2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« RSS難民 | トップページ | イーモバイルの新幹線利用 »

2013/03/16

親が振り込め詐欺未遂にあいまして

Twitterではすでに告白済みなのですが、おいらの実の父が振り込め詐欺未遂に会いました。

電話がかかってきたくらいなら「未遂」としてここで挙げません。奴さん(親父命名・呼称)は親父から数百万、銀行から下ろさせることに成功しています。

もっとも、成果としてはそこまでで、そこで親父がおいらに携帯電話し「それで、どこにお金を持っていけばいいんだ?」と通常業務中のおいらに聞いて、「は?」と答えたことで事態発覚。事なきを得ました。


話を整理しましょう。まぁ、あまり細かく書くとちょっとアレなんで、ある程度簡略化・ごまかして書きます。

平日の昼間、午前中に親父が一人で家にいたのですが、用事があってさぁ出かけようとしたときに電話があり出てみると息子そっくりの声。そのあたりで大体「私」と思い込んでいたようです。

その奴さん、慌てていたようで、「会社に損害を与えた。困った事態になったー…」という相談だか状況報告だけをしてきたらしい。最初はそれだけの話で電話は終わり。

またしばらくして同じ奴さんから電話があり、状況が悪化して損害が取り戻せなくなりそう、自腹が必要かも…という話が出始めたらしい。

電話は数回に及び、そのなかで「親父はいくらまで融通できる?」という話がちょこまか出ていたらしい。

また、その中で奴さんの上司の「部長さん」が登場。部長の監督責任もあるので、ある程度は部長が補填する…という意外な話の方向性。

ただ、奴さんがしゃしゃり出て、それにしたって部長にも高額すぎる。そもそも奴さんの責任だし、誠意として自分(奴さん)も出したいが、親父、金を出してくれないか…と言ってくる。

じゃぁ親父も息子のためならある程度のお金を都合するか…という話に至ったらしい。


実際の設定とはちょっと変えてあります。

上記会話の中で「おいらの携帯電話が使えない状況(折り返し電話してくれるな…という設定)」や、「おいら自身がお金を下ろせない状況」「急かす状況(補填を急がなければならない)」「会社に知られたくない(周りに知らせない)」といった「詐欺」と発覚しないよう配慮する細かい設定がちりばめられていました。


また、相手(親父)がいくらまで出せるか=カモがいくらなら都合する気になるか…というのをさりげなく部長を登場させて値段交渉させている(最初は高額の損害額を提示し、親父の反応を見て部長がある程度負担=値引きし、奴さんが微調整して親父が出せる金額を引き出す)のも巧妙です。

おいらが聞いていたり、録音が残っていれば、そういう交渉術に通じるキーワード、会話術とかがうかがい知れたのかもしれませんが、なにぶん、そういう観察力のない親父。概要しかしゃべってくれないのでどういう会話だったのかはもう想像がつきません。

ただ、結構話の矛盾(最初の方と最後の方でおいらが損した原因が少し変わっている)や、おいらにしては言葉遣いが違う(「もじもじ」を「うじうじ」と言ったり)、会話の最中にも疑問を持ってはいたらしい。

それでもお金を下ろすところまで誘導してしまうんだから、どこかで「息子を助けなければならない」といった気にさせ、かつ集中させてしまう何かがあったんでしょう。

そしてそれをなぜか「携帯電話が通じない状況下にある息子」の携帯電話に電話をかけるという、「うっかり」で事なきを得るのもまぁ…なんかしっくりこない気も…(^^;)いや、いいんだけれど。


ちなみに、家族間で振り込め詐欺の話はよくしていて、親父は常日頃から「こんな詐欺にはひっかからない」と豪語していた。…のに、詐欺会話の最中も疑問があったものの、話術に乗せられて途中までだまされた。(おかげで被害に関係なく、相当落ち込んでいます)

周りには声を大にして言いたい。「絶対」というのはない。「絶対に引っかからない」ということはないと。

まぁ息子としては、そういう人に限ってだまされるんだよなー…と思っていたので、だまされたこと自体はさほど驚いていないのですが、そういう犯罪の対象になった…ってことがびっくりしている方です。身近な犯罪なんだなー…と。


ともあれ、被害がなかったのは不幸中の幸い。まぁとりあえず警察に報告しておくか…という話をしたところ、親父は古風な男なので「だまされたなんて恥ずかしくて、警察にも言えない」と言い張る始末。
(そんなわけで、おいらの親父を知っている人。この話は秘密で(^^;))

しかし野放しにはできないし、(どうせ捨て番号だろうけれど)相手方の電話番号もわかっているのだから、通報しておかないわけにはいかないでしょう…と説得して、近くの交番に連れて行きました。

おまわりさんが「被害が無くて良かった良かった」「よくすんでのところで息子さんに電話したよぉ」と励ましてくれて、ちょっと親父元気に(^^;)ありがとうおまわりさん。

簡単な調書を取りつつ、また別の警察署の生活安全課かどこかの担当刑事と電話で状況説明・連絡先のやりとりをして通報は終了。

この刑事さんは翌日にも確認の電話をくれたり、やはり何かあれば相談しておくものですね。

ただこの刑事さん、また電話がかかってくるようであればおびきよせたいという希望があったようなものの「あ、明日は歯医者なんででかけます」という親父の予定優先であっさり断念。…親父…。


また、この際わかったのは、下ろしたお金を渡すのは「息子本人にしか渡さない」という話を奴さんらとしていたらしく、そこで奴さんらは断念していたっぽい。ある時間を境に連絡が途絶えているので、たぶん今後も接触はないと思う(ひょっとするとお金を下ろしたことも知らないのでは?)


あと奴さんに関して感心するのは、電話してきたのが午前中、10時過ぎのあたり。しかし断念したとはいえ、現金を下ろさせて、その後銀行に戻れないよう、午後3時頃にそれをさせているスケジューリングの妙。

テレビでそんな状況に陥らせて、銀行に戻らせないようにしていると言っていたのを聞いた覚えがあるけれど、本当にそうなっているものなぁ…。(おいらに最初に電話かかってきたのが、午後3時過ぎだもの)


ちなみに、おいらは親父から電話があった際、最初は軽く考えていたんだけれどお金を下ろしているという時点でびっくり。

犯人をおびき寄せて捕まえるチャンスか?と思って受け渡し方法を聞いてみると、その話はしていないとのこと(断念しているので)。

まぁとりあえず近くの交番に行きなさいと言っていったん電話を切ったものの、「…お金を下ろさせたのに、現金の引き渡し方法を指定していない?」…ってあたりで疑念を持ち始め、親父の所在をわかった上で電話し、お金を下ろさせるのを監視していたら、その後襲われて現金を奪われてもおかしくないと思い始めちゃったり。

で、俺が行くまでその場を動くなと電話しようとしたら、それを思いつくまで数度連絡取り合っていたのに、ケータイが一切通じなくなり、急に心配になって会社にお願いして早退。

途中立ち寄りそうな所を経由しつつ、自転車で全速力で移動。

いったん実家に立ち寄り、事情を全く知らない母親に事情を説明。再度心当たりを探そうと移動し始めたところで帰宅途中の親父とばったり。

本人、おいらの無事を確認してほっとして電車で移動を開始したので、電話を気にしていなかったらしい。

あとでその「襲われるんじゃないか?」という杞憂をしてたとお巡りさんにしたところ、「それは心配しなくてもいいんじゃないかな。奴ら、詐欺団であって、強盗団じゃないから」とのこと。

カモを襲うときは自分も身をさらす=捕まるリスクを高くする…よりは、次のカモを探した方が効率が良い…ってことでしょうか。うーむ…。


振り込め詐欺は、本当に油断ならない相手だと思う。まだ経験上、「こうすればいい」という解決策は思いつかないが、もしこれを読んでいる人も心配なら、「家族はだまされる」ということを前提に考えておいた方が良いのかもしれない。

その上で何か対策を講じないと。

奴さんは「誰にも言うな」「母親も言うとぐじぐじうるさいから、終わってから話す」といったあたり、周囲との情報断絶をはかるように仕向けているので、やはり電話口以外の情報共有が大事なのかも。

絶対に周囲に相談させるようにしておくのが一番なんでしょうね。客観視すれば結構簡単に詐欺と見抜けられるかも。まぁ、その相談相手もだまされないような年齢層にする必要があるのかも…いや大丈夫か(^^;)一緒にだまされないよなぁ…。

あと本当にだまされている最中は夢中になって、周りが抑えても振り込もうとするらしいし。

おまわりさんに何件かそういう事例を教えてもらいました。銀行でお金を振り込む段階で周りが気づき、本当の息子さんに連絡させようとも客観視できないことも多く、「いや!振り込むのが先だ!」と銀行員を蹴ってまで振り込んじゃった事例もあったそうです。

本当に難しそう。

親ではなく、子の側が何かしら考えて、対処できるようにしておかないと…とも思うわけですが、常時監視しているわけにも行きませんしねぇ…。

まぁまずは親御さんへの注意喚起だけでなく、子の側も「まさか」と思わないでおくのが大事かと。

特に同居してなければ、なおさら何かしら高度な対策が必要なんでしょうね。何か…意外と簡単で、でも頭をひねって効果的な手段…というのがあればなぁ…(思いつかないけれど)。

« RSS難民 | トップページ | イーモバイルの新幹線利用 »

コメント

>何か…意外と簡単で、でも頭をひねって効果的な手段…というのがあればなぁ…(思いつかないけれど)。

一日に数回(朝、昼、夜)必ず連絡をとる。これだけです。

えー…、京都の主婦(正確には大阪から京都に遊びに来た主婦)にも同じことを言われました。付け加えるなら、普段の電話とは別に、専用(ダイレクトライン?)のケータイも持つ…だそうです。

ああ、だから大阪は振り込め詐欺の被害が少ないのかぁ…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/56954955

この記事へのトラックバック一覧です: 親が振り込め詐欺未遂にあいまして:

« RSS難民 | トップページ | イーモバイルの新幹線利用 »