2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« ちょっとキーボードを試してみる | トップページ | 7インチノートの可能性 »

2013/03/05

奥多摩取材の成果

13030501
3月2日にはぶらり奥多摩に行ってきた。

別に普段見たいにあてどなく行っていたわけではない。サイクルモードの時にちらりと知ったのだけれど、奥多摩にレンタルサイクルの店があり、かつ青梅方面の自転車屋に乗り捨てできるという。

輪行布教活動中の身として、レンタサイクルもおすすめしたいところ。ただ、輪行よりも「気分で行動」ということができないレンタルサイクル。必ず「借りた店に戻る」という点で大きな違いがある。

ただ、決まった箇所とはいえ、「借りた場所に返さなくても良い」となると、かなり輪行に近い感じになる。

輪行と言えば、「どういう自転車で可能か?」「どういう仕方をすれば良いのか?」に注目されがちだけれども、「予定に縛られない自由さ」というメリットをもっと感じて欲しいと思うし、それに近い形を体験できるのなら、是非試してみてもら痛いところ。

それが奥多摩の「トレックリング」なわけで、そのお店とそこからの走行ルートは、輪行入門本を描くに避けては通れないのかも?…と思えばまず下見なり取材に伺うしかない…ということで最初は借りて実践しようかと思ったものの、思いついたのが急だし、17時に用事があったりとちょっと自由に行動できなさそうなので、普段の輪行で移動。

13030506で、トレックリングにお邪魔させていただいて(そういえばアポ無しで失礼だったな…(反省))、色々お話を伺った次第。ヘルメットも借りれて、自転車の普及に尽力されているなぁ…と実感するところ、すごいなぁ…と思うところだし、やはり描いてみたいところ。

ただ、大きな誤算があった。

うっかり周辺の美味しいお店を聞いてしまった。

最終的にはそういったところを調べて、作中でキャラクターが自由に動いてそういう所に気ままに立ち寄り、気ままに帰るという自由さの自転車の旅…といった流れで描くべきで、そういう情報は必須でちょうど良い。

必須…なのだが、あまりにも自分の趣向にマッチしすぎ、以降、取材にならなかったのがなんとも…。

まず「蕎麦太郎カフェ」。日原方向ってあたりですでに「青梅方面に向かう」という趣旨に反しているけれど、元々お腹がすいていたし、距離も全然遠くないので、取材というというよりは腹ごしらえで行ってみた次第。

ただ、ここは「システム」にびっくりした。詳細はあまり書かないが、ふつー、びっくりするって。

13030502そしてなにより「麦切り」が美味かった。「蕎麦切り」というのはあるけれど、「麦」で作る幻のメニュー。ま…まさかあんなところでお目にかかれるとは…。放任主義なのか、こだわりのお店なのか全くわからない(^^;)意味不明。


13030503そしてもう一つ。「そば丹三郎」というお店。

これはちょっと離れて「古里」の近く(歩くとちと距離を感じそうなところだけれど)なんだけれど、ここがまぁ…。

飲食店にこんな装飾語をつけたら怒られるかもしれないけれど、一言で言うなら「人間をだめにする店」。

一応北風の強い日でそこそこ気温が低い。山の麓を走るのでそれほど風には当たらなかったのだけれど、自転車移動だし何とはなしに白丸ダムというところにも寄っていたりして。

たぶん作中には出てこない所になると思うんだけれど、本当に何とはなしに寄っちゃって、そこが高台なものだからもろに風にあたる。冷える。

13030504そんな状態で凍えながら、店構えからして趣のある丹三郎にたどり着いたわけで、そのまま客間に通されたらあったのが「こたつ」。

もうそれだけでだめ。

13030505自宅感覚でだらけまくり、「お茶」「そばがき」「椎茸の天ぷら」「蕎麦」「ぜんざい」と来られてもう…どうしろと?(^^;)意味不明。

いやぁ…もう帰るのがつらかった…。この記事最初の写真は、寝転んで眺めていた天井です(^^;)。

ともかくここで滞在時間がかなり長くとられ、後の予定がすっかりぶっとびました(^^;)。

前述したとおり、17時に用事があったため、もう全速力で帰るしかない。

御嶽の駅から帰るのもありだけれど、青梅以西は本数が少なそうだし、もうそのまま青梅まで出た方が早そう。S2Lとはいえ、下りは早いから全速力でこいだら、ばっちし予定に間に合った。(まぁ色々あったんだけれど。


それにしても、奥多摩方面の取材が不完全なのは確か。

それよか、奥多摩自体をもっと掘り下げたくなってきた。むしろ「輪行日記」か「孤独の輪行」を描きたいところ(^^;)。

輪行入門は?

うーん、企画の練り直しか?初志貫徹か?

まぁともあれ、冬の日原で凍った滝を見た程度では全然奥多摩を制覇した内には入りませんぞ>某おのおの方(^^;)挑発してみる。

ちなみに、丹三郎からこたつが無くなるのは、近々です。急がなければなりません(^^;)

#お店の方には、夏の木陰の涼しい風を、開け放った窓から感じても気持ちいいですよ…とは言われましたが、まず「こたつ」でしょう(^^;)。

« ちょっとキーボードを試してみる | トップページ | 7インチノートの可能性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/56888590

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩取材の成果:

« ちょっとキーボードを試してみる | トップページ | 7インチノートの可能性 »