2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« アイディアをまとめるノートは? | トップページ | X VARIOの使いこなし方 »

2013/09/24

カメラの使い方

13092301
悩みに悩んで、結局購入してしまいました(^^;。

本当はアラカルトとか始めてもらって垢抜けたカラーリングのカメラにしたかったのですが、期間限定で低金利ローンキャンペーンをやっていたので、それにのっかって…(^^;またそれか。


あらためて説明すると、レンズの暗さ、レンズ一体型の割には思いの外のデカさが色々と取りざたされているカメラなんですが、ショップで実際に手に取らないと、使ってみないとわからないポイントがあります。

手のフィット感が非常に良い。

散歩カメラとしてたすき掛けしてもそんなに重くなく(ストラップ次第かもしれませんが)、いざ撮影しようとしたときに手に持った時のバランスの良さ。

慣れてくるとマニュアルフォーカスも気軽に使え、非常にしっくりくる「お散歩」カメラです。多少慣れや設定(後述)も必要ですけれど、「撮影」を非常に楽しくしてくれるカメラです。


問題点もあるんですけれどねー。あくまでおいらの視点ですけれど、個人的には今のところ以下なあたりが問題でしょうか。

1.右にあるカーソルボタンが、レリーズ時に右手親指付け根付近で押してしまい、余計なメニューが出てしまう。あとなんか決定ボタンがへんなところにあり、撮影中に複数の設定を変えるのが面倒。

2.デジタル水準器が無いので水平が取りにくい。アクセサリシューになにかつけたいところだけれど、おいらの場合はEVFが鎮座ましますので、無理。

3.メニューが細かい…ので、プロファイルを使いこなしたいのだが、登録したプロファイルはメニューで呼び出さないといけない。(深い階層に居るわけでもないのでお手軽だけれども、他のカメラのモードダイヤル切り替えよりは面倒)

4.DNGのみのモードがない(必ずDNG+JPEGになる)。また、DNG圧縮モードがない。なのでDNG記録を使用すると、SDカードの残量の減りの早さが半端無くなる(M9とかでは圧縮すると8MBくらいになるのに、こちらだと無圧縮で45MBくらいになる)。

5.動作が重くなることがあり、シャッターチャンスを逃すことがある(特に暗いとき)。

6.EVFを含めると、エラい値段になる。(…買ったけれど)

1.2.3.あたりは慣れればどうにかなるかなぁ。4.はちょっと撮影枚数に関わるので、どうにかして欲しいなぁ。

5.はAFセンサーや露出センサーが暗さに負けて迷いまくるような動作の模様。なので、そのあたりマニュアルに設定するなどして工夫して乗り切ることも可能は可能。

6.は…ねぇ(^^;)。

あとはちょっと起動が遅いところですか。なので、もう常に電源ONで、オートパワーオフを長めに設定しておいて、撮影シーンでは常に電源ONにしておこうかな…と。電気食いそうですけれど、EVFで多少は節約できるのではないかと。あと、予備バッテリーを準備…と。


そして一番の問題…と言われてしまうのがレンズのF値が3.5 〜6.4 といったところ。撮影画素がAPS-Cサイズなのでそこそこボケるし、ISOを1600くらいにしてもそうノイズがでないので、ISO値を上げて撮影の幅を広げないといけないかも。

手ぶれ補正もあまり有効では無さそうな感じなので、ISO設定をいかに使いこなすかがこのカメラのキモかも。

ただ、できるだけISO3200以上は避けた方がいいなぁ…。場合によっては、モノクロにしてごまかしてもいいかもしれないけれど、


ともあれ、最初に問題点を挙げてしったけれど、慣れで克服できそうな感じだし、実はもうすでに結構楽しんでいたりする。

普通のカメラであればキヤノンやニコンのそれと同じく、プログラムモードで遠景モードなり人物モードなり設定して撮影するものなのだろうけれど、こちらは単純に絞り、SS、ISOあたりをシーンによって切り替えて対応できる人向けというか、即座にそちらの設定を思いつく人向けっぽい。

13092302場合によってはAFがあいにくいシーンにさくっとMFにするとか…ね。

右の写真なんか、手前の葉に邪魔されず、猫にピンが合わせられるしね。

オートもそこそろきっちししているけれど、即座にマニュアルにして自分好み、あるいはその場に対応しやすい設定に変えられる臨機応変さ…といったところがこのカメラの面白いところか。

マニュアル設定にできるデジカメは他にもあるだろうけれど、各ダイヤル・リングにその設定が書いてあるんだから、視覚的にも直感的だし、使いやすいったらない。


13092303まぁそれでも本当に暗い、外灯が一個しかないシーンはどうしようもないけれど。こんな感じでツブれてしまうわけですが。

13092304RAWで撮って後で現像すると、これくらいまでには加工できるけれどね。

しかし撮影時から安心できるよう、F値1.4のD-LUX6もあるわけで、そちらをバックアップに持ち歩く…というのも良いかも。

13092305と思って、早速D-LUX6のネックストラップを取り外し、ハンドストラップに交換済みです。ホールドしやすいようにグリップ装備で、レンズキャップも自動開閉。取り回しし易いよう、筐体をコンパクトにすべく、あえてEVFは取り外し。…なんか武器のオプション設定みたい(^^;。


そんなわけで、カメラブランドでありながらズームを装備しつつ、マニュアル操作も楽しめて、暗いところもカバーできるフットワークのよいカメラ装備というのができるようになったわけ。

ストイックに、あるいはボケ味勝負というときには単焦点のM9で…とか、選択肢が増えて楽しいな(^^;。


#余談ですが、箱がものすごく豪華。写真撮るのもおっくうになるくらい豪華な造り(^^;なんじゃそりゃ。

…この部分、簡素化して安くしてもらえなかったのだろうか?(^^;)ぉぃ

おまけにかさばるので、家の置き場に困っています。ただ、収納ボックスと考えると便利です(^^;)どっちやねん。

« アイディアをまとめるノートは? | トップページ | X VARIOの使いこなし方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/58251699

この記事へのトラックバック一覧です: カメラの使い方:

« アイディアをまとめるノートは? | トップページ | X VARIOの使いこなし方 »