2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012/03/29

煎餅・あられのお勧め

おいらは煎餅好き。

ところが最近、コンビニで手に入るそれの品質が良くなくて困る。いや、粗悪品というわけではないんだけれど、どうもそりが合わないというか…。やはり美味い煎餅・あられが食いたいわけ。

そこでおいらのお勧め煎餅・あられリストを以下にちょっと作ってみたり(順不同)。

■安藤製菓
ここの「小丸」と「おこげ」がいい感じ。ばりばり食うのもいいけれど、なめるのも結構好き(^^;)。おこげは比較的飽きやすいので、ローテーションを組むのがコツ。

■瑞花
・うす揚
 一押しは柚子胡椒。ただ、季節の味もあって色々な風味を堪能できるんだけれど、押さえ(?)として柚子胡椒は一度は味わっておいてもらいたい。
 ちなみに銀座店があり、そこで機会があると良く購入してます。ある日これもって銀座を歩いていたとき「これ、どこで売ってるんですか!?」と声をかけられて道案内することもあったり。そういえば、その方の一押しも柚子胡椒だったなぁ…。

・醤油おかき
 コンスタントに購入するのもこれ。もう絶品。なかなか飽きない。醤油味ながらあまり他にない個性があるのがいいよね。1週間の出張に2パック持っていったなぁ…(しみじみ)。

■京あられ本舗「ゆりや」
最近デパートの催事場で発見したところ。個人的には「大鬼」が一押し。すげぇ堅いのでちょっと歯が弱い人は要注意。ただ、かめないってほどでもないし、一度かけらが口の中に入ればその堅さとは相反する繊細な歯触りと味わいが楽しめます。
今後、通販で手に入れないとなー…。

■但馬屋
水戸コミケの時に会場そばで、かつ萌えラベルも用意したお店。ただ、ラベルだけじゃなく味も良い。
特にお気に入りは「大柿の種」の大容量ペット容器入り。これがもう卑怯この上ない。容量的には0.75リットル程度の入れ物に柿の種が満杯入っていて、これを持っているともう映画館のポップコーン状態。
もちろん美味いから「やめられない、止まらない」状態。
人によってはピーナッツ入りとかの方がいんだろうね。


うす揚を除いて醤油味で挙げてみた(あ、柿の種も違うか(^^;)。個人的にはこのほかに「塩味・サラダ味部門」というのもあるのだけれど、最近は血圧を気にしてランキング自粛中です(^^;)ぉぃ。

また、同じ醤油味でも「草加煎餅部門」という、草加市周辺のランキングもまた別にあったりするのですが、それはまたの機会に(^^;)。

さらに前述のジャンル以外にも、瑞花の「ぬれ煎」とか他にも色々お勧めあるんだけれど、紹介しきれないので…というか、覚え切れていない(^^;)。

ともあれ、煎餅って昔はこういうのが普通だったような気が…。コンビニで売ってる奴も以前は良かった気がするけれど、最近は価格優先になってしまった気が…。

さらに加えて、スーパーとかで「米菓」って掲げられているコーナーが小さくなっていくと、寂しくなってくるわけですよ…はい。

2012/03/28

地デジ録画を考える

最近ちょっと出費がかさんですぐにはどうこうできないのだけれど、Blu-Rayレコーダを購入しようかと考えている。

おいらの環境ではそれをVAIO Lで行っていたのだけれど、最近安定してきたとはいえたまに予約録画をし損ねる、Blu-Rayメディアにコピーできない番組がある等、使い勝手が悪い。

最近発覚した問題は、「録画してない」「消去した」番組がどうもHDD上に残留しているらしく、録画数の割にHDDを圧迫する、しかしどれがそのファイルかわからない…という厄介な状況にもなってきている。
(一応ほかにも同様の苦情があったようで、HDD上のデータを再検索するプログラムがあるようなので、それを使ってサルベージしてみる予定)


ともあれ、もう地デジPCはこりごりなので、専用デッキが欲しいところ。ディスプレイはHDMI接続で今ので良いし。

機能的には2番組同時録画、1TB以上、できればアクトビラ対応で、なにかしら携帯端末で再生できるのが良いなぁ…といったところ。


SONY以外で量販店で見たところ、東芝のレグザあたりが予算的にもよさそうな感じ。

レグザ・タブレットとはいえ、タブレット端末で扱えるというのも良い。


ただ、そのあとこちらの記事を見ると、パナソニックのDIGAも気になってくるから困る(^^;)。

iPhone/iPodにプラス!:
iPhoneと“ディーガ”のいい関係、「ポケットサーバー」で録画番組を携帯してみよう (1/4)

あまり追加投資を必要としないのならDIGAの方がよさそうだけれど、出先で録画番組を見るということもあまりない。

むしろ家内で、しかしスタイルフリーで放映中、録画問わず見てみたい…となると、レグザ+タブレットが理想的ともいえる。うーむ、なかなか難しいなぁ(^^;)懐具合が。


まぁでも、VAIO Lを選んでいた頃よりは選択肢が柔軟というか、それなりに色々やれることが増えている感じがして、それはそれで良いと思うけれど。

2012/03/27

体を柔らかくする方法

最近高血圧が気になってきたから…と言うわけでもないけれど、ストレッチ教室…というか、「Dr.ストレッチ」というところに通っている。

筋力とか体力は時間と自転車さえあればどうにかなるかな…と考えているんだけれど、柔軟性は別かな、と思うところ。

たまにタイ式マッサージでも通っていればいいかなぁ…と思っていたところ、ある日たまたま前述のお店に誘われてしまった。

何の気なしに始めたところだけれど、とりあえず現在、人生史上一番体が柔らかくなっています。

最近はあれでしょ?子供の身体測定とかで前屈測らないんでしょ?危ないからって「世界一受けたい授業」で言っていたような。

Dr.ストレッチ通うまでは常に床上のマイナス値だったけれど、今は床下のプラス値。今なら喜んで計測したのにー。

まぁ、寝起きとかデスクワーク直後とかは別だけれど、調子が良いと前屈でグーで床を叩けるまで曲げられるまでにはなっている。さすがに事前に体をほぐさないとそこまではすぐにはいけないけれど、指つくだけならいつでもコンスタントにできる(半年前の始める前は、ボールペン1本分以上床から離れていた)。

最終目標は手のひらが床につくまでと考えているけれど、意外と夢物語ではなく、今年中に達成できそうなのが怖い。いや、目指したいけれど。

あとは何とはなしに、180度開脚とかできるようになってみてーなー。意外とあそこ通っていると、できそうな気になるからやっぱり怖い(^^;)。


#ちなみに前屈をしたくて通っているわけではなくて、体の柔軟性で色々都合よくなるんじゃねーかなー…と思った次第。

実際挙げられるメリットは「背筋が伸びて疲れにくくなった」「股関節が柔らかくなってペダルをこぎやすくなった気がする」等々、実際の恩恵を感じているところ。。

2012/03/26

血圧のために

最近久しぶりに献血した。

高血圧を理由に断られることもあって最近できなかったのだが、寒さで血圧が上がっていたようで、最近は「ちょっと高めだけれど献血可」なレベルに落ち着いていた。

献血自体も血圧降下に効果があるようで、その後測ってみるとさらに低下していた。

まぁそれでも軽症の高血圧なんだけれど(^^;)。

これからもGABAを飲んだり、塩分控えたり、運動しないとなー。

もっとも、運動に関してはもう少し暖かくなってくれないとなー。あと土曜。雨降らないで(;_;)ここのところ雨続きのような…。

2012/03/23

まさかこんなWindows

ちょっとMacでトラブルがあった(NASがつながらなかった)。急遽、Macでやっていた作業をWindows上で行わなければならなくなった。

ThinkPadW500を動かすわけで、ソフトはおなじAdobeのもの。

そもそも本業で毎日DellマシンでWin7動かしているので、Windowsのオペレーションを忘れたということもない。W500でも同様にさくさく作業できるかな…と思っていたら、なんか戸惑戸惑う。

Dellマシン上ではポインティングデバイスはマウスだし、そもそも主にテキストを打つ作業中心。それもマルチディスプレイなので、かなりゆとりのある作業。

しかし今回は画像を編集する作業な上、WUXGA画面とはいえ仮想画面も無く、ポインティングデバイスはトラックポイント。かなり久しぶりの操作ということもあってか、やりづらいやりづらい。

そのあとMacが復旧し、作業をMac上で復活。するとさくさく進む。

まさかこんなに体がMacに適正化されていたとは…。前世紀からWindows使ってたのになー。Mac使ったの確か去年くらいからだったのになー…。

競輪のメジャー化計画

ケイリン界にスマイル届け:これはあざとい! 名古屋競輪に萌える魔法少女降臨 そしてアニメPV公開

競輪なー…。そういえば女子競輪も開催に向けて選手育成中なんだっけか?

個人的には競輪はあまり興味がわかない。しかし自転車に乗っておいて競輪に興味がないのもどうよ…と、昨年女子競輪プレレースみたいなのを見学に立川に行ったことがある。

そこでもやはりなにか違和感を感じざるを得なかった。

まず、競輪場に入る前から雰囲気がおかしい。やっぱギャンブラーの場ということで、入りにくいったらない。

とはいえこの点については実は生まれたときから立川競輪場近くに住んでおり、入ることはなくてもそういった雰囲気は物心ついたころから見ていたので、おいら自身は入れないということはない。すぐに雰囲気に慣れ、普通に飲み食いしていたし。

ただ、昔競馬がなにか工夫して若いOLも入れるようにしたような行動が必要な気もする。競輪場で開催する自転車イベントとかには普通にファミリーも来ているし、それに比べると客層を広くするテコ入れには何かしら必要でしょう、きっと。

次にルールがよくわからん。

ツールの方も知らずに見ていると「何で全員しゃかりきにならないんだ?」といぶかしがるところもあるだろうけれど、競輪はさらに輪をかけてわかりにくくない?

ペースメーカーが走って何周かするでしょ。その間は追い抜き不可なんでしょ?いや、ありだっけ?でもペースメーカーが抜けて初めて競争になるんでしょ?そのあたりの駆け引きがどうもピンとこない。自分で走れば「ああ、こういうことか」とたぶん実感できるんだろけれど、見ている分にはどこにポイントを置いて見るべきかがわからない…気がする。

絵面も単調というか…。競争なので色分けは必要不可欠な要素だとは思いますが、それでもシンプルすぎるような。なんかいかついプロテクタも色彩以外の個性を奪っているようにも見えるし…。

女子競輪のプレレースの時は目立ったプロテクタはしていなかったような気がする。あれは良かったけれど、逆に転んだときに痛そう。見ている方が怖い。

言ってる自分がふらついているのもよくわかるので、なかなか両立が難しそう。


そんなこんなを思い返していたら、そういった「見方」を指南する競輪入門漫画とか描いたら、いい金になるなかーなんて(^^;)ぉぃ。

ルール解説…も必要だけれど、どこをどう楽しむべきか…とか、何が駆け引きなのか…とか。


ただ、本格普及を目指したいなら、競輪側も広報の工夫だけでなく、ルールや見栄えの変更も含めて工夫しないといけない気がする。

まぁ、公営レースなのでそう簡単にルールを変えられないとは思うけれど。

2012/03/22

新しいiPadライフ

Twitterにはツイート済ですが、発売日にiPad3を入手してiPad2の環境を移行、すでに常用しています。

相変わらず3G回線モデルです。4Gだなんだは気にしません。

50g増です。結構わかります。重いです。可能であればiPad2の方が良いです。

ただ、Retinaディスプレイはもう手放せません。iPad2のディスプレイは二度と目にできない…ということはまったくありません。iPad2もそれはそれで便利です。

ただ、大量のテキストをエディットする身としては、Retina対応アプリで結構恩恵をあずかれます。Daedalus Touchあたりがかなり使いやすくなります。

当然お絵かきアプリも…と思うのですが、意外とまだ対応が進んでいません。ちょっとまだ本格的に使用していないので(対応してもバグがあったりした)、まだ本格稼働というところでもないですね。

これほどアプリ側の対応がないと宝の持ち腐れというデバイスも無い気も。

そういえばiPenという、スタイラスをもっと使いやすくするデバイスも入手したのですが、こちらも常用アプリが未対応のため、真価をはかりかねています。

うーむ、本格稼働はいつの日か…。


ちなみにiPad2は後方支援というか、 「デジタルTVチューナー」(SB-TV02-WFPL)の地デジ専用デバイスとして使用しています。

購入当初はアプリがよく落ちて使い物になりませんでしたが、最近はバージョンアップも進み、かなり堅実に動きます。

軽くて家内ならどこでも持ち運び可能な地デジ。不満なのはモノラルスピーカーというところくらいなもんです。場合によってはBluetooth接続のヘッドホンでも装着しようかしら。


あとiPad1はさすがに手持無沙汰なので、家族に移譲予定。まずデータを消さないと(^^;)。いや、初期化してしまえばいいか。

はたして75歳オーバーの親父がこれを使いこなせるのだろうか?…っつーか、使いこなす必要があるだろうか?どうもYahoo!ニュース見て終わりのような気も…。

名乗り出る勇気

広島のグリオットというところが作っているオリジナルドレッシング「グリオット」マルチカラーが好き。

もっとも、最近なかなか家でサラダどころか、料理をしておらず、ドレッシングを持っていてももったいないな…と購入していない。


ただ最近外食して、2カ所ほど「あれ?このサラダのドレッシング、マルチカラーじゃねぇか?」というところに巡り会った。ちょっとうれしい。

しかしそのうれしさを店に伝えたいものの、違っていたら恥ずかしいし、合っていたにせよ、そこからどうこうという考えに至らないので、やはり話に困ってしまいそう。

こっそり「選んだシェフ、やるね」とほくそ笑みながら毎度サラダをいただいております。

2012/03/19

ICレコーダが欲しくなってくる

仕事で人のICレコーダを使用してみた。手のひらサイズで単四電池駆動、でもちゃんとステレオマイク+ズームマイクのついているヤツ。

で、ちょこっよ離れた人の話を録音し、あとで簡単にテキストをにおこす。

個人的にはSONYの初期のICレコーダを持っていて、いまだにそれを年に一度くらい使用している。手書きも面倒な時の独り言のメモ。その程度の品質だし。

なので最近のICレコーダとかもあまり気にせず使用してみたが、意外にいい感じに録音してくれる。ちょっと離れたところの人の聞き取りとかしっかりできる。

これだと仕事以外にもちょこちょこ取材とかする身。同じのが欲しいなぁ…と思ったらSANYO製だった。うーむ、同じくコンパクトで指向性がしっかりしたのってあるのかしら?

あと使いからも問題かもなぁ。おいらは何とはなしに筐体内蔵のマイクをなんとはなしに、しっかり対象者に向けていたので、聞き取りもほとんど問題なかった。

ただ他の人は、おいらのよりも高価なICレコーダーを使用していても胸ポケットに入れたまま、対象者の向きというか、マイクの指向性とか意味なしに録音し、それもテキストにおこす時は気が狂うような雑音との戦いになってしまった。

さりげなく対象にマイクを向けられて、筐体を胸ポケットなどに保持できる、さりげない聞き取りも録音のできるものが…安価にないだろうか?(^^;;

#スマホでもできるけれど、デバイス自体が汎用機で録音にたどり着くまで面倒だし、録音中、他作業が必要な時に面倒になってしまう。やはり専用機が欲しいなぁ。

Intuos5検討

指とペンの“二刀流”でますます紙っぽい:スマホっぽさも手に入れた新世代ペンタブレット――「Intuos5」でお絵かきしてみる

うーん…、タッチ操作とワイヤレスが気になるんだよなぁ…。Mサイズがセットで3万円を切ったら考えるか…。

Illustratorはキャンバスの回転には対応していないだろうけれど、タッチ操作で拡大・スクロールができるなら使いでがありそう。

あ、でもすでに持っているMagic Trackpadを併用すれば、どうにかなってしまう気が…。

試してみるとIllustratorでは画面スクロールのみだけれど、PhotoShopでは拡大縮小、スクロール・キャンバス回転までも可能。しかも、誤動作もしにくい気が…。

占有面積と有線を我慢できれば、現状でも良いか?

#あと、PhotoShopでもイラスト描けるようになりたいな…。そういえば、PainterとかIllustratorとかではよくイラスト描いていたけれど、意外とPhotoShopでイラスト描いた記憶が無いな…。

2012/03/17

iPadに必須のスタイラス

MetaMoJi、ペン先の素材を見直した「Su-Pen」新モデル

ほう。既存ユーザーで書き味落ちていたら無償交換とはなんともはや良心的なのか豪気なのか…。いや、おいらは評価しますけれど。

私もSu-Penを絵描きに愛用していますが、今のところ書き味は落ちていません。何かあれば無償交換してもらおうかなー。

…無償交換?ペン先を送ってもらえるのかな?ただ、ペンを送るとなると、その間Su-Penが使えなくなるな…。

でも大丈夫。こんなこともあろうかと、おいらは2本持っていたりして(^^;)。

いや、この手のアイテムは自宅用と外出用と用意しているもので。

ちなみに外出用ペンケースには以下のスタイラスが収納されています。

・Su-Pen
・PSA-TP5B
・Bamboo
・Jot

いずれもバックアップに自宅用が用意されています。(ちなみに、ペンケースを忘れた時用に鞄奥にスマートペンも忍ばせています)

普通は「スタイラスをそんなに持っていても意味あんのか?」と思われると思いますが、これが結構個性があって、使い分けに必要です。

ラフ・スピードスケッチ用がSu-Pen、絵コンテ・細かい描画用がPSA-TP5B、メモ書き・筆圧を軽くする書き方用がBamboo、ちょっと変わった描き方・デモ用がJot…と個人的に位置付けています。

ちなみにペン先が導電性繊維のSu-PenとPSA-TP5BはMacのタッチパッドでも使えますね。まぁあまり利用用途は無いですが。

ま、そんなわけでこれに近々iPenも加わる予定です(^^;)出荷告知メールが来てました。

2012/03/15

取材の下調べ

韮崎市観光協会のホームページに「わに塚のサクラ」のライトアップ情報が掲載されていた。うむ、こりゃ取材に行くしかないな。で、輪行日記の題材にするしかない。

時間は午後6時30分~午後8時30分らしいけれど、昼の取材もしておかないとなー。

問題は月日。とりあえずは3月30日(金)~4月8日(日)となっているけれど、開花状況で前後するそうな。開花予想とか把握しておかないと。

あと、写真資料としての撮影が主になるから、EOS KissX3を持ち出すのは良いとして、夜間撮影の訓練をしておいた方がよいかな?

明るい広角系のレンズが欲しいけれど…バックアップでD-LUX4を持っておけばいいかな。たしかF2.0だったような気が。


基本、先にネーム・コマ割を考え、必要な写真をリストアップ。アングルも出来るだけそれに合わせて、写真をトレスしてそのまま背景に使用できるのが理想的。

ただ、それだと画力もつかないし、あえてトレスしないようにしてみたいところ。うまくいくかな?

…一応保険に前のやり方も踏襲しておこうかな(^^;)弱。

2012/03/11

iPadで読み物

iPadのNewsstandに近々、科学雑誌のNewtonが配信されるらしい。

年間購読料3,000円だそうだけれど、これは興味あるな。

Newsstandは英語のコンテンツばかりで日本語のものが少なく、あっても興味のあるコンテンツじゃなかったりと、あまり活用する気がなかった。

ただ、Newtonだったらありかもな、と思う。1冊あたり250円になるのかな?その金額で雑誌と内容が変わらないのであれば、アリだと思う。

ちょっと本当に内容同じなのか疑問だけれど。インタラクティブ性などを持たせて、電子書籍なりの良さを持った誌面にするとはアピールしていたから、必ずしも同じじゃないかもしれない。

でもマイナス面とプラス面が差し引きでプラスに傾くんであれば、それもアリでしょう。ちょっと楽しみにしておく…というか、誰か初号買って見せてくれない?(^^;;ぉおぃ。

2012/03/10

MacBookAirがあればiPadは要らない?

MBA11とか持っていると、文字入力が楽。そうするとiPadはテキスト作業に要らなさそうな気もするけれど、最近ちょっと考えが変わってきた。

まだちょっとキー配列の癖が身についていないけれど、違う入力のキーマップ一覧を印刷、キーボード脇に張り付けてポメラDM100を外部キーボードにしてiPadでテキスト入力している。

もちろんそれでも作業効率でMBAの方に分がある。ただ、iPadでテキスト入力をする最大の利点として、「画面とキーボードを分割」することを挙げられる。

これが結構姿勢が楽になり、意外に気楽に頭を使える。

iPadは3Gモデルなので回線も気にしなくていいし、MBAよりもバッテリーを気にしなくてすむ。

ちょっと日本語英語切り替えとか癖があり、誤操作をすることもままあるけれど、うまくなれれば結構いけるんじゃないかなぁ…と思いたい(^_^;)。

単語登録とかがしがしにしておけば、キー操作も結構どうにかなりそうな気がしないでもない。


#仕事にはDM100を使うこともあり、iPad+DM100の組み合わせで持ち歩くとして、プライベートはiPad+Apple Wireless Keyboard (JIS)がキーバインドに気を遣わない分、楽で良いかも。

Howtoよりもあるある?

まだライカ本のネームを進行中。まぁ着々とは進んでいて、とりあえず半分は進んだかな…という感じ。

ただ、一息入れようと風呂に入っている時になんとなく思ったのだけれど、ネタが高価なカメラだけに果たしてHowtoものは受け入れられるだろうか?…と今更ながら不安に思えてきた。

手にとっても「私には関係ないわね」と思われてしまったらいけない。なので前半を割いて「絞り優先AE撮影講座」についやしているのだけれど、果たしてどこまで受け入れられるかなぁ…。

今にして思うと、このカメラのあるあるネタで攻めておけばよかったかな…と後悔もしたり。まぁそれはそれで共感を得にくいようなきもするけれど…。読み物に徹すれば別かな?…とすると、それはそれでネタが足りない気もする(^_^;)。

ま、今は今のまま進めて、次回を考えるならあるあるネタか。そのときにHowto本を見せてネタ集めするきっかけとすれば材料として成り立つ気もする。

2012/03/09

わき上がる物欲

なにこれ便利:速攻で日本語版「Siri」に告白してみた

くそう、今からでもiPhone4Sが欲しくなってきた。iPhone5を待っているのにな(^^;)。

あとBluetoothヘッドセットも欲しいな。片耳のやつ。かっけー。

実際の所、実用性はどうなのだろうか?備忘録としてさくりとメモを取ったり、情報を取り出したり、テキストの「検索」以上にアシストしてくれるなら本当に助かる気がするのだけれど。

まだ買う必要のないiPad

3月8日の昼休みになんとなくアップル・ストアを見た限りでは、16日配送の予約はまだできたようです(モデルによるかもしれませんが)。

iPhoneほど奪い合いになってはいない?

ひとくくりにタブレット端末として考えると、そのキラーコンテンツと目されていた電子書籍が言われるほど流行らないからか、その必要性が以前ほど注目されず、iPad以外のタブレット端末に覇気がないことも相まって、購買欲に結びついていないのかもしれません。

海外はわかりませんが、少なくとも日本はそういう意味で昔ほど急く理由が無くなっているかもしれません。

大量導入をもくろむ企業はむしろ安くなったiPad2を狙うということも考えられますし(Retinaの必要性もない)。


ただ、個人的にタブレット端末といえば、iPad限定ですが、ばりばり役立ちます。

鞄に入れて、あるいは取っ手のあるケースに入れて単体で持ち歩き、どこでもいろんなデータにアクセスしています。旅先で知らない人とのコミュニケーションツールとしても使用します。

PCやAndroidに比べればアプリ間の連携に制約があるものの、それでも今は大概のことが出来るようになって、ものによってはPCよりも便利な作業も行えます。

アイディアだけをひねり出すなら家よりも外…という性格としては、そこで何にでもなる道具があればありがたいですし、軽くて持ち運びしやすいならなおさらです。

絵の清書となればMacやWinPC等だし、細かいBlogの更新などもそちらの方が便利です。絶対万能じゃないですよ?

それでも個人的な創作活動から、仕事の出張まで、「場合によっては」iPad1台あればなんとかこなせるデバイスを自分はいたく気に入っています。


繰り返しますが、iPad3を含め、今は急ぐ理由が無いと思います。まだ買う必要ないんじゃないかな。いや、買わなくてもいいでしょ。

…ってか、おいらが買うまで待ってください(^^;)ぉぃ。

2012/03/08

「もっと新しいiPad」「もっとも新しいiPad」

タイトルはTwitterで見た「”新しいiPad”に今後は”劇場版あぶない刑事”のような装飾語がついてくるのでは」という非常に面白いツイートに則って、iPad4、iPad5の名前を記載してみました(^^;)。

ともあれ、iPad3はWIFI+4G・64GBを購入予定。過去の3G版は予約した記憶が無い(予約制度自体が無い)ので、多分発売日に店頭で並ぶことになるんだろうな。

ただ、iPad1は発売後にふらっと立ち寄ったら3G版だけ在庫があったり(64GBだけだったけれど)、iPad2は開店前に並んだものの、ほぼ全員がWIFIモデルで、3Gモデル買うのに何の手間もなかったこと(回線手続き中も3G購入者は5人以上もいなかったように思う)を考えると、今回も同様かなぁ…と考えています。

いやぁ、4G版なんてLTE対応とはいっても、日本で対応しているかわからないし、ソフトバンクのそれだったとしてもエリア限られているから、大して恩恵ないし。料金プランだって発表になっていないから、どうなるかわかったもんじゃないし。

大体今はモバイル無線LANルータが充実してきていますし、バッテリーもiPadよりも長いものもあります。ネットワークの選択肢が多い方が便利に決まっています。

皆さんも4G版はやめて、WIFI版にした方がいいですよ。さ、早く予約を。


あ、私は4G版にしますが(^^;)ライバルは消えてください。


ただ、ハード的に魅力なのはグラフィック面だけ…というのは正直な感想。絵を描こうと思っているので十分魅力的ですが、カメラも実際多用しないことを考えると、重量増えた…ってのはちょっと…なぁ…。

いや、買いますけれど(^^;)。

あ、でも音声認識には対応するんだっけか。…お絵かき作業中とかに話しかけても反応して、画面を変えないまま対応してくれると良いんだけれどな。


#厚みが若干増えたので、一部タイトなカバーは使えないと思うけれど、スマートカバーや手提げ用ケースくらいは流用できるだろうな。そういうところはありがたい。

…あ、そういえば俺、スマートカバー、なぜか2枚持っているな。iPad2と併用できるな。…何かの伏線だったか?

2012/03/05

ちょっくら偕楽園に…

なんとなく「あんこう鍋が食いたい」という仲間内の話になり、ついでに「偕楽園にも行きたい」という話になって、「トクだ値」を利用して水戸に行ってきました。

「トクだ値」は安いし便利!…という切符ですが、当日の便変更は不可…というのが当日までわからず、多少不便を…強いられたんだっ!

とはいえ、ぶらっと水戸まで行き、ぶらぶら川べりを歩いて千波湖まで行き、鳥たちにガンをつけられながら偕楽園を散策。ちょっと時期が早くて梅は楽しめなかったものの、散策を楽しみました。

1330917830380.jpg

昼食は水戸コミケ会場近くの山翠というところ。ここも美味くて良かったですね。

午後もまたぶらぶらしながら結局千波湖を一周。良い散策の場ではありますが、風が冷たかったのが難。春先とかのほうがポカポカして良いのか…。

あとは帰り…というところで電車の時間まで間があり、「Time」を見ることに。面白かったですが、映画評で見るように「設定は良くできているけれど脚本が練られていない」というのを実感…ってーか、これ低予算映画じゃね?その範囲内ではよくできているという見方も…。


まぁそんなこんなでまたちょいと違う水戸を見てきた話です。

しかし今回は但馬屋くらいしか知ったところ行っていないので、ちょっとまた近いうちになじみのところを回る旅に出るかも(^^;)。

ちなみに水戸コミケ会場に近い但馬屋や山翠でコミケの話を持ち出してみると、懐かしがってました。まだ例の精肉店も健在だし(そういえば演歌かかってなかったな)、久しぶりの方はまた行かれてみては?

ボックスアートの記憶

バンダイ、「ガンプラ」のパッケージ複製原画をアート作品に

あー、これいいな。個人的には第2弾がいいな。

MS-06R-1にショックを受けた記憶がある。

ガンプラブームに乗って他のボックスアートも見ていたけれど、これを最初に見たとき、一番手前の機体の向こう側に見えているけれど、実質、顔(正面)が見えない箱という点に衝撃を受けたような気が…。見えなくてもいいんだ…、でも実際格好良いし…。

ジムキャノン(指さしや背中見せ)やグフ飛行試験型(ジオラマらしい雰囲気)のように、なんかドラマを感じさせるのも良かった。

「ま、飾る場所もないし、買わないけどね」…ってしめようかと思ったけれど、上を書いていて、ほのかに欲しくなってきた…(^^;)。

まぁ、渋谷パルコの「ガンプラボックスアート展」を見てからでいいか。

2012/03/02

Intuosもとうとう「5」かぁ…(しみじみ)

ワコム、ペンタブレット新製品「Intuos5」 指でマルチタッチ可能に

Mac使っていると、マルチタッチはあると助かるね。互換なのかな?

MacBookAir13とかで作業していても、画面を切り替えたいときスワイプしたいんだけれど、キーボードの上にタブレット置いちゃうと面倒だし、別々に置いても手の移動が大きい。そういう意味ではあるとうれしい機能。

もっともおいらは、すでにMagic Trackpadを手に入れてしまったので、すぐに新型購入するつもりはないけれど。誤認識とかも心配だから、ちょっと様子見。

まぁ、ワコムだから大丈夫だと思うけれど…。

あとちょっっと気になるのは、製品写真を見ると認識面積が広がっているか、周りが狭まっているか…。そこも結構重要な使い勝手のような気が…。

いや、すぐに買わないけれど(^^;)。

#それにしてもメディアグラフ10を使っていた身としては、隔世の感があるな。

2012/03/01

撮影の基本

「コスプレ撮影」の基本を学ぼう!!

この記事、露出補正以降の細かい話は書いていないけれど、絞り優先AEとか、焦点距離とボケの違いとか、今おいらが原稿で書いている話だー!

先、越されたーっ!

…とか思ったが、考えてみれば他の解説書でもある話か(^^;)。

しかし、きちんと読んでないけれど(^^;)読めよ>をれ、コミュニケーションが大事とか構図とか、結構ツボを押さえた記事のような。

続きがあるようならスタジオの手配とか、ロケの注意点まで話が及べば、バイブル的な記事になってくるか?コアすぎるか?(^^;)でも個撮とかに応用できるしねぇ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »