2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013/09/30

デジカメ写真を無線で飛ばす

Leica X VARIOの特色の一つとして、無線LAN対応SDカード対応が挙げられます。

もっとも、他のカメラにも同様に機能はあるわけですが、ライカで正式対応はあまり覚えがない…あったかな?

まぁとかく、メニューで普通にON/OFFできるのであればバッテリーの消費もコントロールできて便利であろう…とFlashAir16GBのをためてしてみました。

撮影して一息ついたところでiPhoneに転送、Twitterなどで送信する…といったところが比較的快適に行えます。ちょっと懸念していた転送速度も、かなり高速で問題会りません。

勿論iPhoneで撮ってShareした方が早いのでしょうけれど、柔軟な撮影のできる専用(?)のデジカメの方が何でも意図的に撮れるあたり、そちらをShareできる方が便利です。

これはもっと普及すべき機能のような気がします。

まぁ、たいがいはスマホのカメラで済んじゃうんでしょうけれどね(^^;。

iPhone5sを選ぶ理由

レビュー
ライフスタイルを彩る「5c」、未来を映す「5s」:どちらも期待を裏切らない“正統進化”――林信行の「iPhone 5c/5s」徹底レビュー (3/4)

ここら辺を読むと、iPhone5sが欲しくなってくるんだよなぁ。

ただ、同時に、まだ対応アプリも無いだろうから、そんな急がなくてもいいよね…とも思ったりするわけで(^^;)。

2013/09/29

ニッチすぎるリクエスト

X VARIOは不人気なんだろうなぁ…。こんなに撮影が面白いカメラ、無いのに(^^;俺だけか?。

ただ、それでもぜひライカさんにはひよっていただいて、がつんともっと明るいレンズ版を出していただかないと。

んー…、でもデカくなっちゃうのかなぁ?

なんだったらこの際、単焦点でもいいですよ。50mmF1.4でフルサイズ…が難しければ、APS-Cサイズでも50万切れば。

いや、その場合はとことんコンパクトにしてもらえるといいかなぁ。フットワーク軽く、ズミルックスの撮影できるっていいじゃない。

まぁでもX2くらいの大きさになるのかなぁ?で、EVF装備可能。MF萌え萌えですな。

…どこでも行けそうな気がする…(^^;)何がだ。

…ぜひ、X3あたりで…(^^;。

高低差を考える

なんだかんだでいよいよ来週に迫ってきた俵山温泉旅行…じゃなくて、「山口県に珈琲飲みに行く」旅行(^^;。

最近、やっとこさパンク修理を行ったS2Lで軽く流すと、その軽さから、やはりどこでもこれで走ってみたいなぁ…という気持ちもわいてくる。

ただ、なんで軽いかっつーと、2速というギヤ数も関係している。ちょっと登坂能力に難ありなので、走行先の高低差は問題になってくる。どうやって調べよう?

そこでTopoProfilerというiOSアプリを見つけた。任意のルートの起伏をグラフ化してくれるらしい。

そこで最寄り駅から俵山温泉までの高低差を測ってみると…209m!

調べてみると「山王峠」よりは楽らしいのだけれど、これだったらインター8装備の方で走るしかないよなぁ。


それよか、厚狭から俵山温泉の距離を測ったら、40km程度で高低差が150m程度で収まるらしい。

…2時間程度で行けるんじゃね?のんびり3時間かけてもいいやなぁ。でもローカル線乗るのも楽しそうだし…。往路復路で考えてみるか(^^;。

2013/09/27

光陰矢のごとし

そろそろ11月のスケジュールも考えておかないといけないな。

11月といえば…「実りのフェスティバル」と「サイクルモード」といったところか、

…月日が経つのは早いな…。

こりゃ12月も…はっ!?DFR.さんと打ち合わせないとっ!?…ってか、実行可能なんかっ!?(謎)

#考えてみれば11月も大概DFR.さんと一緒か(^^;)。

油断大敵

考えてみると、俵山温泉旅行も「再来週」ということか。月日の経つのは早いな。

…ってか、この調子だと冬コミも…。

いかんいかん、原稿を!原稿を描かねば!

コミケ終わってまだ1か月…って油断してる場合じゃねーっ!

#最近は筆圧検知スタイラスにハマり、iPadで習作ばかり描いております(^^;)。

2013/09/26

圧倒感を感じるところ

「半沢直樹」を最終回にして初めて見た。

面白いといえば面白いけれど、本当に最終回しか見てないので、さすがにストーリーがわからないので、役者と演出の気迫に飲み込まれた感じか。

個人的にはそれよりも雨のシーンが印象深い。ずぶ濡れの半沢の肌を伝う雨粒が細かい細かい。

被写界深度が浅いのか、ぼかしエフェクトを入れたのか良くわからないけれど、より強調されたこともある。初めて地デジでハイレゾの圧倒感を感じたシーンでもあった。…個人的に(^^;)。

まぁ常に圧倒感を突き付けられても疲れるだけなので、要所要所でそういう描写の圧倒感を醸し出して演出にうまく使うべきなのだろうけれど、今回のドラマはそういうところも上手かったんだろうなぁ…。

…最終回しか見てないけれど(^^;)。

X VARIOの写りは?

以前から書いているとおり、撮影を楽しくしてくれるX VARIO。

ふと思うのは、ライカMにズーム機能がつくと相当楽しくなるんだろうなぁ…と。そういうレンズはでるのだろうか?(Rレンズがそれなのかもしれないけれど)

ただ、コンパクトなのが好きな身としては、当面X VARIOで楽しめそうです。大体もうお金、無いし(^^;。


続きを読む "X VARIOの写りは?" »

もろ刃の剣

実写版パトレイバーが始動しているのだとか。ただ、現時点でおいら、あまり情報無いなぁ。

まぁ、何か実際のCMとかPVとか見てからの判断しますか。オリジナルストーリーでも全然問題ないですよ。

ただ気になるのが、監督が押井守監督ということ。もっといえば、それでありながらパトレイバーそのものが比較的旧デザインの流れっぽいこと。

押井監督、アニメ版のレイバーのデザインを相当嫌っていたので(実際に動くロボットだとすると、破たんしたバランスになっているとかなんとか)、「止めて魅せる」方に心血を注いでいた気が…。

押井監督なりのコンセプトでレイバーをリデザインしたら、それを動かしまくる気もしないでもないけれど、今回はどうなんだろう…?整備室+レイバー隊員控室での会話劇に終始してしまいそうな…(^_^;)。

押井監督って実写だと、そんな感じの前科、持ってなかったっけ?(^^;)

まぁ、結果的に面白ければ、おいらとしては文句ないですが(^^;)個人的にはアバロンとか好みだし(ただ、実写作品全部は見てないので…)。


#そういえば昔、押井さんが文章とかコンセプトとか書いて、デザイナーがそれをデザインしたカラーの本があったような気が…(ロボットはそう多くなかった気が…)。

なんか見返したくなるな(^^;)。どこしまったかな…。

2013/09/25

X VARIOの使いこなし方

M9は圧縮DNGで記録するのが流儀だと思っています。あまりJPEGダイレクトで撮るのが自信のない写り。後で現像して自分好みにすべきでしょう…と。

ただ、X VARIOやD-LUX6はJPEGのみの記録も行っています。エンジンが結構いい感じなので、そうそう白トビ、黒ツブレしないので、JPEG撮影でも信頼がおけそう。

あとでCameraRAWで補正しても結構イケるんですよ。RAWの方が良かった…というシーンが余り無いんですよね。

ただ、X VARIOはライカらしさを追求しすぎているのか、若干カラーがモノトーンに近いところがあり、シーンによってはつらい。個人的にはもう少し彩度が高くてもいいかな…と設定を調整してあります。

そのくせ、たまにはモノトーンで撮りたくもなるので、そういった設定を切り替える必要があります。

そういうのに便利なのがプロファイル設定。モードダイヤル式のカメラだとダイヤルでその設定が呼び出せるようですが、X VARIOはメニューで選択しなければならないのが少々面倒。ただ、普通に設定変えるのよりは相当やりやすいので、そちらを使いこなそうと工夫中です。

とりあえず普通に彩度高めのJPEGを撮影するプロファイルと、モノクロで撮りながら、あとでRAWで設定も変更できるプロファイルと設定しています。

登録プロファイルはあと2つ。何を設定してやろうかな(^^;。


そういえば暗いシーン、ISO値があがるとなぜか彩度も低くなるのがつらい。

高感度設定ながらフィルム設定がビビッドというプロファイル設定も用意しておこうかな。

2013/09/24

カメラの使い方

13092301
悩みに悩んで、結局購入してしまいました(^^;。

本当はアラカルトとか始めてもらって垢抜けたカラーリングのカメラにしたかったのですが、期間限定で低金利ローンキャンペーンをやっていたので、それにのっかって…(^^;またそれか。


続きを読む "カメラの使い方" »

2013/09/23

アイディアをまとめるノートは?

アイディアやメモを書き留めておきたい。


ある時いきなり思いつくのはいいけれど、そのまま忘れてしまうから。どんな大事だったり、画期的なアイディアだろうと、おいらの頭の中ではすぐに忘却の彼方に去ってしまう。「その他の考え」と「記憶」と平行して行えないから。

なので当然紙の手帳あたりを用意したいところだけれど、なぜかそれはそりが合わなかった。最近になってようやっとiPhoneやiPadはなんとか相性良く使用している。

特にテキストについては共有(同期)の面で重宝している。


しかし絵的なイメージは?

キャラデザとか、なんか絵的なイメージもスタイラスで手書きで書き留めておきたい。

勿論、iPhone/iPadいずれも機能的にそういうことは可能だけれど、いずれのデバイスでもデータ共有(同期)という条件がつくと、意外と選択肢が無いのが困る。うーむ。

ちょっと自分のデバイスにインストールされている具体的なアプリを挙げてみよう。

・ADOBE Ideas
まずアイディアをメモるのに最適ながら、レイヤー機能まであるのがイメージ書き取り用重視で考えると非常に重宝する。
その他比較的条件をクリアしている。テキスト入力は…手書きでいいか(^^;)。
ただ、実はそうしてすでに愛用はしているのだが、ノートのようにページをまとめられず、アイディア豊富になるとファイルの収集が付かない…という欠点がある。
せめてフォルダでまとめられるようになると良いのだけれど。

・Note Anytime
これも悪くない。普通の使い勝手の部分では、ちょっと同期が重いかな、といったところ。写真をその場で撮影・貼り付けるレポート作成のようなこともしている。
ただ、「マーカー」があるといいんだけれどなー。黒い線を残したまま、上塗りできるマーカー。これがないと、カラーイメージの絵が描けない。まぁなんか工夫の方法があるのかもしれないけれど。

・Penultimate
Evernoteを利用して同期するメモ帳で、iPadで使用する限り、さくさくメモ書きできるので、気軽なメモに使用している。
マーカーが無いのと、iPhone用アプリがないのが不満。ただ、「見る」だけなら、Evernoteから見ることが可能なので、ビュワーとして使うならあまり問題にはならない。

・NotePad+
機能的には結構良いのだが、同期機能が無いのがつらい。

・MUJINOTE
以前は結構よく使っていた。しばらく使わない間にDropBox経由で同期出来そうだったけれど、そういった動作ではないみたい。


うーん、なかなか決定版がないなぁ…と記事を書いている最中、アップグレードでiCloud対応を果たしたアプリがあった。


・Notability
機能的には色々あって、プリセットカラーしか使えないという不都合があるけれど、問題はそれくらいか?
色々メモるには結構用途的に良いかも?
ほとんど使用していなかったので、これから色々試してみないとわからないけれど、これが決定版とかがいいなぁ。


…いや、模索するのも疲れるので(^^;)。

2013/09/22

Don't think! Feel!

最近、なにやら悩む時間が長い。

まぁ多くは家で「ぼーっ」としている時間なのだけれど、それでも仕事とかメール・書類作るときもなにか考えるのに妙に時間がかかっている気がする。以前はもう少してきぱき考えていた気がするのだけれど。

なんかストレスのせいだろうか?

悩むくらいならばしばし「動け」ばいい気もするのだが、それがなかなか…。

創作でもそう。

ただ、創作に関しては腕を動かしたからって自然に絵が出来上がるわけではないし、頭の中でイメージがある程度できていないとねぇ。頭のやる気も必要なのよ。

漠然としててもある程度筆を走らせ、実際に紙の上の線を目にしてだんだんとフィードバックされてイメージが固まるということもあるけれど、そこでも悩むしなぁ…。

…いよいよ限界か?(^^;単なるスランプか?

2013/09/21

まだ無いよね?

カラーの電子ペーパーなタブレット。

絵描きの際に資料参照として7インチタブレットとか表示させっぱなしにさせておくのだけれど、普通のタブレットならそれで電力食っちゃうよね。

電子ペーパーなら表示しっぱなしの場合、電気を使わないから、そういった用途にはいいのかなぁ…と。まぁ、バックライトのようなものがあれば同じだろうけれど。どうなんでしょ?まだこれといったのが出てきていないから、なんともいえないなぁ…。

#調べたら海外製があったけれど…まだ手を出さない方がいいみたいだなぁ(^^;)。

いよいよ…

Winでテキストエディタを使っているとき、任意の文字を消そうとその「文字の左」にカーソルを持っていき、「Delete」キーを押して「右の文字」を消してしまう。


ああ、俺もいよいよマカーか…ぉぃ。

2013/09/20

創作の仕方

珍しく、…まぁ軽く…なんだけれど、喫茶店でおいら、マスター、お客の数人で創作の話になった(^^;なんでや?

それもなぜかおいらの同人誌が中心(^^;輪行日記とか。

おいらの描く本は女性キャラを主体としている。「でもこのエピソードって実体験でしょ?」と鋭い指摘のお客様。

実際その通りで、しかしそのまま野郎キャラ…というか、今までのケースだと俺というおっさんが話の主人公になると、売り上げが段違いに悪い。

「でも旅の思い出を描いているんだし、その本人が本人を描いた方が面白いはずだよ〜」と言われた。

その時は「輪行日記」とかしかなく、だったら「孤独の輪行」かなぁ…という時になぜか電子データも無い。そのとき提示していたら、どんな評価を受けていただろう?


まぁ、実は個人的にも「孤独の輪行」も面白いんだけれどね。「読んだ人」にも評価が高い。話考えるのも楽だし。楽しいし。

ただ、クリエイティブ側からすると大きな欠点があって、描いていて楽しくないんだよね(^^;女の子描きてぇよ。


で、先のお客さんの話を続けていけば「“吉田類の酒場放浪記”のようにすればいいのに〜」とのこと。

なんじゃそりゃ?と調べてみるとBS-TBSでやっている10年続いている番組なのだとか。それも、ただひたすら飲み屋でダベるだけの内容だとか?(間違ってたらご指摘を)それで10年とは…。まぁいずれにしてもBSじゃ見られないけれどね(^^;。


まぁ…なんか企画考えてみるか。長く続けていれば、何か実るかもしれない。

「孤独の輪行」でいいんだろうけれど、「孤独のグルメ」のパクリだから、もう少しオリジナル色を濃くしたコンセプト・展開に…難しいな(^^;。

メインで作成する本は女性キャラ主体にしても、ちらちら作っていくか。…となると、おいらが出てくるのはレア…ってことになるなぁ。…我を崇めよぉぃ。


#とはいえ10年、Blogも続けているけれど何も芽が出ないぞ?(^^;)

新iPhoneは?

とりあえず新iPhoneへの機種変更はスルーです。

一応auから11月末まで10,500円引きのクーポンは届いたけれど、それまでに5sは潤沢になっているかのう?(まぁ無くても予約すればいいのかもしれないが)

おいらが買うなら5sだろうけれど、切羽詰って(?)欲しいというほどの切迫した心情には至っていない。

まぁ、なんとはなしに「64bit」ってのに惹かれはするけれど、別に携帯デバイスに果たしてそこまでのスペックは必要なのか?…という気がするし(とはいえユーザー側にはデメリットも無いと思うけれど)。

まぁ、お絵かきデバイスであるiPadではメモリ幅が…増えんの?大容量データを扱う面で恩恵がありそう。

ともあれ、新iPad待ちというところ。

やっぱりiPadminiでのお絵かきはキツい。大きさ、メモリ的に。まぁiPad3もなかなか使いこなせていないけれど(^^;)。

2013/09/19

旅に出ます 探さないでください

こっちに書きましたっけ?

10月の連休中は山口県に珈琲飲みに行ってきます。

ついでに俵山温泉につかってきます(^^;)。まぁ、そんな酔狂なテーマなので、一人旅で行ってきます。

一人旅自体は今までも何度かしてはいるんですけれど、「新大阪以西の新幹線を使う」「1時間に1本しかないローカル線を使う(美弥線)」あたりが、ちょっとびくびくもんです。勝手の知らない土地というのもあるし。

いやまぁ、沖縄に住む前に沖縄一人旅もこなしたこともある身ですので、なんとかなるのではないかとは思ってますけれど、ついうっかりSuica差し出しちゃいそうだなぁ(^^;)。

それに山口出身の某氏には「何もないところだけれどいいの?」と言われたところだけれど、他の方には景色のいいところと聞いているので、のんびり写真を撮りに行くつもりで行ってきますよ。

そう、今までの輪行等旅テクニック総決算的な旅として、「のんびりしに行く」というのがメインテーマ。


珈琲飲んでまたーり山口。


…なんとか無事に帰ってきたいと思います(ちょっと曰くのある場所にも行くので…)超謎。

久しぶりにやっちまったなぁ…

Jawboneのヘッドセットをシャツのポケットに入れたまま、洗濯してもーた。

洗濯前、なーんかシャツに重みを感じたので「変だな」と思ったものの、ポケットの多いシャツだったのでチェックしきれなかった。

いや、まいった…。結構高かったのに…。ヘッドセットが無いと不便なシーンもあるし。

ただ、Jawboneならではの機能を活かしてなかった。代替になにか安いものでも入手するか…。はぁ…。


ちょっとヘコ。

2013/09/18

そういえばSFってなんだっけ?

今年になって原稿一つ完成させていない口で何を言うのか…と思われるかもしれないが(^^;、なんかSFっぽいもの描いてみたいな。

もっとも、基礎知識も無ければ、画力も無いけれど(^^;)。

基礎知識。例えばファンタジーとかだと「エルフ」とか「ドワーフ」とか日常会話に登場しない単語ながらも、何を指し示すのか知っていて当然的な「前提的な設定」とかあるでしょ。これが全然わからんので私。だからハリポタとか全然興味ないというか、引き込まれない。ファンタジー的なのはちょっと自分で作るのは難儀だなぁ…ともう。


ただ、SFはまだなんとかなるのではないか…と。

ゲームは下手だけど、運転免許を持っているのでカーレースゲームだけはかろうじてできる…的な?(^^;)ぉぃ

まぁ、…アイディアの一つもないけれど(^^;)。

…というか、何をもってSFってーのかな?

一応「涼宮ハルヒの憂鬱」もSFの内か?

日常の中のSFではなくて、ブレードランナー的な…こう…なんか。いや、別に世界観がどうのこうのではなく、「今」「地球」ではない何かを描いてみたいなぁ…。

何か「ファンタジー」っぽくないSFを…。ま、あくまで漠然とした欲求というだけの話ですが(^^;。


#そういえば以前、軌道エレベータ(それもナノカーボンワイヤーだけの、外装ないタイプ)の保守員とかいう設定とか思いついたなぁ…。地球と宇宙の狭間で…的な?

設定を思いついただけで、その先進まなかったけれど(^^;。

2013/09/17

CCの恩恵は?

そういえば結局、AdobeのCCに申し込んだんだった。CS6ライセンス使って、1年間は2,200円/月ですべての機能使えるやつ。

ただ、まだ何一つインストールしてやしない(^^;)。

加入したからにはDreamwaverだけでもインストールしてWebページ整備環境を整えないと…。

その他に、CS6からバージョンアップした方が良いソフトって…あるのかしらん?AdobeIdeasにデータを渡せるソフトがあるなら使いたいけれど…。
※iPad上で動くIdeasはPC側にデータを引き継ぐことは可能でも、逆は出来ない。


あと、今作成中の原稿はCS6で作成してるし、途中でツールのバージョン換えるのも怖い。

まぁ、違バージョンインストールして置けるから、一回データバックアップ取って試してみれば良いのかもしれないけれど。

絵を描くのに良いアップグレードになっていたらいいんだけれどなぁ。

考えてみればIllustratorCS6から64bit版になっているけれど、すぐだったからこなれていないプログラムだっ
たかもしれない、CCにした方が良いかも?…ってのは考えすぎか(^^;)。

印刷所にはPDFで入稿するようになり、あまりAdobeツールのバージョンは関係なくなってきた…はずだし…。どうなのかな?

2013/09/16

顔と名前とエピソード

101回死んだエンジニア
〜何回繰り返せば答えが見つかるのだろうか。そして、何かをつかめるのだろうか〜
実は私には致命的な弱点がある

そういえば何かのテレビで見たけれど、人が顔を認識するにあたって「それが“顔”だ」と認識する脳の領域(というか、その役割を果たす脳細胞)があるらしい。

そこに損傷を受けると目で顔は見ていても、目や鼻や口があると認識もできるのだけれど、“顔”と認識できない。そのため、表情も読み取れず、人の感情がわからなくなってしまうらしい。イギリス人かどなたかの実例として紹介されていたような。

障害なのだけれど、なかなか理解されていない苦悩の話だった。

リンク先の記事はそこまでの話ではないと思うけれど、また記事にコメントをしている人もどうなのかな?

まぁともあれ、おいらがこの人たちにどうこうということではなく、おいらも負けず劣らず人の顔と名前を憶えないですよ…と(^^;ぉぃ。


ただ、最近自己分析してなんとなく思うところなのは、「顔と名前とエピソードを関連付けて覚えられないor思い出せない」のではないか…というところ。

物事とかは結構細かいところを覚えていることがあるのだけれど、ただ、記憶同士を関連付けて覚えられないor思い出せな…と。

例えば、誰かとどこかで会ったというのはわかる。どこというのは思い出せる。ビジュアルとかも。ただ、そこで誰にあったのかは関連して覚えていない。そもそもそこにいた人のビジュアルを思い出したとしても、その人の名前を関連して思い出せない。

逆に人の名前を聞いても、どこかで聞いた名前だな…と、名前に関連した情報を思い出せないわけ。


まぁ旅行のエピソードくらいは大体行くメンツは決まっているので、不便はないんだけれど(^^;)。

ただ、全然関係ないところで偶然あった人とかは、後で結構思い出せないんだよなぁ…。


まぁ…脳って不思議だね…ってお話(^^;)ぉぃぉぃ。

物欲のせめぎ合い

注目されていないカメラに惹かれる

この記事の続きを書いてみる。

繰り返しになるけれど、「資料写真を撮るカメラ:EOS Kiss X3」でじっくり画的な写真を撮るのが難しい(パラメータをエディットするのに手間がかかる)。「趣味的に写真を撮るカメラ:M9」では資料写真を撮るのが難しい(単焦点)。

コンデジではボケ味を出したい時に間に合わないし、ちょっと動作が緩慢。

不満だらけ…ということではなく、利点を活かした使い方をしているにはしているけれど、そういうシーンでもつい違うシーンに出会ってしまうと困ってしまう…という話。


で、要するに画質も良く、オート・マニュアルをシームレスに使えるカメラが良いわけで、それらが比較的バランス良く入っている「ライカのカメラ」のライカX VARIOが気になっちゃうということ。

例えば「資料写真」に必要な機能として「連射」機能がある。

単に連写するのではなく、角度を変えて広い範囲を連射し、後でパノラマ合成して超広角に撮る…と。個人的には「段幕をはる」と呼んでいるんだけれど、連射速度が結構重要。確認すると、とりあえず問題はなさそう。また、MFや露出・SS固定に手軽に切り替えられるところも連写速度を落とさなくて済みそうでいい。


ただ、欠点もある。

大きさが、M9とあまり変わらないという事実。

EOSよりはコンパクトとはいえ、コンデジより大きく、M9と同じくらいというのはちょっとな…。いや、28・35・50mm切り替えのトリ・エルマー装備のM9に比べたら段違いにコンパクトだけれど、旅カメラとしてのスタンスを持つとなると、取り回しの良さも欲しいよなぁ〜。うーん。


おいらの用途で「万能(オールマイティ)」な立ち位置を持とうとするX VARIO。個々の特色を活かした撮影をM9やD-LUX6で。そんな使い分け?

…なんか無理矢理X VARIOを買う理由をこじつけているような…(^^;)。

2013/09/13

時計はどうしてる?

いつぞやTwitterでも書いたけれど、おいらは腕時計をしないタイプ。もう何十年してないんだか。

まぁ肌身はなさず持ち歩いているスマホで時刻確認できるのでそれほど不便は感じないんだけれど、腕時計の方が便利なんだろうなぁ。

ただ、腕に巻く違和感がどうしても…ね。

時計を刻む「だけ」のものに、違和感を我慢するだけの価値を見いだせなかったというかなんというか…。それで一時期は逆に多機能を追った覚えがあるけれど、定着しなかったなぁ。

まぁ今は装着感が緩和されて、シンプルで愛着の持てるものがあればいいかな…とは思ってる。それがなかなか無いのだけれど。

失敗の原因

夏コミ用原稿の作成を再開している。

原稿を落としたのとは別の話で、ちょっと失敗したなー…と思っているのが、読んでみればわかると思うけれど、話のフォーカスが甘くなっているところ。

本来は輪行入門本のつもりでネームを始め、テストコース的に奥多摩紹介の為に取材を始めたのだけれど、それでうっかり奥多摩にハマちゃって、従来の輪行日記色が濃くなっちゃった。

…ので、コンセプトが曖昧に見える本になったと思う。まぁ、同人誌なのでそこはゆるくても許して欲しい…ということで(^^;。


例えるなら…なんだろう?そう。

「紅い眼鏡」の続編、「ケルベロス ー地獄の番犬ー」で台湾ロケがあって、監督がうっかり台湾の町並みの方が気に入っちゃって、本編そっちのけで町並み映像集みたいな感じしちゃったみたいな…(^^;例えがわかりにくいわ。

ちょっと怖いな

最近仕事が多忙…というか、日々、各種締め切りに追われる感じでちょっと精神的にヤラレている感じ。

抗不安材も医者から言われている限界量にたまに達する(まぁまだ2〜3回だけど)。

同人原稿作成の締切間際に近いのでは?…と思われるかもしれないけれど、クリエイティブじゃない本業の仕事にそんな達成感無いからなぁ(^^;)ぉぃ。

そんなわけで自暴自棄というわけではないけれど、倫理観というか…ちょっと「ここは言っちゃいけないライン」が曖昧になりそうで怖い。

Blogも不安だな…(^^;)余計なことを書いてしまいそうだ…。

Twitterで身を滅ぼしている若者たちを笑えないよぉぃ。

2013/09/11

どこで見るのがどうでしょう?

「水曜どうでしょう」最新作、放送直後の10月3日にアクトビラなどでVOD配信

いいねぇ。また立川視聴会をお願いしたい>某氏。

ただ、そういえば山梨でもほぼ同日に放映されるんでしたっけ?

…そういえば以前「くじら雲」に行ったとき、「また山梨来いよ」…と言ってくれていた人がいたような…。行ってもいい?自宅に(^^;)ぉぃ

2013/09/10

何故、本が好きじゃないか?

時々深夜、テレビから「本は読んどけ!」と言われている気がするが、ここ数年はまったく読んでいない。

漫画は読むんだけれどねぇ(^^;ぉぃ。

なんかだいぶ前から読まなくなったけれど、想像力というか、読解力とか無くなってきそうで怖いよね。まぁある程度は維持できていると思うけれど…どうかしら?

ただ、同人誌を作っている時に気が付いたことが。

取材・情報整理をするのは楽しいのよ。

昨今は美味しいお店(喫茶店中心)を巡っているけれど、その情報をメモ…というか、iPad上のノートに事前情報をまとめたり、あるいは結果をメモしたり。そうして情報が集約されていくのに喜びを感じちゃったり。

漫画にするために整理していくにつれ並ぶ情報の美しさ(主観)。ここら辺の行為がおいらは好きらしい

「読む」とかよりも、作るというか捻出するというか…。だから作画とかはあまり…(^^;ぉぃ。

取材と情報整理だけでメシを食っていける世の中にならないかなぁ…?(^^;)ぉぃぉぃ

口の問題

噛み続け癖というのがあるらしい。「ホンマでっかTV」で言っていた。

教えてくれた先生には悪いけれど、この番組の場合、とりあえず「バラエティ番組で知った」という扱いで見ておかないと。

とはいえネットで検索してみると、本当に「噛み続け症候群」というのがあった。癖と言えば癖か。

まぁ、詳しくは各々調べてください(^^;。


で、おいらも該当するのかな?と。時折頭痛に見舞われるし。

以前「電車乗っているときとか、普段人前で口が開いているとみっともないな」と考えていた時期があり、意図的に口を閉める癖をつけようとしていたことがあって、まぁ、おかげさまで口が見た目で開いていることはほぼ無くなった気が(鼻が詰まった時除く(^^;)。

ただ、意図的に口を閉じていたので、歯も噛みしめていた…いるような…。どうなんだろう?うっかり自分で自分の首を絞めたか?

ただ、たまに自己診断すると、そんな食いしばっていない気がするんだけれどなぁ…。どうなんだろう?

2013/09/09

レンズダケ

ソニー、スマホをモニター代わりにする「レンズ型デジカメ」海外発表
上位モデルは1型センサー+カールツァイスF1.8〜レンズ

これは面白いな。

個人的にはレンズが大きく、ボディが小さいのはバランスが悪くて毛嫌いするタイプ。とはいえ、ここまで割り切られたら、吹っ切られたら逆にすがすがしい気がする。

そもそも以前、シルエットが漏洩した時は特定のスマホの専用アタッチメントという情報だったので、まさか汎用だったとは。

「Wifiでスマホをファインダー代わりにする」コンセプトのデジカメはあるにはあったけれど、タフネスカメラに多かった気が。

画質優先で、スマホをひっかけてカメラスタイルにするとは面白いな。遠隔操作も可能なようだし、アプリの出来自体で色々遊べそう。

まぁSONYはそちらの方が心配だけれども(^^;)ぉぃ。

あと、さすがにフレーミングが難しそう。特にスマホと離して使用時は水平を取るのが大変そうだ。

うっかりスマホの方を傾けてしまいそうだ(^^;)。

それを防ぐために、ダミーボディーとか出たりして(^^;)なんか本末転倒な気が…。

まぁ、慣れれば色々面白いでしょ、きっと。買うかどうかはわからないけれど(^^;ぉぃ。


#カメラとiPhoneはWifiでつながって、Internetとの通信はLTEが…って使い方が出来ればいいんだけれど、出来ない気もする…。

んー…、これもやはり本末転倒な気がするが、iPhoneを接続するより、iPod Touchと接続した方が、iPhoneの通信環境を阻害せずに済むのかなぁ?

あるいは別途アクセスポイントを用意した方がよいのかしらん?まぁ今はそこまで考えなくてもいいか。

まったくの余談

今年、生まれて初めてコピー誌を作った。意外と経験無いんですよ。

で、作成上の反省点を。

B4両面に4ページ描いて折っただけの代物なんだけれど、単純な分、どこでもどうにでもなるだろう…という考えが甘かった。

プリンターを持っていないため、セブンイレブンのネットプリントを利用とした。

今までも文書プリントに利用して非常に便利だったので。

ただ、画像系の印刷を行うに当たっては、1ファイル2MBまでという制約があり、漫画のプリントにはそぐわないことが判明した。

まぁこないだは、時間的に間に合わなくなるので画像を劣化させてなんとか2MBに収まるようにしたけれど、こお制約はちょっと面倒。

どこかでもう少し容量規制の緩い、ネットワークプリントのできるサービスを近所に探さないといけないけれど…あるかなぁ?西国分寺・国分寺・府中あたりでキンコースを探せば良いのかな?

2013/09/06

夜の時間

だいぶ歳を取った後、ここ最近になってから、珈琲を飲み始めた。

ここ数年の習慣ではないけれど、最近は仕事終わりにお気に入りの喫茶店に行って珈琲を飲んでリラックスしたりしている。
(ちなみに仕事中は飲まない)

…という話をしたら「寝しなに飲んでるの?眠くならなくない?」と言われた。…そういえば言われてみると、カフェインか。

一応寝ているけどなぁ…というか、もともと寝不足…というか、原稿に追われる習慣で、慢性的に夜更かししてる…かな?

…珈琲に関係なく(^^;)寝ろ>をれ。

2013/09/05

何が無くなったってさみしいじゃない

国分寺駅前からマクドナルドが撤退した。駅前再開発のための立ち退きで、移転店舗は無い。

まぁ、再開発で新しいビルが建てば、そこに入居するんだろうけれど、ともあれ一時的にマクドナルドが無くなるのは事実。

ちょっと感慨深い。

…とかいう話をすると、「マクドナルドなんてそこらじゅうにあるじゃない」とか言われる。確かにそのとおり。ただ、全国チェーンだジャンクフードだとか関係なく、無くなって感慨深くなるお店もあるにはあるのだよ。

国分寺店は24時間営業だけあって、残業で他の店が開いて無い時とかよくお世話になったよ。最後の砦的な存在だったんだよぉ。

…まぁ、それ以上思い出らしい思い出も無いのだけれど(^^;。なんかなー…、わかってくれないかなー…。


まぁ、一番の思い出のマクドナルドは、国立駅南口のマクドナルドなんだけれど(^^;)。最近は居住場所が変わったために全く利用しないけれど、あそこが無くなるなら、泣く。

2013/09/04

目の違い、筆の違い

原稿の進みが悪い。


まぁ本人のやる気の問題なのだけれど、少し言い訳をさせてもらうなら、メガネをかけるようになってからの進みが遅くなった。老眼がひどく…いや、ひどくは全然ないのだけれど、メガネをかけていないと疲れ目が早くなる。

しかしうっかりおしゃれなメガネを作ってしまったので、上下の幅が狭く、原稿を見る範囲でメガネの視野範囲を行ったり来たりすることになり、結局目が異様に疲れることになる。

実は食事時はメガネをはずすのは同じ理由。メガネをかけているとフレームを境に視野が切り替わり、よく箸から口から物を落とすようになった。


それくらいなら…とメガネをはずす。かなりピンボケでご飯を食べているのでちょっと位置関係をつかみづらいのだが、メガネのフレーム有りよりも失敗はしないし、味も変わらない。

絵もなんとか解決策を見いだしたいところ。


…と、その割にはiPadでイラストをよく描いているじゃないか…と言われるかもしれないが、あれはクオリティ的に個人的には「ラフ画」を描いているつもり。かなりぶっきらぼうに描いている…というか、「筆」で描いている。漫画は「ペン」で描いている。

もっと例えるなら、普段描いている漫画が「細密画」なら、iPadで描いているのは「抽象画」といったところ。

…漫画も(おいらの言うところの)抽象画で描くと生産性上がるかしら?…なんか画風が想像付かないけれど(^^;)というか、描き方が…。

2013/09/03

やっとiPhoneに慣れてきたかもしてない

基本、メモ等iPad(mini)で行っているおいら。画面がスマホサイズよりも見やすいから。

ただ、街中で急に何か思いついた時、さっと入力できるか…というと、iPhoneにはかなわない。しかしそのiPhoneもタブレットに比べてその小ささ(画面・文字入力)のため、なかなか使いにくい…と思っていた。

とはいえ、クラウドでデータ共有で同一データへのアクセスが可能な設定もできるし、メモとかネタ帳へのアクセスは他のデバイスと同等にできる。

問題はランドスケープで文字入力を親指打ちできるのはいいけれど、エディタ表示画面がソフトウェアキーボードに押されて見えなくなるのが問題だったけれど、アプリを選べばある程度改善できるとわかり、アプリを選んで文字入力環境を改善している。

とりあえず「メモ」程度なら、ささっとできるようになってきた。

思いついてはすぐ忘れる(…というより、思い出せなくなる感覚なんだけれど)タイプなので、この「慣れ」は結構重要。

それにiPhoneだけである程度推敲もできるようになってきた。これは助かる。

iPhone5という点もランドスケープで横幅が長くなり、文字が打ちやすいというメリットもある。画面が見にくいのは相変わらずだけれども、多少はクリエイティブツールとして使っていこうかな、と思っている。

まぁ、iPadminiすら持てないって、電車の中以外、そうはないと思うけれど(^^;。

2013/09/02

そろそろ仮想か?

【レビュー】
Mavericks/Windows 8.1対応を早々にアナウンスしている仮想化ソフト「Parallels Desktop 9 for Mac」の機能をチェック!

そういえばVer.7をインストールして、その中にWin7を入れていたような気が…。最近使ってないなぁ。

今考えると、WindowsライセンスのAdobe CS5.5をMac上のWinに移せば、おいらのホームページ管理がもっと効率よくできていた気がする。

実はWin→Mac移行時、ちょっと環境壊した後、直すのを面倒くさがっているせいでコスプレ写真関係の更新が滞っている。


いずれにしても、そろそろアップグレードするちょうど良い機会のような気もする。…まぁ、それでもWin使う機会はあまりないとは思うけれど(^^;。

どちらかというと、「Parallels Access」の環境整備の意味合いが強いかも。日本語未対応ということなので、運用はその対応待ちだけれど、リモートアクセスでMac/Win環境を操作できると…いいような気がする。

…まぁあまり、Mac/Winでなきゃ…ってケースが想定できないけれど(^^;。

んー、大容量データのアクセス環境を作っておけば、NAS代わりになるのかな?

2013/09/01

こっちのクラウドは甘いか?

「HDDは過去のものになる」──“容量無制限”のクラウドストレージ「Bitcasa」が日本市場に本格参入

んー、ある意味利用したいけれど、さすがにデータ紛失の恐怖があるなぁ…。


一応、DropboxもEvernoteもローカルにバックアップがある分、安心できるしなぁ。

また、複数台のバックアップになるので、間違えてエディットしたのを、昔同期したままだったマシンを立ち上げてサルベージしたこともあるし(^^;)それもどうだろう?(Dropboxなら履歴機能?)

とはいえ、容量無制限かぁ…。がしがしデータを積み重ねていくのに良い気がするんだよなぁ…。

いや、おいらの扱う原稿とかは、ファイル単体でそこそこ容量食うから、出先じゃ難しいか。ああ、難しいなぁ…。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »