2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 草津の雪景色と、都心の雪景色 | トップページ | 大雪の収支 »

2013/01/16

草津-東京、交通手段の混乱

先に書いた草津旅行ですが、2泊3日の最終日、都心にも記録的な大雪が降って、交通がだいぶ混乱したようですね。私らの交通の足にも影響しましたよ。

こちらとしては伊香保温泉までは雪だったものの、その後の渋川駅付近が雨だったので(上里サービスエリアのあたりも)、以南の天候は油断していたんですけれど、南、寒気と低気圧の暖気が衝突する南岸が雪がひどかったようですね。

まずおいらの本来のルートを説明しておきます。

草津10時発のJR高速バスを使い、伊香保温泉、渋川駅等を経由して関越自動車道を通り、練馬を経由して新宿に向かう路線です。

到着はだいたい14時台の予定。まぁ多少渋滞も考慮して15時台といったところでしょう。そこから自宅までさらに1時間といったところ。


ただ、先の経由地を通って後、関越自動車道の休憩場所、上里サービスエリアで良からぬ情報を耳にしてしまいました。本庄児玉I.C.から先、練馬まで通行止め…と。

そもそも先述したとおり、草津付近では降雪していたものの、新宿に向かうにつれ、雪が雨になっていきます。だったらこの先、南進するんだから普通に雨の中の帰宅だべ。新宿ついた後、電車使いながら傘を使わなくても済むルートを考えればいいかな…と思うくらいな訳ですよ。

ただ、車中何とはなしにツイッターで友人のTLを見ていると、どうも様子がおかしい。南ほど雪がひどい。…そんなにひどいの?と聞いているとどんどん交通事情などおかしな流れになっていく。

そして先の通行止めの情報。こりゃ一般道に降りて、時間かけて新宿行き…になるのかな。

…とか思っていたら急に車内アナウンス。「本庄児玉I.C.から先の運行を取りやめます」まさかの運行取りやめ!

どどどどどどーすんの?…と思ったら引き続き車内アナウンス。本庄早稲田からの新幹線か、伊勢崎からの在来線かで下車、鉄道を利用して欲しいとのこと。

…どっちもどこよ!?検索しないとわからねーよ!

…とか思ったら、車内で一斉にスマホをいじり始める乗客(^^;)。

ちなみにさすがに払い戻し対象だそうです。


さて、本当に初めて放り出される土地ながら、最近はスマホやタブレットで情報検索できるので、比較的どうにかなります。とはいえ、正直混乱しまくりです。どこなのよ?

そもそも伊勢崎ってどこよ?西武伊勢崎線ってどこを通るのよ!?本庄早稲田だって何新幹線になるのよ?どこに着くのよ!?

しかし、着々と到着時刻が近づきます。とりあえずおいらの選択は、本庄早稲田から新幹線で大宮まで移動、そこから先はその場で決める…ということにしました。

友人は住所の関係上、伊勢崎から私鉄を乗り継ぐ方針で、本庄早稲田でお別れです。

しかしこの駅、1時間に1本しか通らない駅だったようで、移動が心配。ただタイミングがいいのか悪いのか、数分で新幹線が来るようで、しかしそこにいきなり高速バスの降車組がいっぺんに乗り込んだものだから切符販売所が混む混む。危うく乗り遅れるところでした。

とはいえ新幹線はすでに満員状態。同じような状況に巻き込まれた人が多数か?次の駅、熊谷ではさらにヒドいことに(乗れない人多数)。

大宮にたどり着いても、在来線全滅。東京方面に動いているのは新幹線だけなので、券売機等に長蛇の列。おいらもむしろ新幹線に乗ったままで東京行った方が良かったか?…と一瞬後悔しかけましたが、でも結局在来線全滅状態なんだから、どこかで動けなくなるのは一緒。(まぁ今思えば、東京駅付近で地下鉄で新宿に何とかして移動、京王線で帰宅…という線はあったかな。費用がかかるけれど)

ともあれどうする、俺?路線検索はアテにならないし、駅員にも頼れまい。

ともかく私鉄も含めた路線図をiPadminiにインストールしてあったのでそれをじーっと見つつ、先ほどツイッターで「JRは脆弱、私鉄は比較的動いている」という友人のアドバイスを思いだしながら考えていたところ、川越線が川越まで動いているとの構内アナウンスが。

…ん?川越っつったら本川越から国分寺まで西武線がつながっていたような。運行情報を確認してみると、ダイヤは乱れているものの一応動いているとのこと。都心を経由せず、そもそも自宅に近い方向への私鉄の利用。

これはJRの在来線に期待するより、私鉄に賭けてみるか!…と思い立ち、慌てて出発寸前の川越線に乗り込みました。

程なく川越に到着し、本川越に移動…なのですが、ここが一番つらかった。傘無しで徒歩移動。足回りはしっかりしていたものの、一人傘ささずにフードかぶって歩いていたのは客観的にはどうだったのだろう?

ともあれ本川越駅に到着すると…混雑していない。…ということは、運行に問題は出ていない?確認してみると減速して運転しているので本数が少なくなったりダイヤが乱れてはいるものの、運行しているとのこと。

寒いホームでちょっと待たされましたが、無事車両に乗り込み、乗り換え1回で国分寺駅に着きました。

本来はそこから中央線と武蔵野線を乗り継いで北府中駅に行くのが最寄り駅なのですが、中央線は未だ混乱中。この時点で17時。うーむ…。

とりあえず国分寺といえばホームグラウンドなので、行きつけの店で夕食をとって一息ついて考えようかと。

軽くビールとか飲みながら運行情報を確認していても、中央線はなかなか復旧しない。色々な理由により動いては止まり、動いては止まり…。

こりゃ歩いて帰れないこともないし、歩くかー、傘買って…ってつぶやいたらさすが行きつけのお店、傘をくれました(^^;)。

あとはてくてく歩いて帰りました。それはあまりつらくもなかったですが、それについてはまた別記事で。

ともあれ結果19時のニュースでことの重大さを知ることとなりました(^^;)。


通常の高速バス移動からみて…3時間くらいのオーバーだったのかな?夕食も入れれば4時間くらいかも。トラブルに見舞われた割には選択が比較的良い方向に向かっていたようで。鉄分が少ない割にはよくやった…と自分を褒めたい(^^;)。

それでも時間が長かった分、荷物を抱えっぱなしで、疲労は普段よりもキツかったわけですが。


それにしても悔やまれるのは、友人には「1時間早い高速バスにしない?」と言われていたこと。ひょっとしたら関越道の通行止めを通り越していたかも…と思うと…ねぇ。

土産買う時間とか、ゆったりしてもいいじゃない…と、10時発を推した身としてはちょっと肩身が狭い…。

« 草津の雪景色と、都心の雪景色 | トップページ | 大雪の収支 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/56553592

この記事へのトラックバック一覧です: 草津-東京、交通手段の混乱:

« 草津の雪景色と、都心の雪景色 | トップページ | 大雪の収支 »