2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/31

多忙な近況

んむー、今週・来週と本業が忙しくて、引き続きこちらのBlogがおろそかになるかもしれませんのでご容赦を。

じゃぁTwitterの方で…といきたいところだけれど、それもちょっと難しい体制になる可能性が…。

まぁ、それが過ぎたら原稿作成に集中するわけだけれど…。

最近の近況

PCの話だけれども(^^;;。

ぶろぽん2011原稿作成のためにW500ばかりいじくっています。

それ以外はiPad2で済んでしまいます。おかげでMacBookAirをなかなかいじれません。

X200sは稀に地デジ視聴用にW500の横で動いています。モバイルで使えよ、と怒られそうです。そういえばぶろぽん2011はまだ一部のネームが完成していないので、快適な環境に持ち出してもいいかも。

VAIO Lは地デジ録画用に稼働中。地デジソフトの挙動がものすごく悪かったのだけれど、起動時の常駐を外したら、一応安定し始めた模様。

もっとも、1日1回は再起動させないと時々おかしくなるし、常駐しないのでワンアクション、起動操作が必要だけれど。まぁ、大した手間ではない…と慣れてしまう自分が嫌だ(^^;;。

…ネタがこんなもんしかないのがどうも…。サイクリングで訪ねたところが云々…といった話をしたいものだねぇ…。

2011/05/30

配線非難

名古屋民家で火災があり、亡くなられた方もいらっしゃるそうで。そしてその原因がパソコンのタコ足配線あたりが考えられるとか…。

家族からだいぶおいらは「どうなんだ!?」と言われましたよ(^^;;。

…大丈夫と言いきれない自分がいますが(^^;;。

ただ、考えてみると地デジPCを導入したり、UPSを廃止したり、配線を少し整理すべきかな…とも考えたり。配線を整理して、タップを少なくしたりしないとな。

節電対策でビデオデッキを外したタップもある。そういうタップもそのままにしてあるけれど、空いている口も多いわけだから、そこにホコリが入りこむとなー。

空きがないのも将来困るけれど、まずはタップを整理しつつ、空き口は軽くテープでふさいでおくか。

機材レイアウトも整理しなおせば、タップも少なくて済むよなー。

机の上を掃除したくなる

日本HP、厚さ10mmの21.5型フルHD液晶ディスプレイ

これ欲しいなー。いや、設置場所ないけれど、これのためならなんとか用意して…。X200sも別の場所に移動してもらおうかな。

で、W500用かな?DisplayPortだから接続性はいいだろう。んで、テレビでも流すかな。いや、作画用資料を表示すべきか。…逆か?

本体の15型ディスプレイに作画用資料とBGM代わりの地デジ、21.5型の大きさのL2201xで作画作業…か。キーボード(W500本体)とタブレットの設置面積さえ確保できれば、かなり楽そうだな。

パワー的にクアッドコアの方がよさそうな気もするが…。


#おいらは発色にあまりこだわらないタイプ(^^;)趣味とはいえ本当に絵描きで写真好きかよ?<をれ。

2011/05/25

昔の名前で出ています

先週、掛川でCG合宿というクリエーターの集いがあったので、参加してきた。

基本的にCGアニメーション(3D、2D問わず)を作成できるスキルがあるのが参加条件なんだけれど、実は一応おいらもそういうスキルがあったりする。

とはいえ昔の話なので、今は新人クリエーターさんの世話役みたいな立場で参加。むしろお気楽でいい(^^;)。


そんなわけで、初参加で緊張している人に積極的に声をかけたりして親交の手助けをしていたりした(つもり)。

その際はいちいち名乗ったりしていなかったので世話好きなおっさん的な見られ方だったんじゃないかな。

ただ、何かの折に改めて拝御とか、輪行日記といった作品を出して自己紹介すると、「3DCGの拝御さん?」とか言われたりした。…えっ!?まだそんな認識がっ!?

ちょっとビビる俺(^^;)。いや、覚えておいていただけて光栄です。


#「せらばにの拝御さん?」とか言われなかったのは良かった(^^;)。

統一性が無さそうなメールのマナー

【2011/5/24】
● 見事なまでに意見がまとまらない「メール返信時に件名は変えるべきか」議論

>Gmailではメールの返信の際、件名を書き換えなければ一連のやりとりがひとつのスレッドとしてまとめられる。

え?あ、そうなの?

なんでまとまっているか不思議だったんだけれど、件名で判断していたんだ…。ひょっとして他のメーラーでもそういう仕様?

…となると、あまり件名を変えない方が良いのかな?

ただ、例えば仕事で気が付いたら件名と全く違う話題を本文で展開され始めることもあるので、そういう時はおいらが件名を変えることもあるんだよね。そうすると管理が面倒になるのかな?しかし本当に件名から判断できない内容のことも多いし…。

…本題が変わっているなら、別スレッドとして独立した方がいいだろうし、件名変えてもいいか。

まぁ、仕事以外は件名変えない方がよさそうな気も…。

2011/05/24

iPad2以外の選択肢

【 2011年5月20日 】
「タッチで操作、ペンで入力」、新スタイルの7インチタブレットが登場
静電/感圧の両センサを搭載、筆圧にも対応?

あら、いつの間にやらこんなハードが。

iPad2でのお絵描きは最近高解像度が扱えて、そこそこクオリティの高い絵が描ける。

ただ、筆圧が無いため、厚塗りが適しているような感じ。いや、別に筆圧にこだわらない描き方ならなんでも描けるんだけれど。

とはいえ、選択肢が多いなら絵のバリエーションも豊富にになるので、筆圧機能があるタブレットは望ましい。


しかし、今回のハードはお絵描きに関しては大きさ、解像度、アプリの対応等々ハードルが高く、現時点で欲しいとは思えない。

将来的に期待するしかないなー。ハード・ソフト共に進化してほしいところ。


#ただ、アプリはどうなんだろう…?iPadのようにほぼ同一規格のハードを考慮していればいい開発環境と違うんでしょ?>Android

iPad2はおかげで高速な高解像度画像作成が可能だけれど、Androidタブレットでは機種によって仕様が違う…っつーのも面倒だな…。

2011/05/23

iPhoneのワンセグ状況

アイ・オー、新3波チューナはBD書き出しにも対応
-バッテリにもなるワンセグ。赤miniB-CAS採用機も

んー、相変わらずiPhoneでワンセグを見られていない。

電波環境が悪いのと、わざわざチューナーを接続させなければならないのが面倒で、ほとんど使っていない。

とはいえ、ワンセグが見られれば便利なことは間違いないので、電波強度が上がってくれないかな…と思っていたが、こういう無線LAN接続の機器が出てくれるなら、それはそれでありがたい。

昔ソフトバンクからも同様のが出ていたと思うが、なぜか今、入手が難しいし。

ま、そんなわけで6月が待ち遠しいけれど…お金、足りるかな?(^^;)

2011/05/21

意外と破滅願望所有ぉぃ

仕事で短期間、Twitterを使用することになりそう。情報発信用ツールとして利用予定。

おいらが担当で、当然ダイレクトに情報を発信していくわけ。ちょっと緊張。

…というか、…はぁはぁ、いらぬことをつぶやいてしまう、いや、つぶやきたくなってくる(^^;)ぉぃぉぃ。

リモートアクセスアプリの意外な利用方法

最近よく、ThinkPadで地デジを見ている。W500で原稿を作成しながら、X200sでながら見。

この、机上で見るパターンでは不都合など一切無いのだが、これを離れたところから見ようとする場合、リモコンがなくて不便となる。寝転びながらも見たいのだが、離れた場所からの操作ができないとねぇ。

そこで、iPadを使うのを考えてみたり。

iPadのアプリでWinマシンにリモートアクセスできるものがある。これでiPad上にWindowsの画面が表示でき、操作もできる。そのままiPadで地デジが見られればもっといいのだが、さすがにそれは規定上できないようになっており、地デジ画面はThinkPadにしか表示されない。むぅ。

ただ、一連の操作は可能になるので、リモコン代わりはなる。iPadで操作し、Win画面を眺めるというわけ。

面白いのは音声は手元のiPadから流れてくる(アプリにもよるのかもしれないが)。離れた場所の画面を見るが、音声はiPadに装着したヘッドホンを利用…というのも、シーンによっては逆に便利かも?

#リモコン+音声だけなら、現在時計代わりと天気予報確認にしか使用していないいPodTouchを利用する手もあるか…。パワー的に足りるかどうかわからんが…。

今一歩踏み出せないAndroid

防水防塵、耐衝撃スマートフォン Android 2.3採用の「G'zOne IS11CA」

うーん、自転車で動き回る身としては、欲しいね。そもそもAndroid使ってみたいと思っていたし。使っている人によれば、おサイフケータイも便利だそうだし。

ただ、Android2.3はどうなの?たぶん使いやすいとは思う。機能も多彩。実際使いこなしている友人のが格好よく、うらやましいと思ったし。

でも、それ以上新バージョンにはならないんでしょ?

すでに新しいOSが発表になっているじゃない(3.0じゃなくて、その先のやつ)。それ知っちゃうとなぁ…。

必ずアップグレードしなきゃ…とは思わないけれど(iPhoneで習慣づいてきているけれど(^^;))、なんか「断絶されたOS」って感じがしてどうも。短命な端末になってしまいそうな不安感がつきまとう。

そうなると、移行が面倒そうなおサイフケータイ機能も魅力ではなくなってきてしまう。

なんか…こう…「使い続けられる魅力」がAndroidには無いんだよなぁ…。ハードはともかく、アプリ、データとかさ。データについてはクラウド利用すればいいのかもしれないが、アプリやハードにひもづけされたデータもあるわけで…。

そこらへん、なんとかしていただけないもんですかねぇ…。

2011/05/20

刀と言葉が難しい

戦国時代からタイムスリップ? Yahoo!知恵袋の「刀」に関する回答が話題に

これ経由でこれ。何者だよ…?(^^;)

実際の刀による斬り合いは…(Yahoo!知恵袋)

ともあれ、刀の世界は奥深すぎる。上記事からは刀、それによる斬り方のディティールについて細かく、その片鱗が覗けるわけだけれど、剣士同士の戦いとなると、さらに奥深すぎる…らしい。

山本貴嗣氏の漫画講座の書籍の受け売りなんだけれど、ともかく刀の鍔・柄とか、流派によって刀、及び体の駆使の仕方が違う。つまり動きがまったく違ってくるそう。

流派によっては鍔迫り合いでは絶対勝てないので、居合斬りで仕留められなかったらすぐ逃げろ…といった対特定流派の戦い方とか、指南が細かくあったらしい(まぁ、それ以前に戦う前に逃げろ、という話もあったとか)。

特に幕末の京都や江戸などでは、時代情勢からさまざまな流派が入り乱れ(普段はあまり特殊な流派同士が相まみえることも少なかったらしい)、それはそれは無制限異種格闘線の様相を呈していたとかいないとか。

文章ならともかく、それを「絵」として描くとなると、もうしっちゃかめっちゃかもはなはだしいので、先の氏もすっぱりあきらめたとか。

奥深すぎて描写が難しく、正しく伝わらないために簡略化した描きが横行し、誤解されたまま…。まぁ、なんという難しい世界なことか…。

#…なんか言いたいことも表し切れていない気も…(^^;)。

紙の新聞は読んでいないが、一応読みたいとは考えている

朝日新聞の電子版が発行されるらしい。iPad等向けの有料配信だとか。

情報にはお金がかかるものだと思う。そういう意味で有料サービスなのは仕方ない。勿論、無料サービス以上の恩恵があること前提にはしてほしい。

ただ、電子版のみの価格が高い気も。うーむ。


ともあれ、この手のサービスは他に日経、産経あたりだっけか?他も大体「ちょっと高い印象」なので、利用はしていなかった。

ただ、我が家は親父が朝日を購読している。それを利用して1,000円で利用できないか確認してみる。

とりあえず1,000円/月なら購読し続けてもいいかな。新聞紙を広げなくても同じ情報にアクセスできるなら、それだけでも利用価値あると思うし。

それほど多用しなければ、数か月で解約すればいいし。ただ、Blogの引用記事ネタにはしにくいな(^^;)リンク張っても読めない人の方がおおいよなぁ…。

2011/05/19

X1を考えてみる

レノボ、シリーズ最薄の13.3型モバイル「ThinkPad X1」

んー、微妙だなぁ…。判断しづらい。

一番気に入らないのは解像度。別にMacBookを真似ろというつもりはないけれど、Winマシンでは結構高解像度が使い勝手に直結するので(Macだと低解像度でも画面がきれいなので画像作成とかしないと、意外と気にならないかと)、高解像度にしてほしかったなぁ…。

重さも1.5kgは切って欲しかったなぁ…。ちょっと重いかと。

不明なのがバッテリー。Macの「5時間」なら信用できるけれど、Winマシンの「5時間」は半分に見ないと。ただ、最近は比較的信用できるらしいし…、ちょっと判断しきれないなぁ…。本当に5時間程度ならなぁ…。

まぁ、不満点は以上。スタイリングとかはいいんだけれどねぇ…。うーん。

やはりX201sみたいなのを出してくれないかなぁ…。まぁ、Win嫌いMac好きになりつつあるので、相当インパクトのあるマシン出してくれないと、次購入するのはMacのつもりなんだけれど(^^;)。


現行Macには無い魅力を持つ、WXGA+で12インチなX200s、15インチでありながらさり気に縦1200ピクセルが有用性高いW500は修理してでも使い続けますけれどね。

続きを読む "X1を考えてみる" »

タブレットに望むもの

「Androidタブレットは3年でiPadを追い抜く」──NVIDIAのCEOが予想

個人的にはiPad派なのは周知のとおり。そんなわけで当面はiPadでがしがし行くぞー…と思っている。

ただ、さすがに3年後はわからねーな。逆に3年前、ここまでどっぷりApple製の端末にハマっているとは夢にも思っていなかったし。

色々アプリ、コンテンツ、音楽等、iPad用のを用意しているけれど、いざとなれば乗換…か。まぁ、Win→Mac程は金かかるまい(^^;)。問題は以下の2点かな。

・iPad並みにお絵かきの筆使いがしやすいか
・iPad並みのお絵かきアプリがそろうか

さもなきゃ、Androidタブレット併用って線もあるかも。いずれにせよ、ウィジェットとか便利そうだし、気にはなっている(むしろiPhoneの代替か?)。

そのうち、iOSがウィジェットを装備するという線もなくはないか?

まぁ、シェアが完全に逆転しても、今のMacみたいに、市場として存続し続ける線も残っているけれど。とりあえずiPadでのお絵かきが相当楽しいので、そういう環境はプラットフォームが何にせよ、残っていただきたいものです。

2011/05/18

遅すぎた端末

「超ちっこい7搭載PC(ケータイ機能もあるよ)」というところがいいですよ:
LOOX Uを超えたケータイサイズの新LOOX──“PC”として写真と動画で見る「Window 7ケータイ F-07C」

うーん、1年前だったら萌え萌えだったな…。

しかし今や、作画以外はクラウド中心に端末を動かしているので、OSを問わないんだよなぁ…(そもそもWin嫌いになりつつあるし)。手のひらで無理くりWin7を動かしたいという欲求が無い。

それに気になるのはバッテリー駆動時間の短さ。もっとも、さすがに本体が軽すぎるので、外付けバッテリー等で工夫してどうにかしようという気になるので、逆に気にならないというか…。不思議な感覚(^^;)。

とはいえ、動作速度等使い勝手はどうなんだろうねぇ…。いや、使い勝手が良くてもやはり、あまり物欲が沸かないな(^^;)。

すごいとは思うんだけれどねぇ…。

iPad3の伏線?

iPadサイズでRetinaディスプレイなんてって思っていたけれど、…作りおった!?

2560×1600ピクセルの高解像度タブレット用ディスプレイ、Samsungが披露

まぁ、iPad用になるかどうかはわからんけれど、これだけ高解像度だと「見る」のはいいだろうな。

ただ、作画とかはどうだろう?細かすぎて使いづらいということはないだろうか?いや、ピンチを使ってこまめにズームイン・アウトすれば問題ないのかな?

2011/05/17

おかしいなぁ…

最近原稿作成に使用しているW500は、使わない時はいつも休止状態にしている。スリープだと電気を食うし、しかしシャットダウンしてしまうと作業再開時に時間がかかってしょうがない。

そこで毎度休止状態にしているのだが、これまた毎度電源が落ちているのを確認している。

…のだが、なぜか電源が入っていることがある。頻度的にはどうだろう?週に1~2回くらいか?

原因がわからない。頻度の高さからWindowsUpdateじゃぁないとは思う。たまに「スケジューリングされたバックアップが行えませんでした(セカンドHDDをつなげてないのでエラーになる)」といったメッセージが出ることがあるが、週一の設定だし、そのタイミング以外に電源が入っていることの方が多い。

液晶は閉じているので電源やキーに触っているわけでもない。なんやろ?

…そういえば以前、LAN経由で電源を入れる云々の設定を替えておかないと、勝手に電源が入るということがあったような気が…。W500 購入したての頃に遭遇した現象だったので、早々に設定変更したのになぁ…。

あ…、でもOSをWin7にしてからやったかな?ちょっとその辺も確認してみるか…。

VAIOを買ってはいけません(地デジ目的で)

地デジPC用にVAIO L(記事執筆時点で1世代前のモデル)を利用している。

これのおかげで順調にテレビ離れが進んでいる。すさましいまでの使い勝手の悪さのため。

もし、地デジPCの購入としてVAIOを検討しているなら、理由は後述しますけれど、ともあれ、100%後悔するのをのを実体験として保証します。やめておきましょう。

まぁ、おいらも事前に予感していたのになぁ。なんで買っちゃったんだろうと後悔もしたり。物欲に揺さぶられている間は欠点が頭に入らなくなるんだよなぁ(^^;)。

続きを読む "VAIOを買ってはいけません(地デジ目的で)" »

2011/05/16

椅子の使い勝手

そういえば自宅でアーロンチェアを使いつづけて半年くらいになるか。

これに座って原稿作業を行っているが、椅子の座り心地、使い勝手は文句なし。通気性はいいし、頑丈だし、腰などへの負担も無い。

なんとはなしに足の置き場に困るくらいで、積み上げた古本の上に放り出していたりするが、何か他にいいアイテムが無いか、そのうち探すことにしてみたい。


で、おいらの職場でこの夏、自宅勤務が計画されているらしい。

今までネットのセキュリティ的にそういうことさせたくなかったらしいが、そうも言っていられない事態なので、いよいよ週何日かに制限されるにせよ、そういったことに。

ただ、考えてみるとアーロンチェア、職場よりも自宅の方が仕事しやすい椅子ということになるのだろうか?(^^;)いや、職場の椅子に不満も無いのだけれど

まぁ、自宅は椅子以外の環境的に集中できない気が…(^^;;。

最近見てるもの

最近欠かさず見ている番組と言えば、「日常」「Aチャンネル」か。後者はちょっとビジネス展開狙いってのがあらかさま過ぎてちょっとアレなんだけれど。

ともあれ共通するのは4コマ原作(「日常」は原作知らないんだけれど(^^;)ぉぃ)という、短編が連なった作風か。

ストーリーを追わなくて良く、気軽に見られるのがいいんだろうなぁ。まぁ、それだけ目当てというのもどうかな、と思うのだが。とはいえ、自宅の録画環境が不安定で、続けて見れたり見れなかったりすることを考えると、そういう予防線を張るのかもしれない。

なにより、「娯楽性」「癒し」を求める昨今、あまり頭を使わずに楽しめる方が良いのではないかと。

…やはり、それもどうかな、と思うのだが(^^;)。


#意外と海外ドラマもハマりそうなわし。最近だと実はこっそり「コールドケース」を見ていた。

初見では結構引き込まれたんだけれど、比較的マンネリな展開で、最終回は意味不明と言うか、パクリかといった感じで、セカンドシーズン以降はもう見ない気はする。

ただ、アメリカドラマなりの色々計算された魅力があるのは確かで、MXあたりの番組、CSIとか見たら見たでハマるんだろうなぁ…という気がするが、中毒性も高そうなので、あえて一歩引いている(^^;)なんだそりゃ。

2011/05/12

やっと手軽な高機能ストラップ

エレコム、“高速伸縮”が可能なストラップ

む、何気に気になる。

M8等には以前インプレスで限定販売された伸縮可能なストラップを使用している。

普段ななめがけし、自転車移動時はストラップを短くして体に密着。撮影時は緩めて、取り回しを楽にする。

カメラの扱いが非常に便利になる。ただ、ベルトの固定が簡単な操作とはいえ、ちょっと煩雑だったりする。

外国産のでも速写等にこだわったストラップがあったりして、Nashさんが色々紹介されていたような。ただ、入手性と金額に難を感じていた(詳しくは調べていなかったけれど(^^;))。

今回のはその点はクリアしているし、カラーバリエーションが豊富なのもいいなぁ。

M8に使用してもいいけれど、色々取り回しに苦労していたD-LUX4用にも使いたいなぁ…。取り付けられないかな?

いずれにしろ、ライカカラーな無地レッドが似合いそうだ。

iPad2で映像編集するなら…

小寺信良の週刊 Electric Zooma!
iPad 2対応の新「iMovie」登場
~ 大画面操作で快適ムービー編集 ~

iMovieはiPhone4用には購入してあったけれど、そのままだったなぁ…。ユニバーサルアプリも扱いで、iPad2にもそのままインストールできたので、今度こそ使い始めようかな。

動画素材はしかし、iPhone4で撮影した方が良さそうだなぁ。データ転送はこのページの通り、Apple iPad Camera Connection Kitとケーブルで転送するしかないか。

そういえばUSB接続のコネクションキット、まだ使ったこと無かったな(^^;;。


あるいはD-LUX4とか、動画撮影カメラのデータをSDカード経由で転送する方法もあるなぁ。

D-LUX4で撮影した動画は、XGAでもフルHDでもiPadで扱えるし、撮影はD-LUX4で行って、編集をiPad2でというのもありか。

ただ、SDカード経由でD-LUX4撮影データを転送してみたら、iPad2からは見えて再生もできるんだけれど、iMovieから見えなかった。…。iTunes経由とかじゃないとダメなのかなぁ?再生できても編集はできないフォーマットとかなのかな?

でも昔撮ってiTunes経由で写真同期した、確かD-LUX4で撮影した動画はiMovieで読み込めたみたいだけれど…。

2011/05/11

iPad2の時々の相棒

6月に泊まり込みの出張がある予定。ただ、昼間の仕事はキツいけれど、定刻で終わる仕事なので、夜はフリー。遊んじゃうぞー!…と言いたいところだけれど、なにぶん若い街で夜遊ぶには楽しくない。

そんなわけで夜は仕事にも使う予定のiPad2でテキスト作業やイラスト原稿作業を行おうと考えている。荷物も軽量で済むし。

で、最近iPad使うときは単体なのだけれど、数日泊まり込むから、久しぶりにキーボードでも持ち出そうかと考えている。

となれば、リュウドの折りたたみキーボードが便利なのだけれど、ホームボタンが無いのがなにげに不便。

エレコム、iPhone向けホットキー搭載の折りたたみ型キーボード

というのもあるけれど、また買うのもなんだし、2台め(日本語キーボードを入れれば3台目)としても高いし。

それにせっかくホテルに腰を据えられるのに、折りたたみといいうのもな…。

実はApple Wireless Keyboardがあるので、今回はそれを利用してみようかな。

持ち運び用にこんな便利なものもあるし。

Incase Workstation for Apple Wireless Keyboard and iPad

まぁ、Apple Wireless Keyboardにもホームボタンはないけれど。


#この記事書くためにApple Wireless Keyboardのページを見たら、ON/OFFスイッチがあるって書いてあるな…。

いや、あるのは知っていたけれど、今回の件で調べ直したら長押しで使うものだと判明。全然気付かなかった(^^;)。

普通に短押しで見かけ上キーボードのON/OFFができるけれど、電源以外のキーを押すだけでONになっちゃって、不便だった。このせいで持ち歩きを断念していたけれど、今後は考えようかな。

楽しくないと~

ぶろぽん2011の原稿をちまちまと作成中です。

最近ようやっと原稿作業が楽しくなってきました。原稿の「絵」を描くことが楽しい。

どうも今までは「2011版を描かなくては…」と気負いすぎ、意味無く義務感にさいなまれて逆に筆が進まない感じでしたが、iPadでお絵描き訓練をしたせいか、絵を描くこと自体を楽しい作業として体が順応し始めているような感じです。

おかげで寝不足に陥っていますが(^^;)。


あと今回迷っているのは、前回の読みにくさを考えて、章を分けるようにしています。

区切りができるわけですけれど、だったら最初の章は無料公開とかしちゃった方がいいかなー…とか考えたり。なんかそういうチラ見というか、どういう本かをネット上でバシーっと公開しつつ、BROMPTONの購買欲も少し刺激しちゃおうかな…というハラ(^^;)。

で、現在前半30ページくらいを初心者向け章として作成しているので、それを…って考えていたら、いくらなんでも半分は…と思いとどまることに。

しかしそういえば、その中でも最初12ページもさらなる区分になっています。30ページ無料公開は勇気がいりますが、12ページの公開なら勢いでなんとかなるかな?(^^;)

おいおい考えて行こう。

2011/05/09

ぶろぽん2011原稿進捗状況

某方面からぶろぽん2011作成にハッパをかけられた(^^;)。

最近はうっかりiPadでお絵描きに夢中になり、うっかり原稿がおろそかになっていた。

iPadでお絵描きは、そもそもぶろぽん2011のカラー原稿作成のために始めたこと。もともとカラーイラストを作成するテクが貧弱なので、そのあたりが急に気になり始めたというか…。

ともあれ、とりあえずぶろぽん2011用のテクニックは習得しつつあるので、引き続きカラー原稿を作成しつつ(まだ完成していない(^^;))、今後はぶろぽん2011モノクロ原稿に注力すべきだな。うん。

2011/05/07

たまに情弱になるおいら

以前、Blogでちらりとだけ読んだことのある「中国嫁日記」。なんでそこにたどり着いたのかよく覚えていないけれど、ほんとうにちらりと読んだだけで、存在を知っていた程度に過ぎない。

でもなぜか絵柄は覚えていて(フィギアがらみで作者を知っていたような気もする…)、たまたま立ち寄ったComicZinで同じ作者の表紙を見かけ、そんな名前の同人誌を発見。そういえばきちんと読んでいなかったなー…と思って、ちょっと買ってみた。

…ら、その嫁はんって、創作だったことが判明。

えー、そうだったのか。まぁでも別に騙されたわけでもなし、そういう「創作」っていうのもありなんだなぁと逆に感心。

改めてBlogを検索し、読んでみる。ははぁ、リアリティというのはこういうことか、妄想もここまで極まれり…と思いながら読んでいた。

ただ、震災あたりのエピソードを読むにつれなにか違和感と矛盾が…。

これ、本当にフィクションか?いや、なんにしてもフィクションなんだろうけれど、同人誌に書いてあった形の創作か?

ちょっと疑問に思って調べてみると、同人誌自体が(二次)創作やん!

嫁はんは実在するやん!(たぶん)

かなり騙されてた(^^;;。まぁ、1日だけの話だけれど。

しかし、おいらみたいな中途半端な情報であの同人誌に接することってあまりないとは思うけれど出来すぎな同人誌も考えものだなぁ…と思う次第。

ちなみに、その同人誌を非難するつもりは毛頭ありません。被害ねーもん。

逆にいい経験になったと思ってます(いや、まじで。ちょっと騙された自分が面白かった(^^;;騙そうとしてなかったろうけれど)。

#本家書籍(同人誌)版はもう手に入らないのかな?まぁBlogだけでも十分面白いけれど。

2011/05/06

ものの価値観

最近聞いたセリフで、ずっと気にかかっている言葉がある。

「今でも備前焼を持っている」

なんの話かというと10年以上前の水曜どうでしょうで、出演陣がゲームボーイカラー、ポータブルMDプレーヤー、備前焼の皿から選んで貰える機会があり、ゲームボーイやMDプレーヤーに人気が集中し、備前焼はネタ扱いで嫌がられていた。

そして月日が経ち、その回を収録したDVDの副音声で、「もうゲームボーイもMDプレーヤーも誰も持っていないけれど、(藤やんの家にある)備前焼は今でもありますよ」と言っていた。

まぁ、使っているかどうかまではわからないけれど、ある以上、使えないわけがないわけで。

そう考えると、今、目の前にiPhoneとXperiaと備前焼を並べられたら間違いなく前者2者から選ぶおいらなんだろうけれど、10年後を考えると間違いなく残っているのは備前焼なんだよなぁ…と複雑な気分にもなるわけです。

ただ、地震があると壊れやすいのは陶器なわけで、残ったにせよ洗い物の都合、紙皿に代用されたり、ラップでくるまれたり。

通信機器は電気があること前提とはいえ、人々をつなぐ情報端末として活躍する訳で、そのため数足りないのを全国の使われていない旧機種でカバー…とか考えると、さらに輪をかけて複雑な心境になるわけであります。

#というか、なぜ通信端末と備前焼を並べた?>俺(^^;;

2011/05/04

GWの過ごし方

GWは自粛ムードで観光地は閑散となってしまうかも…、という話も事前にありましたが、蓋を開けてみれば駆け込み需要で基本的に盛況ということでなによりです。

那珂湊には出かけましたが、他にもどこか出かけようかな…という気もありましたけれど、混んでいるようであればいつものGWのように混雑を避けておいた方がいいかな。

まぁ、5日にはコミティア、7日には飯能ー岩倉ラインでも久しぶりに走ろうかな。

あとはおとなしく原稿を描こう。もっとも、最近はもっぱらiPad2でお絵かきばかりですが(^^;;。

…い、いや、それなりにスキルも上がりましたよ?…たぶん(^^;;。

那珂湊の旅

GWの最初は那珂湊方面に出かけてきました。それも珍しく宿泊で。

用事は色々あって、挙げてみると以下の通り。む、色々とあんな。

・みなとパンのあんぱんが食べたくなった
・みなとパンを題材にした漫画をまだお渡ししていなかった
・湊線那珂湊駅でイベントがあるらしい
・那珂湊周辺の様子を見ておきたい
・水戸駅前のT'sBARで一杯やりたい

そんなわけで平磯にでも一泊…と思ったら、予約が埋まっていたので、やむなく水戸駅前のビジネスホテル。しかし幸いなことに大浴場のあるホテルだ!アパホテルじゃないけれど。

続きを読む "那珂湊の旅" »

2011/05/03

メモリだけでもない

iPad2をがしがし使っています。ハードも新しくなって快適になったかなー…とか思ったのですが、意外にアプリも落ちます。

十分検証しているわけでもなし、特定のアプリ名を挙げるのはやめておきますが、メモリ容量に関係なく、落ちるアプリは落ちるのかもしれません。

逆に、初代でもBrushesといった、重そうなデータを扱う割には覚えている限り落ちたことのないアプリもありますし、やはりアプリの作りなのかなぁ…という気がしています。うーむ。

とはいえ、ハードが新しくなって恩恵がないわけではありません。ArtStudioといった、初代では重かったアプリが軽快に使えていたりします(ツールの切り替え等、特定機能除く)。

確かに簡単なアプリしか使用していない初代ユーザーはわざわざiPad2に買い換える必要はないと思いますが、重いアプリを使っている人、使おうと思っている人は考慮する必要があると思います。

iPad2の(微妙な)長所

iPad2を使っていて気がついた、初代とのちょっとした違いがある。

Safariが少し違う。iOSのバージョンが同じなら、Safariも速度以外、挙動が同じような気もするが、実際違う挙動を発見した。

Pixivにログインして、任意のPixiv会員のページを見ると、画面左上にその会員さんをお気に入りに登録できるボタンが表示される。いや、iPad1では表示すらされなかった。

そのせいで機能をフルに使用できなかったのだが、iPad2では表示されるし、機能する。おかげで色々と操作できるようになる。

当然、iPad1も今でもSIMが必要な操作ができないだけで普通にブラウジングなどできるので、念のためiOSの最新バージョンを確認して再度Pixivで確認しても、そっちではダメなんですよねぇ。ハードの違い…だったとは?ハードの差なのかねぇ?

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »