2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« iPadだけで本を作る | トップページ | 新蕎麦の味 »

2012/10/14

電子回路の理解の仕方

これまたある日急に思いついたのだけれど…あ、いや、CEATECだったか。電子パーツとか扱うどこかのメーカーだったっともうけれど、iPadといった筐体にも日本の作った部品が使われているとか言っていたアピールを聞いて思いついた。

コンデンサーは電気を一時的に蓄える機能を持っています。これで高度な回路を作れます…とかなんとか言っていたような気がする。まぁ正確な話じゃないにしても、素人としては、


…電気を一時的に蓄える?電池じゃだめなん?


とか思ってしまう。「抵抗」とかも、電圧なり電流なりを制限して何?…的な。

そういえば昔からそういう疑問を持っていたけれど、本のネタとしてはいいんでない?


電子回路入門といった、ラジオ工作な感じの本があって過去にも見てきたけれど、おいらのような筋金入りの、電子ブロックもあっという間に挫折した素人にとっては、「電気の抵抗」とかも含めて、いまいち解説になっていない気がする。

各パーツを解説し、それらを組み合わせてラジオなど、なんか途中がはしょられている気がする。所詮理系の人が理系の人に解説している感じ?もちろんおいらの理解が足りないのが原因だけれど、それで理系とおいらとの間に「越えられない壁」があるのもつまらない。

「ラジオを聞く」を「特定周波数の電気信号を捉え、音声に変換」とか、さらにこれらの動作をさらに分解し、電子回路でどのように実現するか、そのためにどんな機能のパーツが必要か、そういったチャート的な(?)解説があってもいいような気がする。

あと、あまり電子回路にこだわらなくても、今時ならプログラミングとかの解説の方がよいのかしら?…というか、ソフトによってハードを制御する…というのはどういうことか…って話。

早速コンセプトがブレ始めているけれど(^_^;)、まぁ要するに途中で書いたとおり、理系との間の越えられない壁を低くするような本が作れるといいなぁ…という話。

まぁ、ネタ帳に書き込んで、ことあるごとに練って、いつか作品に昇華したいところ。

大体そういう本描くなら、おいらが理解しないといけないわけだし(^_^;)。

« iPadだけで本を作る | トップページ | 新蕎麦の味 »

コメント

間違いなく、アナログラジオだけで事典が書けるから構想しないほうが吉。
無線、弱電電子工作のほうがコンピュータや自転車より古株なんでしょ<コミケ分類
ニフティ何周年記念で画面復刻とか湧いてるのに、同じココログの記事の中で
本作りだけしたくて、そっち行くってのが発覚したら、どうなることやら。

キャパシタ=コンデンサも蓄電池の一環に見えるけど、
反応速度と電力容量ともに意味が違う、が入ってないと
両者がせめぎ会ってる現在が面白いってのも伝わらないですよ。
電池=ソニーのノイズキャンセルイヤホンが、
インナーイヤーの両ハウジングにNi-MH電池まで内蔵
ややこしいがUSB電源>ミニステレオジャック変換の充電パックを同梱
http://www.sony.jp/headphone/special/park/products_ba/tech3.html

キャパシタ=あの?秋葉原ラブロスが鉛バッテリーAC電源市場に挑戦、
リン酸鉄リチウム電池、スーパーキャパシタとの3段構成で
モーター機器でも支障なくAC定格6Ahを実現
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20120802_550834.html

「作り方」を解説するつもりは無く、「どうやって動いているか」の話のつもりです。かなり大雑把な説明で、でも「なんとなく理解した気持ちになれる」のが目標です。

本当に詳細に理解したいなら、ものの本にお任せした方が良いのは十分理解してます。ただ、「ものの本に行く」までの間のための本…という、よくわからないコンセプト(^^;)。

素人の視点を少し変えるのが目的。違う視点から見る面白さが伝わればいいかな、と。それが非理系が理系との懸け橋になるきっかけになればな…と。

もっと言い方を変えれば…、ブラックボックスを解析するのではなく、ブラックボックスを透明化するだけ。中身がなんだかわからないけれど、見えている分安心できる…的な?


あと出来るだけ現代に即した内容・テーマが良いかな…と思ってます。ラジオよりは「携帯電話」「スマホ」かな、と。

コンデンサを解説する話ではもうないですよ

例えばなんか3G→LTEと通信速度が速くなっているけれど、何故?…とか。

なんか機械(ケータイ)を買い替えなければ対応できないにせよ、大きさが変わっているわけではないのに、何倍も通信速度が速くなっている。なして?…とか。

そもそも、ケータイに電話がかかってくること自体不思議。電話局が基地局全部に「そのあたりに090-****-****っている?」って確認しているのか?それとも「090-****-****の番号は○○基地局周辺にいますよ」と時折連絡取り合っているのか?…といった話とか。
(ここら辺は電車の自動改札あたりで調べてみたい気もする)


まぁいずれにせよ、そういった「レベル」の見極めや、話のセレクト、それらの基礎になるコンセプトとかを決めていかないと。よく考えないととりとめが無くなってしまいましょう。

…まぁ、同人誌だったらそれでもいいような気もする(^^;)。

そーか孫さんが話せるような読解を、って違う。
ネタ一本ずつ4コマ漫画見開きで終わるとかで良いのかな。
「スマホのmicroUSBって充電器かパソコン刺さる以外の、変じゃない?
京セラとか、普通のイヤホンを500円のコード(しかもマイクも無い全長8cm)で繋げてるんだよ」
からの、1ビットのオーディオって何でしょう。
デジカメも「何でミラー有る1眼レフボディが要るの」疑問って既に出てるし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/55869043

この記事へのトラックバック一覧です: 電子回路の理解の仕方:

« iPadだけで本を作る | トップページ | 新蕎麦の味 »