2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013/08/31

miniでも大きく

基本、お絵かきはiPad3などの10インチモデルを使用し、iPadminiはそれ以外のオペレーションをこなすようにしている。

そのため、miniの今の解像度で問題ないとしている。お絵描き自体も画面の小ささの問題で、10インチほどのスペックを求めようと思わないし。

ただ最近使っていて気になってきたのが、データ共有の点。

10インチのiPadを持ち歩けない時でもiCloudでデータ共有できるのは良いけれど、さらにその大容量データをエディットしたいとき、スペック的にminiはそのデータを開けないことがある(レイヤー数が多いときなど)。

そういう意味では、miniも10インチモデル並のスペックを持ち、miniだけでエディットできるように…という高スペックが欲しい気はしている。

iPadmini後継機がそんなんだったら、即購入かなぁ、やっぱ(^^;)。

まぁ、それで普段持ち歩きのお気軽度が変わらない…ということであれば…だけれど。

人に魅せる優越感

前に聞いたことがあるけれど、時折街中で見かける写真の個展、写真家自身の持ち出しで開催していることが多いとかなんとか。それがいわゆる「営業」的な位置づけになるのだとか。

そうやって写真家としての地位を得ていく上で当然自分なりの写真というのを得ていかなければならないと思うのだけれども、おいら自身は、写真家を目指す云々抜きにして、「写真とは何か?」という命題に答えを得られずにいる。

まぁ、別に得なくても良いのかもしれないけれど(^^;趣味なんだし。

被写体をどう活かすかは考えながら撮ってはいるものの、それらに自分なりの「テーマ」を乗せられない…とか考えているわけ。


で、ある日。まぁ具体的に言えば「いずん堂」というカフェで「お米プレート」を「うめー、うめー」と一心不乱に食っていたときなんだけれど(^^;、無心になりすぎたせいかもしれないけれど、ふと自分の写真のテーマとして「人間の優越感という視点」というのはどうか…と思いついた。

その寸前、なんとはなしに多摩川花火祭りの際、河川敷に向かう二子玉川からの超人混みを横目に、車線規制で車が少なくなった車道をゆったり自転車で走っていたのを思い出していたからかもしれない。そこをうまーく客観的に撮れれば、あるいは思いっきり主観的に撮れれば、そういう視点の写真が撮れたかもしれない。

そもそもなんで自転車移動をよく行っているかといえば、徒歩よりも、車よりも融通が利いたり
便利だったりするわけで、つまりは「優越感」を感じられる旅ができるということが主だったりもします(勿論不便も多いですが)。

だからボタっぽく自転車に乗っていれば、そういう写真も撮りやすいかなぁ…と。


テーマがあらかさまなのもどうかと思うんだけれど、上手く表現できれば結構共感を得られるのではないかなー…と思うのだけれども、どうだろう?見る側もある程度そういう欲求とか、無いものだろうか?


#…って書いておいてしばらく放っておいたけれど、やっぱり違う気がするなぁ(^^;ぉぃ。

2013/08/30

次の設営

今度の冬コミは12月29日(日)〜31日(火)か。…ん?ってことは、設営は28日の土曜日か。休みの人、多いな。

誰か友人、参加してくれねぇかなぁ。ちょっとでもこの楽しみを分かち合いたい。…あ、いや、それはマズいか…?(^^;謎


まぁそれよか、受かったらサークル大晦日…って方が個人的にはちときついのだけれど。さすがに年の最終日。家庭の事情があるですよ。毎年大晦日はコミケでも、早めに帰っている(14〜15時)しねぇ。

まぁ、毎年のことだから、1回くらいは遅大晦日居なくてもいいような気も(いつぞや、富士山近くでひとっ走りした覚えが…(^^;謎。

2013/08/29

まず、使う?

「Nexus 7(2013)LTEモデル」はSIMロックフリー、国内キャリアのLTE SIMカードも使用可能

んー?イーアクセスってことは、イーモバイルってことか?LTE用のSIM、あるぞ?無線LANルータの分だけど。

試しに使ってみたい気はするなぁ。ただ、現段階で不明…というか、以下のような関門がある。

・LTEモデル単体での発売はありか?意外と通信事業者のSIMとのセットのみ…と落ち着いたりして
・SIMのサイズは合うのか?なんかSIMといえど、バリエーションが多くない?
・設定は?ここら辺はネット上の先人の知恵にすがるしかない気がする

これらをクリアしても、あと1点、大きな問題が…。

・何に使う?

んー、キーボードとマウスがあればPC的に色々オペレーションが可能で、テキスト作業はどちらかというといOSよりもはかどる気がしないでもない。

ただ、iOSにも優秀なエディタもあるしなぁ…。まぁでもATOK Padでないと、IMEもそれほど賢くないし…。

うーむ…。まぁ、Nexus7の方はぎりぎり、「お試し価格」と言えなくもないか。…いや、どうかなぁ…(^^;そういえばREGZAタブレットも持っていたんだっけ>をれ(^^;。

2013/08/28

10月の計画(検討段階)

前々から書いている、結果的に1人旅になりそうな山口の旅。1人ってこともあり、これ以上ないくらいに勝手気ままに旅してきますよ(^^;)。

とはいえ、沖縄とかとは違う、勝手の知らない遠地。電車と宿の手配だけはしておこうかと。

10月の連休を挟んで俵山温泉に3泊位してこようかと。今のところ楽天とかで取れそうなところは取れそう(あまり宿にこだわりを持たないタイプ)。

問題は往路。せっかくなので未体験の寝台列車、サンライズ出雲を利用したい。東京-岡山間だけ使用し、あとは新幹線、ローカル線で長門湯本まで。

復路は新幹線乗ったら東京まで一直線…と(さすがにどこかでのぞみには乗り換えたいですが)。

で、サンライズ出雲の予約が取れるかな?

一人だけ…というのは比較的有利?大きな荷物(折りたたみ自転車)で、ちっと部屋を選ぶ…というのが選択肢を狭めるか…。「みどりの窓口」で相談するしかないね。

まぁ最悪、往復とも新幹線でも良いような気もするけれど。

飛び出る値段

「パシフィック・リム」を見て以来、興奮冷めやらぬ昨今、3D映画もいいなぁ…(コンテンツによるけれど)、家でも楽しみたいなぁ…とも思うように。

…かといって、今更3Dディスプレイを購入するわけにはいかない。

そんな折り、ふと銀座のSONYビルに入ってみたところ、ヘッドマウントディスプレイを見つけた。ああ、そういえばそういうのもあったっけか。それに3D対応Blu-Ray再生専用デッキをつなげれば、それだけでもう環境のできあがり。…そんなに高額じゃないんじゃない?まぁでも10万円近くにはなるか。

どちらかというと設置スペースがコンパクトに済む…という方がポイントか。もう家、何を置くスペースもないでよ(^^;。

ま、デッキの上にデッキ乗せること上らいはどうにかなるので、これはアリじゃないなかなぁ…と。

まぁさすがに、「パシフィック・リム」以外に心惹かれる3Dコンテンツがあと2つ3つ出てきてもらわないと費用的に割に合わない気もするけれど(^^;)。

何月でも憂鬱

ちょっと前の記事ですけれど。

目を閉じても上司の顔… 6月病を生む「部下キラー」

あー…わかっちゃったりするわさー。まぁおいらはここまではひどくないけれど、休みの時にも目に浮かぶ上司の顔ってのはあるので、そういう時は最近休みの時は控えていた、処方箋のお薬を飲むと改善する。

薬に頼るのもどうかと思うけれど、使っているの1種類だし、「一番弱いので、副作用も“眠くなる”くらい以外には無し」との医者のお話もいただいているので、用量守る分には常用して問題無いとのこと。「作用弱い割には貴方にはよく効くよね」とも驚かれているのだけれど、結構プラシーボ効果も働いていたりして(^^;。

まぁもう少しこの薬とつきあっていかないとあかんかな。

2013/08/27

複雑な心境

石川温のスマホ業界新聞:新型「Nexus7」は満足度の高いタブレット――iPad miniはRetina化を急ぐべき

んー、賛同しなくもないのだけれど、RetinaなiPad3も一緒に使っていると、miniは無理にRetina化しなくてもいいかなぁ…という気もする。

…というのも、写真アルバムを母艦と同期するとき、画面解像度に最適化して写真を同期しているようで、画面がRetina化して高解像度だと、同期する写真も高画素になってストレージが余計に必要だったりする。

結構旅の写真を持ち歩き、時に人に見せるということも多いので、デバイス内にたくさん写真を保持しておきたいわけ。

で、iPad3は64GBなのだけれど、あまり多く写真を入れておけないので、同期を断念。

miniの方はここ数年(前述のiPadと同じ期間)の写真を放り込んでも、容量が半分空いているので、まだ余裕。

まぁ、iPad3はアプリを片っ端からインストールしていたり、それで使用期間長いので色々なデータが入っているせいもある。miniはそこを反省点として厳選してアプリをインストールしているといった違いがあるにせよ、写真ビュワーとしては逆にRetinaじゃなくてもいいのかな…と思う次第。

逆に言えば、miniのRetina化するなら、ストレージ128GB版もよこせよ、と(^^;高そうだなぁ。

ああ、あと画面の4:3だっけ?その比率も死守して欲しいなぁ。横置きの時でも画面の高さがある程度無いと、使いづらい。そこらへんは…大丈夫かな?

右で噛みたい

時折BlogやTwitterでつぶやいていたけれど、インプラントという手法で抜歯した部分に新しい人工歯を設置する治療中で、やっと最近歯の装着までたどり着いた。長かったー。

まぁまだ仮止めみたいなもので、噛み合わせの様子を見てからの本装着になるんだけれど。

でもこれからは両方の歯で噛めることになるので、この半年以上ひたすら「左」で噛み続けていたアンバランスも解消できる!

…とか思っていたんだけれど、つい癖で左ばかりで噛んでいる自分に気がついたり。

意識して右側で噛むよう食事に集中しなければ…。そんなわけでおいらの食事中は話しかけないでいただきたいぉぃ。

#ちなみに、治療自体は「つらい」ということはほとんど無かった。普通の歯科治療の方がつらい気がする。

2013/08/26

お絵かきに刺激を(ハード編)

ワコム、デジタイザ対応で本格的なグラフィックス制作が可能なWindows 8タブレット
〜筆圧対応のiPad向けスタイラスペンも

んー…、まだわからないけれど、買う可能性はある。

ただ、VAIO Duo13でもいいような気もする。キーボードでショートカットキーを併用するなら、そちらの方がハード的に便利な気がする。まぁ数個ファンクションキーも装備されているので、Cintiq Comapnionもタブレット単体でファンクションキーでまかなえるショートカットで済むなら、確かに便利そう。

値段が高いという意見もあるけれど、メモリ8GB載ってるしねぇ。VAIO Duo13と比較するとそれほど高いという気にならない。勿論ワコムの方が相対的に高いけれど。

わからないのは、Win8版が他のPCのデジタイザにならないのを嘆いている人。Macユーザーならその嘆きはわかるのだが、もうWindowsが走っている端末にWinの外付けモニタにしてどうしようというのだろうか?よくわからん。

Android版はそれ単体だとやれることはかなり限られるけれど、クラウドデータ保管で、別PCに接続して、そのまま高機能に編集する…というワークフローはなんとなく納得できる。

Androidアプリの「Wacom Creative Canvas」と「Wacom Manga Canvas」は魅力だけれど、考えてみればWin8のCintiq ComapnionはダイレクトにAdobeのソフトでデータエディットできるんだし、AdobeライセンスさえあればAndroidアプリは不要かな。


個人的にはあと「Intuos Stylus Pen」も気になるなぁ。良く使うProcreateが対応予定なのだから、色々使い倒せる気がする。

最近PogoConnectという同様のデバイスを入手したばかりなのがなんだけれど、タブレットで筆圧は彩色に懲りそうで結構はまる。(JotTouchはペン先の形状が相性良くなかった)

見せるか見せないか

「はだしのゲン」は個人的は閲覧制限反対派です。

そういえばそれの記憶としては、全身やけどで、口で筆を加えて絵を描く男かなぁ、印象深いのは。おいらも絵を描いていると、何かしら考えるところもある。原爆も恐ろしいけれど、人間もなぁ…的な。

ただ、そういった恐ろしさよりも、個人的にはむしろ戦後の食糧難ってそんなに大変だったんだー…といったところが印象的でしたけれど。「戦争で、食べたいものが食べられないのはつらいなー」…といった感想を覚えた気が。

あと、ゴボウ食わせてやったのになんで処刑されなあかんねん…とか。

…俺的には食い物の視点でしか見てないのか?(^^;


ただ、今回の騒動に関連する記事を読むと、反日的な漫画という話もあるのだけれど、どうもそれが覚えが無いんだよなぁ…。

色々記事を読むと、掲載誌が変わるとメッセージが変わってくる、反日色が強くなるという話がある。…後半?

そういえば「はだしのゲン」って全体としては、どういう話だったか…。ケロイドの少女が出てくるあたりからどういった話だったか覚えていないなぁ。その先に色々あったのかな?…となると、おいらは特に何も語れないか?全巻読んでないような気がしてきたので。


まぁともあれ、子供向けの話をするならば、個人的にはそれが左的な表現だから云々というのであれば、その正反対のものを提供して、そういう考え方もあるとか提示すべき何じゃないかな。

まぁ教育委員会だかなんだかが阻害しそうだけれど、子どもに「無知であれ」という教育よりは、そういったところで戦って、子供に両方見せて判断させる…というか、そういう世界の幅があるのを見せるべきなんじゃないかなぁ。免疫というか…。


#…とか言いつつ、まだ未成熟な時に刺激的な表現を見せられるのもどうかという気持ちはあるんだよなぁ…。なんだかんだでそれなりな影響があると思うし。

俺自身、小学生の時に見たアレかなぁ…、ちみもりをかなぁ…(^^;)滝汗。あれがなければ…(超謎)。

2013/08/25

ちろっと通販等再開

COMIC ZINさんの話ですが。

待っている人がいるのかわかりませんが、コミケ向けに増刷を依頼した既刊の一部をZINさんにお送りしたので、通販の在庫が復活しています

在庫復活したのはこちら。

・輪行日記 山梨県韮崎編
・輪行日記 ひたちなか海浜鉄道編
・BROMPTON Starting BOOK 2011

店頭にもあるかもしれませんので、お近く(秋葉原・新宿)のご入り用の方ははそちらでも確認してみてください。(でも25日到着したばかりなので、すぐには並ばないかも。コミケ後はお忙しそうです…)

懸賞がうんぬん

以前AmazonのWindows7アップグレードパッケージ予約キャンペーン(当選者は発送をもって云々)でデジタル一眼(EOSKissX3)をもらったことのある身としては、すべてが秋○書店でもないかな…という立場です、はい(^^;)。

すっかりPogo Connect

iPadでお絵描きするとき、筆圧検知は果たして必要か?

…と思ってJot Touch を入手してみたことがあるけれど、あのペン先(円盤状のペン先)にどうしても慣れない。筆圧がどうこう以前に操作性に挫折してしまい、筆圧を活かすような絵を描くまでには至らなかった。

そんなある日、AdobeのIdeasが筆圧対応スタイラスへの対応を始めたのだが、まずPogo Connectに対応したという。

Pogo ConnectはJot Touchとは違い、ペン先がゴム球で他のスタイラスに近い感じなのだが、なぜか日本では売っていない。

個人輸入や代行、輸入販売店のAmazon店舗等で時々扱っているようで、調べ上げてなんとか入手することができた。

実際使ってみると当然のことながらJot Touchとは全く違う使い勝手。一気に筆運びが早くなった。

iPadでは筆圧はそれほど必要じゃなんじゃないかな…と思っていたけれど、考えが変わった。少なくとも水彩風の彩色の時にはかなり有利。


とりあえずおいらとスタイラスとの相性は解消したものの、次はアプリとの相性。

幸いにもおいらが普段使用しているお絵かきアプリ、ProcreateはPogoConnectとの相性ばっちし。ただ、筆のパラメーターが複雑過ぎて、まだ思い通りに扱うまでには至っていない。

むしろ、Brusheseが使いやすい気がしてきた。

描く絵のタッチ次第というところもあるので、使い分けしていくことになるのかな。まだPogoCreateが対応していても試していないお絵かきアプリも多数あるので、いろいろ試行錯誤していかないと。

2013/08/24

見知らぬ極悪人

この猛暑がひどい昨今、職場でトイレの個室に入った…ら、便座ヒーターがONになってた。

空調がほとんど届かない場所でこの機能をONにするのは無意味だし、そもそも電力の無駄…というか、迷惑ですらある。

個人的には「人類の敵」とも思うぉぃ。

ちょっと気になる電子辞書

ガジェット系が好きなおいらだけれど、せっかく所有するなら単なるコレクションじゃなく、活用もしていきたい。

だから…というわけでもないけれど、あまり辞書をひく癖の無い身としては電子辞書はあまり利用したことがない。

ただ最近、ちょっと気になる電子辞書の記事をたまたま見た。

山口真弘の電子辞書最前線
セイコーインスツル「DF-X9000」
~ATOKや7notesを搭載したタッチ対応カラー液晶モデル

記事を読むと、製品としてはもう少し熟成が必要な感じがするけれど、ハード的には「親指打ち」が適してそうで、立ったままの文字入力、電車内やその他の場所でのメモ用途にちょうど良いかなぁ…という気が。

もうちょっと連携するクラウドサービスが充実してくれれば、さらに活用の幅も広がるような、

最近すっかり手書きよりもキーボードが慣れちゃって…というか、iPadminiでも手書き入力をあまりしない身としては、立ったままキーボード打てるのもあると良いんですけれどねぇ…。当然データ共有(クラウド等で)できるの前提で。

2013/08/23

「風立ちぬ」も観たんですよ?

「パシフィック・リム」の興奮に押され、感想書き忘れていた「風立ちぬ」ですけれど、きちんと見てますよ。

なんか泣く人多数と聞いていたので覚悟して観に行きましたが(まぁ身構えていたわけでもないですが)、特に覚悟無くても泣かなかったんじゃないかな?おいら基準では。

ただ、相変わらずというかなんというか、本当に描写とか演出が細かいので、絵以外のところでも色々奥行きがあり、結構あとからじわじわ余韻の方から攻めてくる作品ですな。

ちょと気になったのは心理描写というか、主人公の見る「夢」がその「奥行き」の描写の一端を担っているんだけれど、なんか夢オチとは言わないまでも、リアルを積み上げているところで「比較」ではない意味でファンタジーを絡めてくるのは…ちょっと違和感が。

映像化の都合でストーリーを早く進める為の工夫かと思ったけれど、宮崎さんの原作からそういう描写もあったようなので、そういう世界観なんでしょうけれど。

それと、庵野さんの声優ですけれど、個人的にはそれほど「キャラクターに合ってない」という気はしなかったのだけれど、「年齢が合ってない」という違和感は終始つきまとっちゃいましたね。

例えばおいらは「ハウルの動く城」の倍賞さんはむしろうまくキャラクターの年相応とは思っていたクチなんですけれど、まさかこちらの主人公でそう思うとは…。

まぁでも、作品の魅力を崩すほどではなかったので、作品自体の評価はあまり変わりませんけれど。

ってか、何カ所か人の声で効果音を作っていたでしょ?ちょっと怖いぞ、あれ(^^;まぁそれも狙いだったら文句も言えないけれど。


あとはまぁ個人的には話の組み立て方が結構好きな方でしたね。盛り上がりがないという評価もあるようですけれど、うまく起伏つけて目を離させない点を評価すべきなのではないかと。

飛行機に関してはもうちょっとマニアックな話を盛り込んでも良かった気はするんですけれど、今回はあえて抑えてキャラクター描写に気合いを入れた…という感触がありますね。「紅の豚」とは違って、「ドラマ」として魅せたかったんだなぁ…と解釈してます。

それを歴史の出来事とかを組み合わせて、男女間の「障害」として演出に盛り込んだのかなぁ…と思うと、あまり右だの左だのということではないのかもしれない。ラストの方で主人公が「ある方向を向く」のがそのあたりを象徴しているのかな。

そう考えると、宮崎さんの作品づくりのスタンスが他作品よりも明快になっている…というおもしろさ(?)もあるかなぁ…と。

まぁ色々考えてみたりするわけですよ、はい。

2013/08/22

人に聞かせる独り言

Blog, Twitter 関わらず、時々「それ、ネット上に書くことか?」という書き込みがあるかもしれないが、勘弁してほしい。

個人的には備忘録代わりの発言だったりします。

だったら個人的な端末内で完結させろよ…と言われるところだと思いますが、なぜか外に向けないと効果がなかったりします。なんででしょーね?

ただの備忘録では書いたこと自体を忘れるということも関係しているかもしれません。

まぁそんなわけでこれからも時々、人に見せなくても良い独り言を書いてしまうかもしれませんが、ご勘弁のほどを。

2013/08/21

Windowsマシンを追加するとしたら?

今、おいらがクリエイティブ目的でWindowsマシンを追加したら、何が良いだろうか?…と考えてみた。

必要な機能としては、以下の感じかな?

・筆圧検知のタッチパネル(どちらかというとリストガード目的)
・ショートカットキーを扱いやすいのが望ましい
・フルHD等高解像度
・メインメモリもたっぷり

このあたりで軽く探してみると、現状だとVAIO Duo 13くらいみたい。

店頭売りだと4GBメモリなんだけれど、オーダーで8GBになるらしい。

画面をペンで操作しつつ、キーボードアクセスがしやすいというのは結構良いかも。

まぁ、今すぐ必要ということは無いのだけれど、Winライセンスしか持っていないZBrushとか時折使いたくなるんだよなぁ…。あまり時間無いけれど(^^;。

2013/08/20

7型がお気に入り

最近はすっかりiPadmini+キーボードの組み合わせがお気に入り。喫茶店などでメモやアイディア練りなどに重宝しています。

サイズが小型で場所を問わないというのがなんとも良い。

ただ若干、周りの目が気になるので、覗き見防止フィルタを考え始めています。

もっともそれはそれで手書きやお絵かきの時とか不便になるので、貼るタイプではなく立てかけるタイプというか、別パーツで持ち歩けるものが良いなぁ。

あと、IMEがちょっとよろしくないですな。慣れでカバーするしかないとは思いますが…。

ここはAndroidとかの方がIMEを選べる分有利ですね。ただし、アクセサリとか面白いアプリとかも含めると、どうしてもiPadファミリーを選ばざるをえません。

まぁそんなわけですっかり携帯しっぱなしです。セルラー版にして良かった。それだけで済むしなー。

2013/08/19

注目されていないカメラに惹かれる

こないだはじめてライカのX VARIO実機に触ってみた。

スペックが発表された時点では「筐体がデカい上に、レンズ暗くね?」と、ちょっと中途半端なイメージを持った。

ただ実物を持つと、けっこう持ったときのバランスいい感じ。色々と「窮屈じゃない」持ちやすさがあると思う。まぁ、フォーカスリングとピントリングを間違いやすいというのはあるけれど、そこらへんは慣れだろうし。絞りリングもレンズの方につけてしまってもいいような気もするけれど、軍幹部に置くメリット(右手操作)もあるし。

ともあれ、ああ、こういうフィーリングなんだなーと妙に納得できる筐体だったのが印象的。

レンズが明るくないのは解像度を優先したせいの模様。しかし細密な描写をしてくれてこのスペックなら、旅カメラとして相当面白いんじゃないかという気がしてきた。

まぁそれでも筐体がコンデジやミラーレスより若干大きいのは間違いないので、コンパクトなカメラバッグとの併用や、ストラップの工夫など、色々持ちやすさ・携帯性も工夫しないといけないかも。


考えてみると、資料撮影用に使用しているEOSKissX3は間違いなく堅実に撮れるカメラで使い勝手も良いのでいいのだけれど、かさばるし、「狙って撮る」にはちょっと力不足も否めない(手早く設定を変えるのが難しい)。D-LUX6も悪くはないけれど、そちらはそちらでAPS-Cで必要な資料写真が撮れなかったりするのもつらい。

資料写真(オート)も撮れて、狙った写真(マニュアル)も撮れるという意味では、結構おいらにも合うカメラなのかも?(^^;物欲が…

なかなか使わない声

ちょっと広いところで作業をした。まぁ某設営なんだけれど。

そこで離れた人を呼ぶときには大声を出す。「ここに椅子無いよー!」とか。

ただ、普段声を出していないとダメなんですな。あっという間に声がかれる…というか、大声が出ない。どんなんやねん。もうちっとしっかり普段から声を、大声を出していないとだめですな。

でもどうやって?

カラオケか?今世紀になってから一度も行ったこと無いですか。…だからか?(^^;

なんか他にも普段から声を出す方法…というか、出す生活?趣向?募集中(^^;ぉぃ。

2013/08/18

雨も避けていく…

猛暑…というか、殺人的な気温が一番の障害だった夏コミですが、加えて雨なども問題です。主に書籍がやりとりされている場ですので、水は大敵だったりするわけです。

実際、2日目と3日目は都内はゲリラ豪雨に見舞われ、電車に落雷があったり、停電があったり、それはもう水浸しになる地域もあったようで。

ただ、コミケ会場付近は、2日目は打ち水した程度、3日目は閉会後の撤収中(後?)くらいに降ったようで、本番にはあまり影響しませんでした。

サークル参加側としては、宅急便は雨が降ればしばらくすれば屋根のあるところに移動したり、各駅のルートにはアーケードがあったりとあまり雨自体には心配はしていなかったのですが、まさか都内で猛威をふるった雨雲も有明付近で四散するとは…。

昔は台風をも退けさせたコミケ、昨今雨に見舞われることも多かったですが、いよいよ本領を発揮し始めましたか?(^^;ぉぃ

2013/08/17

パシフィック・リムを観た

すげーね。押し込めすぎだよ(^^;。でも燃えるよ。どこのシーンでも燃えるよ。誰だよ、2人乗りという設定が心配とか言っていた奴!(^^;ぉぃ

ちょっと棒術のシーンと菊池さんの眉毛がどうかな…という気がするが、それくらいだよ。

監督はよく日本人の盛り上げ方を知っていますよ。そうなんだよ!そこであいつが、そいつが登場なんだよ!ってシーン、燃えまくり。わかりすぎてるな!監督!

個人的にはエイガー好きだけど、結構海獣もいいね…ってか、敵である以上、強くないと!ちょっとやそっとでやられない海獣!いい!

そして敵は外だけじゃなく、内にも、自分とも戦うってシチュエーションも盛り込んでいるっつーのがいいね。そしていがみ合っていた相手とも団結する!これですよ!まさかあそこでの団結とはっ!燃える!

あと吹き替え版がね、もう燃えまくりですよ。

日本人を日本人が吹き替えするのだけ最初ちょっと違和感があったけれど、それ以外は声優さんたちも懇親の出来でいいねっ!それに字幕読まなくてもいい分、台詞がするする入ってくる。おかげで3Dに集中できる。

そう、3D!3D版でみましたよ!なんすかあの迫力は!初めて自宅に3Dテレビが欲しくなりましたよ。街中歩くイエガー最高!

もうね、劇場で観なさいよ!もう一回見に行こうかな!?


#そういえば誰か、来日した監督にまどマギのブルーレイだかDVD渡してたな。次は魔女っ子か?(^^;さすがに無理だろ。

#ちょっとうっかり、「描かれていないシーン・シチュエーション」を同人誌で描きたくなるよなぁ(^^;。

悔しい北海道

そういえば設営の時、北海道からいらした方とお話をさせていただきました。

そらもう、どうでしょう会話のオンパレードですよ(^^;。

「今日も一日」
「のびのびとー!」
「青タイツ!」
「茶タイツ!」
「黄タイツ!」
「トリオ・ザ・タイツ!」

あ、北海道の方、お二方いらしてました…(^^;。まぁともかく、ひたすらどうでしょう会話ですよ。

9月に北海道行ったら、こんな濃い会話が延々と続けられたかと思えば、最初にツアー取らなかったのは失敗だったかーっ!と後悔しきりですよ。

なにせ、周りは「きょとん」と置いてけぼりですから(^^;どこでやったんだ?。


ただ、「そんなどうでしょう祭が楽しめる北海道民、うらやましー!」と思ったらさにあらず。その方々、ホテルは確保したものの、まだ祭りチケットを確保していないのだとか。

前回より入手性が相当困難になっているらしい。前回は当日券とか余裕で手には入ったらしいですが、今回は道民が前売り券を入手できないらしく、本州民が入手しまくっているとか。うーん。

まぁでも本州民の声を代弁させていただくなら(?)、こういう機会だからこそ、北海道行きたい…とも思うわけでして(^^;私は今回諸事情で断念しましたが…。お察しくだされ>道民の方々。

そんなわけで、どうでしょう好きが祭りを楽しめるのであればそれで良いし、かつ北海道が何かしらの形ででも潤ってくれれば…いいんじゃないかな?頼むぞ、他の参加者。

とはいえ若干、「祭り」じゃなく、道民限定の「道民感謝祭」というのも開催してみては?…という気も(^^;。


#そういえばその北海道の方々、撤収の時にもお会いしたなぁ。なんつーバイタリティ。

なんか見習わないといけないと思う反面、自分のペースを乱してはいけないという気持ちも(^^;体力が…。

2013/08/16

電波の違い

最近はauのiPhone5、SoftbankのiPad miniを持ち歩いている。…と、自然と電波状態など比較するようになってしまう。

auは相変わらず、「パケづまり」というのか、LTE圏内なのに3G表示に陥ることが多い。実際、体感で通信速度が遅い。

一旦機内モードにするなどして復帰することもできるが、1日に何度もとなると、面倒くさい。とほほ。

あとバッテリーの減りが最近早い。1日は十分保つが、日が落ちてくると不安になってしまう。

ただこれはauが云々ではなく、何かのアプリが何かしらやりすぎているんだと思うのだけれど…。


Softbankは、筐体が大きいということもあるのかもしれないが、LTE電波をよくつかむ。3G表示に滅多にならない。まぁ、表示だけで判断しているのだけれど。

それと、都内に持ち込んだとき、混雑した電車内で新宿駅停車中は通信がずっと滞ったままだった。電車が発信し、しばらくすると普通の速度の通信に復帰した。ひょっとして混雑に弱い?でもその片のあたりを解決したのがLTEのプロトコルなんでない?まぁ、混雑しきったら別なんだろうけれど。


あとは…ある都内の建物内部の会議室で、Softbankは3G表示だけど、auはLTE表示だったこともあったなぁ。まぁ地下だったし、設置されているシステムの問題かも。


そんなあたりからともかく学んだことは、気にしないのが一番かな…と(^^;)。

2013/08/15

コミケに行ってきました

ここ数年で一番の暑さと言われている今夏、それでもコミケに行ってきました。

ご丁寧に気温が上がり始めた頃から設営という、ねらったかのようなタイミング。なんやねん。

ちなみに今回、コミケの日程(曜日の組み合わせ)がいつもと違います。聞けば少しでもお盆に食い込ませたり、土日に社会人が多いジャンルを当てて、参加しやすいようにした工夫のようです。個人的にはあまり影響ありませんでしたが、何かあれば準備会に言ってみると良いかも。


続きを読む "コミケに行ってきました" »

2013/08/10

日曜の宣伝も…

新刊無いけれど、一応宣伝らしいことを。

まずはこんな記事を紹介してみたり。

自己破産を回避? 自転車保険に加入する人が増えている

この手の保険は前から必要性があるのではないかと調べて、「輪行本特別編-自転車と保険の緊密な関係-」という本を書いたことがありました。

この本を作った後にできた“インターネットで加入できるネット保険「au損害保険」”とかは入っていないんですけれど、一応「保険を考えるときの俯瞰する見方」をするための本にはなっているので、一助にはなるのではないかと。

先のリンク先でも通販してますが、コミケ会場でも頒布予定です。よろしければ是非。日程とスペースは以下になります。

8月11日 日曜日 西地区“か”ブロック-44a 「拝御光房」

他にも気さくに自転車を楽しむ本を置いてあります〜。

2013/08/06

急遽、行ってみるか?

おいらがそのうち…とはいえ、近々には行きたいと思っている喫茶店「ロバの本屋」がある山口県は先日の豪雨災害で大変なことになっている。

激甚災害指定が適用されそうだし、なにより山口線や山陰本線の一部等が不通になっている。代行バスが走っているようだけれど、交通網が心配になる。

ただ、「ロバの本屋」までのルートの美祢線は通常運行しているようで、豪雨は局所的だったのかしら?「ロバの本屋」自体も通常営業しているらしい。

まぁ無事ならいずれ…と思って被害が無かったか確認でホームページを見ていたら、土日月営業の「ロバの本屋」がお盆シフトは特別に14日(水)15日(木)は営業するとのこと。代わりに他の日曜が休みになったり。

うーむ、コミケが月曜までなので、以下のようなスケジュールを考えてみる。

・火曜の夜出発
・水曜にロバの本屋、そのまま俵山温泉に宿泊・湯治
・木曜、俵山温泉をベースキャンプに周辺散策(サイクリング)と湯治
・金曜、俵山温泉をベースキャンプに周辺散策(サイクリング)と湯治
・土曜の朝に帰宅
・日曜に体調整えて月曜出勤

…悪くないな。

ネックはサークル参加申し込みが間に合うか(^^;)と、夏場なので着替えの荷物が多くならないか…か。

まぁ…ズボンは1着であきらめて、上はユニクロで手もみ洗濯しやすいやつの2枚でなんとかなるかな?

あとは週間天気予報次第かな…。あ、あとさすがに宿の予約を…、あー…、繁忙期で移動費、宿泊費ともにかさばりそうだなぁ…。

やっぱり別の機会まで待とうかな…

でもこの話を持ち出すと「山口県?大丈夫なの?行けるの?」と言われることも多い。問題ない地域もキャンセルが相次いでたりとかするのか?

それはそれで風評的な被害のような…。

そういう時は狙いめ…あ、いや、盛り上げに…(^^;)。


#…とここまで書いて美祢線のダイヤを今まで見ていないことに気が付き、何気なく長門湯本駅の時刻表をみたら、急に行く気が失せているんですけれど…(^^;)どうしようかなぁ…。

1時間に1本…あるかないか(^^;)。


#そもそもサンライズ出雲のチケットが取れなさそうな感じ。あと帰りは新幹線の予定だけれど、万が一にも座れないと、えらいことになるしなぁ…。やはりシーズンオフにしておくべきか…。

2013/08/05

限界で外れる

最近SEVのネックレスが外れることが多い。

知っている人は知っているSEVのネックレスですが、知らない人はぐぐってください(^^;)。

で、個人的にはパワーアイテムとして必須になり、もう何年も常に装着している。

そのネックレス、取付金具はソケット式なんだけれど、強度がやわくなっている…とかいうことはない。ゆるんだとか、手で確認する限りは確認していない。

で、思い出す限り、はずれるのは疲れているときなんだよなぁ…。なんか疲れてくると、いつの間にかはずれているという…。

…ブレーカーか何かの機能内蔵か?

2013/08/04

BGMは例のギターの旋律で

『鬼平犯科帳』の世界を再現したPA、羽生にオープン

自転車しか持っていないのを初めて後悔しはじめたぞ!(^^;)ぉぃ

まぁ別に行くだけなら自分の自転車じゃ無くても良いのかもしれませんが。ちょっと惹かれますねぇ…。なんか扮装したいですねぇ(^^;)。

少なくとも1回くらいは行ってみたいですが、なにぶんP.A.。そこだけに行くってのは無理なんでしょ?そこのP.A.でUターンってわけには行かないんでしょ?


…んー、その先にも目的地を作らないといけないのかしらん?…意外と難題かも。「手段のために目的を探す」のって(^^;)。

2013/08/03

久しぶりにモデリングを…

若干、SurfacePROが欲しくなってきた。

ZBrush あたりを動かしてみたいなー…と。ライセンスをWin版しか所有していなくて(^^;

ペンでがしがしモデリングするのが面白いのではないかと思ったり。ただ、たしかショートカットを併用しないといけないかもしれないけれど…(ZBrushの使い方、まだマスターしてないんだれど(^^;)。

まぁその辺は、小さいBluetoothキーボードを併用すればいいのかなぁ。

3Dモデリングとなると、Cinema4Dの旧バージョンとかもありかなぁ。最近バージョンアップしてないからWin8で動くかどうか知らないけれど…。


…というのも、なんか3Dプリンタの普及してきて、自分で持たないにしても人のところでいじれるかも…と思うと、ちっと利用してみたい、モデリングしてみたい…とモデリング熱がふつふつと…(^^;。


まぁ、ここ数年、下手すると10年のブランクがあるので、腕、鈍りまくりだろうけれど(^^;。

そういう意味でも、ソフトをすぐにいじれるマシンがあるといいかなぁ…という気も。リハビリがてら。まぁ、まだあまりモデリングしたいもの自体が無いんだけれど…(^^;。

2013/08/02

拝御、西へ

新刊原稿を落としておいてなんですが、リフレッシュに旅行に行きたいと考えています。

本業で昨年色々あったので、担当仕事を換えてもらって負担軽減を図ってもらったのはありがたいのですが、結局昨年担当した仕事やその他のサポートも行って、かつ新規事業も行っているので、結果としてトータル的に負担増になっている気が…。

まぁともかく、最近負荷のあった本業のとあるイベントが終わって、しばらく時間が経つと創作意欲も戻ってくることに気がつき、やはりリフレッシュが必要かなぁ…と思い始めていたところ。


ちょっと新機軸として今まで行ったことの無いところに行ってみたいなぁ…と思い始めています。

目的地を定めずにぶらり旅というのも良いですが、最近ある人に「ロバの本屋」という喫茶店を教えてもらい、コーヒー飲みに長旅…というのもいいじゃないか、と思い始めています。


…山口県ですけれど(^^;)。


近場に俵山温泉があるので、日帰りせずに宿泊する予定。以前ほぼ同じコースを旅行した人にいくつか見どころを教えてもらったので、ちょっと乗り気になってしまった。

出身地が近い友人は「見どころは無いぞ?」と言われたけれど、まぁ、何かを探すのもまた面白いかな…と。

で、同行する友人を誘ってはいるが、諸般の事情(余計なことを言ったらしい(謎))により一人旅になりそう。

まぁ、ここまでの長距離の一人旅というのも出張・沖縄旅行以外では滅多にないので、それも面白いかな。

電車移動中、テキスト作業してもいいだろうし。…まぁ長時間移動になるので、友人が居たとしてもずっとしゃべり続けというわけにもいかないので、テキスト作業は行うのだろうけれど(^^;)。

8月下旬…はまだ暑いだろうか?9月くらいには…。


ところで移動等についてはいくつかのしばり(主に荷物)を設ける予定。

・BROMPTONを持っていく
・荷物はSバッグとサドルバッグに入る分だけ
(どうしても…となったらウェストポーチくらい)
・なので、デジタルガジェットもiPad mini以下にする
・2〜3泊 できれば内1泊は寝台列車

フットワークを軽くしたいのと、一度くらい寝台列車に乗りたいと思っていたので、サンライズ出雲で岡山くらいまで移動したい。

それによって全日程をコンパクトにしながら、現地での自由時間が増えるという目算も。

ただ、持って行くカメラだけ迷っている。

M9-P+トリエルマー28-35-50mmF4、換え(夜間用)にNOKTON50mmF1.5かNOKTON Classic40mmF1.4という魅惑の組み合わせを考えたが、さすがに重い。
※注:レンジファインダーカメラなので振動に弱く、自転車固定のSバッグに入れるのはもってのほか。常に携帯することになる。

F1.4-2.3レンズ装備のD-LUX6だとコンパクトだが、CCDが小さい分物足りない。

うーむ、前述のカメラセット(換え除く)をおしゃれに、機能性を持って負担なく持てるコンパクトなカメラバッグとか無いだろうか?まぁD-LUX6も充分楽しいとも思うし…。うーむ…。

#ああ、あと「何か」の記録用に、アイレベルの映像録画カメラも用意した方が良いのかしら?ライト付きか、明るいレンズ装備の奴(超謎・一部爆)。

2013/08/01

2人で大丈夫か?

「パシフィック・リム」に期待している。

日本の原作を映像化されると色々と問題が出るハリウッドだけれど、インスパイアだと可能性はあるのではないかと。

何より「アイアン・ジャイアント」を生み出した国。「日本人に受け入れられる巨大ロボットものなんて作れるのか?」という偏見は良くない。

まぁすでにロボットデザインがいまいち日本人好みっぽくないけれど、複数体あって各国の特徴が出ているなんて、Gガンみたいでいいじゃない(^^;)ぉぃ。


とはいえ、不安要素も感じなくもない。それも根幹部分。

2人乗りというのがどうも気になる。

CMでは「心を合わせないといけない」みたいなことを言っていた。もう少し簡易なシステムだと思うけれど、それでも同期しないといけないというのはなぜ?

古来(?)複座式となると、大概作業分担を行って別々のことをやってる。戦車や戦闘機なんかわかりやすい。

アニメだとガンバスターとかがいちばんわかりやすいか?トランファムとか?(^^;)歳がばれるなー

人間ドラマの理由づけかもしれないが、根幹のシステムなので必然性がないと共感が得られないというか、興味が離反していくというか、感情移入しにくい部分だと思う。

とりあえず心配事はそこだけかなー…。まぁ、…なんとかしてください(^^;)ぉぃ。


#余談だけれど、「アイアン・ジャイアント」。Wikipediaによると、肝心の本国での興行成績が製作費の4分の1という残念な結果に終わったらしい。

でもYahoo!(たぶん日本)の映画レビューでは5点満点で常に4.5点以上の平均点を維持しているんだとか。すげぇ。

俺?もちろん5点評価。

機会あれば…っていうか、作って見るべし!

映画公開時には沖縄在住だったから、わざわざ関東に戻って見たんだっけか。映画館出たあとは本当につらかった。涙抑えるの。

…それにしても、調べてわかったけれど、監督があの人だったとは…。結構監督作品好きだな。あの頃から惹かれていたんだなー…(謎)。

セルラー版iPad miniその後

今更ながら手に入れた、セルラー版のiPad miniですが、普段使いしています。

回線(モバイルルータ)を気にしなくて良いというのはなかなか精神的に気持ちいいですなぁ(^^;。そもそもテザリングでルータにもなるというのも、バッテリー大きい分、iPhoneよりも長持ちしそうだし。

最近はまだあまり使用していないのだけれど、GPSが内蔵されて、iPhoneよりも大きい画面でマップになるというのもいいですね。

お絵描き用途には画面が大きい方が良いので、その…はiPadフルの方に分がありますな。

とはいえ、7インチでもなにか、下書きくらいには使えるようにしたいですな。

miniを2台携帯し、片方を資料表示とかに使用するのがやはり便利。iPhoneはちょっと画面小さいですからねー(^^;視力の問題?。

データも同期できるから、資料も簡単に同期できますしねー。結構便利な環境なのではないかと。

あまりつっこんだ使い方はできないにせよ、効率の良い作業ができそうな気がする…と持っている機材を有効活用してみたくなる(^^;。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »