2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« いよいよタフネス? | トップページ | デスクワークの罠 »

2013/07/11

締切を忘れた奥多摩-青梅

13071101
夏コミに向けて原稿作成している最中、最後の方のネームがいまいち決まり切らない。

また、ヘルメット等一部ディティール、及び青梅周辺の資料が足りない。

想像で描くことも考えたが、見所を紹介する意味合いもあり、やはり現地調査をしっかりするべきと考え、奥多摩・青梅に再度取材に行くことにした。ちなみに輪行日記で同じ場所に何度も取材に行くのはいつものこと(^^;)。

で、今回はせっかくなのでトレックリング体験も兼ねてみた。

別段、奥多摩から青梅まで輪行、または奥多摩・青梅間電車移動でも良かったのだけれど、やはり体験しておかないとわからない部分もあるかもしれない。

あと途中、教えてもらった食べておきたい釜飯のお店もあったし(^^;)。

あと、お客なので資料写真を撮りやすいという…(^^;)ぉぃ。おかげさまで自転車やヘルメットの資料写真、がしがし撮れました。ありがとうございます>トレックリングさん。


とはいえ、時間無いので暫定的にも描いていた部分があまりにも違い過ぎるところもあるので、一部描き直しになる模様(^^;)こういうところ看過できない性格が時間をキツくさせる…。


13071102で、トレックリング体験記なのですが、やはり原稿を考えるとキャラが乗るのと同じ自転車を選ぶべき所。ついうっかり自分セレクションで違う自転車にしまった(^^;)なんでやねん。

でも乗りやすい(^^;)。

やはりタイヤが大きいとすいすい走りますな。そしてギヤも24段もあるモデルで車体も軽く、ブルホーンハンドルで力を入れやすいということもあり、登りもすいすい。

まぁあまり急な登りも少ないのですが。

強いて言うなら川井の近く。釜飯の「なかい」というところがあるのですが…。

某みるきぃ組にはすげぇ昔、「大丹波国際ニジマス釣り場」というところでおいらが釣りキチになって爆釣したところがあったけれど、そのすぐ近くといえばわかりやすいかな?(^^;)覚えてねーって

このお店を教えてくれた人、知ってる人はみな、そこに行くまでの坂がキツいと言っていたのだけれど、これがサクサク進む。山王峠とか体験している身としてはあまりキツくないかなぁ。S2Lでも「なかい」までなら大丈夫かなぁ…と思ってしまったり。

レンタルサイクルのおかげなのかもしれませんが(^^;)自信過剰。

ただ、うっかり他にも自転車乗りがいて、なんかもっと上流とかを目指しているのか、そういう団体に追い抜かれたものだから、抜き返す…というか、追いすがるというか、つい熱く走ってしまい、ついうっかり「なかい」の目印を見落として、気が付けば青梅線から2キロ程度の走行予定を、倍走っていました(^^;)。

地元の人には「バスの折り返し地点」よりもさらに向こう…とか言うとわかりやすいかな?(^^;)。

ともあれ、そんなにキツくないとはいえ、ちょっと目的地もペースも見失ってしまい、へとへとで「なかい」に入店した次第。

13071103でも鶏ごぼう釜飯は美味かった。

…というより、一緒についてくる水炊きがすげぇ美味かった。肉体疲労に必要な成分が全部含まれているんじゃねぇかというくらい体に染み渡ったなぁ…。

余分に走った甲斐はあったなぁ(^^;。まぁ反省点としては、水炊きについてくるレモンは少し搾ったあと、すぐに出してしまうべきだな。後の方に酸味が強く残ってしまったのがちと残念。

それくらいの調整加減の失敗はあったものの、総じて満足。また来よう。


そして日当たりは少ないものの、気温も湿度も高い日だったけれど、奥多摩あたりもじめっとして、全体的には決して涼しいとは言い切れない状態。

しかしスポット的に涼しいところがあった。小川沿いからひんやりした風が流れ込み、気持ちよいところがちらほらと。

走っている最中に巡り会ったりすると、ちょっと幸せ。

まぁすぐ通り過ぎるんだけれど(^^;)。

ともあれ、なかいへの道のりも含め、いい運動(リフレッシュ)になりましたわ。


あとの目的は青梅周辺の取材と資料写真撮影。適当に走り回ったり、自転車の返却した青柳自転車さんも許可をもらって撮影したり。

ちょこっと青梅周辺を巡ったおかげでネーム修正案も思いついた。うんうん、やはり現地取材をしっかりしないとイメージがつかめないもんだなぁ(以前の取材時、青梅はほとんど素通りだった(^^;))。

とはいえ、想像力を使う漫画描きにならないといけないとは思うのだけれど…。ちょっと自己嫌悪気味…(^^;)。

まぁそんなわけで、ネームは個人的には納得いきそうな感じになりそう。トータルとしては輪行入門情報と奥多摩−青梅間の旅の紹介…なのだけれど、その辺のバランスがちぐはぐかなぁ…という感じだけれど。まずは完成させないと。

…間に合うかは別にして…(^^;)。

#ちなみに、3月の取材時に「3月で契約切れで閉店するかも」と言っていた蕎麦太郎は無事、営業を継続中。

13071105幻の味「麦切り」も健在…と言いたいところだけれど、昨今盛況らしく、危うく売り切れ寸前。最後の一食をいただいた。危なかったー。

なにやら3月の頃より改良していたらしく、薫り高い味になっていた。

まぁ、味を間違って「○○味、美味いですねー」と店長に言ってしまうあたり、まだまだグルメを名乗るにはほど遠い自分です(^^;)。

« いよいよタフネス? | トップページ | デスクワークの罠 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/57771451

この記事へのトラックバック一覧です: 締切を忘れた奥多摩-青梅:

« いよいよタフネス? | トップページ | デスクワークの罠 »