2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« ちなみにiPadお絵描きアプリ私見については現在取りまとめ中 | トップページ | 相変わらず携帯端末が気になる日々 »

2011/03/02

iPadでお絵かき進行中

ここのところiPadでペイントソフトばかり動かしている。

Illustratorばかり使用していて、線の太さが均一だったり、アニメ塗りみたいなのから脱却するよう、描いて描いて描きまくってリハビリ…のつもり。


…と同時に、自分にマッチするアプリを検証していることもある。まずは画材をシミュレートする感覚で描くことを考え、以下の2つのアプリを使ってみた。

■SketchBookPro
機能的にはおそらくiPad上最高峰。これで一つあれば、大概の絵は描けるのでは?多機能な分、筆が重いのでは…?と思いそうなのだけれど、意外と軽快。

ただ、機能が多い分、使う機能が決まっている人にとっては操作性のクセが少々戸惑うかも。

Undoは3本指スワップ(左方向)で、便利と言えば便利なんだけれど、スタイラスを使っていると持ち替えが面倒で、他アプリのような常時表示のメニューバー上のアイコンの方が良いことも…。

そういった、2本指・3本指スワイプも導入した操作性は効率的ではあるものの、逆に言えばそれだけコマンドを覚えないと使いにくいというところ。まぁ、慣れると効率的ではあるけれど、それでも上記Undoは考えどころかなぁ…。まぁスタイラスを使っていなければ問題ではない気もするけれど(^^;)。

あと、ペンの操作は軽快でも、多機能でアプリが重いことには変わりないようで、メモリを大量に消費している模様。時々アプリが落ちてしまい、作成中データが吹き飛んでしまうことが(早いときは30分で落ちる)。ただ、保存コマンドは存在せず、一度ギャラリーに戻らないといけないため、作業のリズムが狂ってしまうという弊害も…。

他アプリでメモリを解放してから起動するなど、運用面で工夫が必要。

欠点は少ないものの、欠点自体はちょっと大きいかな…といった感じ。とはいえ手放せません。セーブコマンドの実装か、オートセーブ機能を追加してくれないかなぁ…。

とは言いつつ、お気に入りではあります。


■ArtRage
比較的、実在の画材を正確に反映するアプリ。

一番の問題は動作速度がもっさりしているところ。ただ、それほど筆を軽快に運ばなければ問題ないレベル。よほど筆が速く動かさないと絵が描けないって人以外は問題ないのでは?まぁそれでも作成時間に影響を及ぼすもっさり度だとは思うけれど。

このアプリのいいところは、比較的アナログ画材をよくシミュレートしており、パラメータもそれに近い形で設定できる。まったく同一ではないけど、iPad上でこれだけできればたいしたものでは?

キャンバス地の立体感を出した絵なども作成できて面白い。さすがに厚塗りしてキャンパス地(模様)を消すといったことは出来ないけれど(キャンバス模様はエフェクトの一種なので、どんなに厚塗りしてもキャンバスのでこぼこを消すことが出来ない。あ、特定の筆では出来るのかもしれないが、ちょっと特殊な筆なので、まだ試していない)。

このアプリ独特の絵を描けると考えるとなかなか楽しく、他にない面白みのあるアプリ。

こちらも大量にメモリを消費し、時々落ちる。ただ、オートセーブ機能は無いものの、10分間隔で上書き保存を促すアイコンが現れる。目立たないので気づきにくいけれど、それに注意するようになれば問題ない。

気軽に使う…ってアプリじゃないけれど、アプリの機能を把握して「あ、これはArtRage向き」という絵を思いついたときに使うアプリ…だろうか。いや、気軽に扱ってもいいと思うけれど(^^;)。


…といったところ。ただ、いずれも慣れてくるとだんだん特定の筆しか使わなくなってくる。それも比較的単純なモノばかり(髪の毛の仕上げとかは毛先が分かれているものを使うけれど)。

だったら、PhotoShopの筆のように、円状の毛先だけで塗る筆を装備する他のアプリでもいいような気が…。なにより動作が軽いし、そちらも試してみたり。

■Layers
動作が軽快。筆だけでなく、指先ツール(彩色済み部分をごしごしこするアレ)があるのが便利。

ただ、線が荒い(ジャギーが目立つ)のが気になる。筆のクセが無い(中心が濃い筆の濃淡…ってのがあまり感じられない)分、荒い部分が逆に目立つような…。ちょっと自分のイメージと筆の実際のタッチが微妙に乖離してしまう傾向があるような…。ちょっとこの表現は違うんだけれど…。

ともあれ、それを逆にラフっぽく見せる演出、あるいは割り切る訓練用(?)にはいいかも。ただ、試行錯誤しているとだんんだん荒れた感じになってくるので、どーもとっつきにくい。

後述するBrushesのようなジャギの無い綺麗さがあれば、常用アプリになっていたかも。


■Brushes
こちらも動作が軽快で、かつ線がきれい。ジャギが目立たず、アンチエアリシングが効果的に働いている模様。線画だったら動作の軽快性を含めて、今回のアプリの中では一番扱いやすいかも。

ただ、筆のみで、にじみや指先ツールが無い。タッチを後から加工するのは難しそう。

とはいえ、多少筆先のバリエーションもあるので、、重ね塗り描画のみで表現可とするなら、結構クオリティの高い絵が描ける気がする。

今の所、一番常用しそう。凝った絵はSketchBookPro、凝らないならこちら…といった感じか。


あ、あと、LayersとBrushesはギャラリーに作成画像の描画工程を再生する機能もあったりして、面白いかも。

それに前述では欠点っぽく書いたけれど、他のアプリを使うにつれ、SketchBookProのUndo操作は慣れてくると一番いいかもしれないという想いが…(^^;)ぉぃぉぃ。

その他、主に以下のようなアプリが購入済み・評価待ち(^^;)ぉぃ。いや、他にもまだあるんだけれど、さすがにおっつきません(^^;)。

・ArtStudio
・SketchWalkers
・PenGo

#PenGoはツールを頻繁に切り替える人には面倒くさいアプリのような気が…。

#そういえば、Layersで一度保存データが飛んだことがある。数日放っておいたデータを久しぶりに手を入れようとしたところ、アプリ上でリロードされず、そのまま消えた。

どうでもいいデータだったので被害とは考えていないけれど、データの保存に関しては、あまり過信しない方がいいかもしれない。まぁ、SketchBookProやArtRageでも作成中のデータを吹き飛ばすことがあったので、特定のアプリ云々ではなく、iPadではPC以上に気を遣わないといけないかも。

#近々、画像も一緒にアップするような新Blogを立ち上げようかな…(^^;)ぉぃぉぃ。

« ちなみにiPadお絵描きアプリ私見については現在取りまとめ中 | トップページ | 相変わらず携帯端末が気になる日々 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/51011543

この記事へのトラックバック一覧です: iPadでお絵かき進行中:

« ちなみにiPadお絵描きアプリ私見については現在取りまとめ中 | トップページ | 相変わらず携帯端末が気になる日々 »