2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« Macの分類 | トップページ | iPadミニの使用感 »

2012/11/26

人生二度めの救急車

ここに書くべきかちょっと悩んだけれど、一応簡単に経緯を。

ある日、仕事がキツすぎて朝のミーティングで倒れて救急車で運ばれました。症状は過呼吸。原因は精神的なものの、再発の可能性もあり、現在通常業務を続けながら投薬治療中。まぁ、今抱えているプロジェクト(12月1日終了)が終われば「原因」が無くなって改善するだろう…とのお医者様のお達しなので、そう長引かない予定。

しかしまさか救急車で運ばれるとは…。まぁ、過呼吸になったことないし、倒れている最中は四肢がしびれ、力が入らず、思うように動けないところ、本当に自分はどうなるんだろう?という不安でいっぱいだったので、それもありだったのかな…と。

結果的には呼吸整えてゆっくり休んでいれば改善したらしいのだけれど(^^;。

途中から症状が改善してたいしたことないのかな…(それでも四肢がしびれ、舌もしびれてろれつが回らなくなったりしてた)とかも思っていたり。

でも救急車の中、そんな不安を口にしたら、救急隊員の方が「たいしたことなくても倒れるような原因があるなら、きちんと診てもらいましょうよ」となんか本当に優しい言葉をかけられて、マジ号泣してしまいました(^^;。おかげで心拍や呼吸が乱れて「落ち着いて落ち着いて」と声をかけられる始末。

ただ正直、そこで心が洗われたのが症状改善のきっかけだった気がする。

以降、職場でも対応してくれて、さらに投薬でだいぶ改善に向かっていますが、環境がプロジェクト佳境なので薬抜きではまだツラいかも。

精神的にかなり参ってはいますが、周りにしわ寄せがいっていることも考えると、もう少し頑張らねば。

#ちなみに人生一度めの救急車は小学生の時の盲腸炎。

« Macの分類 | トップページ | iPadミニの使用感 »

コメント

>本当に自分はどうなるんだろう?という不安でいっぱいだったので

PCの中のえろいデータを消しておくのを忘れたとか、押入れの薄い本はどうなるのだろうとか...。

ともかくお大事に。(^_^;

 ここんとこ更新が無いな・・・と思っていたら、まさかそんな事が・・・coldsweats02

 悩みの種解消まで、あと数日。とにかくお大事に。無理しすぎ、頑張りすぎは禁物。
 会社のために体壊しても、所詮会社は最後まで面倒見てくれない、ってくらいの気持ちがいいかも。

 ・・・・なんて気休めを言ってみる。
 これが第三者である私にできる、せめてもの手助けであれば、と念じつつ。

久しぶりに覗いたら大変なことに・・・。
大丈夫ですか?

過呼吸の時は紙袋とか無ければ手で口元覆ってゆっくり呼吸するだけでも落ち着きますよ。

とりあえず無理はしないでください。

私が消防官だったとき、みなが万一の備えたれと日々訓練をしていた記憶が蘇りました~ご無事で何より


お騒がせしてすみません。だいぶ回復してきました。まだちょっと治療中ですが、会社も通い、原稿もしっかり描いております(^^;)まぁ元々多忙は予想できたので10月にある程度進めておいたし、背景を写真トレスに移行したりしたからなのですが。

ご心配をおかけしてすみませんでしたが、何とかクリスマス(別記事参照)とイベントには普通の姿を見せられると思います。…少し痩せていると思います(^^;)(そういえば12月始めに唯一遭ったROUさん、そん時の俺、どうだった?)。

本当に、体が大事…なのですが、今回はどちらかというと心の方ですかね。正直、どんな仕事でも「まぁ、どうでもいいか」という「気持ちになれる」ことが必要ですね。

今までは無意識にクオリティなどを必要最低限落とすなどして対処していたのかもしれませんが、今回は精神的に一切の妥協ができないような環境だったような…。ともあれ、今後はどうにかしていかないと…。昔はもうちっとうまく心をコントロールしていたと思ったんだけれどなぁ…。

それにしても本当に救急隊員や病院の人には良くしてもらったなぁ…。優しくしてもらって嗚咽するまで号泣するとは…(^^;)。救急隊員さんと別れ際、うっかり拝みそうになったのはここだけの秘密にしてくれ(^^;)。

逆に言えば、そんな救急車をタクシー代わりに使おうとするやつが心底許せない。うっかり殺意が深まってしまった気がする(^^;)ぉぃ。

#ちなみに確かに救急隊員にも呼吸を整えて…と言われたのですが、手足のしびれが1時間以上残っていたので、紙袋とかは自分ではどうにもできなかったかも。

#それと、意外とK-UDAさんが言われる懸念はそういえばあまり頭に浮かばなかったですね。今に思えば頭に浮かんでも良さそうなのに。他に保険のこととかも一切無し。人間、いざというときは意外と煩悩的なこととか金銭的なことは外れるのかも?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/56192642

この記事へのトラックバック一覧です: 人生二度めの救急車:

« Macの分類 | トップページ | iPadミニの使用感 »