2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« ワープロの使い方 | トップページ | AppBankの正体 »

2011/02/14

身につかない所業

最近、iPhone4を忘れることが多い。

・ネーム作業等に便利なMacBookAir
・お絵描きに最近楽しく使用しているiPad
・iPadお絵描きに欠かせないスマートペン

これを一つに収められるインナーケース(バンナイズの)があって、それを用意・持ち出すとどーもどの重量感から、iPhoneの存在感が無くなってしまうらしい。

一応そのセットで大概の事がこれらでできるので、iPhoneが無くてもいいといえばいいのだが。強いて言うなら写真撮影ができないくらい。


iPhoneの役割といえば、その写真撮影とちょっとした情報確認。あ、あと電話か(^^;)忘れてた。

音楽プレーヤーとしても使うけれど、電車移動の時くらいしか使わない(一応iPadも同じiTunesライブラリを使用しているので、聴こうと思えば聴ける)。

勿論最近はキーボードがついたこともあり、メモ帳としての役割もになっているのだが、やっぱりiPadでもできる作業。どうしても存在感が薄い。

いや逆に、その小さいデバイス一つがあれば、他のデバイスが無くても結構色々できる(最近は外出中の検索(経路検索等含)、Twitter、SMS/MMS、メモ、Web記事の購読に大活躍)。軽装で出かける際には絶対に忘れない、(他に比べて)携帯性抜群のデバイス…なんだけれどなぁ…。

目覚ましにも使っているのでベッド際に置いているんだけれど、それとロフトベッドということもあってベッドから離れると目につきにくいという点も問題なんだよなぁ…。

ともあれ、まだまだ「携帯電話を常に携帯する」ことがどうしても身につかないおいらです。いや、常に何かしらのデバイスは携帯しているんだけれど…(^^;)。

#ちなみに、iPhoneは忘れるくせに、それに付随するBluetoothヘッドホンは忘れないというところも腹立たしい。

« ワープロの使い方 | トップページ | AppBankの正体 »

コメント

これでも付けとけば忘れないんでは

うーん、そもそも鏡見ないし(^^;)。大体、どんな大事なものでも忘れますからね。財布も時々忘れる(駅前の駐輪場前でUターンする。会社にはこんなこともあろうかと置き金を置いている)。

特に鞄を替えるとよくある。中身総入れ替えすればいいんだけれど、大きさも違うから取捨選択しているうちに忘れるんだろうね。

鞄を統一したいところだけれど、荷物が多かったり少なかったりするので無理。大で小を兼ねたいところだけれど、デカい奴はとことんデカい(自宅にあるノートPC全台数入るんじゃないだろうか?)ので面倒。勿論小さい奴はとことん小さい(財布・iPhone・カード入れしか入らない)し。

…にっちもさっちもいきませんな(^^;)。


#ちなみに、数字や手順を覚えられないということもあります。

以前、輪行本の在庫が複数の段ボールに分散していた時に数量確認しようとしたことが。

当然、メモをつけて行おうとするんだけれど、どの箱の何巻をメモしたのかわからなくなってしまう。箱にナンバリングしたり、何巻はどの箱と入れ替えたりもするのだが、段ボール3箱分しかないのに30分かかっても進まず…というか、何度も最初からやり直し。

要するに今自分がどの箱のどの本をメモした…ってこと自体を覚えていないわけ。この箱には2巻しか入っていないとしても、だとすると当然2山くらいに分かれているから、1山を勘定したのか、それはどちらの山か、あるいは合算か…ってのがわからなくなる。メモした瞬間にそれがどの山のメモだかわからない。しゃぁ1山いくつと書くとすると、しかし整理しているから山も形を変えるわけで、記録と状態とが合致しないわけ。で、やはりどれをメモしたかわからなくなる。

…頭のいい人は、なにがわからなくなっているのかわからないだろうなぁ…(^^;)。

ともあれ結局、大声で今、どの段ボールのメモをした、しないを復唱しながら作業を進めることに。家族は何が始まったのかと驚いたらしい(--;)笑いごとではない。


#また、冗談でも「あれ?君、見覚えあるけれど、誰だっけ?」とかおいらに向かって言われると、「あ、顔覚えられないの俺だけじゃないんだ」と喜んじゃって冗談にならないというわけのわからない状況に陥ったりもします(^^;)謎。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/50868045

この記事へのトラックバック一覧です: 身につかない所業:

« ワープロの使い方 | トップページ | AppBankの正体 »