでもこういう時は誰かと一緒だと心強い。

移動の中で精神的につらかったのはこの行程だったかも(^^;輪行常連としてどーよ、その発言。

ともあれ、1時間ちょいでとうとう俵山温泉街に到着。

13101611

日はまだ落ちてなかったし、大した自転車走行距離じゃない。新幹線でゆったり座れたので、それほど体も疲れていない…ものの、とりあえず今日は「ロバの本屋」に向かわず、宿に行って移動は終了ということにしました。


で、いまいち俵山温泉のシステムを理解していなかったのですが、確認すると外湯オンリーな温泉街のようですね(一部内湯のある宿もあるようですが)。ただ、その外湯が2カ所しかないのが、草津とか行き慣れた身としてはちょっとつらい。

その外湯は「町の湯」と「白猿の湯」とあるわけですが、各々入浴券を買わなければならないのですが、宿泊者専用の1日入り放題の手形を入手しました(まぁそれも有料なんですが)。

とりあえず近場の「町の湯」に行ってみると、いい感じの掛け流し温泉でした。なんか…入っていると「効いてるな…」と感じるような泉質(^^;だから見分けられないんですけれど。

ただ、それだけ効能があるのか、地元の人御用達という感じというかなんというか、時間帯的に混雑することも多いようなので要注意かも。

それでもぬるめなので、30分以上つかっていい気持ち(泉質的にはつかりすぎ(^^;)。

あとは宿で晩飯。

金額的なこともあり、ヘルシーコースという食事少な目コースで頼んじゃったので「物足りなくなっちゃうかな…?」と心配していましたが、意外なことにちょうど良い量。…歳か?(^^;

それに美味いし。うーん、美味しくても普通のコースだったら、量的にマジで食いきれなかったんじゃね?

ちなみにこの時はお酒が入らなかったのですが、この先の記憶があまりないんですよね。

夜の温泉街の写真は撮っていたようです。記録が残ってますので。

13101612

ただ、手形に他に温泉は行った形跡がないし、なんかテレビを見た記憶があるんですが、なんか撮影と時間が前後するような…。

時間的感覚がおかしいまま記憶が…。なんか移動時間で気づかない内に疲れて、いつかの時間帯で寝落ちしたのかもしれません。

夜中の12時暗いに一度起きて、歯磨きし直して寝たような記憶もありますが、まぁ、そんな初日でした。

« 珈琲を飲みに山口県へ(計画編) | トップページ | 珈琲を飲みに山口県へ(2日目) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/58399161

この記事へのトラックバック一覧です: 珈琲を飲みに山口県へ(1日目):

« 珈琲を飲みに山口県へ(計画編) | トップページ | 珈琲を飲みに山口県へ(2日目) »