2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 何気なくCGアニメーション上映会のお知らせ | トップページ | 冬コミの予定 »

2011/11/04

サイクルモード2011・メモ

サイクルモード2011にプレミアムタイムを使って行ってきました。

まだ情報をまとめ切れておらず、記事にするのもどうかなぁ…という状態なのですが、これからサイクルモードに行かれる方もいらっしゃると思いますし、ちょっと参考情報に取材メモ(?)でもないのですが、以下に掲載しておきます。

何かしらの参考にでもしてください。

1台目試乗:RIDLEYというメーカー
リドレーの試乗、乗り味はどうだった?
ブログURLを送るとプレゼントがもらえるかもしれない。
7kgを切るモデルに乗車した 軽さは正義と実感した。あとでボイスメモを聞いてまとめたい

こ〜ぢ倶楽部の相澤康司さん
ローラーで走りながら講演
http://cozzy.biz/
熱い人だ。うーん、漫画のキャラクターになりそうな人だ(^^;)超謎

CARACLE(カラクル)という折りたたみ自転車が面白かった
トラブルで完成してなかったが、キャリーバッグ収納小径自転車
キャリーハンドルが自転車のハンドルというところがポイント
キャリーバッグもそのままフロントかごになる工夫
もっとも、まだ開発中
http://www.techone.co.jp/face.html
見たところ、まだ情報なし

シマノのDi2という電子シフトは非常に良かった
こういうのはワイヤレスがポイントなのかと思っていたが、そうでもなさそう
右手を痛めている身としては、もう今後この選択肢しか無いんじゃないか?と思えるくらい

縄岡商店
木作りのグリップ 非常に味わい深い
BROMPTONと組み合わせたいところ。ただ、輪行時に削っちゃいそうでもったいない(^^;)
ホームページは無し チラシに書いてあるメールで連絡を取るんだなぁ…

チタン専門の(株)ティグ
http://www.titanium-tig.com/
Mac使いからすると、Flashオンリー構成はご遠慮いただきたい(^^;)
それはともかく、ページ上には掲載されていなかったようなOZ-V210 Puckという小径車に試乗させてもらった
チタンというと堅いイメージだけれども、実際堅いながら余計な力はいなしてくれる、「しなやか」な乗り心地で、自分の漕ぐ力がダイレクトに伝わりつつ、余計な力が自分に跳ね返ってこない、妙な心地よさがあった。自分の姿勢が崩れることを気にせずに乗れる。ただしその分、マルチコントロールレバーユニットで、シフトの度にレバーを押し込むのが面倒になってくる。シマノのDi2を組み合わせたいところ
個人的にはそれで小径スポーツレジャー車(?)として最強になる気がする
町中でもロードに負けなくなるんじゃね?勝負する気ないけれど(^^;)走りの爽快さを味わう車であって…
ちなみにLONDONというコンセプト小径車がデザイン上、超魅力。ただ、Puckを乗った後だと、実用性でPuck(^^;)まぁ、LONDONも乗ったら別かもしれないが

ANOTOKI BICYCLE
誰しもが「猪木?」とつぶやきたくなる、しかし関係ないフレームビルダー
http://anotoki-bicycle.com/
パイプの細さが身上 確かに美しい。これでシングル組んでもらいたいところ。フレームカラーが結構乗り手のセンスが問われる気も…(^^;)

飛騨里山サイクリング by (株)美ら地球
http://www.satoyama-cycling.com/
地方にも自転車を持って行って走行を楽しもうというツアーがはやる昨今
いやいや、もっとのんびり、風景や地元の人との会話を楽しみましょうよ、というのがコンセプトの旅の提案
なんつっても、ガイドがついてくる(有料)
個人的には、日時、ツアー時間を確認したら、行くまで一切情報を遮断してガイド任せにする、自分サプライズで旅してみたい。さすがに一人で行ってもなんなので、数人友人を誘いつつ、「そのあたりの検索とか事前情報収集とか禁止!」にして、現地でのサプライズを楽しみたい(^^;)
今はもう紅葉がすげーいいですよ!…という誘い文句を受けたが、しかしさすがに今からはいろいろ無理
春も見頃だと聞き、そこに向けて誰かしらセッティングしたいところ
3.5時間コースでガイド料1人6千円(自転車持ち込むと1500円OFF)は、事前情報収集せずに行けば、安いことになりそうな予感

feed
http://www.feed.jp/
サイクルファッションブランド
しかしスポーツサイクルウェアではなく、ファッションとしてサイクルファッションを楽しみましょうというブランド
紫基調のものがおおく、最初はびっくりしたけれど、見慣れてくるとシックで気品ある個性と見えてくるから不思議
紫のものだけでもないし、いろいろ選ぶと面白いかも
今のところWeb展開が主らしいけれど、都内にも一部品を下ろしているみたい

JBCF
全日本実業団自転車競技連盟
個人的には興味ないけれど、保険がらみでお話を伺ってきた
気になっていたのは、こちらの会員になると強制加入になる保険
保障範囲が他の保険になく「(実業団の)レースおよび練習中の事故」にも対応していること
これはレースに出る人にとっては魅力
…っつーか、そもそも加入しないとレースに出られないのか?
ただ、問題は個人ではなく、2人以上のチームで登録しなければならないのと、おそろいのユニフォームを揃えなければならないこと。
逆に言えば、この2点さえ抑えていれば、JBCFの会員には登録できる
あ、あと入会時期が基本決まっていたような
あるいは1年のある時期を逃すと、若干高くなるような
ちょっとそこまでは覚えていない(^^;)ぉぃ

相変わらずしまなみ街道、沖縄からの熱いプッシュもありながら、今年から参戦…したのかな?
奈良
奈良サイクルツアー2012とか、奈良県のライクリストにやさしい宿とかを猛烈にプッシュ
サイクリングロードの整備にも力を入れている点もアピール
ちょっとその気になった(^^;)

自転車NAVITIME
iPhoneに入れようかなぁ…

BOBLBEE
iPadが入る、コンパクトなバッグがあるといいなぁ…

大友商事(株)
http://www.e-otomo.co.jp
ここで非常に妙な自転車を発見
TTT02
http://www.e-otomo.co.jp/linenup/otomo/cycle-mode/180/9011.html
コースターブレーキでありながら2段変速という、すげぇ扱いの難しそうな自転車
実際操作が難しく、一般コースの試乗はあきらめ、ちろっと短い距離の試乗を
ただ、足の操作に慣れれば、上半身の仕事が少なくなって、しかしギヤ付きでシングルよりも幅の広い走行ができる、非常に面白そうな自転車
ちょっと個人推し

JCF
日本自転車競技連盟
何かの資料で加入者の保険あり…となっていた気がしたけれど、こちらには加入者用の保険は無かった模様
むぅ、間違えた でもしっかり聞いておいて良かった


#ちなみに今回の試乗車は15台。まぁ、以前乗ったのとかは極力避けたので、だいぶ少ないですけれど。

あ、他に1台、サイクル台というかなんというか、それで速度競う奴走ったんで、そこで体力使っちゃったというかなんというか…(^^;)飴もらった。

« 何気なくCGアニメーション上映会のお知らせ | トップページ | 冬コミの予定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/53163974

この記事へのトラックバック一覧です: サイクルモード2011・メモ:

« 何気なくCGアニメーション上映会のお知らせ | トップページ | 冬コミの予定 »