2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012/01/31

次週末の予定

先週末に久しぶりに長距離走行してきた。長距離といっても飯能-岩蔵ラインの80km程度だけれど。

出発の際、最近ストレッチを行っているもんで、体に良いかなー…と思ってストレッチをしてから自転車乗ったら、膝が痛い痛い。柔らかくしすぎたか?(^^;)

おかげでアベレージが上がらない。腰とかはまだしも、脚のあたりは今後出発前は控えよう(スジを伸ばすくらいはするとして)。

服装はちょっと防寒性を重視したものの、薄手のものを利用したので、動きやすく正解だった。

ただ、1か月ぶりの乗車ということもあって、パンク修理キットや右足用ベルトを忘れたり、忘れ物取りに戻ったら、新しい忘れ物したり…と散々だった(;_;)。出発時刻の遅れること遅れること…。

ともあれ、トータルでは良かった。おかげで体調も戻ってきているような。これは体調管理に毎週走りたいところ。

ただ、2月5日(日)は用事があるので、4日の走行も短距離にとどめておきたい。運動するのはともかく、気温低さで体力奪われると、翌日に響くんだよな…。

…どこがいいかなー。距離的には都内か川越あたりか…。川崎とか…。んー、でも用事が無いとなー…モチベーションが…。都内だったらワンフェスのカタログ買いに行くという用事とか、築地に食事とか、いくらでも用事が作れるけれど…。

…都内にしておくか(^^;)。

沖縄の住み方

あるページで、老後沖縄移住の話があった。個人的にはアリだと思う。というか、人には勧める。

…ってか、結構周りに「沖縄に転勤→そのまま定住(家を買う・沖縄の人と結婚」と「老後沖縄移住」という人が多かった。それに際してのトラブルも聞かないし…。

むしろ沖縄の人も沖縄人を増やしたいらしい。

前にも書いたけれど、沖縄に3年住んでいた時のこと、2年目だったかな。

おいら:「沖縄の冬を寒く感じるようになりました」
地元の人:「おお、じゃぁもう立派な県民だ。嫁もらえ」

その手の話は多かった(^^;)。

まぁさすがに、沖縄ルール無視して本土のやり方を貫こうとすれば話は別でしょうがね。沖縄には沖縄時間以外にも沖縄独自の風習とか暦とかありますから、それも要注意。


ちなみに、おいら自身はあまり沖縄移住というのは思いつきません。

理由は非・自転車風土と、食事かな。

自転車に適した土地ではないんですよね。いや、気候の問題ではなく。

10年前の記憶なので今はわかりませんが、道路の構造、地元民の運転マナー・特性等々、実際に走っていて「あー、向かないなー」と思いましたから。

一部の地域はすげぇ面倒くさい坂も多いし。あと、適当なところはすぐ全部走り尽くしちゃいそう。

食事も個人的に合わなかったなぁ…。珍味は多いけれど、「飽きない味」というのは少なかった気が…。あ、でも今は違うかな?<おいらの味の好みの変化 最近魚好きだから、今は逆かも。

まぁ、人が変われば話も変わるわけで。そういえば最近沖縄行っていないなぁ…。沖縄分補給を考えるか…。

2012/01/30

普通に考えれば外付けSDカードリーダで充分なんだけれど…

やっぱりMacBookAir11にもSDカードスロットが欲しいなぁ…。

ポメラDM100でテキストをばしばし打っているけれど、長文になれば画面の広いマシンで打ちたくなる。しかしデータは一括管理したい。そこでSDカード経由になる。

Bluetooth接続でファイルやりとりする方法もあるけれど、ちょっとなぁ…。

で、SDカードで家ならMacBookAir13で良いが、外では11インチがいいなぁ…。まぁ、コンパクトなUSB接続のSDカードリーダーもあるけれど、やはりスマートにしたいところ。

ま、こんな要望は他にはそんな無いとは思うけれど(^^;)。

また別のプロットの練り方

ネーム作成が微妙にスランプ中。ちっとライカ本の解説部分で煮詰まり中。

そこで気持ちを切り替えて、「輪行日記 韮崎・北杜編」のネームも考えてみたり。

輪行日記はシリーズ化したいし、あまりメジャーじゃない輪行コースを紹介してみたい。湊線編では旅の軌跡を思い出しながら、ほぼ観光案内ながらきちんと楽しみどころを盛り込めたと思うし、個人的にはかなり楽しみながら描いていたので満足度は高い。

ただ、ちょっと物足りない。キャラクターに深みを出したい。何かしらキャラクターストーリーっぽいものを盛り込んでみたいところ。そこでちょっと思いついたことがあるので試してみようかと。

ただ、プロットを進めていくと、ひょっとしたら話の進行を優先して、現地の描写が甘くなっていく気が…。

いや、描くこと自体が甘くはならないんだけれど、例えば今の所、韮崎駅の描写が無くなる予定。演出プランだと主人公が車窓から思いを馳せて、そのまま自転車走行シーンに…って流れなので、駅の下車、輪行の自転車組み立てシーンが無くなってしまう。

まぁ別に韮崎駅付近だけの話だったらいいんだけれど、立体交差標識とか断崖に関しても盛り込めなくなりそう。

…ちょっともったいない。

とはいえ、読み応えも出したいからなぁ…。バランスを取って考えていけばいいか。

まぁそれでも、どうしても描きたい…って欲求もあるなら、巻末に補足を載せて、そっちで描写すればいいか(^^;)。

2012/01/29

ビュワーの必要性

東芝、シンプルな7型カラー電子書籍リーダー「BookPlace DB50」

んー…正直、電子書籍は必要としていないんだけれど、最近iPadでお絵かきするようになり、資料をiPhone…で見ると画面が小さくて疲れるのら。

あー、なんか資料表示用のデバイスが欲しいなぁ…とか思ってはいた。

印刷原稿作成もノートPCでやっている身。それでも資料表示は別デバイス…ってことを考えればこういうのもありなのかなぁ…と。

ただ、アプリケーションとしてEvernoteは入れて欲しかったなぁ…。最近資料、結構そこに放り込むし。まぁ、ブラウザがあるならWeb表示できるかもしれないけれど。…大丈夫かな?

ある種、自炊データに対応しているなら、やりようはあるのかな?

それと、バッテリー駆動時間がなぁ…。iPadよりも短いのはなぁ…。液晶でなく有機ELとかだったら延びたのかな。まぁそれは、値段が問題になるか。

…資料表示用なら、ずっとつけっぱなしということもないだろうから、大丈夫かなぁ…

とりあえず店頭での印象…かな?

何か新しい食に出会いたくなる

ドラマ版「孤独のグルメ」の評判がいい。正直、おいらも楽しんで見ている。

1話はちょっと慣れなかったけれど。3話は微妙に特殊な雰囲気があったのはなんだろう?4話は完成度高いけれど、パリがパリに見えない(^^;)。

まぁちょっとつっこみもあるけれど、及第点は軽くクリアし、毎週録画して満腹の時に見るようにしている(^^;)空腹の時に見ると超問題が…。

強いて気になる点を挙げれば、なんか今まで全部上手く行き過ぎているところか。実在の店舗を使う以上仕方ないのかもしれないけれど、なんか失敗を織り交ぜて欲しいなぁ。

ダブりとかは5話で出てきそうだ(^^;)。あとアームロックまで求めないけれど、それに相当する「嫌な思い」も無いと、シリーズ構成として深みが出ない。難しいかもしれないけれどねー。あるいは別の手段があるのかな?

あとは、原作で言うなら野球場のカレー、(昔の)秋葉原のカツサンドに該当する、お店に縛られないエピソードがあるといいなー…。

#ちなみに4話でさりげなく語られた「失敗したら後悔すればいい」という文句がなにげにお気に入りです(原作にあったっけ?)。そうだよ、おいらもそうでなきゃ…。

#あとたばこのシーンが少ないのも時代の流れか、メディアの限界か…。まぁ、仕方ないけれど、1回くらいは喫煙者の悲哀を演出してもいいんじゃないかなー…。世間(の一部)がそれでも許さない気がしないでもないけれど(^^;)。

2012/01/27

人気の傾向

…っていうか、今まで作ってきた本の売り冊数を見て、人気の傾向を推し量ってみる。

…俺自身が出てない方がいいんじゃねーか?(^^;)

少なくともおいらが「主役」ってのがマズいのかと…。監督兼主演は無理だったかー(^^;)ぉぃ。役者業は引退するかー…(^^;)ぉぃぉぃ

そんなわけで、ライカ本においらは出ない予定です。

まぁ、後半にうんちくページが出来る予定なので、そこでは出てくるかもしれませんが(^^;)。

2012/01/26

ネーム作りの苦労のポイント

鋭意、ライカ本のネームを作成中。

テキストネームを打ち込みつつ、シナリオ中で行ったり来たりして項目をコピペ。未だ構成を試行錯誤中。

ともあれ、出来るだけ簡潔にしたいと思っている。しかしテキスト量が多いったらない…。うーん…。

ただ、今、長くなっているのは絞り優先AEの撮影の仕方(M9/M8個々の説明はその後)。

M9/M8の解説本ではあるけれど「撮影に凝りたくなったら、どんなカメラでもこんな撮影」と、撮影を楽しく感じてもらうための解説を入れ込んである。高額カメラに対する敷居を取っ払うための章なので、ここは丁寧に描かないと。

ただ、文字を多くしては元の木阿弥。わかりやすい図説とかで効率よくする工夫とか、コマ割りの時に気をつけなければ…。

また、飽きさせないためにキャラクターで和ませたりさせないと。

色々気を配らないとなぁ…。

気になる新ノート

2012年PC春モデル:
ツウ好みの1スピンドルモデルも薄くフラットに──「Let'snote NX1」

モバイルノートはもう最近、MacBookAir一択で、Winマシンは気にならないけれど、さすがにこれはちょっとチェックかな。

12インチながら1600*900という解像度がまずウリか。仕事で使っているVAIO Zがそれだけれど、不便無いよ。メモリも最大16GBまでできるし、結構なんやかんやできるかな。

ただ、Let'sNoteにはあまり良い思い出がない。昔懐かしいA44(だっけな?)とか持っていたけれど、新OSへの対応がおろそかなイメージがある。また、丸型パッドも使わず嫌いかもしれないが、違和感を感じるし、Macに慣れているとなぁ…。

それとSSDモデルがべらぼうに高いな。モバイル用途しか思いつかないけれど、そのためのSSDが…うーん。

まぁ、SSD128GBとかのモデルが出るのを待つか、価格がこなれるのを待つか、考えてみればMacBookAirもあるんだし、Win8まで待ってもいいか。

まぁそのころにはなんか違うMacを勝手そうな気もするけれど(^^;)。

2012/01/25

デジタルネガとプラチナプリントの面白さ?

ライカのイベントに行ってきた時、「月光」等のプリント用紙の他、デジタルネガというのを初めて見た。

言ってしまえば左右・色反転したOHPなんだけれど、ただのOHPよりは解像度や階調がよっぽど豊富。それを銀塩プリントのネガとしてしっかり使えるわけ。

最近のインクジェット等プリンタも、それにプリントする用紙も高性能だけれど、またそれと違った味わいを感じる銀塩プリントもまた良いもの。

とはいえ、銀塩プリントのために改めてフィルムカメラやその環境を整えるのは今は難しい。デジタルネガは途中の課程を普通の機材でこなせられるので、良いのかも。

しかし、どっちにしたって銀塩プリントも暗室が必要だったりでかなりの手間。レンタルラボなり、専用の場所が必要になってくる。


ただ、その後、なんとなくプラチナプリントのことを検索してみた。

銀塩プリントとの細かい違いはすっ飛ばすとして、大きく違うところは「等倍露光」という、印画紙とネガを重ね合わせてしか露光できないこと。

1327461856859.jpg

銀塩とかは、プロジェクタでスクリーンに映すようにプリントの大きさを変えられる。

1327461861585.jpg

しかし、プラチナの方はネガと同じ大きさしかプリントできないことを意味する。

これは「不便じゃないの?」というデメリットにも思える。確かにネガの用意を考えると、手間でしかない。なので、写真のプロが扱うテクニックだったわけ。

ただ、これには裏(?)があって、確かにフィルムのネガの大きさを変えるのは難しい。でもデジタルネガならプリンタの大きさに依存するとはいえ、任意の大きさのネガを作ることは別に難しくない。

そしてなぜ等倍露光しなければならないのかというと、プラチナプリントの印画紙の感度が悪いから(解像度や階調は良い)。そのため、ネガと印画紙と距離を離せないわけ。そして露光時間も長い。

しかしこれは、厳密な意味での「暗室」が必要ないことを意味する…の?

ちょっとネットで検索した情報をちらほら拾い上げて判断しているので、間違っているかも(^^;)。

教えて、詳しい人~(^^;)。

ただ、そうするとデジタルネガとプラチナプリントを組み合わせると、ケミカルなプリント作成の敷居って、ずいぶん低くなっていない?

暗室用意すると、基本暗室としてしか利用できなくなるくらいだけれど、それほどの遮光性を必要としないのであれば、普段の部屋を一時的に現像所として利用するだけの話だし(多少は暗くしないといけないとは思うけれど)。

以前、レンタルラボを利用したとき、現像液等のにおいとか、かなり軽減されてきているのも実感したし。

トータルな環境がかなり入門的になってきたかも?

まぁ、ただのプリントに比べればまだまだ敷居が高い方だけれど、マニアックというよりは、ちょっと趣向性の高い趣味…でとどめられつつ、周囲に「洒落た趣味を持つ人」と一目置かれたり。

もちろん自分ならではの表現手法にもなってくるし。

そんなわけでちょっと同人誌ネタ(解説ネタ)として気になってくる。

いや、自分もやりたいけれど、まだ自室が狭いなぁ…(^^;)ぉぃ。

#あ、コスト的な敷居は調べて無かったな(^^;)。

#そういえば雑誌のカメラ・ライフでもSX-70のフィルムを別の会社が開発中とあったし、そっちもまた復活か?

…と思ったのだが、フィルムの扱いがまだポラロイド並といかず、エンドユーザーのおいらとしてはまだ時期尚早のようで残念無念。

でも期待してます。

ただ、我が家でSX-70が行方不明中なのでが…、どこにしまったかなぁ…(^^;)。

定期的な話題

あー…、そろそろ献血に行こうかな…。

おいらが献血をするタイミングは「頭を創作に使う前」がいいんだよね。なんか血を抜くと頭の回転が良くなってちょうど良いし。やはり、コミケ前の原稿作成あたりをターゲットにしておきたい。

ただ、おいら愛用の400cc献血は年3回まで。また、3か月以上開けなければならない。夏コミ前の5月、冬コミ前の10月くらいにしたいところ。で、メンテナンスであと1回となると…5月に影響しない今頃かなぁ…と。

次の週末くらい、考えておくか。

2012/01/24

筆の選び方

友人と飲んでいる時、おいらのカメラの値段の話になった。M9ね。

そんな高いカメラ使う腕があんの?むしろ機材選ばずに「これは」と思えるような写真を撮れないと、そういうカメラ持っていても意味ないんじゃない?逆にiPhoneでもそういう写真撮れるの?

…と言われたので、以前iPhoneで撮影した写真を見せてみた。

Web_2

Web1_3

一応納得してくれたらしい…よね?

話すだけ無駄…ってことだった?(^^;)ぉぃぉぃ

2012/01/23

じっくり触って学ぶレンズ選び

ちっとライカ銀座店で色々レンズを試させていただいた。

ミニパーティーみたいな会場だったのだけれど、モデルさんもいて、ある程度色々なシチュエーションで試写することができた。

・ズミルックス35mmF1.4
・ズミルックス50mmF1.4
・ズミクロン50mmF2
・アポ・ズミクロン90mmF2

…こんなところだったかな?色々なレンズがあったもんだ…っつーか、ノクチ使いが3人以上いるってどういう会合?(^^;)テーブルの上に30分くらい無造作にノクチ転がってるし…。

ともあれ、比較的実践的な試用ができて、かなりじっくり試させてもらえた。そこら辺からの印象。

・ズミルックス35mmF1.4
L1001402_sizelight広角では楽しいレンズ。手の届く範囲や、ちょっと離れた場所もきらびやかに捉えつつ、しかしディティールしっかり描写する、不思議な味わいの画を吐き出してくれる。これは広角の範囲内で色々捉えるならすごく楽しいレンズ。

・ズミルックス50mmF1.4
L1001312_sizelight個人的には今ハマっている画角ということもあり、明るさもあって本命扱い。ただ、なかなか手が出せませんな(^^;)金額が。また、クセもあるようで、開放あたりの使いこなしが難しい。
とはいえ、ある程度使っていると個人的にF2~2.8が非常に楽しくなってきた。クリアに、綺麗に撮れる。
絞っても被写界深度が浅いので、スナップには不向きながら、それでも使いこなして色々な写真を撮りたい!…という気にさせるから怖い。

・ズミクロン50mmF2
優等生、万能、コンパクト。本来写真を撮るなら、こういうクセの無いレンズを使うべきと思わせる素直なレンズ。
構図、光量の具合、その他諸々考えるべき項目が多い写真撮影において、カメラマンの負担を軽減して被写体に集中させてくれるレンズだと思う。
旅中心で使うなら、開いて良し、絞って良しのこのレンズを選ぶべきなんだろうな。正直、シルバーがあればイチコロだった(現行はブラックモデルしかない)。
むしろ、今持っている世代の古い沈胴式の何が気に入っているかっていえば、そのシルバー(^^;)それだけでもないけれど。

・アポ・ズミクロン90mmF2
L1001386_sizelight意外にしてやられたのがこのレンズ。望遠はレンジファインダーで不向きなのだけれど、90mmフレームは内蔵されているので仕様的には本来難しい話ではない。
果たして試写してみると、望遠のF2という浅い被写界深度ながらピントがあうし、構図も決まる。
俺のM9-Pのファインダーと、俺の視力、すげー(^^;)ぉぃ。
ポートレートとか、街角を切り取るような撮り方に最適だと思う。ただ、そうした用途にどうしても限定される。それは決して悪くないのだけれど、おいらの使い方は基本旅(とコスプレ広場(^^;)ぉぃ)となると、必然的に出番が少なく、パフォーマンスが悪い…のは俺のせい。

まぁそんなわけで、できればズミルックス50mmF1.4が欲しいところですなぁ…。まぁ、予算的に無理だけれど(^^;)。

L1001407_sizelightちなみにおいらのカメラへの装着図はこんな感じ。かっけー。

いつかこうなると…いいなぁ…。

2012/01/22

気になることは気になる物欲

ASUS、Tegra 3搭載の10.1型タブレット「TF201」
-キーボード付属。フルHD動画再生/撮影

興味がないわけじゃないけれど…うーん…。

S51SEを使っていて、Androidに対する苦手感は薄まっている。スペック的にも良いと思う。オフィスのデータの互換性にこだわらなければ、タブレットな用途からノートPCの用途まで幅広くカバーしつつ、長時間作業のできる頼もしい機器だと思う。

ただ、どーも所有機材と完全にバッティングして、新たに購入しようという気が起きない。もっと手持ちの機材より秀でていたりすればなぁ…。

少なくともお絵かき環境としてはAndroidはiPadよりも劣っていると思うのだが…最近でもそう?

まぁMacBookAir+iPad2を持つよりは、TF201だけで済ませる方が楽なのは確実だけれど、そういうことも最近少ないし…。あ、あとAdobeのソフトも動かないしな…。

まぁどちらかというと、消費を抑えるために理由を作っている気が…(^^;)。

2012/01/21

電子書籍のはじめ方

Apple、電子書籍作成ソフト「iBooks Author」を無料公開

ふーーーーーーーーーーーーーーーーーーむ…。何か面白そうな予感…。

もうちょっとiBooksstoreまでのアウトプットを解説しているレビューとかを読んでからの判断かと思うけれど、なんかやってみたい気が…。

電子書籍って個人でも出版できる…って触れ込みだったような気がするけれど、プラットフォームとかなんやらどう考えればいいのかわからんので、今はもう逆に個人には手を出しにくいのでは?

それならiBooksもそうかもしれないけれど、Macで気軽そう、(まだわからんけれど)Storeに出すのも気楽…ということであれば、多少市場が狭くても「気楽に試せる」分、楽かな?…と。

ただ、同人誌のような読者とのふれあいも捨てがたいので、紙から離れるつもりもないけどねー。


まずは電子書籍ならではのニーズや用途とかを見出したいなぁ…。おいらならではの。…なんだろう?

紙・Blogでは表現できないような、あるいは電子書籍にメリットのある、お金も取れるコンテンツ(^^;)。おいらの持ち札にそんなのあったかな?

■電子書籍>紙
・カラーに制約なし
・動画が掲載できる
・かさばらない
・検索性が高い

■電子書籍>Blog
・大容量
・どこでも(オフライン時でも)見られる

あと「繰り返し読みたくなる魅力」がないと…。

…おいらだと、旅ものか?

んー…、一度、手持ちのコンテンツ(漫画)をiBooks Authorにコンバートするとか、アレンジするとかテストして、自分でも電子書籍に何があればいいのか検討してみるか。

何を作るかはその後だ。


#…と記事を読んだ時点では思ったんだけれど、iBooks Storeを見てみたら、日本語書籍無いじゃない。え?日本展開してないの?

そもそも日本ではStore登録できなかったり?あるいは何か問題でも?

2012/01/20

1年前の俺がおかしい

仕事で過去のやり取りを確認していた。その中で仕事がらみでの雑談も見つけたのだが、その時のおいらがおかしい。

いや、室内での写真記録をお願いしたのだが、デジカメの設定がISO50設定のままになっており、手振れがひどいことに。

「オートの設定を使うとか、多少カメラを使いこなしてほしい。まぁでもカメラにハマりすぎて泥沼にはまらないように。レンズ沼とか恐ろしいですよ」…ってなことをメールしていた。

ただ、ISO50の「低感度設定固定では?」と書くべきところを「高解像度設定固定では?」と書いていた。

高い低いを間違えるのはいつものことながら、ISOの話なのに「解像度」ってなんやねん。

レンズ沼も何をどう間違えたのか「レンズ泥」とか書いているし。

そんな忙しい時じゃないはずなのにな…。

前後のメールを確認すると「体調不良」と書いてあるな。…そのせいか?…お疲れ!>をれ(^^;)ぉぃ

日食の写真

そういえば今年は日食、それも金環食があるんだっけか。

正直、金環食自体は興味はない。いや、あるんだけれど、金環食の写真を撮ろうとは思わない。機材の問題から、そこはプロの人に任せます。

ただ、そういうことが起こっているときの街の風景とかは興味ある。

以前、中国や奄美地方、太平洋で皆既日食があった時の風景とか印象的だったな(テレビで見ただけだけど)。

まぁ、夜と変わらない気もするけれど、晴れていれば空は明るいままでしょ?ちょっと広角で狙ってみたい。

まぁ、金環食ではそう暗くならないかもしれないけれど、他の人が撮らないような写真が撮れればいいや(^^;)。

…天気悪くなりませんように(^^;)。

2012/01/19

計算外

ポメラDM100にストラップホルダーがついているのは周知のとおり。

まぁ、デザイン上のアクセントで、あまりストラップホルダーとして使用してほしくない…的なアレだったと思ったけれど、まぁせっかくなので使わないのももったいない。…ので、バンナイズのそれをつけて利用してみた。

結果、邪魔。

バンナイズのそれがどうというよりは、こういう大きいものはもともとストラップ要らないんじゃないの?で、机上に置くとストラップのやり場が無くて結構邪魔。

まぁ本当にストラップでぶら下げて携帯するならまだしも、基本鞄かカバーに入れているので、機能性もそんなに必要としていない。

結果、外しました。ストラップは別のものに使おう。

なお、バンナイズのDM100専用カバーは重宝しています。大きめのカバンに入れるときは必須です。ゴム足保護…かな。

2012/01/18

ポメラDM100の改善希望

前にも何か書いた気がするけれど、そこそこ使い続けてさらに出てきた改善希望。

行表示、改行マーク表示が欲しいなぁ…。

長文を作るにつれ、今、どこにいるというのを見失いやすい。行表示、もしくは何行あるうちの何行め、といった表示を出せるようにしてくれないかなぁ。

改行マーク表示もほぼ同様な理由。

あとは…前書いた以上はないかな。結構重宝してるっす。

#ファイラーもなにげに高機能のような気が…。使いこなすと結構数あるファイルを取り扱っていても、どうにかなりそうな気が…。

2012/01/17

夏コミのジャンルを悩み中

夏コミの申し込みをそろそろどうするかを考えよう。余裕を持って、1月中にカットも含めて全部揃えられるように。

…だもんで、申し込むこと自体はいつもと変わらないのだけれど、問題は「何を出すか」。

ここ最近、「夏はライカの本にしようかな」…という気がしている。こないだは次の夏に「輪行日記 韮崎・北杜編」、その次の冬にライカの本…という予定だったと書いたんだけれど…。

ただ、輪行日記はもうシナリオ作りに取りかかってもいいんだけれど、春先に少し取材をする必要もあるし…(ちょっと調べなければいけないこともある)。

で、話はそれに基づいて、春のお話(お花見の話なので)。なので、冬に出して、数ヶ月後に韮崎・北杜へどうぞ…って流れの方が自然な気がする。

あと正直、ちっと自転車描くのに疲れちゃったというか(^^;)。

いや、ちょっと振り返ってみると、保険本が自転車関係の同人誌の10冊めなんすよね。
(「輪行日記 湊線編」の水戸コミケ版とディレクターズカット版は1冊、ぶろぽん2009と2011は別物として勘定)

自転車の漫画を描くことをやめるつもりは毛頭無いのだけれど、ちょっとなにかの区切りに間を置いてみたい気が…。

で、今をその区切りにして、しかし何か描きたいという創作意欲はライカの本で消化しようかなぁ…と。

ちなみにライカの本、M9/M8の紹介本に名を借りた、カメラマニュアル操作の本という位置づけで押そうかな、と思っている。

絞り優先AEで撮るという楽しみの紹介…かな?

マニアックに攻めるより、より広範の人に手にとってもらえるようにしたいのだ。ライカの世界をのぞき見つつ、でもその本はライカを持たなくても(マニュアル撮影するなら)役立つので持ち続ける…ってことにしたい。

ただ、M9/M8を使って解説したいし、きちんとそれらの紹介の本にもしたい。

付録的になるかもしれないけれど、M8を中古で買う時の注意点とか(必ずしも1/8000とは限らないとか、IRカッティングフィルターがなぜ必要か、どう扱えばいいのか…とか)も付け加えたい。

バランスが悪くなりそうで怖いのだけれど、そこをうまく案配を調整できるかが出来不出来の差かな?いやいや、読者をどう楽しませつつ、ためになるように読み進められるような内容・構成にするか…。

がんばらねば…。

2012/01/16

再販の頒布について

COMIC ZINでこないだの冬コミの新刊を含め、既刊の頒布が始まりましたのでお知らせします。詳しくはこちらのページをご覧ください。

ちなみにBROMPTON Starting BOOK2011だけは和田サイクルでも取り扱っていますので、こちらもどーぞ。

2012/01/15

銀行が開いている日

年末、ちと銀行に寄る用事があったのだが、そこで気になった。

金融機関って30日までやっていたっけ?カレンダーがなんであろうと、なんか28日までというイメージがあったのだが。

いや、助かるけれど、そこまで金融って動いていたっけなー?…って。まぁ、世界が相手だと正月休みあるほうが少数なので、仕方ないのかな…。なんか大変そう。

ちょっと年末の用事を「銀行28日まで」と思って行動していたので、ちょっとギャップにびっくり。…まぁ、29~30日は別の用事でどのみち銀行行けませんでしたが(^^;)。

#個人的には3日とか窓口開いていたら助かったのだけれど(^^;)。

昔の映像コンテンツの楽しみ方

あー、星関係の調べものをしていたら、なぜか「妖星ゴラス」の情報に行きついてしまった(^^;)。

Wikipediaのあらすじ解説がめちゃくちゃそそる~!誰だ、こんなかっけー書き方したの!

ただちょっと、今から見ると落胆してしまいそうな…(^^;)意外と要求が高い男。

…ってか、このシナリオをハリウッドでリメイクすればいいのに。いくらでも手直ししようがある気が…。(怪獣マグマはカットの方向で…)

そうそう。昔の映像コンテンツといえば「西部警察」とかもいよいよDVDになるそうで。

派手なカーアクション、爆破とかがウリ。

ただ、沖縄時代にたまたま見た再放送(まぁ、向こうでは「再」放送ではないのだが)を見た記憶を思い出してみれば、役者のあまりに熱い熱演に、あまりアクター以外のアクションを覚えていない。

むしろ、役者のアクションに負けないよう、カーや爆破のアクションが派手になったような印象の記憶がある。

意外とアクション目当てに見ない方が楽しめるかも。

2012/01/13

憂鬱な季節の前に

あー…、そろそろ花粉症の対処とか考えておかないといけない時期なんだなぁ…。

昨年よりも花粉料が少ないと予想されているとはいえ、薬の用意はしっかりしておかなければ。また処方箋をお願いすることになるかな。あれはよく効いたから安心だ。

処方してもらうまで時間かかるけれど…。

まぁ…そういう季節ですなぁ…(T_T)。

2012/01/12

Android(S51SE固有?)の良さ

まだちょっとS51SEを設定しきれていない。なんかいい指南書でもあればいいんだけれど、単なるアプリ紹介本か、プログラミングの書籍しか見つからない。

総合的にAndroidを使いこなすテクを紹介する本かホームページがあれば知りたいところ。

ただ、それでも使っていて気が付くのは、当たり前だけれどGoogleとの連携の良さ。画面小さい割にはマップも結構良い感じ?

ともあれ、筐体の小ささから、片手で簡単に扱え、気軽に使いやすい、ビュワーとしては結構いいガジェットと思う。

ただ、画面が小さいのでウィジェットを配置しきれない。

ホーム画面…っての?あそこにウィジェット配置して自分好みの情報画面を作るのもまたビュワー筐体としての醍醐味なんだけれど、ウィジェットによっては表示が大きいのがあって悩みどころ。

まぁ、画面を複数使えば良いか。アプリもそういくつも入れ込めないから、ショートカットもそう配置しないだろうし。

ともあれ、ちまちまと進めていこう。思い出してみればiPhoneだって最初から使いこなせていたわけじゃないしね。

2012/01/11

Androidの使い方

S51SE(あの小っちゃいAndroid機)に32GBのMicroSDカードをやっと装着した。ネット通販だったので、入手するのに時間がかかってしまった。さぁ、そろそろ設定をきちんとしていきたい…と思ったら草津行だったので、ちょっと設定はまた延期。

ただ、草津も最近イーモバイルのサービスエリアに入り、湯畑を中心に大概のところが使用できたので満足。今後もちょこちょこ持ち歩くことになるかな。

基本、「モバイル無線LANルータ」なんだけれど(端末代を無視すれば、むしろPocketWifiの時だけよりも安い月額費用になる)、せっかくのAndroid機、ある程度アプリを入れていきたい。

画面が小さいので、7notesなどの手書き入力とかはもうあきらめる。…ってか試して動作速度はあまり不満ないものの、なんか既存のスタイラスの反応が鈍いために諦めた。

ただ、筐体として手のひらに完全に収まる形が歩きながらの携帯とかにいい感じ。プラス、ビュワーとしてアリかな、と。

今後、設定やアプリを詰めていって、最適な使用方法見つけ出したいところ。


#まぁ、iPhoneがあるので、S51SEでなんでもしようとは思っていない。iPhoneを持たずしてAndroid機のみで色々やるなら、もっと大きな画面がないといかんと思うけれど。

ただ、ちょっと思いついたのはFacebook機にしてしまうとか。本名での運用とかね。iPhoneは拝御として使用して、使い分けるとか。まぁ、それもちょっとややこしい気もするけれど…。うーむ…、どうしたもんか…。


#あとこんな記事を見つけてしまうと、こっちもいいかな…という気も(^^;)。

■西川和久の不定期コラム■
ネットワークコンサルティング「Mobile Cube」
~コンパクトで起動も速いWiMAX Wi-Fiルーター

しかしいくらなんでも回線持ちすぎだ(^^;)。ただ、iPad3からは非3Gマシンという手もあるか…な?(^^;)ぉぃぉぃ

シーリングライトをLEDに…?

正月に友人と初詣に行くのが恒例行事となっているのだが、なぜかその中に家電量販店でのLED談義というのが含まれている今日この頃。

今年のテーマはシーリングライト。高価なLEDも安価になってきたものの、単なる電球の代替としてはもっと安価にしてもらいたいところ。ただ、LEDなりの機能を特色として打ち出せるシーリングライトはそろそろ考えてもいいんじゃないの?…という話。

そういえば自室の蛍光灯シーリングライトがなんか暗い。節電で1/2本点灯にした日にゃいっそう暗くなる。

それでもきちんと文字は読めるし、慣れると気にならないが、ひょっとしたら自室で創作テンションが上がらない一因か?…という気がしてくる。

仕事場でもセンサーの誤作動で夜間作業中に照明が暗くなることがあるのだが、その度に上司が「暗さでテンションが下がる」という。個人的には意識したことないけれど、おいら自身も無意識にそうなっているかも。

そんなわけでここは夏までにLED化か?…という気になっている。もちろんLEDなりの機能搭載のもの。

それでもテンションあがらなかったら、高価な費用かけた分、落ち込むかも。リモコンも増えて面倒だし…。

たぶんそれに、それ以前に部屋掃除をすべきかな(^^;)。

2012/01/10

創作の仕方(プロット・ネーム編)

原稿を作成する際に、その制作過程のワークフローを考えるのもまた楽しい私。

とりあえずプロット・ネームの段階では、ポメラDM100とiPhoneを持ち歩いて喫茶店をハシゴするとよいのかも。草津でも1日、そんな行動をしていたり。

…それって別に草津でなくてもいいような気も(^^;)楽しかったけれど。

そんなわけで今後、そのような作業の場合は知らない街…というか、知らない駅で同様なこともやってみたい。ただ、だったら喫茶店の多い、あるいは似合うような街。

あ、一人でそういうところにいてもいたたまれなくならない街?いや、それは関係ないか。

…少なくとも秋葉原じゃないな(^^;)。どこだろ?代官山とか?

雪国のタイヤ

草津に湯治と創作活動しに行ってきました。

結局、創作活動ばかりであまり温泉には入っていませんが、まぁそれはそれで良しとします。同人誌のプロット練り直しと一部ネーム作業、あとiPadのお絵かき鍛錬とかさくさくしたしね。

まぁそれはそれとして、今回の旅の中で2度ほど現地の車に乗る機会があった。

現地の幹線道路はそうでもないものの、宿周辺の車道は雪が積もっており、ところどころアイスバーン化したところもあった。しかしその車はスタッドレスタイヤを当然はいており、雪が積もったちょっと急な坂道も、4WDと組み合わせてさくさく走行した。

ま、さすがに交差点とかは慎重な速度では走行していたけれど。

ともあれ、「ああ、雪国でも比較的車でサクサク移動できるのね」と車文化に疎い身としては若干驚愕。そういえば雪国でスタッドレスの車に乗った記憶がない(バスを除く)。今まではチェーン装備の車だったけれど、チェーンのあのガタガタがない分、快適だし>スタッドレス。

ただ、通常のタイヤと比較して高価なのでは?消耗も早いのでは?路面が痛むということは?(スパイクはともかく、スタッドレスは別か)…とか、欠点も気になるところ。でないと、夏もスタッドレスの方が便利ってことになってしまわない?

いや、別に非難するつもりはないのだけれど、便利すぎると逆に不便なところを見出さないと落ち着かないタイプなので(^^;)。

まぁともあれ、雪国の車移動について見直したところ。もっとも、自分で運転しようとはこれっぽっちも思わないけれど(^^;)当たり前だ>ペーパードライバー。

2012/01/08

温泉場に宿泊中

現在、湯治と創作活動合宿に草津に滞在中。

一応ソフトバンクモバイルもイーモバイルも草津はサービスエリアとなってはいるみたいだけれど、宿が中心街からちょっと離れているので、ぎりぎり圏外かも…と心配していた。ま、来てみたらあっさり圏内だったので心配なかったけれど。

あと、宿に無線LANが装備されていた(^^;)。

ともあれ、快適に滞在中。…寒さ以外は。

やー、昼になっても氷点下以下とは…。こたつに入ってのんびりネーム切ってますよ。あ、あと久しぶりにiPadでお絵かき。充電器忘れたので、制約デカいけれど(一応iPhoneの充電器で少し補充できてる)。

2012/01/06

Macでのお絵かきアイテム

…といっても、たいした話ではないです。

同人誌原稿を作るワークフローとしては、以下の4段階に分けられる…と思う、おいらの場合。

・第1段階
 テキストでコンセプトやある程度の話の流れを作る。

・第2段階
 第1段階のシナリオに則って、InDesign上でテキストのネームを並べる。

・第3段階
 第2段階に加え、Illustratorも使って作画する。

・第4段階
 エフェクトを加えたり、最終段階として仕上げとチェックを行う。

で、第1段階は正直、ツールは何でも良し。今まではただのテキストエディタかSimplenoteのWeb上のエディタを使用していたけれど、最近はポメラDM100に移行しつつある。

続きを読む "Macでのお絵かきアイテム" »

正月の新アイテム

正月ものんびりしていると、うっかり無意識に買い物もしてしまうわけで…(^^;)ぉぃ。今年は2点、購入してしまいました。

1品めはSony Ericsson Mini(S51SE)。イーモバイルの小さいAndroid端末ですな。小さいガジェットというのが好きなもので、つい手を出してしまいました(^^;)。

ただ、初Android端末な上に、ストレージを未入手。まだ本格的に使っていないし、小さい画面なので本格的にどういじるかも悩み中。なんかいいカスタマイズを示すサイトとかあったら教えてください。解像度とかの問題で、アプリを選ぶようです。それに数量がないので、書籍は無いでしょ、たぶん。

まぁ基本は無線LANルータ、プラスウィジェット表示機な感じです。プランのおかげで、端末代を無視すれば今までの維持費以下で維持できるので、あまり活用できなかったとしても損ではないでしょう、きっと(^^;)。


もうひとつはiPhone/iPad用TVチューナー。フルセグが映るやつ。

出たばかりで人気商品らしく、品薄で手に入りにくいところでしたが、あるきっかけで比較的簡単に入手できてしまいました。うーむ、おそるべし、アップルストア…(謎)。

ともあれ早速セットアップしてみると、ちょっと設定が面倒なものの、あっさり高画質な動画が見られるようになりました。

フルセグだから当然とはいえ、高画質にはほれぼれです。おまけにワイヤレス。iPad1を復活させてみましたが、しっかり稼働。こりゃ今後そちらで多用することになるかな。

ただ、難点としてはチャンネルの切り替えが遅い。あと我が家だけの問題かもしれないけれど、時々アプリが落ちる、あるいはチューナーが止まるっぽい。後者はiOS側でチューナーを認識できなくなるものの、チューナー側を再起動すると認識できる。

視聴して数十分すると陥ることが…。初期不良じゃないだろうなぁ…。

ちなみにルータとしても機能するのだけれど、今まで我が家になかった5GHz帯が使えるようになったのもちとメリットに感じている。


2点とも活用していければいろいろ楽しめそうな今後。

2012/01/05

今週末の予定

そんなわけでせっかくの連休な週末、どこかへ行って、創作活動に集中したい(部屋の掃除しろよ>をれ(^^;)いや寒いし)。

手としては草津。雪に閉じこめられ、創作活動に集中できる。

逆に言えば、鎌倉とか他に見所のある観光地とかはいかんわけ。

だったら…というと失礼になってしまうが、ある程度勝手知ったる那珂湊のあたりも悪くはない。また、食生活も良いし。

ただ、なにもなければいいってもんでもない。疲れたときに癒してくれるものも欲しい。その内の一つは料理なのだけれど、もう一つ、温泉とかそれに類するもの(思いつかないけれど)が欲しい。

草津はその点、満点に近い。まぁべつに伊香保とかでも良い気がするが(^^;)。

ただ、草津って一人で行ったことないからちょっとどきどきするな。っつーか、宿がなー、畳とこたつのあるところがいいなー。洋室は趣がちょっと…。いつもの安い宿が空いてなくて困り中。うーむ…。

考える時

創作活動をちらほらと開始しようと思う(その前に部屋の掃除しろよ>をれ(^^;))。

以前書いたとおり、以下の2作品を中心に進めていくことにする。

・輪行日記 韮崎・北杜編
・M型ライカ本

目標は他の趣味をできるだけ阻害しないこと。自転車走行とかばしばししたいところ。

ただ、今、寒い。真冬。正直、走るのが面倒。体を鍛えるよりも気温の低下で体力を奪われて、逆によくない気がする。

だったら今、創作活動期間に割り当てて早く進め、暖かくなってから走り出すべきか。

…はっ!?…こ、これが時間の有効活用というものかっ!?ぉぃ

2012/01/04

孤独のグルメ・秋葉原編その2

正直、秋葉原での食事には期待していない。

ジャンクフードには困らないが、歳を取ってくると脂っこいものが苦手になってくる。あるいは濃い味・人工的な味ばかり。

どこぞのビルに茶漬けの店があったと思うが、性に合うのはそこくらいなもんだ。まぁ、しっかり調べているわけではないので、ちゃんとした店もあるのかもしれないが、個人的には秋葉原で食事するなら、外神田に赴いてそこら辺で探したいと思う。

ただ、正月三が日は違った。

秋葉原のとある飲み屋でランチに定食を出しており。限定メニューでマグロと焼寒鯖定食というのが出されていた。限定メニューに弱い上に、焼き魚が気になって、なんとなく秋葉原圏内で昼食を済ますことにした。

まぁ正直期待していなかったのだが、食ってみるとこの焼き魚が美味い!普段はぐだぐだな食べ方なおいらですけれど、皮まで全部食い、骨までしゃぶってしまった。

マグロもうまかったけれど、正直焼寒鯖の脂にはかなうまい。

で、付け合わせの大根の浅漬けも名脇役。鯖の脂っこさも良いが、浅漬けで口の中がさっぱりしていい感じ。

もうね、気分はすっかり「孤独のグルメ」ですよ。

ゴローが無機質な秋葉原を空腹で放ろうしているところで見つける飲み屋のランチメニュー。酒が飲めないのに飲み屋なんて…、でも魚料理もいいよなぁ…と寄ってみる。

すると、

「ああ、美味い!」
「ご飯を大盛りにして正解だった。この焼寒鯖の脂によくあう」
「夜に来たらもっといろいろ食えるんだろうなぁ…。ああ、でも俺って酒が飲めないんだよな」

みたいな流れ(^^;)。久住先生、どうでしょ?(^^;)ぉぃ

2012/01/03

創作の順序

とりあえず夏コミに向けては昨年震災の影響で製作し損なった「輪行日記 韮崎・北杜編」にしようかな。シナリオとコマ割を3月までにある程度整えて、4月中に取材。それを元に作画…というスケジュールかな。

平行してM型ライカの本を進めておきたい。これは冬コミ向け。冬コミ原稿は今後本業が9~11月あたりに多忙な時期を迎えそうなので、スケジュールを調整しておきたい。

夏にしても冬にしても、原稿作成のあまり、自分が自転車走行とかできなくなってしまっては本末転倒だと思うので、そのあたり余裕のあるスケジュールなどにしてどうにかしたいところ。(しかし冬のジャンルを悩むな…)

まぁ、元々時間の使い方が下手な身、果たしてうまくいくかどうかわかりませんが(^^;)。

あと、その他の企画も合間合間にちろちろと進めておきたいところ。


ちなみに「同人誌は作者の好きなように作るもの」という意見があって、それはまったくもってその通りなのだが、個人的にはそれに加え、以前にも書いたけれど「多くの人に読んでもらいたい」ということもある。

そのためにシナリオ面などで調整・すり合わせ・妥協などもおこなうのだが、「好きなことを描くのと反しているのでは?」と思われる方もいるだろう。

ただ、読者のニーズを調べる、あるいは掘り起こすこと自体に面白さもあり、ある意味クリエイティブだと思っている。

「自分の描きたいこと」を差し引いても「読者のニーズにマッチするのを描く」のもまた喜びと思えるわけで、自分主導でそれを行えるのもまた同人ならではの活動と思っている。

まぁ読み違える怖さはあるんだけれどね(^^;)。

新しい中古レンズで楽しめなくなってきている気がする…

昨年末、ふと、某中古カメラ屋に立ち寄ってみた。久しぶりに立ち寄ってみたんだけれど、品ぞろえに不安を感じた。一時期に比べるとなんかろくなレンズが並んでいないというか…。

まぁその店はカメラに見切りを付け、別の中古ジャンルに移行しようというのかもしれないけれど。

ただ、いつの頃からか中古カメラ市場が縮小した感がある。…っつか、M/Lマウントレンズがえらく少なくなった感じが…。マップカメラも地下1階のレンズがえらく少なくなっているし…(最近行ってないけれど)。

なんか理由があるのだろうか?自分が想像するところとしては3つくらい思いつくのだが…。

■1.中古カメラが扱いにくい
フィルムカメラのフィルム供給が怪しくなってきている気がする。フィルムの嗜好と考えてもどんどん扱いにくくなってきて、手を出しにくくなっている。

■2.レンズマウントアダプターによる中古レンズの需要増
他マウント用のマウントアダプターが多く登場し、他マウントのために新しく中古レンズが流通してしまった…という感じ?このあたりが一番の要因のような気がする。特にM/Lマウント(^^;)。本来のマウントカメラユーザーとしてはちと涙目…。

ただ、中古カメラ屋くらいはうはうはと思っていたのだけれど、流通在庫がなくなるほどだと市場がなくなってしまうのね…。

■3.ネットオークションによる流通
自宅にいながらにしてさくさく検索・手続きができる点で利便性が高いからなぁ…。

ただ、自分頼りになるし、状態のいいのを見つけたり、あるいは状態をよくしてくれる仲介業もそれはそれで利便がいいわけだし、個人的にはそれがなくなっていくと損失って感じがするなぁ…。


ともあれ、M8/9ユーザーとしては、入手できるレンズが少なくなってきて困る今日この頃。…と同時に、「じゃぁうちで…」と数寄屋橋交差点の向こう側から手招きされている気がする…(^^;)。

2012/01/02

コスプレ写真を掲載しました

…とはいっても、半年前の夏コミの時のものですが(^^;)。

夏はマシンをMacに切り替えたり、それ用の写真編集ソフトとかまだ使い慣れていなかったり、使い慣れたソフトを入手できた時にはもう冬用原稿にとりかかって時間がなくなった時期だったり…といろいろごたごたした時期だったので、こんな時期の公開となってしまいました。反省…。

まぁでも、ご興味のある方はご覧ください。情報提供もお待ちしております(^^;)ぉぃ。

今回の冬コミの分も追って公開できると思います。今しばらくお待ちください。

#あ、掲載場所はこちらのページから辿ってください。

液晶の見やすさ

そういえば、ポメラDM100を初詣の際の屋台で友人に見せたのだけれど、ほぼ屋外の、太陽光の明るい場所。でも液晶の見やすさにびっくりしていた。

…あ、そこもチェック項目?バックライト常時ONでも、なぜか屋外でも見やすい液晶ですよん?

屋外であまり使う機会のない筐体だと思うけれど、電車内の日の当たる座席というのもあるだろうし、そういうケースを考えても液晶的には問題のない筐体ですよん?

コミケの思い出

新年あけましておめでとうございます。

ただ、早速昨年の思い出を(^^;)。

続きを読む "コミケの思い出" »

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »