2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/30

思惑通りに行かない…

10月、イーモバイル回線の使用量が1GB/月を超えたため、ギガバイトプランの上限額の支払いとなった。

こうなりゃ使い放題プランに変更するしか無いなー…と思ったのだが、11月はネーム終了後、コマ割り、作画作業等々でなかなかモバイル回線を使わない形になった。

ある日は自宅の電気工事で1日無線LANが使えず、イーモバイル回線で代替したものの、月末になっても1GBの半分くらい。

…うーむ、もったいない(^^;)。なかなか案配が難しいのう…。

2011/11/29

新車の構想

サイクルモードの話。

シマノのDi2という電子シフトは非常に良かった。ギアシフトを電動でしようというもの。シフトレバーがシフトスイッチになっているため、操作が簡単になるのがメリット。

まずシマノのブースでコンポ-ネットだけ操作してみただけでも、右手を痛めている身としてはもう今後この選択肢しか無いんじゃないか?と思えるくらい楽。

次に電子シフトを装備した小径車に何度か試乗をしてみると、もう虜。つい新車に装備して欲しくなってしまう。それからはついついどのフレームも「Di2を装備するなら…」と考えてしまう(^^;)。

でも考えてみればBSMのデュラエースと換装するという手もあるのでは?その方がフレームを新調しない分、安上がりだろう。

そもそもデュラエース自体に何の不満もないけれど、走行時の操作の負担を軽減すると考えると、ついDi2を選びたくなってしまう。

でも余ったデュラエースももったいない。…何か新車に…(^^;)ぉぃ。


#ちなみにちょっと伝え聞くところによると、電動シフト系のバッテリーは飛行機輪行の際、航空機持ち込みでトラブルになるとか無いとか?バッテリーが持ち込めず、ツールド沖縄とかに出場できなかったとか、それがわかっていたのでバッテリーだけあらかじめ現地で調達しておいたとかいう話を聞きます。

カメラのバッテリーとか大丈夫なので(最近は乗ってないので知らないけれど)、手続き次第のような気もしますが、ちょっとそこだけ気になりますなぁ…。

牧歌的な風景の中をのんびりサイクリング

こないだのサイクリングモードは自転車やそのパーツの展示会ではあるものの、それを使ってどう楽しむかも含めての展示会。地方のレースや走行ルートなどの紹介もあった。沖縄やしまなみ街道などもは言わずもがな、最近整備の進む奈良県のPRも強い

そんな中、個人的に惹かれたのはこちら。

飛騨里山サイクリング by (株)美ら地球

レースよりはサイクリング・ポタリングとして楽しみましょう、有料ですけれどガイドも付けますよ、というツアー。これの実際の写真とか見せられたんだけれど、いかにも田園の中ののんびり小旅行。

うわーっ、行きてーっ!

あまりにものんびり、風景や地元の人との会話を楽しみましょうよ、というコンセプトが行き過ぎて、むしろタイヤの細い自転車はちょっと危険というくらいなまでののんびり指向(あぜ道とかも走るので)。意気込んでロード持ち込んだお客さんが、結局レンタサイクルにしたというエピソードもあったような…。

個人的には、日時、ツアー時間を確認したら、一切情報を遮断してガイド任せにする、自分サプライズで旅してみたい。さすがに一人で行ってもなんなので、数人友人を誘いつつ、「そのあたりの検索とか事前情報収集とか禁止!」にして、現地でのサプライズを楽しみたい(^^;)。

サイクルモード時はもう紅葉がすげーいいですよ!明日にでも来なさいよ!…という誘い文句を受けたが、しかしさすがにそれは無理。11月も過ぎると今度は積雪で走れなくなるという問題も。

とはいえ春も見頃だと聞き、そこに向けて誰かしらセッティングしたいところ。

3.5時間コースでガイド料6千円/客(自転車持ち込むと1500円OFF)は、事前情報収集せずに行けば、安いことになりそうな予感。

2011/11/28

ライカM型2台持ち

わたらせ渓谷鉄道んところに行ったときには、M8(カラースコパー21mmF4)+M9(ズミクロン50mmF2)を持って行った。

考えてみるとM型ライカ2台持ちというのは初めてかも。

MPも持っているので、M8+MPという持ち方もして良かった気がするが、した記憶がない。まぁ、R-D1+M8というのは鎌倉かどこかに持って行った気がするが…。

ともあれ、M型に限らず、ちっとデカめのカメラを2台持つときのコツはストラップの長さを変えること。どこかのBlogで教わった。下手に2台持つとコツコツ当たって良くないのだが、長さを変えられるストラップがあるので、そこらへん簡単に調整できる。

そんなわけで比較的快適にM型ライカ2台持ちを、焦点距離の違う使い分けで便利にできた。まぁそこまでするならズームレンズ使うカメラにしろよ…と言われるかもしれないが、そこがまた酔狂といったところで…(^^;)。

それにそれなりに重かったなぁ…(^^;)。

あと、M8の特性とかもあって、各々ちょっと使い方を変えないといけないのだけれど、比較的シャッターあたりの感触が同じなので、どっちがどっちとかこんがらがることも(^^;)。もっとも、別々のケースを使用しているので、グリップあたりの感触を頼りに注意していたら、それなりに使い分けることができた。ほっ。

まぁ、今後は1台あれば十分のような気が(^^;)。次は…目的地やルートによりけりだけれど、35mmor50mmいずれか1本で、ケースも外して、簡易なストラップでシンプルに撮り回したいな。

でもなにかの機会にまた2台持ってみたい(^^;)。


#ちなみにレンズフードは外さない。カメラをつかむときに勢いがつきすぎて自分の指がいつも鏡胴前あたりにかかるので、接触ガード用に欠かせない。

#ちなみにライカは以前、28-35-50mm(だっけ?)を切り替えられる1本のレンズも作っていた(ズームレンズではなく、各焦点距離を切り替える構造)。現在は作っておらず、中古でも滅多に見かけず、あっても相当な値段。

んー、復活させてくれないかなぁ…。

わたらせ渓谷をぶらぶら散歩

11112701
ちょっと友人に誘われて、わたらせ渓谷鉄道に乗りに行った。天候の関係で日程がズレ、肝心の誘ってくれた友人は来れなくなってしまったが(^^;)別の友人と行った。

本当は冬コミ原稿に注力しないといけないけれど、紅葉分が足りないまま悶々としていてもねぇ…(^^;)。

続きを読む "わたらせ渓谷をぶらぶら散歩" »

2011/11/27

iPhoneとカード

カードが3枚入ります。デザインも◯な「CandyShell Card」登場

ふーむ。

最近、家の近くをぶらつくときは、nanacoカードがあればどうにかなっちゃうんだよな。セブン&アイズ系列店が多いので。

しかしそれだけだともう少し行動範囲が広がったとき、ちと不便。そういう時はクレカも兼ねるSuicaカードくらいはあると良い。

プラス、念のための現金が入っていたりするとさらに安心。

で、携帯端末のiPhoneがあれば、色々不便なさそう。

…となると、このケース、いいじゃなーい(^^;)。

ただ、そうした大事なものを一つにまとめる以上、ストラップホルダーは欲しいなぁ…。見た感じ、そこら辺はクリアされていなさそう。

ちょっと惜しかったなぁ…。

2011/11/24

DM100との連携をもう少し考えてみる

こちらの記事を読んでみた。

西田 宗千佳のBeyond the Mobile ― 第80回
新ポメラ DM100は「モバイル機器の聖杯」になったか?(3/4)

Bluetooth接続でのFTPは現在のおいらの環境では、PCとの連携にしか使えなさそう。できればiPhone/iPadとの連携を希望していたのだけれど…。

iOSではBluetoothのFTPを使えそうなアプリはAppStore上に検索ではひっかかるものの、DM100と使えるのか、どーも怪しい。実際使用してみないと…。

使用できたところで、別アプリとの連携も確認しなければ…。そう考えると、携帯端末との連携はまだAndroidの方が簡単そう。

そうすると俄然Android端末にも興味が出てくる(^^;)。以前書いたように、Sony Ericsson miniが非常に興味ある。

そこに来て、こういう情報も入ってきた。

月2980円への値下げで、初代PocketWiFiユーザーに悩み発生!?

前述した新音声端末との2台持ちを組み合わせる方法では月額割の3,795円/月にスマートプランデータセットで-1,000円/月となるので、「データプランB ベーシック(にねん得割)」と変わらない(もちろん別途端末代がかかるが)。それでありながらAndroid端末も保有できるのなら、まだ2台持ちの方が面白そうだ。

…まぁ、まずはDM100がおいらの肌に合うかどうか、なんだけれど(^^;)。

2011/11/22

ちょっと気になるタブレット

タブレットっつーか…。

ASUSの変形合体タブレットに新モデル Tegra 3搭載
んー、ちょっと惹かれるな。

前モデルも気にはなっていたのだけれど、そっちはもうちょっと特色が欲しかったところ。

しかし4コアになったのなら、本来は入れたくないけれど、アンチウィルスソフトを常駐させていてもパワーの面は心配なさそう。

OSのバージョンは何になるのか、もう少しAndroid上のキラーアプリとか無いのか判明しないと、食指は動かないけれどねー(^^;)バッテリー駆動時間やシーンに合わせた使い分けが魅力ではあるけれど。

2011/11/18

どうしても思い出せない

冬コミ原稿に集中する今日この頃。

ただ、考えてみると年賀状とか名刺とかも作らなければならない。

あ、そういえば他にもイラストを描かないといけないのでは?

時々、「こういうことをイラストにしたい」というアイディアがあるのだけれど、すぐには時間が無い場合にはメモしてストックしていたはず。Simplenoteあたりにそういう「イラストにしたいネタ」をメモしていたはずだな…と検索したら、見つからなかった。

あれ?メモしてなかったっけ?

前にも書いたけれど、知らないうちにファイルが消えている、ということSimplenoteではあるのだが、1年前のファイルもまだ残っているTrashフォルダでは見つからなかった。…あり?ストックしてなかったっけ?

しようがないので1年以上前のバックアップファイルから拾い上げてみた。…見返すと、あまりそれに書き加えた記憶が無いような…、あるような…(^^;)1年以上ファイルの存在を忘れていたかなぁ…。


#ちなみに今、それにストックしたいのは「オジプラス」(^^;)。自分を美化して…ね(^^;)。

輪行本とか孤独の輪行とかに描いている自分は、むしろダメな方に誇張しているので、ここはひとつオジプラス向けなおいらのキャラクターでも描いてみようかな…とか思ったり(^^;)よせ。間違えて「綺麗なジャイアン」みたいにしないようにしやう(^^;)。

まぁあれだ、TMXくんも、おいらの基本は「拝御劇場だ」…っつってたし(^^;)ぉぃ。

2011/11/17

MacでIntuos4を使っていると気になる問題…

Macで原稿作成中。作画…とまではまだ至っていなくて、コマ割り程度。とはいえ、タブレットがないと作業効率が悪い。

ただ、InDesignとIllustratorを併用しているとアプリ切り替え、仮想画面切り替えとかがタブレットの方で行えず、面倒。いちいちタッチパッドに手を伸ばしている。

タブレットの方のタッチホイールでできないかな…?と調べてみたら、control+→とcontrol+←で仮想画面を行き来できると判明。早速キー割り当てを設定し、InDesignとIllustratorを別々の仮想画面に設定すると、タブレットだけで便利に画面を切り替えられて作業が効率的になる。

ただ、なんか知らないが別仮想画面に設定しているのに、InDesign上でIllustratorファイルを開くと、IllustratorがInDesignと同じ仮想画面に移動してきてしまう。割り当てとか設定しているのに…。これはちょっとうざったい。

まぁ、同一仮想画面内でのアクティブウィンド切り替えとかもタッチホイールに設定すればいいのかもしれないが…。

2011/11/16

今後の身の振り方

はっ!?気がついた!

映画でもドキュメント畑からエンタテイメント映画に入った監督は、そのリアリスティックなタッチから独自の表現、評価を受ける例が少なくない。

おいらも解説畑で培ったノウハウを活かしてフィクションストーリーをうまく表現していくべきかっ!?(^^;)意味不明

#まぁまだまだ経験足りないし、もう少し今の畑で頑張るか。

3Dからの卒業…?

Cinema4Dのバージョンが13にあがったそうな。バージョンアップの案内が来ていた。ただ…個人的にはもう3Dアニメは作らないかなぁ…という気が。

アニメーション自体もう作ってないし(もともと作ってなかったけれども(^^;))。何か表現するなら「漫画」の方が性に合うし。

昔CGアニメーションで賞を取ったことあったから、またあの栄光の日を再び…とか思っていたのだけれど、もう無理かなぁ。当時は黎明期だったし。今はだいぶ熟成された感じでいくらでも職人がいる感じ。今更おいらのつけいる隙は無さそうな…。

まぁ地道に誰も描かない自転車とかでニッチなニーズを掘り起こして読者層に食い込んでいかないと…。若干、そのアニメーション版を…という欲求が無いことも無いですが(^^;)。なんか、漫画描く手間程度でそこそこなアニメーションを作れるようなフローが無いかなぁ…。

2011/11/15

古くからの乾電池について所感

本日の一品 by 大和 哲
すごいパワー! スマホも満タンにできるリチウム乾電池

んー…10年以上前にいじくっていた200LXでたまに富士フィルム製のそれを使用していた身としては、そーかーまだこれ(リチウム単三乾電池)は一般的に知名度が広まっていないのかー…という感。

…というか、これが充電器になれば結構物事解決するような気もするのだけれど、科学はまだそこまでは至っていないのかね?…という感。

まぁ、25時間とか30時間の駆動時間なポメラDM100もこれを使うとさらに劇的に駆動時間が延びそうな気もするけれど、結構ハードに負担がかかることもあるかもしれないので、気軽にチャレンジできないなー。エネループ複数本携帯しておいた方がまだ精神的にも、他に流用することも可能なのを考えると、効率的かなー…という感。

ATOKの値段

Android、Win、Macで使える月額300円の「ATOK Passport」

んー…、意外とお得かもなぁ…

300円/月で10台まででしょ?Win機が2台、Macが2台、Android端末と例えば2台でもまだ6台。PCなりなんなり増やしたとしても、常にいじくるPCは限られるから、そういうのは標準IMEでもいいわけだし、そう考えると10台というのは結構多い。

で、3,600円/年で、個人的な感覚だと毎年新バージョンが出るような印象のあるATOK、しかし毎年は更新しない。2年おきくらいだったらまぁいいか…と思ったら、10台分のATOKを2年に一度7,200円で更新する…と考えると、費用的にもそんな高くない気がする。

WinもMacも2台ずつ使っていて、各々用のパッケージ版ATOKを使用している。ライセンス上、同時使用しなければ2台だか数台にインストールしていい規約なので(台数はよく覚えてない(^^;))、ライセンスは2つ所有している。

Win用+Mac用ATOKのバージョンアップ代っていくらだ?1パッケージ5,000円くらいならATOK Passportの方がお得、3,000円くらいなら逆…ということか。

んー、まぁあとライセンス管理を考えるとやっぱりPassportの方がいいかなぁ…。あとは切り替えのきっかけ、かな?(^^;)

2011/11/13

ポメラDM100の考え方

こちらの記事が納得できる。

芝村さんによるpomera DM100のお話

まぁ正直、芝村さんがどなたなんだか知りませんが(^^;)ぉぃ、書いていることは最初にDM100を見たときに感じた漠然としたイメージが文書化されていてすがすがしい。これ読むともうROUさんにとっては確定じゃないのん?

個人的にも、テキスト中心の活動ではないものの、なにかしら活動の中心にはテキストメモがある身としては、こういうマシンを創作の面の中心に据えてもいい気もする。

まぁ、外部マシン連携がどこまで便利かがまだ不明ですが。BluetoothでファイルがやりとりできるとしてもPCだけの話で、できればiPhone/iPadでもできて欲しい。まだちょっとその辺使えそうなアプリが見つかっていない…。

あと個人的には、結構「日付メモ」が便利そうな気がするのだけれど…どうだろう?仕事とかに活用できそうな気が…。

ま、まずは店頭で触ってみないとね。

#ちなみに親指シフトは無視します。いや、以前チャレンジするも挫折したこともあるし(FMR-CARDの時)、もう10年以上慣れ親しんだキー配置を変えられないしね。

#あー…、FMR-CARDで思い出したけれど、あの頃はファミレスでそれ打っていたら、奇異な目で見られてたよなー…。懐かしい(^^;)調べてみたらもう20年前だよ。

Adobe関連話あれこれ

続きを読む "Adobe関連話あれこれ" »

2011/11/11

Adobeとのつきあい方

こんな話がある。

Adobe、アップグレード対象を「直近1バージョン前まで」に変更

なんだいそりゃ。ひでー話だな。Win版は6が出るときにバージョンアップしようかと思っていたのに、それは5.5/5でないとできないとか。とほほ…。

こりゃもうこちらからAdobeを切らないとな…と言いたいところだけれど、もうすっかりおいらの腕はIllustratorのベジエ曲線グセがついている。それでないと思い通りの線が引けない感じ。他のドロー系ソフトを試用していたりもするのだけれど、これがなかなか…。

まぁ、その他諸々の事情により、当面Adobeソフトからは離れられない感じ。

一応AdobeとしてはCreative Cloudを使用してくれ…ということだと思う。…なんかAdobe税が所得税と消費税とわかれた感じがするな…(^^;)どちらか選択方式だけど。

ともあれ年6万円くらいでAdobeソフトがほぼすべて使用できる…のは結構いい感じなのだけれど、おいらの現環境として考えると、はたしてどうだろうか?ちょっと考えてみよう。

続きを読む "Adobeとのつきあい方" »

2011/11/10

やっぱり気になるポメラ

キングジム、BluetoothでiPhoneにも繋がる新型ポメラ
~繰り返し使えてPCにも取り込める手書きメモパッドも

ポメラDM100はちょっと気になるなぁ…。

正直、今までのポメラは他端末との連携を考えると、ちょっと使いにくかった。

キーボードもタッチ自体にも問題は無いが、結構打鍵力が強い身としては、机上の安定性も不安定に感じていた。

以上の問題からポメラは購入してからちょこっといじったっきり、使ってなかった。

今回のDM100は割り切りが弱くなったと言われるかもしれないが、最低限必要な連携機能とキーボードの使い良さが確保され、液晶も大きくなって情報量も増えているんでしょ?

それで単三エネループ2本で25時間っすよ。テキスト考えるだけなら、DM100だけで何もいらないし、それでえっらい時間保つわけだし。

もっとも、それは前のポメラでもあまり変わらないんだけれど(^^;)いや、使いやすくなっているわけだし。


あとはiPhoneアプリでBluetooth経由のファイルのやり取りができればいいなぁ。DM100→iPhoneだけでなく、iPhone→DM100も。そんなアプリはあったっけか…?

もし解決するなら、例えば旅行中、iPadの用途が必要無ければ、デジカメ、iPhone4、DM100だけで良いのかと。

基本デジカメとiPhoneだけ持ち歩き。メモ等もiPhone。宿に帰ってからDM100で編集とかもできるわけだ。

勿論これも、頑張れば前のポメラでも出来たとは思うけれど、やはり連携のしやすさがすごい惹かれる。少しでもACアダプタなりケーブルなり無くなるのはすげぇ気持ち良いもので…。

金額は…少し待てばちょっとこなれるかな?(^^;)

まぁ、まずは触ってみないと…。

2011/11/09

次期無線LANルータ替わり端末の検討

イーモバイルのPocketWifiがそろそろ2年の更新月を迎えることから、なにかしら機種、あるいは回線変更したいとは普段から書いているとおり。

選定基準としてエリア、品質、速度、使い勝手、月額費用、物欲、楽しさ等々複合的に考察したところ、とりあえずSony Ericsson mini (S51SE)が第一候補かなー…という結論に。

で、店頭で物色していたところ、販売員に月額費用を抑えるアドバイスをいただき、念のため即決せずに家に帰ってネット上で裏を取ってみた。

それは機種変更ではなく、新規購入で2台持ちになるという方法。それって高くならない?…と思うのだが、制度をうまく使うとそうではないみたい。

まずはこちらの記事を参考にさせてもらいました。

イーモバイルの料金プランはどれが一番得なのか?比較してみた

ただちょっと日付が古い。現在も有用な情報か、ソースから確認しないと。

まずイーモバイルの携帯電話端末プランを確認してみる。

スマートプラン

こちらのページの下の方に「スマートプランデータセット」という記載がある。データプランの端末と一緒に登録することで1,000円割引になる。うむ、今のPocketWifiはもうデータプランですよ。

で、次にPocketWifi側のこちらのページを確認してみる。

割引サービス(データ通信)|料金

こちらの「にねん特割」の※印の箇所に記載がある。データプランのまま2年(縛りの「にねんM」期間)を過ぎて「にねん特割」を申請すると、使わなければ月額費用等かからないようになるらしい。

つまりユニバーサルサービス料もかからずに月額費用を0円にすることができる。あ、なんか故障安心サービス(315円?)は外しておくかな。


となると、今のPocketWifiのSIMは塩漬けにすること前提(セロテープでも貼っておくか…)にすれば、PocketWifiの月額費用は0円、携帯電話の方はそのセット割引のおかげで1,000円安くなる。

つまり、2台持ちでありながらむしろ現状より安くなる。いざとなればSIMを入れ替えてS51SEからPocketWifiとかに使い換えてもいいわけだし。通話が念頭に無ければ結構いいんでない?

※iPhoneからこちらに通話を切り替えた方が、時間あたりの通話料は安いけれど、友人にはiPhoneやソフトバンクユーザーも多く、無料通話も可能と考えると、通話はまだiPhoneかな…。

あと、可能であれば月額割まで適用できれば、データ通信だけならえっらい安く済むのでは?ここはちょっと店頭で確認しよう。


正直、エリアの点ではドコモ・auにかなわず、条件によってはSoftBankにもかなわない(基本的にはイーモバ>SBだけれども)けれども、他の好条件の方が上回ったと考えて選択してみようかな。まぁ、Android4.0もあきらめよう。これだけ小さい筐体なら2.3+専用UIの方が使いやすいかもしれんし。

#手続き的な理想は更新月のプラン切り替えかな。今はまだ「にねん特割」にできないので、2ヶ月ほど余分にお金かかるし。たぶん1万円くらい余分にかかってしまう。

いつか完全養殖ウナギ

「実りのフェスティバル」で仕入れた情報だが、卵からのウナギ完全養殖自体は実はもうできるそうな。

関連省庁がフェスティバルに出展し、幼生と、ウナギに成長した個体まで展示して、得意げだった。すげぇ。

ただ問題は、「大量生産」のための養殖技術がまだ確立されていないらしい。1~2匹とか、そういう単位で卵から育てるのはもうできるそうなのだが、水の管理とかが難しい・面倒だそうで、大量生産にまで至っていないらしい。

例えば展示されていた幼生は大型のジャムの瓶のようなケースに入れられていた。海洋水で満たされたケースは密閉され、研究機関のある九州から空輸されてきたそう。別段酸素供給もされていない密閉されたケースに数日間入れたままでも大丈夫(フェスが終われば九州に返送されるらしい)というタフな奴。

…なのだが、エサで少しでも水が汚れると途端に弱り、場合によると死んでしまうらしい。そういう水の綺麗さを保つためにエサやりの際の水質管理をかなり厳密に行っているらしいのだが、それが大量の個体だと難しいらしい。

そこらへんの技術の確立にはあと10年くらいかかるとか。うーむ、待ちきれない(^^;)。

子供のころ、家の近くにウナギの中卸しがあって、妙にウナギには親しみがある。物心つくころから親しんでいたその中卸しは子供のころに廃業してしまったが、またああいうお店が近くに出来るくらい、うなぎの流通量が回復してもらいたいところ。

なんとか完全養殖・大量生産に頑張っていただきたいところ。

#ちなみに、前述の通り大事に育てると逆にハングリーさが無くなってエサを多く取らず、大きくならないらしい。よく見る養殖場のように、エサを奪い合うくらい大勢いっぺんに養殖した方が大きくなるらしい。

…難しい生き物じゃのう…(^^;)。

キャラデザしてみた

ネームはまだ終わっていないけれど、ちっと作画面も進めてみることにした。

…っと、その前に作画用参考資料にキャラデザしておかないと。えっと…。

11110901こんな感じかな?…いい?(^^;)誰に聞いている?

あ、そういえばタブレットはしばらくSmallサイズを使っていたけれど、また最近ミディアムサイズに変えてみた。…使いやすい(^^;)ぉぃ。


2011/11/08

ネームを詰める苦しみ

現在、保険本の保険パートについてはネームが大詰め。なかなか頭を悩ませられるところ。

一応それなりに事前調査や取材などして結構情報を集めたが、それをそのまま載せるわけにはいかない。

何をどう説明すれば良いのかの整理したり下準備を行って、掲載する情報の取捨選択しなければならない。

が、せっかくの漫画。読みやすくしなければならない。結局のところ、誌面上ではかなり削った分量になる。

解説本の難しい点は、つい言葉を多くしてしまうところ。ネームを切っているとついアツくなって、ここはこう、あれはこう!…と解説しまくりたくなってしまい、どうしても文言が多くなってしまう。

そこで今回はかなり思い切ってぜい肉をそぎ落としているつもり。単純に情報量を落とすのではなく、簡潔に骨子・概要だけでもわかってもらうように説明する…といったあたりを吟味して作っているつもり。

それでも「保険」の予備知識なしにわかるのか?…というところが不安になってしまう…。うーん、一応そこそこ補足はしてあるつもりなのだけれど…。

あとで感想をいただきたいところだなぁ…。


反面、転倒エピソードパートは、ネームがなかなか決まらない。

以前Blogで紹介した転倒事故をもう少し詳細に漫画にしておきたいなー、後日談もあるしなー…という趣旨で描き始めたものだから、意外と「とりとめのない話」になってしまい、収まりが悪そう。

ページ数も抑え、コンパクトに仕上げたいところだが、メインがどこだかわかりにくく、削り部分をどうして良いのかも判断付きにくい。

きちんと、何のために掲載するのか、何を伝えるべきなのか、でもある程度は自分勝手な内容も盛り込む(^^;)…といったところをいい塩梅で配合出来ればなぁ…。

ある程度割り切って作らないとだめだな。思い切って切れるところは切らないと!


…でもできればいつか、好き勝手に描いたディレクターズカット版も用意したい(^^;)。

しかしそうしたらあまり「何が面白いのか」わからない、ただの自損事故告白本になるだろうなぁ。

だったら、デジタル化して、Pixivに載せてしまおうかな(^^;)。

2011/11/07

ネタを探す日々

前にも書いたけれど常日頃、創作活動をしていると、どういったネタが転がっているか、常に身の回りに目を配るようになる(…と思う)。

とりあえず現時点は小径自転車やそれ関連に目を向け、色々情報収集を行って創作活動を行っている。
(ここだけの話、むしろそうした創作ネタは当初、周りが「自転車乗っているんだから、自転車ネタで創作活動しろよ」とさんざん言っていた。おいらはむしろ「自転車描くの面倒くさいよ-」と言って断っていたくらい(^^;)。ただ、ある日ネタが切れ、やむなく描いた輪行本01が思いの外ウケ、今に至る(^^;)ある意味悪のり>をれ)

しかし自転車だけのネタというのもつまらない。他にもネタになるのはないかなー…と思っている。

やはり身近で、しかし人が現在あまり興味を示していないところでニーズを掘り起こしたいところ。他の人と同じことをやってもねぇ。とはいえ、多くの人の共感を呼びたいところ。

で、例えばおいらは最近ストレッチトレーニングを行っている。費用的な問題である時点でやめるかもしれないが、結構効果がてき面にはたらいている。

漫画化への実際問題は別にして、できる限り続けたいところ。もちろんできればあるところでまとめたいが…。

やはり健康面は共感呼びやすいんじゃないかなー…とは思う。それを実体験で語るか、取材してまとめるか、色々考えるところ。

ネタとしてはでは他にあるかな…?と考えると、ストレッチよりもさらに前から続けているサプリメントというのがある。

効果は人それぞれだろうけれど、うまく活用出来て健康に結びつけられるような解説ができたらなー…と思うところ。

…が、もう遅かった見たい。

「これでも飲んで精を出しなさいっ!」 栄養素を擬人化した「萌えサプリ」

むぅ、やるな(^^;)ぉぃ。

2011/11/06

冬コミの予定

そういえばポプルスに冬コミ印刷の予約とか取らないといけないんだった。ただ、さすがに総ページ数くらいはわからないと予約ができない。

最近ようやっと全体像が見えてきた。

保険解説:18ページ
あとがき+おくづけ:2ページ
転倒エピソード:22~24ページ

あ、いかん。40ページ超えそうだ(^^;)。

転倒エピソードはもう少し削って、20ページ以下にするか…。保険解説ももう少しスリム化したいな。要点まで削ってしまわないように。

…でも30ページは超えるわけか…。たぶん自転車だらけって原稿にはならないので、普段よりは早く描けると思うけれど…とほほ…(^^;)。

#あ…、表紙、中表紙とかも考えないと。

2011/11/04

サイクルモード2011・メモ

サイクルモード2011にプレミアムタイムを使って行ってきました。

まだ情報をまとめ切れておらず、記事にするのもどうかなぁ…という状態なのですが、これからサイクルモードに行かれる方もいらっしゃると思いますし、ちょっと参考情報に取材メモ(?)でもないのですが、以下に掲載しておきます。

何かしらの参考にでもしてください。

続きを読む "サイクルモード2011・メモ" »

2011/11/03

何気なくCGアニメーション上映会のお知らせ

私は最近は直接関わっているわけではないのですが、思い出せば混雑対応とかした覚えもあるDoGAのCGアニメーションコンテスト上映会。

…というのも、京都の方に移動してしまったので。しかも日程もほぼCEATECにバッティングした状況なもんで、手も足も出ない。

…とか思っていたら、どうも12月3日(土)に東京でやるみたいですよ?

CGアニカップ

昔、中野ZEROとかに足を運んだ人も懐かしいのでは?会場同じですよ。ホールは違うようですが。

ニコ動とか全盛の昨今、上映会会場に足を運ぶ必要があるのかー?とか問われそうですが、映画館も廃れない昨今(いや、仕組みがだいぶ変わりましたが)、ライブ感が感じられるのも良いかと。

なにより、今回のコンテストは「団体戦」な上、審査方法が「拍手くん」も取り入れているところ。

拍手君とは

さすがにその審査だけで判定というわけにもいかないけれど、自分の感想を体で表すのもまた楽しいものかと。

考えてみれば、音楽面はニコ動というネット上から、ライブに飛び出してきたところもあります。

動画そのものに関しても一旦ネット上で展開されつつも、上映会か何かの形で再びネット外に出てきても面白いのでは?

今回の上映会はそれを占う意味合いもあるかもしれません。この手のイベントが東京で行われるのは久しぶりだし(今まで京都だった)、是非足を運んでみてください。


#まぁ、「上映事故」は起きないとは思うけれど。…起きないよな?(^^;)

#上映会なりの楽しみ方が無いといけないよなぁ…。垣根を超えた交流会とか提案した方がいいのかな?テレ東の日曜深夜に茂木さんが出てくるデザイン関係の番組もそんな感じだし…。

2011/11/02

M型ライカ本を考え中

…なのですが、こちらの記事でコメントいただいたとおり、監修していただける方が(^^;)頼もしい。ありがとうございます。

まぁまずは自分で企画書…じゃない(^^;)、ネームやらなんやら作らないとね。もっとも、今はまだ他のネームがあるので、思いついたときにちろっといじくる程度ですけれど。

一応以下のように考えてはいます。時折ばっさり削除しちゃったり、構成大幅に変えたり、0からやり直したりします。

ただ、現在の構成は比較的気に入っているので、もうそう変わらない…はず。なんかブレークスルー(?)があれば別だけれど。


●TypeM LeicaDiary(仮題)

■コンセプト
・デジカメ(ケータイカメラ)を多少はいじくっている人を対象。カメラの共通の話題と感じさせる。
・ライカカメラを買わせる目的ではない。こういう世界があると興味を持たせることが主目的。特に苦手感を持たせないように。
・ライカカメラ(M型)が特別難しいカメラではないのを印象づける。…とともに、マニュアルの面白さ、カメラを使うことの楽しみ(現場の「記録」から、撮影者が意図する「撮影」へ)の一つと捉えられるようにしたい…なぁ…。

■第1部:読み物構成
・M型ライカは他のカメラと何が違うか?
  カメラの構造解説
  値段(中古も)
   M8は一度、値上がりした(ユーロ高)
・マニュアル操作の魅力
  プログラム撮影なんてできない、自分の操作勝負
・単焦点の魅力
  開放値が大きい→明るい→シャッタースピードが速くないとダメ→1/8000や1/4000モード
  ボケ味の撮影
  瞬時に撮る、スナップの楽しさ オートだとエラーでシャッターが切れないことも
・レンジファインダーの魅力
  いつでも構図確認
・以上の魅力が現代の欠点
  使えないシチュエーションも多い
・撮影者の意図を盛り込みやすい
  時を経て使えるカメラ(デジタルライカはまだ数年だけど)
・旅のお伴に、いつも身につけるカメラに
  デザインの愛らしさから、初対面の人とも話が弾む
  存在感がないからこその存在感 余計なことをしない存在感?

・それ以外に不便な点
 SDカードとバッテリーの出し入れ
 ホワイトバランスが比較的アテにならない RAW撮影優先
 近接撮影が苦手 SMOOKY
 遠距離撮影も苦手(視力が必要) なんかアダプタが…
 PLフィルタが使えない(使いにくい)
 …とはいえ、出来の悪い子、手間がかかる子ほどかわいい

・愚痴(コンバージョンのせいで、中古レンズが手に入らない)

■第2部:資料構成
・モデル構成
  M8
  M9
  以上の比較表
  その他のライカカメラ(参考資料程度)
・基本操作
  絞り優先AE
  シャッタースピード固定の場合
  露出計を使う場合 ジュピター12とかアンギュロンか、内蔵露出計をアテにしないとき
・問題点とその対処
 M8 赤外線カッティング 赤被り
    広角側の対処 シアンシフト
    6ビットコードの対処の仕方
     Lマウント用アダプタへの書き込み(古いレンズは無限遠が使えなくなる?)
 M9 広角側の対処 シアンシフト
    C1を使って後処理
・M9チタンは何が違う? ファインダーの内蔵LEDライトの話
・フィルム装填 銀座店の特訓の思い出…

■第3部:愛機自慢(省略するかも)
・M9-P
・筆者所有レンズの話

輪行、緊急出動!?

ちょっとこちらの記事にいただいたコメントに、記事でレスを。まぁ、途中からいつものBlog記事になりますが(^^;)。

紅葉とカメラの使い方

> 紅葉といえば、柳澤峠がいいらしいですよ。奥多摩まで輪行して峠を撮影しながら越えて、勝沼へ抜けるルートです。

柳沢峠ですか?検索すると…ああ、山梨から奥多摩まで抜ける、甲州街道迂回路ですな。…って大菩薩ラインかー。

いえ、丹波山村役場近くの温泉まで、それで行ったことがあるのですが、BSMの高速セッティングで行ったので、てっぺんで菩薩が見えかけたことが…(^^;)。

拝御は主に上り坂と向かい風に弱い

釜飯が食えなくても、悔い無し!

…でもあの時は自宅から…だから、奥多摩駅基点で考えると、丹波山まではそんなに距離はなかったか…。

改めて奥多摩駅から塩山へのルート検索してみると…距離は57.4km。60kmくらいかー。

半分は上り、半分は下りと考えると、30kmほど登る走行って考えればいいのかな?(乱暴な解釈のような(^^;))

上りのアベレージ10km/hとしても3時間。残り30kmを20km/hで駆け抜けても1時間半。休憩・食事・撮影で3時間。計7時間半?

10時走行開始で17時半。いやいや、最後、暗闇はマズいな。16時には終わらせたい。

そうすると8時半奥多摩発?7時に立川発(青梅線)くらいか。

…そんな無茶な話じゃないのかなぁ?(^^;)…おいらの自転車なら、インター8装備のBROMPTONならアリのような気も…。

そういえば紅葉予報がウェザーニュースであったような…。検索すると…大菩薩一帯と丹波山が検索できるな。見頃はいつだ…?

…今かよっ!

えーっと…日曜は一時雨かもしれないから、土曜か?土曜に行くべきかっ!?だ、誰か一緒に行かない!?(^^;)まぁ1人でも「下見」してくるか…


#…あ、サイクルモードには4日に行くつもりだけれど、体力残しておかないとな…(^^;)。

#あと心配なのは、このルート、車でも走ったことあるけれど、塩山側は自転車走りにくかったような…。うろ覚えですけれど。

まぁ、下りで走れば車の邪魔にはならないかな?でもさすがにカスクではなくヘルメットで走らないとなぁ…(BROMPTONの時は大抵カスク)。

#一人でもツイートしながら走ろうかな、だったらグローブしててもiPhoneを操作できるのがいいなぁ…と思ったが、ふと思い立ってエリアマップを見てみたら、そもそもツイートしても電波が飛ばない。一縷の望みをかけてイーモバイルも確認してみたら、もっとダメ。

うーむ、孤独な走行になりそうだ…(^^;)。

ネームを考える場所

なぜか創作活動をパワーに制限のあるノートPCで行ってきた身。とはいえここ数年はノートもパワーを増し、映像系でなければノートPCでも十分パワーを補える(UIは別)。

そんなわけで創作環境=ある程度モバイル環境ということになってくると、場所を選ばず創作活動を行いたい。…というか、自宅より外の方がネーム等作るのに集中しやすい(逆に絵は家(秋葉原制作所等一部作業場含む)の方が集中しやすい)。

必然的に家の近くのファミレスとかに入り浸るようになるのだが、意外と金がかかる。いや、ドリンクバーで粘ればいいのだが、つい食物を頼んでしまう。

もう少し家の近くに喫茶店でもあればいいのだが…。次に近い喫茶店は、17時には閉まってしまうし…。

そんなわけで腰を落ち着けて2時間くらい居座れるところはないかなー…と模索する昨今。

しかし考えてみれば、公的施設というのを考えていなかったな。図書館とか。公民館でも遅くまで開いているなら、そこのロビーに居座るという手もあるかなぁ…とか思ったり。

通勤路上にそういった施設がないか、確認してみるか。


#…とか思っていたら、家の近所のTUTAYA内にいつの間にかタリーズという喫茶店が出来ていた。

おお、こりゃいいや…とか思ったが、東芝府中工場の反対側になるので、ちっと徒歩(散歩)圏内じゃないかな…。まぁ自転車だとあっという間だけれど。

まぁでも近所のデニーズもそろそろ飽きているし(^^;)、ちっとタリーズも利用するようにすっかな。

久しぶりの判定

ここ1週間の間に数組の方々に、何ヶ月ぶりに再会ということがあった。

で、そろって…というわけでもないのだが、内数組から「痩せた?」と言われた。んー、最近撮った写真の首回りが気に入らなかったのでそういう実感は無いのだけれど…。

ただ、「むしろ数ヶ月ぶりに会った方がやせたかどうかわかりやすい」とも言われた。…やせてるのか?

ここのことろ不摂生している。最たるものが運動不足で、100km自転車で走ってへろへろってあたり。

ただ、脂っこいものはできるだけ避ける、姿勢を正す、サプリメントで一応栄養面を整え、ついでに脂肪を減らす作用のものも飲んでいる。

後者はもう数ヶ月続けているが、普段の運動不足ではすぐにベルトの穴にそれが反映されるのだが、さっこん穴の位置がズレないこともあり、「効いているのか?」と勘ぐっている(^^;)素直に受け入れろよ。

まぁ、少なくとも太ってはいないようなので、食生活とサプリメントは引き続き維持し、今後はなんとか運動も加えていきたい。

…ただ、冬コミの原稿があるんだよなぁ…(^^;)。

2011/11/01

Simplenote怖いな

日記メモやタスクメモに使用しているSimplenote。時々データが消えていることがあるぞ?

iPhone/iPadアプリならばゴミ箱の中から簡単に復旧できるけれど、消えていることに気づかないと復旧しない。そもそも忘れるからメモしているのであって、メモが消えたらそのまま忘れるっつーの。

他にも特定環境・ブラウザ下でエディット中のメモが急に全部消えたりすることもある。これもUndo機能で元に戻るので、今まで本当にデータが消えたってことはないけれど、有料会員に対してはもう少し安心できるようにしてほしいなぁ…。

あ、トラブルはすべてWebブラウザ上の話。iPhone/iPadアプリでのトラブルは覚えていない。

MacやWin用の専用アプリを揃えてくれないかな。代替アプリや互換アプリもあるけれど、やはり純正アプリの方が安心できる。

紅葉とカメラの使い方

11月中は冬コミ用原稿であくせく(?)していると思うけれど、1回くらいは紅葉を愛でにも行きたい。リフレッシュ、リフレッシュ。

場所はそだなー、定番で手ごろだと御岳渓谷とか、ぶらっと筑波山か。

新規だとひたち海浜公園とかもあるのだろうか?なんかJRの張り紙に北関東の紅葉の名所の一つとして取り上げられていた。

調べるとコキアっていうの?腰から下の高さで紅葉するものだから、「見下ろす」紅葉というのも珍しい。カメラからすればアングル泣かせだけれど(^^;)。

しかもまさかの見ごろを過ぎている季節。うーむ、失敗した。まぁ今週末はまだなんとかなるかもだけれど、色々イベント目白押しだからなぁ、今週末。


カメラといえば、やはりライカを持ち出したいところ。しかしなんだろう、単焦点だと物足りない気がする。うーむ、M9で広角、M8で標準という、初のダブル運用をかましてみようかしら?R-D1+M8というのはやったことあるけれど、Wライカで行ってみますか。

意外とレンズの選択も難しい気も。M8に21mmつけて28mm相当、M9は50mm…って方が、諸般問題ない気がする。M8は赤かぶり問題、M9は広角側のシアンシフトとか、問題児ばかり。そこら辺を調整できるノウハウを考えると、M9広角よりは、M8広角の方がツブしが効く…かも?

…あれ?21mmの赤かぶりはどうやって対応したかな…?あ、まずIRカッティングフィルタを装着し、しかし今度はシアンシフトを起すのでMマウントに6ビットコードで21mm同等レンズのコードを書き込んでM8に認識、内部処理させるのか。

…意外と忘れるな(^^;)。やはり備忘録代わりにM8・M9本を書いておくべきか…。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »